共同通信杯回顧

このレースにはベルキャニオン、ガリバルディと2頭のPO馬が出走していたが、明暗がくっきり分かれる結果に。

2着に入って本賞金を加算し、クラシック出走に望みをつないだのはベルキャニオン。2コーナーで他馬に寄られてバランスを崩して行きたがりかけたが、宥めて中団のインをキープ。直線では前がバラけてスペースが出来るまで追い出しを待ち、空いた内を掬って勝ち馬に肉薄したが、残り1Fで伸び負け。
現時点での完成度の差で勝ち馬には完敗だったが、3着以下は離しており内容の濃い2着と言える。皐月賞よりもダービーで楽しみな存在になってくれそう。

一方のガリバルディは輸送の影響で16キロも体重を減らしてしまっては勝負以前の問題だろう。大外枠とスローペースが災いして前半から掛かり通し。4コーナーでは既に余力もなくなっていた。まずは馬体重の回復が先決。なんとかダービーに間に合うかどうか・・・

東スポ杯以来の出走となったイスラボニータだが、まずは無難な好スタートを切ったと言える内容の完勝。スタートが良すぎてハナに立とうかという勢いでそれを宥めながらの追走。直線に入ってスムーズに外に持ち出し、先に抜け出したサトノアラジンに並び掛けたところからスパート。内を掬った2着馬に迫られたが、残り1Fで突き放した。
前半に行きたがった点を除けば、完勝と言っていい内容。現時点での完成度では世代№1だろう。ダービーは距離適性でやや微妙な気がするも、皐月賞は最有力候補だろう。

3着サトノアラジンはスタートは出たが、2コーナーで控えた際にゴチャついた不利を受けて中団後方まで下がってしまった。その後もやや力んだ走りとなり、3~4コーナーで辛抱堪らず先団グループまで進出。直線入り口で先頭に立ったが、早めに動いた分、内外から1、2着馬に迫られた時に抵抗出来ず。
何とか3着は死守したが、前半の位置取りで日和った事でなんともチグハグな競馬を強いられてしまった。一連の重賞で大きく崩れてないように力はあるのだが、本賞金を全く稼げないのは致命的。このままではトライアル出走すら覚束なくなってしまいそうだが。

マイネルフロストは2コーナーでゴチャついた際に行きたがってしまい、それを宥めながら中団で折り合いに専念。直線は2着馬に先にスペースに入られて進路を探しながらの追い出し。最後は3着馬に迫ってるだけに、スムーズであればと思わせる勿体ない競馬。

ピオネロはスタートから出して行って前を取りに行こうとしたが、行けないまま2コーナーでゴチャついて後方に下がって宥めながらの追走。直線は外から脚を伸ばしたが、前半の不利でリズムを崩されて脚が十分に溜まってなくジリジリ伸びた程度。もう少しゆったり行ける距離の方が良いタイプか。


1、2着馬はほぼ順当に力を出せたが、3着以下は2コーナーでお互いに不利を与え合って位置取りも含めて力を出し切ったとは言い難い。競馬にならなかったガリバルディも含め、次以降はどのような競馬をするか注目したい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
66位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR