阪急杯回顧

阪神Cではスタートで失敗し、中途半端な位置取りに終始して自爆したコパノリチャードだが、今回は最内枠からケレン味のない逃げを打って2番手以下を翻弄する4馬身差の快勝。持ち前のスピード能力の高さを見せ付ける形となった。

スタートはそれ程速くはなかったが、そこから気合いを付けてハナに立つと、2F~5Fを10.7-10.9-11.1-11.2と淀みのないラップを刻んでの逃げ。直線で2番手にいたガルボが迫って来たが、これを坂で突き放し、脚が止まった好位勢を尻目においでおいでの完勝。
最後の1Fは12.8掛かったように自身も楽な逃げではなかったが、キツいペースでも行き切らせて自分のリズムで走らせるとしぶとい事を証明。もう少し気性面のコントロールが利けば良いのだが、現状ではスピードを活かし切るこのスタイルがベストであろう。

2着サンカルロはスタートは五分だったが、二の脚が付かず後方から。道中は内にモタれて外に出せず、結局は枠なりに内を回る形に。直線は内から馬込みを捌く形になったが、上手い具合にスペースが出来た最内に突っ込んでしぶとく脚を伸ばしてゴール寸前で2着に浮上。
前走は前が空かずに内で脚を余す形だったが、今回は淀みない流れで程良く前がバラけたし、上がりが掛かる展開になったのが幸い。今年で8歳となるが、この条件で異様に走るのは健在。

3着レッドオーヴァルは出たなりの競馬で道中は中団を追走。ペースが速かった事もあって折り合いもスムーズ。勝負所のコーナリングで好位集団に上がり、直線もジワジワと脚を伸ばしたが、幾分力を要する馬場もあって2着馬に伸び負けする形。
仕上がりも悪くなかったし、道中も流れに乗れていた。パンパンの良馬場ならもう少し切れていただろう。牡馬相手では善戦までという感じだが、牝馬同士なら復調して来た今なら勝ち負けまで持ち込める。ヴィクトリアマイルは馬場次第だろう。

ガルボは押して押して外目3番手をキープ。その後はリズム良く追走し、4コーナーでバテたパドトロワを交わして2番手に上がり、そのまま勝ち馬を負かしに行く競馬をしたが、逆に突き放されて最後は2、3着馬に差し込まれた。
勝ちに行く競馬をしなければ2着は確保出来ただろうが、出来の良さもあって敢えて負かしに行った石橋脩の姿勢は評価したい。冬から春先にかけて滅法走るが、リズムに乗った先行策を取れば本当にしぶとい。

エピセアロームは好位からの競馬で折り合いもスムーズ。直線は内を通って一旦は3番手に上がったものの、そこからの伸びは今一つで流れ込む形に。パンパンの良馬場でこそのタイプだし、もう一列後ろにいて前半を受け流す競馬の方が良かったかも。

ラトルスネークはまたまたスタートで出遅れ。ペースが速かった事で折り合いは付いてたし、直線も大外から良く追い上げて来たが・・なんか今後もこういう競馬しか出来ないだろうなぁと思ってしまう。よっぽど展開がハマらない限り勝つのは難しいだろう。

1番人気だったダノンシャークは道中は3着馬と似たような位置取りだったが、直線ではサッパリ伸びる気配なし。デビュー以来の最低着順となったが、やはり降雪の影響で東京新聞杯を回避した影響があったのだろう。ここまで負けて良い馬ではない。

中間の動きから復調気配が窺えたカレンブラックヒルだったが、中団から全く伸びる気配なし。昨年に比べて良くなってるという話らしいが、復調の道は険しいと言わざるを得ない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR