クイーンC回顧

阪神JFでレッドリヴェールやハープスターと僅差の勝負を演じたのはフロックではない。フォーエバーモアが人気に応えて快勝し、賞金的にクラシック出走を当確ラインとした。

内で包まれる事を嫌ってか、スタートから出して行って2番手をキープ。行きたがる素振りを見せたが、なんとか抑え込んで3コーナー手前で落ち着かせた。4コーナーで先頭に並び掛けたが、後続の仕掛けと手応えを見る余裕があって、本格的な追い出しは直線坂上から。馬群を割って来た2着馬に詰められたが、着差以上に余裕があった。
力の違いを見せ付ける危なげないレース運びではあったが、スローだったとはいえ急がせると掛かった点は今後に向けての課題だろう。直行する桜花賞は有力候補だが、血統面からもオークスは距離的に微妙な気がする。

2着マジックタイムはプラス12キロと輸送で減った体重をキッチリ戻して好仕上がり。これまでのレースに比べてゲートはまともに出た方で道中は馬群の中で折り合いを付けての追走。直線は前が壁になって行き場を探していたが、坂上で馬群を割って勝ち馬に急追。
得意の左回りで順当に巻き返したと言えるが、現時点での完成度で勝ち馬に見劣ったのは否めない。阪神JFで輸送減りした点も気掛かりだし、桜花賞では連下どまりか。但し、オークスの穴馬候補としてマークしときたい。

3着ニシノアカツキは好スタートを切ったものの、すぐに控えて中団後方からの競馬。スローペースだった事もあって折り合いに苦労したが、3コーナーで落ち着かせた。直線は大外から良く伸びて来たが、位置取りとコース取りの差で1、2着馬には追い付けず。とはいえ、前走がフロックでなかった事は証明出来た。展開に左右されるが、ハマれば何処かで穴をあけそう。

2番人気に支持されたデルフィーノは好位で流れに乗ってたように見えたが、直線は全く伸びる気配がないまま逆噴射。中2週で10キロ減っていたし、前走も負けて強しではあったが、精神面でかなり負担を強いる競馬。見せ場らしい見せ場もなく殿負けに終わったカノーロ同様に本調子を欠いていたのだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR