函館2歳S回顧

数年前まで仲間(?)だった柴原央明は引退、太宰啓介は脱出。石橋脩と田辺裕信は今ではGⅠジョッキーにまで上り詰め、今や【そこそこ乗れる騎手なのに重賞未勝利】の最後の一人となった松田大作(丹内は俺の中で腕があると認めてないし、大庭や難波や的場Jr.は最近の騎乗数そのものが・・・)。
もし騎乗停止になってなければ、今日のアクティブミノルで重賞初勝利となっていたのだろうか?運も実力の内と言うが、ふっと「勿体ないなぁ」と感じてしまった。

自身も含めてデビュー戦を逃げ切った馬が揃っていたが、好スタートからそのままハナへ行き切ると、そのまま絡まれる事なくマイペースの逃げ。4コーナーで2番手集団に捕まりかけたが、直線で再び突き放してそのまま逃げ切った。
血統的に成長力には疑問符が付くが、現時点ではテンのスピードが抜群に速くて完成度が高い。距離も1400mくらいまでなら持ちそう。大作に戻っても重賞勝てれば良いが・・・

2着タケデンタイガーも未勝利戦で逃げ切ったが、今回は他に二の足の速い馬が多かったせいか、それ程ハナには拘らず中団からの競馬。そのまま経済コースを立ち回って直線もスムーズに馬群を捌いて抜け出したが、あと1馬身詰め切れなかった。前半を受け流して脚を溜め、最短距離から上手く馬群を捌けた事が人気薄での激走に繋がったと言える。

3着トウショウピストは大外枠に泣かされたクチ。スタートは速かったが、内に入るのに時間が掛かって好位グループの外目から。3~4コーナーから差を詰めに掛かって直線もよく脚を伸ばしたが、内目を立ち回った1、2着馬には届かず。
直線で外へ回した組が壊滅状態だった事を考えれば、よく頑張ったと言える。シーイズトウショウ×ヨハネスブルグとスピード能力を更に特化した血統で成長力さえあれば、スプリント戦で一定の活躍が見込めるだろう。

トーセンラークは二の脚が鈍かったし、マイル戦からの距離短縮もあって後方2番手からの競馬。しかし、直線は馬群を縫うようにして末脚を伸ばして後方組では唯一掲示板に載った。短距離向きの血統だが、この距離は少し忙しい。

1200mの勝ちタイムが最も優秀でやや抜けた1番人気となったマイネルエスパスはスタート直後に隣の馬にぶつけられる不利。それでも先行集団には取り付けたが、不利の影響か道中は力みが目立った。直線も最内からジリジリとしか脚を伸ばせず。消化不良の内容で、次はスムーズなら巻き返しがあっても。

崩れた人気どころではスルターナも巻き返しがあっても良い。勝負所から反応が鈍くて追っ付け気味となり、直線では前が壁となって外で出せないまま終わってしまった。内で揉まれる競馬だったのが堪えた感じで、次走以降は外目からスムーズな競馬が出来れば。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR