京王杯SC回顧

田んぼ馬場を味方に付けて圧勝した高松宮記念以来の出走となったコパノリチャードが人気の中心となったが、直線半ばで一杯となって7着に敗退。確かに前半の3Fは33.7と速いペースで入ったが、逃げ切った阪急杯(前半3F33.8)と大差ない。この馬の場合、ペースの速い遅いではなくて自分のリズムを崩さずに行けるかどうかなので一概に暴走とは言えない。
にも拘らず、直線で敢え無く失速したのは高松宮記念の反動が少なからずあったのだろう。それに、最終追い切りではマズマズ動いていたが10キロ増と太目残りの影響も多分にあったと思える。直線でクラレントと接触したが、その段階では既に余力はなかった。
この敗戦を受けて、陣営は早々と安田記念を回避してスプリンターズSを目標に調整する事を示唆。ダイワメジャー産駒は一旦リズムが崩れると立ち直るのに時間を要するので、この判断が吉に出る事を祈る。

勝ったレッドスパーダはスンナリ番手に付けると、コパノリチャードのペースに付き合わずやや離れての追走。直線で捕まえに掛かると、内に入ってコパノリチャードと接触したクラレントとは対照的にあっさり抜け出してそのまま押し切った。
不良馬場にノメって惨敗した前走のせいか10番人気と評価を落としていたが、良馬場の東京コースはこの馬にとってベスト条件。スピード能力を活かしやすい時計勝負になったのも幸いして鮮やかに巻き返した。何故にシーマンは先週や先々週はこのようにソツなく乗れなかった。

2着クラレントはスタートはやや鈍かったが、気合いを付けて好位4番手をキープ。その後はリズム良く追走出来、直線は最内を突いて勝ち馬より先に先頭に立とうかという勢いだったが、ここでコパノリチャードと何度か接触してる内に勝ち馬に先に抜け出されて自身の勢いも失った。
川田は恨み節の一つも言いたいところだろうが、コパノリチャードが外にモタれる癖があるので浜中としては右鞭を入れて修正するしかないので、あの場面は運が無かったとしか言いようがない。ダメージが小さいようなら安田記念でも。

3着エールブリーズはスタートから出して行っても掛かる事なく、好位から中団のインを追走。直線は馬群を割ってメイケイペガスターと併せる形で脚伸ばして3着を確保。この条件では3戦3勝とベスト条件だった事もあるが、大健闘と言える。最近、ネタにすらならなかった三浦が地味に乗れている・・・

メイケイペガスターは行きっぷりが良くて大外から好位集団の外目。ペースが流れた事もあって折り合いもスムーズで直線も競り負けはしたが、3着馬と併せ馬でしぶとく脚を伸ばした。気性がアレなので連続して好走出来るかは微妙だが、今後も折り合いが付くようなら。

シャイニープリンスはスタートは速かったが、無理に行かせようとはせずに後方グループで脚を溜めるスタイル。直線はスペースの空いてる外に出したが、バテたアルフレードを捌いた辺りから内にモタれ出して末脚不発。右回りの方が良いタイプか。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR