フェアリーS回顧

2勝馬が1頭もおらず、重賞と呼ぶには微妙なメンバー構成。こうした状況なら、俺の観念からすれば黙って消しのキャリア1戦馬オメガハートロックが勝っても特に違和感はない。

スタートはやや甘くて中団からの競馬。スローペースだったし、2コーナーで少しゴチャつく場面あって道中は行きたがるのを宥めながらの追走。3コーナーで落ち着き、4コーナーで後ろにいたニシノアカツキに被せられるのを嫌って共にスパート。ゴール寸前で逃げ粘るリラヴァティを差し切った。
時計の掛かる馬場とはいえ、勝ちタイム・上がり共に特筆するものではない。ガサが無かった半姉オメガハートランド(これも低調だったフラワーCの勝ち馬)より馬格はあるが、レッドリヴェールやハープスターより上とは思えない。

2着ニシノアカツキは中山マイルでは不利な8枠を引いたが、上手く馬群の中に入って中団後方で脚を溜める競馬。4コーナーから動き出した際に内にいた勝ち馬に外へ振られる不利を受けたが、しぶとく脚を伸ばして食い下がった。
ここ2戦の惨敗はスムースな競馬が出来なかったものだが、次もこれだけ走るか何とも言えない。それにしても、コンシェルジュでクソミソに扱われたブノワがこれだけ頑張るとは・・・辻三蔵は涙目だなw

3着リラヴァティは前を取りに行ったら好スタートを切ったマリーズケイが控えてしまい、押し出される形でハナに立つ予想外の展開。そのままスローに落として内々を立ち回り、直線でも二の脚を使って逃げ込みを図ったが、ゴール寸前で捕まった。
実はこの馬、PO馬だったりする。勝ち上がるのに少々時間が掛かっただけに、出来る事なら2着に残って本賞金を加算して欲しかったところだが、逃げても大きく崩れなかった点は評価したい。

エクセレントビューはスタートで出遅れて中団後方からの競馬。4コーナーまで内でジッとしていたが、直線に向いても前が空かなかったので外へ。しかし、外へ出しても前が空かず、やっと前が空いたのは坂上。猛然と追い込んだが、大勢は決した後。一番勿体ない競馬をしたのはこの馬だろう。

イントロダクションはスローペースで終始掛かり気味。4コーナーで辛抱堪らずに動いて行って、直線では一旦は抜け出しかけたが、坂で甘くなった。もう少し流れて溜めが利くようだったら、際どい勝負になったかも。

2番人気グリサージュは中団後方で折り合いも付いていたが、直線で包まれたとはいえさっぱり伸びる気配がなかった。調教も今一つだったようだし、本調子を欠いていたのかもしれない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
60位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR