中日新聞杯回顧

ゴール前はハンデ戦らしい大混戦となったが、勝ったのは準OPを勝ったばかりの伏兵マーティンボロ。鞍上のバルジューは11年振りの重賞勝利となった。

道中は中団の外目を追走。3~4コーナーで徐々に進出を開始し、直線入り口では好位グループの後ろに接近。ここで併せ馬の形となったラブリーデイと共に末脚を伸ばし、ゴール寸前で内のラキシスを捕らえ切った。
54キロのハンデも手頃だったし、道中もスムーズに流れに乗れてた。勢いと出来の良さがモノを言ったが、遅生まれの5歳馬でフレールジャックの全弟と血統的下地はあった。折り合いに苦労した兄に似なかったのは良い傾向。

2着ラキシスは最初のスタンド前でやや窮屈になるシーンもあったが、それ以外はさしたる不利も受けずに道中は好位グループの一角。川田のコメントだと直線に向いてから手応えが怪しくなったそうだが、馬群の間からしぶとく脚を伸ばしてゴール前の混戦に加わった。
勝ち切れなかったが、本賞金を加算出来たのは今後に向けて大きな収穫だった。良馬場の中距離戦では今後も安定勢力となれるであろう。

3着ラブリーデイはもう少し前で競馬をするかと思ったが、それ程行く構えを見せず道中は中団からの競馬。直線で外目に持ち出し、丁度脚を伸ばしていた勝ち馬と併せ馬の形で脚を伸ばした。有馬記念は歯が立たなかったが、ローカルの中距離戦なら黒い漬物石(ランリョウオーを沈めた恨みは未だに忘れん)を乗っけても、これくらいは動けて当然。

ユールシンギングは後方2、3番手からの競馬。直線では外に持ち出すのにスムーズさを欠いたものの、前が空くと勝ち馬の後を追うようにして良く伸びて来た。休み明けの中山記念は良いところなかったが、ここで変わり身を見せて来た。時計が掛かる中距離戦ではある程度は信頼しても良さそう。

トウカイパラダイスは最内から好スタートを決めたのもあって労せずして2、3番手をキープ。先頭に並び掛けた直線は仕掛けを遅らせて後続に備えたが、最後は休み明けのせいもあってひと踏ん張りを欠いた。とはいえ、やはり左回りは走る事を証明。

レッドレイヴンはアクションスターに前をカットされる不利はあったが、致命傷にはならず道中は中団からの競馬。ただ、直線は窮屈なポジションに入った事もあってか、思ったほど切れず。10キロ絞れたのは良い傾向だが、もうひと絞りあれば良かったか。

アンコイルドは外枠の馬が内に切れ込んで来た影響を受けて位置取りを下げて中団後方からの競馬。動くに動けない位置に閉じ込められて直線も前が空いたのは残り1Fを切ってから。脚を余す格好の消化不良な内容だった。

エックスマークは好位のインで流れに乗ってるように見えたが、直線はこれが仇となって包まれ通しのまま流れ込んだだけ。まぁ今回は休み明けで反応も幾分鈍かった。これを叩いての変わり身に期待。

フラガラッハはいつも通りの出遅れ。3コーナー過ぎから仕掛けて行ったが、前半のペースが緩く、後半の上がりが速くなる展開はこの馬にとって不向きな流れ。カルドブレッサは直線で全く前が空かないまま終了。スムーズだったら掲示板はあっただろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
74位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR