オールカマー・神戸新聞杯

オールカマー
◎クランモンタナ
○サトノノブレス
▲ムスカテール
△ニューダイナスティ
△アロマティコ
△マイネルメダリスト

クランモンタナは別定戦での斤量増が鍵になるが、新潟記念回顧でも触れたように、左回りでは堅実。速い上がりが要求されない今の馬場も合いそうだし、早めの競馬から粘り込むスタイルが持ち味なタイプで内回りに替わるのもプラスに働きそう。追い切りの動きも引き続き好調子を維持した感じで好感が持てる。

サトノノブレスは新潟の内回りは初めてだが、前走の内容から問題なく対応出来るだろうし、元々機動力を活かしての早めの競馬が合うタイプ。1Fの距離延長も好都合で別定戦で他馬との斤量差が小さくなるのも良い。追い切りでは併せ馬に遅れたが、坂路で終い11秒台をマークしており、出来に関しては問題ない。

ムスカテールは休み明けだが、先週はワールドインパクトの調教パートナーを務め、今週も坂路で併せ馬に先着しており、同じ休み明けだった昨年よりも状態は良い。何より、今回は新潟開催で得意の左回り。別定戦でスムーズに立ち回れるようなら一発大駆けがあっても。

連下として前走は不利を受けて凡走したが、今年の夏は状態が安定してるニューダイナスティ、牡馬との力関係が鍵だが、内回りで手が合う三浦が乗るアロマティコ、休み明けで斤量増が鍵だが、新潟では6戦5連対のマイネルメダリストまで。マイネルラクリマは1Fの距離延長がどうか。

ここはクランモンタナからの馬連とクランモンタナ・サトノノブレス2頭軸の3連複で。あとはムスカテールの単複を少し。


神戸新聞杯
◎ヴォルシェーブ
○ワンアンドオンリー
▲ヤマノウィザード
△ハギノハイブリッド
△サウンズオブアース
△サトノアラジン

ダービー馬ワンアンドオンリーの始動戦だが、あまり調教が動くタイプではないとはいえ、見た目の動きはまだ重苦しさが残る。ダービーも似たような感じで勝ってるので杞憂に終わる可能性もあるが、イスラボニータ程の素軽さがない印象なので休み明けのここで全幅の信頼は置きづらい。ここは対抗に止めとく。

人気を分けあう形となったサトノアラジンは脚質転換して復帰した夏場から2連勝。元々2歳戦から高評価を受けてた素質開花の印象で中間の調整も順調そのもの。これが2000mなら本命にしたであろうが、今回は初となる2400mで折り合いが鍵になる。上手く折り合えなければ惨敗の可能性もあるので連下まで。

本命はクラシックは軽い脚部不安で棒にヴォルシェーブを狙ってみたい。リルダヴァルの半弟と血統的裏付けもあるし、セントポーリア賞では重賞好走馬を完封。復帰初戦となった前走では実質的なハンデ頭ながら古馬相手に勝利。夏場のリフレッシュを経て、ここを目標に入念に乗り込まれた。実績馬との力関係が鍵だが、通用してもおかしくない。

ヤマノウィザードはひ弱なところがあった春でも2戦目でワールドインパクトを破り、青葉賞は僅差の3着と一定の実績を残した。そこからオーバーホールに入り、帰厩してからは順調に調整されて追い切りも終いはシャープな伸びを見せていきなりでも動ける態勢。

あとは京都新聞杯1、2着馬のハギノハイブリッドとサウンズオブアースを押さえておきたい。2頭共、強行軍でガス欠状態だったダービーでは不発だったが、京都新聞杯の走破時計の優秀さは目を見張るものがある。調整も順調でいきなりでも勝負できる仕上がり。トーセンスターダムはダービーでの内ラチ激突のショックから立ち直ってるかどうか半信半疑なので。

馬券はヴォルシェーブの単複と馬連、ヴォルシェーブ・ワンアンドオンリー2頭軸の3連複で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR