ラジオNIKKEI賞回顧

5番人気ウインマーレライが昨年のケイアイチョウサンを思い出させる鮮やかな最内強襲で快勝。昨年秋から今年春にかけて伸び悩み気味だったマツリダゴッホ産駒の重賞初勝利となった。

好スタートからサッと前に行って道中は3番手のインを追走。折り合いに難がある馬だが、逃げたトシザキミが淀みのないペースで引っ張った事もあって難しさを見せる事なく追走。そのまま経済コースを立ち回り、直線もスペースの空いた最内を強襲。追い縋るクラリティシチーの追撃を振り切った。
青葉賞は直線半ばで失速したが、見せ場十分のレース内容に「中距離戦でなら」と触れた通り、距離短縮で一変。緩い流れでは信用出来ないが、今回みたいに折り合いが付くようなら2000mくらいまでならこなせるだろう。

2着クラリティシチーはスタート直後にベストドリームにぶつけられ、その後も細かくぶサンドイッチされて後方からの競馬。包まれるのを嫌って向こう正面から外に出し、3コーナー過ぎからスパート。直線は集団の一番外を回って追い込んで来たが、3着馬を交わしたところでゴール。
地力の確かさを見せた負けて強しの内容だったが、最短距離を回った勝ち馬とはコース取りの差がモロに出た。今回はペースが流れた事で差して来れたが、本質的には小回りより広いコース向きだろう。

3着ウインフェニックスは出たなりの競馬で道中は好位集団のインに付けて勝ち馬を見ながらの競馬。各馬の動きが慌ただしくなった3コーナー過ぎから動いて行き、勝ち馬の外を通って4コーナーでは2番手。そのまま押し切るかに見えたが、残り1Fで甘くなった。
結果論になるが、勝負所で早めに動いた事で動かなかった勝ち馬との明暗を分ける結果となったと言える。NHKマイルCは崩れたが、それ以外は全て掲示板入りという堅実派。2着馬をスケールダウンした感じだが、今後も相手なりに走りそう。

オウケンブラックは後方集団のインを追走。勝負所から進出を開始し、4コーナーではスムーズに馬群を捌いて好位集団。エンジンが掛かって追い上げ態勢に入ったが、最後は2、3着馬のスペースが狭くなって追いづらくなった。直線以外は上手く立ち回っていたが、本質的には小回りの中距離戦は忙しい印象。距離ももう少し長い方が良い。

2番人気ピオネロはスタートから行き脚が付かずに後方から。折り合いは付いていたが、外枠だった事もあって内には入れず、3コーナー過ぎから外を回る羽目に。ここでもモタついてる内に2着馬に先に捲られ、直線でも流れ込む程度。根本的に小回りは合わないのを改めて露呈。

ハンデ頭ショウナンワダチは好位からレースを進めたが、勝負所でモタついている内に内外から抜き去られて後手に回り、直線も全く見せ場のないまま。小回りは合ってない感じだし、前半は受け流して脚を溜める方が合ってる印象。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
74位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR