七夕賞回顧

いつの時代にも夏だけは滅法走る馬がいる。実況でも言われていたが、メイショウナルトはやはり夏男なのだろう。意表を突いた逃げの手に出て鮮やかに復活した。

内枠から好スタートを切ると迷わずハナへ。同じく逃げの手に出て敢え無く逆噴射した金鯱賞とは打って変わって力む事なくマイペースの逃げ。そのままペースを緩める事なく3~4コーナーで後続を引き離し、危なげなく押し切った。
ここ数戦は自分からレースを止めてしまっていたが、テン乗りの田辺が馬の気分を損ねないよう行くに任せて乗ったのが功を奏した模様。ここ数戦は460キロ近くあったが、今回は10キロ絞れて448キロと昨年夏の体重に戻った。攻め強化で絞れたのも復活に結び付いたと言える。

2着ニューダイナスティは自身のスタートがそれ程良くなかったのと、淀みないペースで流れた事もあって中団後方のインから追っ付けながらの競馬。そのまま一貫して最短距離を立ち回り、直線もポッカリ空いた最内からスルスル脚を伸ばした。
ノメる馬場は上手くはないのだが、内有利のトラックバイアスで外に回した組が軒並み伸び悩んだ恩恵も味方した。昨年秋以降は精彩を欠き、今回は10番人気の低評価だったが、昨年の新潟記念は1番人気(5着)に支持されていた。勝ち馬同様に夏場は走るタイプか。

3着マイネルラクリマは4番手の外目からレースを進め、直線も前3頭の外目から脚を伸ばして来たが、勝ち馬に追い付けず、内から差し込んで来た2着馬にも交わされた。道悪はこなせるし、持ち前の先行力を駆使して自分のレースは出来た。最後は勝ち馬より2キロ、2着馬より3キロ重いハンデ差が堪えた形か。

ダコールはスタートから全く行き脚が付かずに前半は最後方。道中は内を通って徐々に位置取りを上げて行き、直線で内から外へ出して3着馬の後を追うようにして追い上げたが、前の上位馬を捕まえ切れず。5着に敗れた昨年と同様、良馬場でも水分を含んだ馬場では切れ味が半減。パンパンの良馬場が理想だが、この馬が走るレースはいつも馬場が渋ってる気がする。

2番人気ラブリーデイは外枠からジワッと好位に取り付いたが、頭を上げて行きたがるのを宥めながらの競馬。途中から落ち着いたが、ペースが上がった3~4コーナーで置かれ気味となり、直線も流れ込んだだけ。ペース的にはこの馬向きではあったが、3歳春に見せていた気の悪さが出たし、57キロと見込まれたハンデも影響したか。

福島記念2勝のダイワファルコンは好位5、6番手からスムーズに流れに乗っていたが、直線で追い出されるとサッパリ伸びず。得意の中山なら兎も角、こうした緩むところが無いペースでは自分からやめてしまう面がある。枠と位置取りは理想的だったが、今回はペースが向かなかった。

アドマイヤブルーはブリンカー装着で大外からハナを切ろうとしたが、内の勝ち馬に先に行かれて行き切れず。勝ち馬を後続を引き離したところで敢え無く逆噴射。2戦連続重賞で穴人気したが、見せ場なく大敗。現状では力不足か。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR