チューリップ賞回顧

休み明けでも取りこぼしは許されない。そう言わんばかりのハープスターの大外一気が炸裂。余力を十分に残しながら見せた圧巻のパフォーマンスは牝馬クラシック戦線の主役は紛れもなくこの馬と印象付けるのに十分だった。

スタートしてからすぐに後方に下げて馬場の外目に持ち出し、道中は後方2番手を追走。4コーナーから気合いを付けて進出を促し、直線では大外。追い出されると、他馬と違いがハッキリ判るストライドの回転の速さであっという間に先頭。最後まで川田はムチを入れる事ないまま、後続に2馬身半差を付ける完勝だった。
前半を受け流す事で終いの切れと持続力を引き出すタイプではあるが、この馬の場合は加速し出してからトップスピードに乗るまでの時間が短く、そのスピードの持続力が桁違いに長い。今回は大外に回してスムーズに加速出来たのもあるが、新潟2歳Sと同様の凄まじい切れ味だった。6~7F目のレースラップは11秒台を刻んでるが、おそらくこの馬は10秒台後半を刻んでるだろう。良馬場での決め手勝負になれば、同世代でこれに敵う馬はいないだろう。これで桜花賞、オークスの本命は決まった。

2着ヌーヴォレコルトは大外からジワッと出して行って好位集団の外目を追走し、直線に入ってからゴーサイン。勝ち馬にはあっという間に交わされたものの、終いの伸びはしっかりままで2着は楽に確保。相手が悪すぎたが、道中はスムーズに流れに乗れていたし、休み明け&初の右回りでこれだけ走れば上々だろう。力量差は如何ともし難いが、立ち回り次第で本番でも好走する余地はある。

3着リラヴァティは押し出される様にハナを切った前走と違い、最初から押して行ってハナを主張。道中も後続に絡まれる事なくマイペースで逃げられ、直線も二の脚を使って逃げ込み態勢。1、2着馬とは決め手の違いを見せ付けられたが、3着に粘って出走権を確保。先行有利の馬場を見越した松山のファインプレーもあったが、PO馬のクラシック出走は実に喜ばしい。

ブランネージュは道中は集団後方の外目で折り合いを付けて末脚を温存。直線はそのまま外を回って追い出しに入って末脚を伸ばし、一旦は2着馬に迫る勢いだったが、坂を上がったところで脚が上がった。相手なりに走れるタイプで格上挑戦でも見せ場を作ったが、現時点では平坦コースの方が良いタイプか。

2番人気プリモンディアルは集団後方を追走していたが、一気にペースが上がった勝負どころで置かれてしまって見せ場なし。基本的に3歳春以降の重賞は新馬勝ちから即通用する程甘くない。血統的にも人気になりやすい馬ではあったが、もう少しキャリアを積まないと上では通用しない。

エルフィンSを逃げ切ったシャイニーガールは一転して控える競馬に出たが、内枠で他馬を気にする仕草を見せて直線も伸びずじまい。結果論になるが、最内枠を活かして前を取りに行った方が良かったかも。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR