カペラS回顧

【中山ダート1200mの1枠は不利】というデータをあざ笑うかのようなダノンレジェンドの逃げ圧勝。テン乗りだった丸田の積極的な騎乗が実を結んだ影をも踏ませぬ逃走劇だった。

スタートダッシュは他の馬が速かったが、そこから気合いを付けて何が何でも行く構えを見せてハナへ。3~4コーナーで後続を引き離し、直線では更にリードを広げておいでおいでの5馬身差。前半3F33.3というハイペースは自身も苦しい展開だったが、後続もそのペースに引っ張られて脚を使わされた印象。行き切って自分の型に持ち込めば滅法強いタイプなのだろう。今後も同型馬との兼ね合い一つか。

2着サトノタイガーは幾分スタートが甘かったのもあって先行する事が出来ず後方集団の外目から。4コーナーで更に位置取りを下げ、直線では大外。ただ、勝ち馬を追い掛けた先行勢の脚が止まって馬群が凝縮した事が結果的に幸い。スムーズに外を通って脚を伸ばし、ゴール寸前で2着に浮上。本来の先行策だったら、勝ち馬に潰されたかもしれないので置かれた事が結果オーライに繋がったと言える。

3着メイショウノーベルは好スタートを切ったが、大外だった事もあって無理せず控えて中団の外目を追走。4コーナーでやや置かれ気味になり、直線ではずっと逆手前だったが、スムーズに外を通れたのが幸いしてか、ジリジリ伸びて最後の2着争いに加わった。この馬もハイペースに巻き込まれなかったのが幸いしたクチ。

サウンドガガは外枠から気合いを付けての先行策で4番手の外目を追走。ハイペースを追い掛ける形となったが、勝ち馬以外の先行勢では唯一踏ん張って掲示板に載った。前走は距離が長くて惨敗したが、距離短縮のショック療法が効いたか、得意の距離に戻ってしぶとく頑張った。速い時計に対応出来たのも収穫。

タールタンは久々の1200mでペースも速かった事から中団のインから追っ付け気味の追走。直線もジリジリとした伸びだったが、一貫して経済コースと回って直線も内ラチ沿いを狙って最短距離を通れた事が幸い。もう少し時計が掛かれば1200mでも対応出来そうだが、どちらかと言えば1400mくらいがあっている印象。

1番人気ダッシャーワンはスタートが甘く、更に隣の馬と接触して好位を取れず。中団馬群の中で揉まれる形となって勝負所でも動けずじまい。直線で外に出して2着争いには加わったが、全体的にリズム感を欠いた走りだった。日曜6勝を挙げた進撃の北村宏司だが、メインでは足踏み状態w

2番人気サトノプリンシパルはスタートダッシュは速かったが、ハナを主張した勝ち馬を先に行かせての3番手から。そのままなし崩し気味に脚を使わされて直線半ばで失速。初の1200m、しかもハイペースに巻き込まれて本来の力を発揮出来ないまま終わった感じ。ただ、スンナリ前に行けた点で一応の適性能力は垣間見えた。

交流重賞3勝のノーザンリバーは58キロが堪えたのか、終始追走に余裕が無い感じで後方からレースを進め、直線でも全く見せ場なし。この馬にとってはペースも時計も速過ぎたか。もう少し時計が掛かってくれば巻き返しがあるかも。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR