フィリーズレビュー回顧

上位人気馬の多くがマイル適性に疑問符が付き、桜花賞トライアルとしては微妙な面子という印象が拭えなかったこのレース。そのレース内容も人気薄が2着に粘ったこともあって、戦前の印象を覆すには至らず。最も印象に残ったのは最内を強襲した武豊の手綱捌きだった。

逃げ一辺倒の脚質で最内枠を引いた事から、迷わず逃げるであろうと思われたベルカント。だが、蓋を開ければ最初から無理に行かせる事なく好位グループに控えて折り合いもスムーズ。直線は逃げたニホンピロアンバーが1頭分空けてた最内を強襲。見た目には鮮やかな脚質転換が決まったと言える。
控える競馬が出来たのは確かに驚きだが、それほどキツくないペースで最内枠からコースロスなく立ち回れた恩恵にも恵まれた。一定の警戒は必要だろうが、あと1Fの距離延長は血統的にキツいと見る。

2着ニホンピロアンバーは好スタートを切ると、追っ付けて来たフクノドリームを振り切って迷わずハナへ。一息入れた3~4コーナーでフクノドリームに迫られたが、余力十分残っており直線入り口でスパート。勝ち馬には交わされたが、外から迫った3、4着馬の追撃は凌ぎ切った。
最初の主導権争い以外は他馬に絡まれず、人気薄の気楽さもあってマイペースで逃げられた事もあってあわやの激走だったが、最後の1Fは脚が上がりかけたように距離適性は明らかな限界がある。

3着エスメラルディーナは道中は勝ち馬と同じく好位追走。直線でもしぶとく脚を伸ばして一旦は2番手に上がろうかという勢いだったが、僅かに届かず。外枠だった事もあって終始外を回るキツいレースだったが、初の輸送を乗り切って権利を取った点は評価出来る。上位馬の中では最もマイル適性がある。この組では最も怖い存在か・・・騎手が替われば。

アドマイヤビジンは大外枠だった事もあって最初から行く構えを見せず中団待機。仕掛けて行った4コーナーでグランシェリーの動きに反応して外に膨れた3着馬の煽りを受けて外へ振られる不利。そこから立て直して大外から追い上げて来ただけにスムーズだったら・・・ただ、1400mを2戦使うローテはマイル戦に適さない。

1番人気に支持されたホウライアキコだが、パドックでのイレ込みは前走よりマシ。レースでは好位に控えて勝ち馬や3着馬と同じ位置取り。ただ、内外にそれぞれ進路があった2頭とは対照的に直線は前が空かず。外へ出そうとしたが、先にアドマイヤビジンに被せられて怯んだのが致命傷となった。脚を余した一戦だったが、完成度だけでマイルを押し切れる時期は過ぎ去った。

ヤマノフェアリーとホッコーサラスターはスタートでそれぞれ失敗して後方でスムーズさを欠いた。特にヤマノフェアリーは直線でも前が詰まり通しで全くの消化不良だった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR