ジャパンC回顧

先週のマイルCSに続いて福永から乗り替わった馬が勝って福永の騎乗馬が2着。客観的にみれば、とても買える状態に見えなかった(あの追い切りを見せられてはねぇ)ジャスタウェイを2着に持って来た福永はキチンと仕事してると思うのだが、それを4馬身千切り捨てたのが騎乗停止中だった弥生賞を除いて手綱を取ってたエピファネイアなのだから笑うに笑えない。
福永の【重賞(GⅠ)での持ってなさ】についてはレース回顧で何度か触れているのだが、こうまで決定的な着差を付けられてしまうと最早ギャグの領域にしか思えない。基本的に嫌いな騎手に変わりはないんだけど、流石に福永が可哀相に思えて来たわ。

とはいえ、スミヨンも完璧に乗ってたかというとそうでもない。何とか2番手で我慢してジェットスキーこそならなかったが、相変わらずの掛かり癖で逃げたサトノシュレンに乗っかかりそうになるシーンも。ペースは決して緩くなかったのだが、3コーナーを回っても引っ張り切りの状態。
しかし、普通なら直線に向く前にスタミナを消耗してガス欠状態になるんだが、4コーナーでも抑え切れない手応えを見た時に「ああ、これは福永リターンでスミヨン絶賛の流れだな」とジェンティルドンナの3連覇は諦めた。直線残り2Fでぶっ放すとあとは独走状態のワンマンショー。
折り合えてなかったものの、中間の調整は叩かれての変わり身を十分感じさせたし、道中のペースも予想より流れ、切れよりも持続力とスタミナが問われる展開と馬場が向いたと言える。しかし、ブエナビスタやオルフェーヴルを引き合いに出して絶賛したスミヨンのコメントは有馬では福永に戻って負けるフラグ立てにしか思えないのは何故だろうw

2着ジャスタウェイはスタンド前ではやや外目に出して荒れた部分を通らないようにして中団のポケットに入っての追走。道中は内々で折り合いを付けて脚を溜め、4コーナーで荒れてない外目へ。この辺りの持ち出しは実にスムーズで追い出してから坂を上がって来るまではそれなりに伸びたが、残り100mくらいで勢いが鈍って2着確保が精一杯。
凱旋門賞回顧では「2400mを走り慣れてないキャリアの差。ジャパンCではもう少しパフォーマンスを上げても」と評していた通りの結果になったが・・・来たら事故レベルの状態にしか思えなかったので「この出来で良く来たわ」としか言い様が無い。脚が上がったのは、距離よりも完調でなかったからだろう。レーティング1位の格好は付けたと言える。
しかし、勝ち馬さえいなかったら「距離不安が囁かれた完調手前のジャスタウェイを勝たせた」という結果だっただけに(恐らく「ジャスタウェイ最強」の流れになったであろうが)、クドいようだが福永の持ってなさは異常。総合2位だったWSJSでのインタビューは何かの罰ゲームにしか思えなかったw

3着スピルバーグはスタートがいつも通り甘くて後方3、4番手から。荒れた馬場で追走に苦労してた感じだったし、3コーナーでは故障して下がったトレーディングレザーの煽りを受け、直線でも詰まる場面があったと三重苦の展開だったが、ただ一頭上がり34秒台の上がりを使ってジェンティルドンナを交わして2着馬に迫った。
距離延長にピンと来るものがなかったので手は回らなかったが、後ろの位置取りになった事で前半を受け流し、尚且つ持続力が問われる流れになった事で浮上。結果的に出遅れが功を奏す形になったと言える。ただ、本質的に中距離馬という見解は変わらない。

3連覇の夢は潰えたジェンティルドンナは馬場が敗因だろう。好スタートから好位集団のインに入って折り合いもスムーズ。これでパンパンの良馬場だったら良かったのだが、結構ボコボコしてて天皇賞よりも荒れた状態。直線では外に出そうとしたが、イスラボニータにブロックされて内を通らざるを得ない状況。それでも一旦は2番手に上がりかけたが、荒れた部分を走らされて伸びあぐねてる内にスタミナを消耗してしまった。
勝っても負けてもここで引退と思っていたが、どうやら有馬記念に参戦するらしい。ムーアも有馬の前で免許が切れるし、最後に騎乗する誰かの思い出作りの為に使う必要は全くないと思うのだが・・・まぁこの馬は根本的に中山のコース形態も馬場も合わないと思ってるので、押さえ程度では買うが流石に心中する程マゾではないw

ハープスターは戦前のコメント通り、スタートからある程度出して行って集団の最後尾となる後方5、6番手を追走。道中は集団の中に入って追走のリズムも良さそうに見えたが、3コーナーで故障したトレーディングレザーと接触する不利。外へ出して何とか立て直したが、結果として直線は大外に回す形となって間に合わず。
不利が無かったら勝ち馬に迫れたとは言い切れないが、詰まらなければ2着争いには加われたであろう。冬毛が出て状態面が不安視されていたが、特に問題はなかったように感じた。牡馬と混ざっても互角に戦える力量はあるが、ブエナビスタ以上にツキが無い3歳秋シーズンだった。

ワンアンドオンリーはスタートで少しヨレたが、二の脚が付いた事で後方ポツンは取らずに中団後方からの追走。前にイスラボニータとジャスタウェイを見ながら折り合いを付けていたが、3コーナーでのアクシデントで外へ出して態勢を立て直す不利。これが堪えたのか、直線は一瞬伸びかけたところで勢いが鈍って伸び切れず。

フェノーメノは結果として外枠が堪えてしまった。岩田としては何とかして内に入るか好位を取りたかった筈であろうが、外枠が祟って内に入れず1~2コーナーでも外を回らされて位置取りを下げてしまった。前に馬を置いて折り合いは付いたものの、直線は思ったほど伸びなかった。前半の位置取り争いで後手に回った分の差を最後まで詰められなかった。

イスラボニータはスタンド前では行きたがる素振りを見せたものの、1~2コーナーで折り合いは付いて好位集団を見ながらの競馬。3コーナーでは故障馬の手応えの怪しさを察知して外目に出して難を逃れ、直線ではジェンティルドンナの進路をブロック。追い出しもギリギリまで我慢する等、目立たない蛯名の良い意味での嫌らしさは見られたが、手応え程伸びて来なかったのは距離が原因だろう。同世代間ではこなせたようだが、世代混合では2000mまでが限界っぽい。

デニムアンドルビーは予想してたよりも締まった流れになってしまっては脚が溜まり様が無い。ヒットザターゲットは内々に張り付いていたが、パンパンの良馬場でなかったのが運の尽き。

外国勢では内目をロスなく立ち回ったアイヴァンホウが6着と健闘。凱旋門賞では惨敗したが、地元ドイツでダービー馬シーザムーンを下した意地みたいなのは見せた。逆に愛ダービー馬トレーディングレザーは予後不良に・・・故障引退に追い込まれた馬はいるが、予後不良馬はジャパンC史上初ではなかったか?合掌m(__)m


馬券は周知の通り、ジェンティルドンナ軸で撃沈。今日は私用で色々忙しく、返し馬が始まった頃にやっと帰宅して「何とか間に合ったぞ」と思ったが・・・これだったら、間に合わなかった方が良かったw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR