スズカマンボ、アジュディケーティング死す

ステイゴールドの急死からそれ程経たない今日、スズカマンボが心不全で急死した。

現役時代に関しては、以前アンカツの足跡を振り返った際に少し触れたが、天皇賞以降は順調さを欠いたのと復調しかけた大阪杯で故障引退に追い込まれた事で一発屋に近いイメージだった。
ただ、戦績を振り返ればクラシック皆勤賞で皐月賞以外はそこそこの着順に纏め、3歳秋には世代混合戦の重賞勝利と早い段階から一定の能力の高さは見せていた。天皇賞のダメージが尾を引かなければ、或いは大阪杯で故障しなければ、もう少し奥の深い一面を見せてたかもしれない。種牡馬としてのポテンシャルの高さを見れば、GⅠ1勝で終わる馬ではなかったのではないか?と今更ながらにして思う。

アロースタッドで種牡馬入りし、オーナーサイドと生産者のグランド牧場の強力なバックアップもあってか、初年度から96→92→71とポテンシャルは兎も角、一発屋のステイヤーというイメージの割には多くの繁殖牝馬を確保。
しかし、いざ産駒が走ってみると今一つ結果が出なかった事もあって2011年には前年の半数以下の34頭に激減。翌年は僅かに回復したが、目立った活躍馬は出て来ず、このままフェードアウトするかに思われた。

しかし、翌年になるとメイショウマンボがオークス・秋華賞・エリザベス女王杯とGⅠ3勝の大活躍で一躍注目を浴びる存在となる。更に昨年は地方交流重賞でサンビスタ、ピッチシフターが活躍して地方リーディング7位にまで躍進。
サンデー系種牡馬としては低コストの部類に入るが、ここ2年余りで急激に頭角を現して来ただけに突然の急死は実に勿体ない。種牡馬としてもさあこれからというところで幕を下ろされた不運の名馬の死に合掌m(__)m


アジュディケーティングは【南関のサンデーサイレンス】と評されたダートの名種牡馬。アジュディミツオー、ハタノアドニス、イエローパワー、ロングカイソウ、タヤスケーポイント、バンケーティング、ベルモントストームといった中央・地方双方のダート重賞馬を多く輩出した。
比較的安価な種付け料ではあったが、驚異的な勝ち上がり率を誇る外れの少なさが人気を呼び、脂が乗ってた頃は9年連続100頭オーバーの種付け頭数を記録。ただ、後継種牡馬には恵まれておらず、アジュディミツオーも苦戦を強いられており、父系の存続はかなり厳しい状況化に置かれている。

【死んだ馬の子は走る】というオカルトめいた格言があるが、果たしてフェブラリーSに出走するワイドバッハ(サンビスタ)は父に捧げる勝利を飾れるか?出来る事なら後継種牡馬となれるだけの実績を作って父系存続の可能性を作ってもらいたいが・・・


あ、それと明日のダイヤモンドSの予想はお休みします。明日は休日出勤だし、今一つ集中力が散漫で気が乗らないので・・・こういう時は無理に馬券を買っても先ず当たらない。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR