安田記念回顧

これが世界レーティング1位の実力か。直線入り口では馬群の後方におり、馬群をこじ開けて抜け出た時は外のグランプリボスの方が体勢有利に思えたが・・・ゴール寸前で交わし去ったジャスタウェイの精神力と底力に恐れ入った。不良馬場の安田記念という繋がりでタイキシャトルをイメージする人もいるだろうが、個人的にはとんでもない位置から差し切ったテイエムオペラオーの有馬記念を思い出した。

出たなりの競馬で道中は中団馬群の中。馬場を考えれば何処かで外へ出したかったところだろうが、隣にいたグランプリボスがガッチリガードして出そうにも出せずじまいで直線は馬場のど真ん中を突く構え。この段階では「大波乱になるのか!?」と思ったりもしたが、最後は馬の精神力だけで差し切った印象。
直線だけでブッ千切った天皇賞やドバイでのレースぶりから1800~2000mでの決め手比べなら一番強いだろうとは思っていたが、こうした精神力が試される競馬でもこれほど強かったとは予想外。流石にレース直後はガタっと来たので宝塚記念出走の明言は避けたが、ダメージが抜け切って出走して来るようなら福永に戻っても怖い。
あと、フジのインタビューはぶつ切りされたが、グリチャのインタビューでまたしても名言を生み出した相談役はマジ格好いいw1着か伝統芸のどちらかと思って軸にせずスマンかった。

2着グランプリボスは基本的に走らない休み明け、ジェットスキーで惨敗した昨年のこのレースから精彩を欠いていた事もあってブービー人気と完全に過去の馬扱いだったが・・・この馬が走るタイミングが全然読めないわ。
道中は中団馬群で内のジャスタウェイの動きを3コーナーまでがっちりガードし、4コーナーで馬場の良い外へ。直線ではヨレたクラレントに弾かれる不利を受けたが、そこから馬群をこじ開けて一旦は完全に先頭に。ここまでは良かったが、ここで三浦は勝ちを意識したのか、追うフォームがバラバラになって馬が内へ外へ右往左往。これが響いて最後の最後で競り負ける形になった。
相談役へエルボーかましたのは追う動作での過程と相談役が寄せて来た事によって起きたのでどうこう思わないが、馬を極力真っ直ぐ走らせててフォームが乱れなかった相談役と比べて三浦の追うフォームがバラバラになるのは何とかならないものか・・・と思っていたら、別のレースで騎乗停止食らってた。最近は地味に乗れてると思ってたが、福永と同様に色んな意味で持ってないねぇ。

3着ショウナンマイティは馬場に脚を取られたか、スタートで出負けして後方から。この段階で外へ出す事を諦めたのか、道中は内に入って距離損を減らす方を選択。4コーナーではノメってバランスを崩す場面もあったが、直線では内を突いてしぶとく脚を伸ばして3着に食い込んだ。
欲言えば馬体重を増やして出て来てほしかったが、追い切りでの動きの良さがそのまま実戦にリンクした。本調子を欠き続けていたが、オルフェーヴルやロードカナロアに迫った実力が漸く戻って来た。この後も反動が出なければ完全復活と言えよう。

追い切りでの動きの良さがリンクしたのは、早め先頭で大いに見せ場を作ったダノンシャークも同様。スタートから出して行って道中は早め3番手の積極策。勝負所で外からクラレントが被せに来た事もあって共に動いて直線入り口で早々と先頭。1、2着馬には一気に交わされたが、その後も止まる事なくしぶとく踏ん張った。ワンパンチ足りないのは否めないが、やはり乱戦になればしぶとい。

ワールドエースは二完歩目が鈍くて前に行けず中団後方からの競馬。手が動き出した4コーナーでは惨敗を覚悟したが、そこからしぶとく盛り返してエンジンが掛かった坂上からは3着争いに加わる勢いで急追。大外枠と馬場に泣かされたが、良馬場だったら大金星を挙げていたかもしれない。屈腱炎持ちなので、反動が出なければ良いが・・・順調なら今後が楽しみになる。

一発を狙って本命にしたフィエロだが、その期待はスタートで出遅れて僅か1秒で萎んだ。それでも、道中は道悪を苦にしない走りで脚を溜めていたし、直線も前が空くまで追い出しを待っていたところで「もしかしたら」とも思ったが、直線半ばで脚が上がった。出遅れずに好位を取っていればもう少しやれた気もするが、まだトップクラスと戦うには力が足りてなかった印象。更なるパワーアップ待ち。

カレンブラックヒルは行きたい馬を先に行かせて道中は好位のインを追走。道悪は苦にしない走りで4コーナーまでは大方の予想通りの乗り方だったが、前走で見せた直線の盛り返しは最後まで見られなかった。どうにもこの馬との馬券的相性は宜しくない。

グランデッツァは最内枠が仇になった感じ。スタートも中途半端で道中は外に出す事も出来ず内々を回らされてる内に馬場にノメってスタミナを使い切った。非根幹距離に強いタイプでマイルの流れも向かなかった。

エキストラエンドは行き脚が付かず後方ポツンした時点で諦めた。後方ポツンが利く馬場ではなかっただろうに・・・。トーセンラーは馬体も減らしていたし、根本的に雨一滴でも降ると走らない。重馬場の東京新聞杯を好走したホエールキャプチャやクラレントだが、この時は重でも時計が出る馬場。
2頭共、根本的にノメる田んぼ馬場は向かない。

2番人気ミッキーアイルは二の脚の加速力でハナに立ってラチ沿いを走らせるいつも通りの戦法に出たが、やはりこの馬に道悪適性はなかった。直線は全く抵抗出来ずに呆気なく逆噴射。馬体重も減っていたし、道悪適性もないのであればこの大敗は止むなし。この後のオーバーホールで上手く立て直してくれれば良いが。


波乱の可能性もあるとジャスタウェイを軸にせず、人気のない馬に印を散らしたが、どう捻ってもグランプリボスは買えないわ。まぁ、素直にジャスタウェイ軸だったら1着3着4着5着で発狂したであろうから、まだ精神衛生上マシだったと慰めてみるw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR