ワールドカップ1次リーグ、日本はギリシャと痛恨のドロー

コートジボワール戦で「前々回のドイツ大会を思い出させる負け方」と書いたが、やはり歴史は二度繰り返すのか?日本はボール支配率7割弱、相手を大きく上回る16本のシュートを放ちながらもギリシャのゴールをこじ開ける事は出来なかった。

早い段階で運動量が落ちたコートジボワール戦よりも選手の動きは格段に向上した(何も変わってない選手もいたが)。コートジボワール戦で絶不調だった香川をスタメンから外し、大久保を先発起用。戦犯の一人だった大迫は別人のような動きを見せ、前回では殆ど見られなかった長友のオーバーラップを起点に良い形を何度も作った。

しかし、ギリシャ中盤の要であったカツラニスの退場で数的不利となったギリシャが元々の堅守速攻というスタイルから更にガチガチに守り固めてしまった事で逆に攻めづらくなった。ボールは支配するが生命線の筈だったショートパスが繋がらず。後半の終盤になってパワープレイに出たが、前線の枚数が足らないのに、付け焼き刃的な単調なクロスを上げてあっさり弾かれる有り様。

ここに来て、自分達のサッカーがどういうスタイルを目指していたのかサッパリ判らなくなって迷走してしまってる感が強い。よりによって本番で何でこんなに弱くなってしまったのか?
一番の問題はやっぱりザッケローニが監督ということだろう。香川をスタメンから外して、後半開始から遠藤を投入と、いつになく動きが早いと思っていたが、最後まで交代枠の3枚目を切らずじまい。清武や柿谷使わないとかマジで意味不明だし、

これで日本は1次リーグを突破するにはコロンビア戦に勝つ事が必須条件となったが、コートジボワールがギリシャに勝ってあっさり可能性を潰すというオチになりそう。そもそも、今のチーム状態でコロンビアに勝つのは相当な無理ゲーだろう。

【歴史は二度繰り返す。最初は悲劇として、二度目は茶番として】

この言葉がいよいよ現実的なものに近付いて来たように思えるが、どうなるやらねぇ・・・

テーマ : FIFAワールドカップ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR