ダービー回顧(またしても歴史は・・・)

俺の好きな言葉に【歴史は二度繰り返す。最初は悲劇として、2度目は茶番(喜劇)として】という言葉がある。ダービーでの福永祐一の騎乗を見てると【歴史は悲劇と茶番を何度でも繰り返す】という言葉に置き換えたくなる。尤も、3年前のワールドエースで懲りた筈なのに、またしてもPO馬という私情を優先して福永から入って馬券を外した俺は茶番もいいところなんだけど。

勝負はスタンド前の位置取りで決まった。スタンド前で行きたがる素振りを見せたリアルスティールを抑え込む為、ドゥラメンテよりも後ろに下げた時点で「ああ、やっぱり所詮は福永だった」と勝ちは早い段階で諦めた。もう何度となく指摘して来た【必要以上に折り合いを気にして必要以上に位置取りを下げる】という福永の悪癖がまたしても露呈したと言える。
まぁ、ドゥラメンテよりも後ろで競馬をするのは矢作との相談の上での作戦だったようだが、馬と喧嘩してまで下げる必要があったのか甚だ疑問。レース前後にグリチャで岡田総帥が馬との折り合いの付け方について触れていたが、レース回顧では福永の折り合いの付け方を暗に皮肉ってるようにしか聞こえなかった。
確かに正攻法の競馬で差された皐月賞はショックだろう。しかし、それでも勝ちに行く競馬だったと評価出来た。何でもかんでも正攻法が良いと思ってはいないが、ダービーの福永は本人は勝負に行ってるつもりでも、傍から見れば最初から勝負出来る舞台に立とうとしなかった言える。
尤も、正攻法の競馬をしてドゥラメンテに勝てたかは微妙だったと思う。共同通信杯みたくペースが緩んで終いの切れを活かす展開になれば判らなかったが、前半が締まった流れとなって切れより持続力と持久力が問われる流れでは些か分が悪い。ましてや、前半で折り合いを付けようとして逆にリズムを乱してた時点で勝てるわけがない。
いずれにしろ、福永は「所詮は福永」と言われる立場から脱却する事は永久にないだろう。そして、俺は勝負に行くという意味を判ってないこの男をダービーで軸にするという愚行は二度としない事を宣言しておく。

その潜在能力の高さは認めても、気性面の危うさから軸で買えなかったドゥラメンテだったが、パドックでの落ち着き具合から「今日は普通に折り合ってしまいそうだなぁ」という嫌な予感(?)はあった。そして、それは見事に当たる事になる。
スタンド前で後ろに下げた福永とは対照的に前へ進出を促して中団前目を取り、1~2コーナーで掛かったとはいえ、前に馬を置いて無理やり抑え込もうとせずに折り合いを付けたデムーロは流石と言える騎乗だった。皐月賞よりも更に手の内に入れていたと言える。
騎乗馬は違えど、締まった流れを作ったノリの逃げも結果として大きなアシストになった。折り合いが付けやすくなったのも確かだが、持続力と持久力が問われる流れは気性的にこの馬に向いていたと言える。
そして、直線で見せた持ち味の瞬発力。リアルスティールを置き去りにし、サトノラーゼンと接触しながらも手前を替えてからの伸びは圧巻の一言。速いとは思ったが、まさかダービーレコードを更新するとは唖然。予想以上に伸びしろがあるというか、歴代の2冠馬と比べても上位の存在だろう。
気になるのは秋のローテ。凱旋門賞への登録も済ませてるし、今回は折り合えたとはいえ、長丁場の菊花賞は気性的に不向き(能力差で何とかするパターンが一番可能性として高そうだが)。カスケードくらいかと思ってたが、菊花賞を蹴って凱旋門賞で走る二冠馬が見られるかもしれない。

2着サトノラーゼンは輸送で馬体は減らなかったが、パドックでは少し気負った感じで「果たしてレースで折り合えるのか?」という不安はあった。しかし、前半の入りを幾分抑えて中団のインに付けて宥めて折り合う事が出来た。道中は外の勝ち馬をマークしつつも、3~4コーナーは必要最小限のコーナリング。
直線はすぐ外へ出し、接触したのは意図的かどうか判らないが、勝ち馬をインを通らせないようにしてしぶとく食い下がって3着馬の猛追をギリギリ一杯に凌ぎ切った。相手が悪すぎたと言えるが、最内を上手く利用したコースロスのない立ち回りで3強の内2角までを崩した岩田の勝利への貪欲さは流石と思う。菊花賞は距離適性で少し微妙だが、今後もこれくらいの距離でなら主役を脅かす存在となれそう。

3着サトノクラウンはゲートを潜る仕草を見せたところでスタートが切られて出遅れて後方から。しかし、中山と違って広い東京では慌てる必要もなく、前半の締まった流れを受け流して折り合いを付けて末脚温存。4コーナーのコーナリングから進出を開始し、今回は何の不利もなくスムーズに回って直線も良い脚を使って追い込んだが、2着馬に詰め寄るのが精一杯。
皐月賞と違って力を出し切ってはいるが、この馬もリアルスティールと同様に終いの切れを活かすレースが合ってるタイプで持続力と持久力重視のペースで幾分パフォーマンスを落とす事となった。距離も微妙に長かった印象。

全くの人気薄だったコメートが5着に健闘。好スタートからスンナリ先行して道中は3番手のイン。直線ではスムーズにキタサンブラックの外へ出してフラついてはいたが、この馬なりに最後まで止まらずに伸びた。弥生賞は接触してハミを噛んでしまい、皐月賞は外枠で序盤に脚を使って最後まで持たなかったが、今回は内枠を利してこの馬としてはほぼ理想的な立ち回りが出来た。人気にならないタイプで今後も中位人気で怖い存在となりそう。

タンタアレグリアはスタートしてすぐに後ろに控えて道中は離れた後方2番手を追走しての死んだふり。距離損を無くして上がり勝負に徹したが、流石にこの勝ち時計は速すぎたし、直線半ばでリアルスティールに寄られる不利も微妙に堪えた。着狙いに徹したとも取れるが、現状の力は出せたのではないかと思う。

レーヴミストラルは1コーナーでややゴチャついて頭を上げたが、その後を上手く宥めて道中は勝ち馬を徹底マーク。これまでマーク屋に徹した川田を評価して来なかったが、今回は相手を勝ち馬1頭に定めた徹底マークで勝とうとする気概は感じた。ただ、現時点での完成度の差は如何度ともし難く、直線は離される一方の完敗。ただ、福永と違って川田の今後には期待を持って良いと思う。

ミュゼエイリアンは枠的に前に行くだろうとは思ってたが、まさか逃げるとは思わなかった。皐月賞同様にレースの流れを作って力のある馬しか来れない締まったペースを刻んだが、このペースで残れる力が馬にはなかったし、時計も速すぎた。

ポルトドートウィユはスタートで出遅れて最後方のまま、何か仕掛けてくるでもなく終了。ハードに調教やっててこれが良い方に出ればと思ったが、却ってオーバーワークになってしまったか。アダムズブリッジは中団の後方に付けたが、これも特に見せ場なし。休み明けでこんな締まった流れとなっては無理ゲーもいいとこだろう。

軸馬の選択さえ間違えなければ、馬連は外れても3連複は取れてトントンくらいには持ち込めたレース。馬の能力云々も重要だが、大舞台で勝負に行ける騎手とそうでない騎手の選択はより重要だと痛感したレースだった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月30日、31日)

5月30日
東京
10R薫風S(ダート1400m)
マヤノオントロジー
4番人気9着


5月31日
東京
4R3歳500万下(牝馬限定・ダート1400m)
テイア
9番人気6着
12R目黒記念(芝2500m)
ムスカテール
10番人気7着

京都
8R4歳上1000万下(芝2000m)
ノブペイジ
11番人気9着




大佐は直線大外からジリジリと脚を伸ばしたが、内を通った組が残ってしまう流れでは届かない。届いたかは別にして、もう一つ前の位置に付けて欲しかったが・・・
微妙な斤量増の影響もあった感じだし、少し太く見えた馬体重6キロ増も誤算だった。

オントロジーは内のカラ馬を気にしたのかもだけど、外へ出すのが早すぎた。上がり最速ではあったが、もう少し溜めてれば切れが増したと思う。

テイアはこの前よりスタートが悪くて先攻出来ず。直線はそれなりに脚を使ったのだが。

ノブペイジは先行出来たまでは良かったが、やはりペースが上がると付いて行けなくなる。




本日、盛岡で出走したデサフィナードは、人気を裏切った前走の雪辱を晴らす逃げ圧勝。スムーズに逃げられればC級では性能が違う。

チャクラタイムが佐賀競馬で3着。後方から追いこむ競馬で移籍後初の馬券対象。




来週の特別登録馬はいないけど、ファイブタブレットが2日の大井競馬で地方移籍初戦。いきなりA級で使うのは微妙な気もするが、目処を付けられれば。

マヤノクレドが3日の名古屋競馬で移籍初戦。4歳時は名古屋のA級で好走してたし、準OPにいた実績から初戦から好勝負を期待。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ダービー

◎リアルスティール
○サトノクラウン
▲ドゥラメンテ
△サトノラーゼン
△ポルトドートウィユ
△ミュゼエイリアン
△タンタアレグリア

2006-2007シーズンから本格的にPOGを始めたが、リアルスティール、ポルトドートウィユ、アダムスブリッジとPO馬が3頭ダービーに出走したのは初めての経験である。因みにダービーの出遅れからネタ馬化したヴィクトリーや競走中止したリベルタス等、PO馬の結果は芳しいものではない。
この内、アダムスブリッジは一頓挫あって皐月賞を回避して若葉Sからのぶっつけ。皐月賞を使っていれば印を打ったかもだが、常識的に考えてぶっつけに加えて多頭数未経験の馬をいきなりダービーでは買いたくない。

ポルトドートウィユは京都新聞杯で多頭数内枠で経験し、尚且つ2着と結果を出した点が再度内枠を引いたこの舞台で活きるかもしれない。これまでは中1月以上間隔が空いての出走で今回は初の中2週だが、2週連続坂路で併せ馬を敢行してる意欲的な調教。最終追い切りでもフットワークの軽さが目立った。雨が気になるが、レース時にさえ降らなければ。

さて、残る1頭リアルスティールは共同通信杯はキャリア1戦の馬は買わないポリシーに従って無印、皐月賞はコース適性を不安視して▲と本命にはして来なかったが、連を外してない安定性の高さとドゥラメンテを完封した共同通信杯の内容から初めて本命とした。追い切りは先週の時点で仕上がっていたのでソフトな仕上げだったが、手綱を抑えたままで併走馬を置き去りと万全の態勢。あとは正攻法の競馬で負けた皐月賞を踏まえていつもの悪癖を福永が出さなければ・・・それでも3着以下は外さないと思うけど。

サトノクラウンは皐月賞では出遅れに加えて勝負所で外に弾かれ、4コーナーで内からすっ飛んで来た勝ち馬に寄られる不利と三重苦を味わって着外。敗因はハッキリしてるし、東スポ杯で見せた非凡な瞬発力と末の切れ味は如何にもダービーで真価を発揮しそう。出遅れの心配もあるが、東京なら焦らずに構える事が出来る。馬場が渋ってもある程度ならこなせる事は弥生賞で証明済み。今回はテンションを考慮してソフトな仕上げだが、相変わらず気配は良い。

ドゥラメンテは皐月賞では初の右回りと歓声に驚いて外へ大きく膨れながら、そこから立て直して勝ちパターンに持ち込んだリアルスティールを差し切る離れ業。ラスト1Fで11秒を切ろうかという驚異的な爆発力を持った末脚は二冠馬となる資格は十分にあると思われる。ただ、皐月賞でのご乱心や共同通信杯で見せた気性面の危うさは軸として買いづらい。追い切りは折り合い重視だったが、引っ張り切りの手応えは紙一重にも見えた。

サトノラーゼンは同じローテのポルトドートウィユに比べて物足りなさを感じさせる調整だが、テンションが上がりやすいタイプに加えて中2週での輸送という点を考慮すべきだし、前走も半マイルの追い切りで勝ち切ってる。その京都新聞杯はそれなりに締まった流れを好位で立ち回って凌ぎ切る機動力と地力の高さを見せた。イレ込みさえなければ通用してもおかしくはない。

ミュゼエイリアンは馬なりだったとはいえ、併走馬を持ったままで置き去りにした追い切りの気配が抜群に目立った。皐月賞では思ったほど前に行かず、内々で脚を溜める競馬だったが、上位馬とは明らかに切れ味勝負で見劣った。毎日杯で見せた早め早めの競馬で持ち味のしぶとさを活かす競馬なら、頭までなくとも3着くらいなら。

タンタアレグリアは青葉賞回顧では現時点では・・・という評価を下したが、左回りで連を外してない安定感と内枠、先週は坂路でしっかり追われて今週は古馬2頭をかなり後ろから追い掛けて直線で並び掛けて先着するハードな追い切りに好感を持った。これも切れ味勝負では皐月賞上位組に太刀打ち出来ないが、ロスなく立ち回ってしぶとさを活かせれば。


馬券はドゥラメンテに一抹の不安を感じるが、印上位3頭が抜けてると思うので◎○▲の馬連と3連複、◎―○▲―△4頭流しの3連複フォーメーションで。


因みに目黒記念はムスカテールの単複。0.5キロ増えての57.5キロのハンデ頭は微妙だが、この条件はベストだし、追い切りでも目立つ時計ではないが、この馬なりに好調さをキープしてる。他の有力馬は休み明けも多いし、どこまで信頼していいものかという不安もある(要は絞れなくなっただけw)。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(5月30日、31日)

5月30日
東京
10R薫風S(ダート1400m)
マヤノオントロジー
M・デムーロ(57.0)


5月31日
東京
4R3歳500万下(牝馬限定・ダート1400m)
テイア
江田照男(54.0)
12R目黒記念(芝2500m)
ムスカテール
吉田豊(57.5)

京都
8R4歳上1000万下(芝2000m)
ノブペイジ
藤田伸二(57.0)




多分、今年の(今年もかw)目黒記念はトップガン産駒ファンの多くがダービーよりも力が入るであろう。
我らが大佐は前走から0.5キロの斤量増でハンデ頭になったのが微妙だが、前走での復活を見て判るようにこの条件はベスト。追い切りもこの馬なりに動けてる。雨が降りすぎて切れが殺される恐れはあるが、大佐と心中するこちらにしてみりゃ、そんなものはクソ喰らえ(`・ω・´)

オントロジーは抽選突破で出走出来たようで何より。こちらは良馬場でやれそうなのはありがたい。中途半端に出すと溜めが利かないので、死んだふりの直線一気に賭けてほしい。

ノブペイジはまた芝か。手先は軽そうなんで芝での走りは悪くないが、ペースが上がると付いて行けなくなるのがどうか。

テイアは大激走かました前走と同じ条件で引き続き大惑星とのコンビ。スムーズに先行出来れば。




ルスナイスナイパーが23日付けで登録抹消・・・故障して駄目になった典型例になってしまったなぁ。


チャクラ産駒マヤノチャクリが26日の金沢競馬に出走。移籍初戦の勝ちっぷりから2番人気に支持されたけど、後方追走のままブービーの10着。ブービー人気のカワキタテンザン(7着)にも先着された(´・ω・`)

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

平安S回顧

最内からある程度出して前を取りに行くと思っていたが、まさかそのままハナを取り切ってインカンテーションを逃げ切らせるとは予想外。馬券の当たり外れに拘らず「これはやられたわ」と言いたくなるウチパクの見事な好騎乗だった。

クリノスターオーとアジアエクスプレスが完全に内に入り切る前の1コーナーのコーナリングで先頭に立ち、その後もそれ程キツいプレッシャーを掛けられる事のないマイペースの逃げ。3~4コーナーでクリノスターオーに並び掛けられたが、逆に直線でジリジリと突き放しての完封。
休み明けで10キロ増だったが、特に太目感のない好仕上がりだったし、マイルのフェブラリーSで前を取りに行ったのが功を奏す形で最初から行く気になっていた。大野が乗ってた頃のイメージは捨てた方が良いだろう。帝王賞でも好勝負になりそうな感じ。

2着クリノスターオーは8キロ増だったが、これも太目感はなし。スタートは今一つだったが、二の脚を利かせて前を取りに行って2番手に付けて折り合いもスムーズ。直線で勝ち馬に競り落とされはしたが、最後までバテずに脚を使って2着は死守。
前走よりも4コーナーでの手応えは良くなかったが、最後まで集中して走れており、ブリンカーの効果は相当にあるようだ。スタートの甘さには気を付けたいところだが、当分の間は重賞戦線で安定勢力となりそう。

3着ローマンレジェンドはスタートから気合いを付けて好位を取りに行くこれまでにない積極策。ペースが上がった向こう正面過ぎから鞭を入れて置かれないようにし、4コーナーでも追い通しだったが、直線でも止まらずに脚を伸ばして2着馬にクビ差まで迫った。
前走から絞れなかったのと58キロを背負ってた影響はあったが、まだ一定の地力は有してると言えるしぶとさを見せた。前を取りに行って気を抜かせなかった岩田の判断も合ってたと言える。人気所で固めたので手は回らなかったが、もう少し相手関係が楽になれば買える。

ナムラビクターはスタートは今一つだったが、今回はリカバリーが利いて好位グループの後ろを追走。しかし、今回は向こう正面からズブさを見せて追走するのに一苦労。直線では2着争いに割って入れそうな感じだったが、そこからの詰めが甘くなって3着馬にも届かず。
乗り難しい部分のあるタイプだが、今回は向こう正面でも内へササり気味だったし、デムーロとの呼吸があってないような感じの追走に終始してた。元々、馬群の中で揉まれるのは良くないタイプだし、悪い部分が目立つ一戦だった。ただ、こうしたタイプは人気を落とした辺りが一番怖い。

1番人気アジアエクスプレスは大方の予想通り、内のクリノスターオーを先に行かせてこれを見ながらの競馬だったが、ペースが緩んだところで少し力む感じ。それでも4コーナーでは2着馬よりも良い手応えだったが、直線では手応えの割に伸びず3着争いからも脱落。
交流重賞で2着に来たから、この距離までなら守備範囲内と思ったが、小回りならごまかしが利いても中央では少し長かったようだ。しかしまぁ、戸崎は本当に1番人気では勝てないな。俺の知り合いに【戸崎の1番人気は消し】という格言を作った奴(適当なことばっかり言ってる)がいるが、これはあながち間違ってはいないなw

ニホンピロアワーズは18キロ絞り、スタートから気合いを付けて好位集団を追走。4コーナーでローマンレジェンドに被せられた辺りから手応えが怪しくなったが、直線も完全には止まらなかった。中央では怪しいが、交流重賞なら相手次第でどうにかなりそう。酒井学主戦でちょっと肩入れしてた時期があっただけに、もう一花あってほしいところだが。

ダノンバトゥーラはスタートから気合いを付けて好位を取ろうとしたが、内外から先に行かれて中団からの競馬。ペースが上がった向こう正面から手応えに余裕が無くなって置かれ出し、何の見せ場もない惨敗。前走の健闘から得意の京都ならもっとやれるかもと思ったが、まだ本当の意味で力は付いてなかったようだ。


馬券はローマンレジェンドさえ来なければ3連複まで取れたが、馬連18倍は程々に美味しい配当だった。つーか、何気に今年はダート重賞の成績が極めて良い(買い間違いで助かった東海Sもグランドシチーは最初から買い目に入れてたし)。マーチSで丹内の狂い咲きさえなければ、ここまで買ったレース全レース的中だった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~5月24日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ステイゴールド
5ダイワメジャー
6マンハッタンカフェ
7クロフネ
8ゼンノロブロイ
9ゴールドアリュール
10ネオユニヴァース
11シンボリクリスエス
12アドマイヤムーン
13フジキセキ
14ジャングルポケット
15ハービンジャー
16ブラックタイド
17サクラバクシンオー
18ブライアンズタイム
19サウスヴィグラス
20メイショウサムソン




ミッキークイーンのオークス勝利は5年連続GⅠ勝利、JRAGⅠ通算25勝はブライアンズタイムを抜いて歴代単独2位(1位サンデーサイレンスは71勝w)、JRA重賞通算90勝は史上5頭目とディープにとって記録尽くしの勝利。

ルージュバックとアースライズのオークス2着4着でマンカフェが6位に浮上。2勝を加算してJRA通算800勝まであと5勝。

インカンテーションの平安S勝利でシニスターミニスターが42位に浮上。2年くらい前にダートの穴メーカーとして注目されたが、インカンテーションに続く産駒が出ず、今年は伸び悩んでる。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

オークス回顧

雨予報を考慮しながら予想したのに雨は全く降らず、ハナに行く馬を読み間違え、桜花賞上位組の選択を間違え、大穴候補の選択を間違え、電波が悪くて画像が乱れがちなワンセグで見てたので直線で失速したコンテッサトゥーレをミッキークイーン(同枠)と勘違いと・・・色々と間違えているんだが、何故か馬券は馬連的中(´・ω・`)
ほぼ完璧に読み切りながら、軸馬の選択だけ間違えて馬券を外した2年前のオークスみたいなパターンはたまにあれど、こうしたパターンはあまり記憶にない。何かキツネにつままれたというか、当たって儲かってるのに微妙な気分になってしまったw

好走するには馬体重の維持が最低条件と思ってたミッキークイーンは陣営の思惑通り430キロで出走。マズマズのスタートから中団馬群の中に付けて前半は折り合い重視の構え。中盤までスローに流れた中、ガッチリと折り合って4コーナーからゴーサイン。直線入り口での外への持ち出しもスムーズで坂を上り切ってから先に抜け出した2、3着馬に襲い掛かって差し切った。
予想でも忘れな草賞で見せた折り合いに不安のない点や追えば追うだけ伸びる終いの持続力の確かさには触れていたが、本番でもそうした利点を如何なく発揮しての勝利。馬体重だけが不安だったが、それも上手く調整出来てた。ただ、あと10キロくらいはあって然るべきの馬。一夏越して何処まで回復・成長して来るか。それ次第で秋以降の戦うステージが違ってくると思う。

2着ルージュバックは桜花賞での轍は踏まぬとばかりにスタートからジワジワと出して行って中団の前目に付けるという、3番手の正攻法で抜け出したきさらぎ賞に近いパターン。外枠で前に壁は作れなかったが、上手く折り合いを付けて3~4コーナーのコーナリングからジワッと進出。早めに先頭に立たないように気を付けてはいたが、外から狙い澄ましたようにやって来た勝ち馬の勢いに抗し切れず。
何も出来なかった桜花賞からキッチリと巻き返して来ての2着だが、坂を上がったところでもう一伸びが足りなかった辺り、幾分物足りなさを感じるのは否めない。10日競馬(厳密には12日)が色々言われてるようだが、調整がうまく行っての2着か、調整失敗で万全ではない状態での2着かは個人的には判断が難しい。しかしまぁ2着に持って来たとはいえ、本当戸崎は1番人気で勝ち切れないなぁ。

3着クルミナルはスタートの出が悪かったものの、そこからジワッと出して行って道中は2着馬の後ろに付けてこれをマークする形。4コーナーでジワッと動いた2着馬に合わせて仕掛けて行き、坂上で並び掛けたが、外から勝ち馬が併せて来た事で3頭併せの真ん中となって少し追いづらくなって怯んだ分、後れを取ってしまった。
ネオ産駒の半兄ピオネロが距離の融通性がありそうでなかった事から、距離延長に懐疑的な見解を下していたが、同世代間なら一定の融通性はあるようだ。良馬場でやれたのもプラスだったし、マーク屋に徹した池添の騎乗も流石と言える。ただ、ゲート入りで散々ゴネて先に入った馬に少なからず影響を与えたのは宜しくない。

13番人気の伏兵アースライズが4着に健闘。スタートから少し出して中団馬群の中を追走して勝ち馬の後ろに付ける形。直線坂下で一気に離されはしたが、坂上からジワジワと勢いが付いてしぶとく追い上げた。
実は人気薄で2着に来たフラワーCを「人気薄の激走で片付けられる感じではない」と評価していた経緯から、距離が延びるここでは大穴候補として考えてた。印を付ける段階でもこの馬とローデッド、マキシマムドパリのどれを入れるか迷って最終的にはこの馬を切ったわけだが・・・3着に来なくて良かったなぁとちょっとホッとした気分w桜花賞でも人気の割にあまり崩れておらず、何処かでもう1回仕事をしそうな予感。

アンドリエッテは後方3、4番手に控えたというよりは序盤で行き脚があまり付かず、もう一つ前の位置を取れなかったという感じ。直線はアースライズの外へ出して末脚に賭けたが、これまでのようなスパッと切れる感じの脚を使えずじまい。
危惧してた輸送を逆に6キロ増えた状態で出走して克服してたが、クルミナルがゲート入りをゴネてる時に先に入っていたので待たされる形となって気持ちが無くなってしまったとのこと。掲示板には載ったが、消化不良に終わった春シーズンだった。

「ゲートをまともに出れば怖い」と評したローデッドは見事にゲートを出て2番手に付ける予想外の展開。人気薄の先行馬を持たせる事では定評のある柴山だったし、直線坂下で先頭に立ったところでは「これは2週連続で波乱あるか?」とも思ったが、坂上から上位馬との切れ味の差が出る形に。
霧で良く見えなかったが、追い切りの動きから「これはひょっとして・・・」と思ってただけに、流れに乗って見せ場を作った点は大いに満足できる内容。ただ、それ以上に最後に切ったアースライズがそれ以上の着順に来た事でお互い馬券圏内に来てない事に変わりはないが、何か失敗した気分w

ココロノアイは外から行きたい馬を先に行かせて中団からの競馬。終いバタバタとなった追い切りから折り合いを危惧してたが、暴発する事もなくて内々で上手く折り合ってるように見えたが、直線では特に見せ場のないまま流れ込む程度の脚しか使えず。
パンパンの良馬場で切れ負けしたような印象だが、この日はステゴ産駒がしばしば上位に来ており、一概にステゴ産駒に不向きな馬場だったと言い難い。距離が少し長かったのかもしれない。

マキシマムドパリは1コーナーでココロノアイに押し込められて位置取りを下げてしまったのが運の尽き。同じような位置取りだったが、外目からスムーズに持ち出せた勝ち馬とは対照的に勝負所でも動くに動けない形となって完全に仕掛けるのが遅れてしまった。

クイーンズリングはスタンド前で少し行きたがる素振りを見せていたが、許容範囲内で後方のインで脚を溜める競馬。しかし、勝負所からズブさを出し、直線では外へ持ち出すのに時間が掛かり、前が空いたところでもジワジワとしか伸びず。こなせると思ってた距離の融通性がなかったのもあるが、なんか下手くそに乗られた印象。馬体は6キロ戻して良い感じだったが。

レッツゴードンキは前走程上手くスタートを切れなかったし、シングウィズジョイに機先を制されて前に入られて逃げる事に失敗。道中はずっと力みっ放しで直線は一瞬伸びかけそうな場面もあったが、坂上で脚色が同じになった。
元々、2戦連続で逃げた事でオークスでは乗り方が難しくなるとは思っていたが、やっぱりというか前に馬を置いても折り合う事が出来ず、それまでのツケを一気に払わされた感じ。今後に向けて不安が残る競馬だったと言える。


馬券はミッキークイーン軸の馬連を当てたが・・・昨日の段階では15倍くらいあったのに、最終的には11.6倍にまで下がって旨味が薄くなってしまった。単勝も大分下がって6.8倍・・・何だかんだでみんな当てるの上手いなぁ(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月23日、24日)と特別登録馬

5月23日
東京
8R4歳上500万下(ダート1400m)
フィンデルムンド
5番人気6着

京都
4R3歳未勝利戦(芝1600m)
ヒカリノカケラ
12番人気18着


5月24日
東京
8R立川特別(ダート1400m)
インスタイル
4番人気15着

京都
2R3歳未勝利戦(ダート1800m)
バンブーキングペレ
3番人気3着




インスタイルはスタートで全てが終了。終始外を回らされて流れに乗れずじまい。今日は参考外。

キングペレはスタートをまともに出て好位から。勝負所でズブさを出したが、直線では勝ち馬と併せる形で伸びた。段々とレース内容が良くなってるから、次くらいで決められれば。

フィンデルムンドはいつもより一つばかし前の位置でレースを進めたが、いざ追い出したらジリっぽい。ある程度溜めないと切れないなぁ。

木曜では取り上げなかったが、ユイマールという母父トップガン(母チアズヒカリはJRA5勝)のネオ産駒が土曜に出走。
新馬戦で逃げ圧勝という派手なデビューを決めたが、その後2戦が凡走。今回は1400mに短縮してみたが、気分良く逃げて・・・豪快に逆噴射。前向きすぎる気性をどうにかせんとデビュー戦がキャリアハイという有りがちなパターンになりそう(´・ω・`)




特別登録馬
ムスカテール・・・目黒記念
マヤノオントロジー・・・薫風S
ノブペイジ・・・與杼登録




メトロポリタンSでの復活で損得考えずに大佐と心中する事は決めてたが・・・このメンバーなら贔屓目なしに勝てそうな感じ・・・って、昨年も似たような事書いてたわwww
でもまぁハンデ据え置きの57キロなら、何とかなるかもしれん。

オントロジーはデムーロ確保。最近はスタートに難ありなんだが、後方から行くこの馬なら関係ないかw自分の競馬に徹してハマるかどうか。




木曜の大井に出走したエイトプリンスは11着。スタートから出して行ったが、スタンド前で中途半端に抑えた辺りでリズムがおかしくなった感じ。外を回らされたとはいえ、こんなに負ける馬とは思えん。

デサフィナードは1番人気に支持されたが、道中は逃げられずに内で包まれ、直線は大外に回して追い込むも時既に遅しの3着。消化不良も良いところだった。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

オークス

◎ミッキークイーン
○クイーンズリング
▲ルージュバック
△ココロノアイ
△マキシマムドパリ
△アンドリエッテ
△ローデッド


桜花賞があまりにもアレな内容だったので別路線組から入ろうと早い段階で決めていたが、フローラSは評価が難しい内容となり、スイートピーSで無傷の3連勝を飾ったディープジュエリーは回避で入れる馬が1頭しかいなくなってしまった。

その1頭ミッキークイーンは忘れな草賞でペースが緩くてもスムーズに折り合い、終いの伸び脚も追えば追うだけ伸びる感じで一騎打ちになったとはいえ、2着ロカとは着差以上の印象を与える快勝。距離が延びるオークスに対応出来そうなレース運びは好感が持てる内容で東京コースも問題ない。ただ、クイーンCで減らした馬体は前走でも回復しておらず。せめて430キロ台で出走してほしいが・・・

クイーンズリングは血統や脚質からオークスへの距離適性を不安視した桜花賞上位馬で唯一不安視しなかった。フィリーズレビューでの大立ち回りが印象深いが、戦前は距離が短いのでは?と考えてたし、デビュー戦は1800mを危なげなく快勝。折り合いさえ付けばこなせるのではないかと思う。ただ、この馬も本命馬同様に大きく減らして戻らない馬体重が気掛かり。

ルージュバックは好スタートを切りながらわざわざ揉まれ込む位置に下げて動くに動けない状況を招いて自爆した桜花賞は参考外と判断したい。今回は外目の14番枠で後方に下げたとしても、四方囲まれる位置取りにはならないだろう。帰厩した時期は結構遅めだが、天栄でしっかり乗り込まれており、最終追い切りは上がり重点だが、惚れ惚れする動き。気掛かりは1番人気でヘタれる戸崎。

ココロノアイは1番時計を叩き出したとはいえ、前半から飛ばして終い14秒台で失速した追い切りが折り合い面でオークスに不安を残す印象。内枠を引いた事で労せずに壁を作れそうだが、スローが予想される流れで暴発せずに我慢出来るかが鍵。暴発しても凌ぎ切ったアルテミスSで見せた潜在能力の高さに期待したい。

マキシマムドパリはレッツゴードンキに鈴を付けに行く役回りをさせられそうなシングウィズジョイ、大外枠を引いた完成途上のディアマイダーリンと蚊帳の外に置かれそうなフローラS組で唯一残った買える馬。大幅に減った馬体重も木曜段階ではキッチリ戻してるし、レース間隔は詰まってても坂路で調教をやれている。

アンドリエッテはクイーンCで12キロ減らしてるように輸送に一抹の不安はあるが、クイーンCやチューリップ賞で見せた決め手の鋭さは距離さえ持てばオークスでも通用して良い印象。追い切りでは軽めとはいえ軽快なフットワークで好気配。特定の馬を意識せず終い一手に賭ける騎乗に徹する事が出来れば。

大穴中の大穴としてローデッドを挙げたい。桜花賞では慢性化してる大出遅れからバカ付いて末を無くして惨敗したが、終始外を回りながら良い脚を長く使って2着に入ったフェアリーSを評価したい。未勝利戦でスピリッツミノルを下しており、良い脚を長く使うタイプで距離をこなせる下地はある。追い切りではウッド追いに切り替えて良化気配。万が一まともに出れば怖い。


レッツゴードンキは最内枠を引いた事で逆にレースをしづらくなりそう。スタートが決まれば逃げの手に出ると思うが、今回は流石に楽なペース配分はさえてもらえないだろうし、仮に控えたとしても、ここ2戦で逃げてる事が前に馬を見る形でレースを進めた場合にツケとなって出そうな気がする。思い切ってここは無印とする。

クルミナルは距離適性がありそうでないパターンの血統に加えて17番枠。更に雨予報はこの馬にとって明らかにマイナス。コンテッサトゥーレは血統からして2400mは明らかに長い印象。キャットコインは馬体を戻す事に専念して軽め調整の中間が物足りなさを感じる。


馬体重の増減が読めないし、明日の雨予報が馬場状態にどんな影響を与えるか未知数。こういうレースは極めて買いづらいが、明日は休日出勤でじっくり吟味する余裕がない。故に見切り発車で決め打ちの予想となった。軸としたミッキークイーンの馬体重が前走より減らない事を祈るのみ。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

平安S

◎インカンテーション
○アジアエクスプレス
▲クリノスターオー
△ナムラビクター
△ダノンバトゥーラ


インカンテーションはフェブラリーSでそれまでの差しから一転して好位からレースを進めて2着と新境地を見せた。スタートからある程度前を取りに行くウチパクの持ち味が上手くハマったとも言えるが、昨年夏からの地力強化がGⅠでも通用する事を証明したとも言える。鉄砲が利くタイプで京都コースではみやこSで1、2着。帝王賞に向けて格好を付けときたい。

アジアエクスプレスは前走では内で揉まれるのを嫌って逃げの手に出た事で勝ち馬に目標にされての2着だったが、今回は外枠で因縁のクリノスターオーを内に見ながら競馬が出来る理想的な枠。これ以上距離が伸びると怪しくなるが、名古屋大賞典でも2着に来た1900mは守備範囲内だろう。戸崎が3日開催連続重賞勝利するか微妙だが、大崩れも考えにくい。

昨年の勝ち馬クリノスターオーは休み明けで人気を落としていた前走では初のブリンカー効果が絶大で勝負所でのズブさを見せる事なく、2着馬を叩き合いで競り落とす強い競馬。今回は枠順からマークされる立場に立たされそうなので評価は一つ下に見たが、絶大だったブリンカー効果で返り討ちにする可能性も有り得る。スタートさえ気を付ければ。

ナムラビクターは前走では出遅れと勝負所で動くに動けない苦しい展開となり、最後はジリジリと差を詰めたものの、脚を余す形となっての3着。能力的には他の人気馬と互角も、仕掛けどころの難しい脚質とムラの多い気性からアテにしづらい。ただ、今回も調教で動かない馬がラスト1Fを13秒台で纏めて来た。スムーズなら逆転まであっても。

ダノンバトゥーラは重賞初挑戦となった前走では力量差を見せ付けられはしたが、好位からしぶとく脚を伸ばしての4着。今回は3戦3勝の京都コースでもう少し動けても良い条件。外から行くであろう2頭を先に行かせて好位で脚を溜められるようなら。


基本的にはアンタレスSの上位馬の再戦にインカンテーションが割って入るというのが最終的な見解。縦目の危険性もあるが、インカンテーション軸の馬連と3連複で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(5月23日、24日)

5月23日
東京
8R4歳上500万下(ダート1400m)
フィンデルムンド
柴山雄一(57.0)

京都
4R3歳未勝利戦(芝1600m)
ヒカリノカケラ
北村友一(56.0)


5月24日
東京
8R立川特別(ダート1400m)
インスタイル
M・デムーロ(57.0)

京都
2R3歳未勝利戦(ダート1800m)
バンブーキングペレ
幸英明(56.0)




先週の特別登録馬でレンブラントが白馬岳特別に登録してたのを見落としてましたm(__)m残念ながら抽選ではじかれて除外(´・ω・`)

インスタイルはデムーロか。前走の勝ち方も良い内容だったし、折り合えれば昇級戦でも通用しても良い筈。

フィンデルムンドは一息入れての仕切り直し。展開に左右されやすいが、脚さえ溜まれば差して来れる。

キングペレは甘さが残るのは否めないが、キチンと使えてるのは良い傾向。あとは流れに乗れれば。




明日の大井競馬のメインにエイトプリンスが出走。移籍してから結果が付いて来ないが、流れ次第でもっとやれる筈。

一方、地方に移籍してスイッチが入った感じなのがデサフィナード。春先に岩手競馬に移籍してからC級とはいえ3連勝。走る度に着差を広げてるのが良い感じだが、日曜の盛岡で移籍して初の芝レース。スピードの違いで4連勝となれば。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

日本競馬に縁のある海外競馬のネタあれこれ

まずはシンガポールに遠征したマイネルフロスト。過去、コスモバルクとシャドウゲイトと日本馬が連勝した他、タスカータソルテ、ヤマニンキングリー、昨年もトウケイヘイローが遠征している地味と言えば地味だが、日本競馬と馴染み深くなってるシンガポール航空国際Cに出走。
ダービー3着の実績が評価されたのか、昨年の2着馬スモーキングサンやフランスの重賞2勝馬フリーポートラックスを差し置いて、一昨年の勝ち馬ミリタリーアタック、昨年の勝ち馬ダンエクセルといった香港勢2頭に次ぐ3番人気となかなか高い評価。

レースでは序盤から2番手に付けたが、6F目まで1F平均13秒くらいの超ドスローで流れる中、内に入れなかったのもあって折り合いを欠いてしまい、4コーナーで先頭に並び掛けたものの、直線の上がり勝負で失速して4着。流石にこれだけ緩んでしまうとどうしようもない。
勝ったのは序盤でハナを奪ってそのまま逃げ切ったダンエクセル。2着には勝ち馬の後ろに付けて脚を溜めたミリタリーアタックが入り、一昨年とは着順が入れ替わったがレース史上2度目の香港勢ワンツー。これくらいの距離は緩い流れになりやすい傾向なのか判らないが、典型的な前残り決着で何となくレースの迫力を欠いた印象。


次いでエスメラルディーナの韓国競馬遠征。もう1頭遠征を予定してたローブデソワは鼻出血で遠征を断念したそうだが、来月7日にソウルで行われるトゥクソムC(韓国GⅢ)に昨年の関東オークス馬エスメラルディーナがJRA所属馬として初の韓国競馬出走を表明。
関東オークスを勝ってるとはいえ、それ以降は3戦して7、6、10着と精彩を欠いてる状況、来月のクラス編成で準OP降格が確定してるので交流重賞出走もおぼつかなくなりそうという現状から新規路線を開拓してみようというところか。

韓国競馬については遥か昔にコーネルランサーが寄贈されたのを皮切りにカツトップエース、ラッキールーラ、プレストウコウといったクラシック馬が種牡馬として韓国に寄贈された事とか、2000年代に入ってエアダブリン、メイセイオペラ、イングランディーレ、アドマイヤドンが種牡馬として輸出された事やレースは全てダートで行われてる事、ミスターピンクこと内田利雄等何人かが短期免許で騎乗してる事くらいは知ってるが、それ以外の知識は殆どないし、大して興味もなかったのが現状。
エスメラルディーナの遠征で全てが判るわけではないが、一定の物差しにはなりそうだし、結果次第では韓国競馬へ遠征という選択肢が定着するかもしれない。パート3国なので重賞勝ってもブラックタイプで太字にならず、生産者やセリのセール主催者にとっては付加価値が付きにくいのは確かだが、賞金額で言えば玉石混交な欧州の重賞より高く(1着2400万だったか?)、馬主にとっては遠征で勝てればそれなりにメリットのある賞金額と言える。この遠征は少なからず注目したい。


そして、突然降って湧いたかのようなロケットマンのBC挑戦計画。正直、とっくの昔に引退してたと思っていたが、まだ現役だったとは驚きである。
ロケットマンとは何ぞや?という人の為に説明すると、数年前のシンガポールの短距離戦線を総なめにし、ドバイや香港でセイクリッドキングダム、ジェイジェイザジェットプレーンと鎬を削った名スプリンター。
スプリンターズSでは圧倒的1番人気の期待に応えられず4着に敗れ、個人的には大損も良いとこだったが、何度となく無敗の最強スプリンター・ブラックキャビアとの頂上決戦を夢想した思い入れのある馬であった。

実際にBC遠征が実現して往年の力を発揮出来れば嬉しいとこだが、最後に出走してから3年が経過している10歳馬。常識的に考えて全盛期の力を維持してるとは思えないのだが、果たして本当に遠征が実現するのだろうか?実現しても、目を覆いたくなるような結果は見たくないが・・・

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

ヴィクトリアマイル回顧

ケイアイエレガントがハナを切っても極端に速いペースにはならず、前半3Fが35秒台、5Fが59秒台前半という緩い流れになると思い、スロー決め手勝負になると踏んでディアデラマドレを中心に据えた予想を組み立てた訳だが・・・
蓋を開けてみれば大外から殿人気の伏兵ミナレットがペースを全く緩めずに飛ばし、前半3F34.3、5F56.9というハイペースで隊列がバラける真逆の展開。中距離型の持久力やマイラーの切れではなく、スプリンターの持続力のみが活きた高速決着。
そのラップタイムとレース展開はスピードの持続力に特化したスプリンター・ジョーカプチーノが番手から押し切った2009年のNHKマイルCを思い出させ、それ以上の大波乱となった。

本命ディアデラマドレは二の脚が鈍くて後方になった時点で「これはマズい」と思い、前半3Fの通過タイムを見た時点で「この展開では脚が溜まり切らん」と早い段階で馬券は諦めた。予想でも書いたが、この馬はスロー決め手勝負に強いタイプでこうした隊列がバラけるハイペースでは追走に手一杯で脚が溜まり切らない。
このような展開を予測出来ていれば、人気程の信頼は置けないと連下止まりの評価(元PO馬という贔屓目から無印は出来ない)に止めたであろう。ただ、真逆のペースを予想してたし、前走で緩めばマイルでも速い上がりは使える事を示していたので贔屓目込みで軸にしたが・・・
結果はご覧の通り差し届かずの7着。本調子になかったとはいえ、昨年夏のクイーンS回顧で締まった流れの適性不足を示唆してただけに、「締まった流れでの云々」と見解を曖昧にして目を瞑ってたツケを払わされた形。

本来の主戦場ではない条件で悲願のGⅠ初勝利となったストレイトガール。前述の通り、スプリンターが台頭しやすいペースとなった事で現役トップクラスのスプリント能力を有したこの馬が好位を追走出来た時点でこの馬の勝ちは決まってしまったと言える。もう1頭のスプリンターリトルゲルダは外枠から好位を取りに行った2F目で脚を使ったのが祟って最後まで持たなかった。
マイルGⅠを勝った事でレースの選択肢に幅が出て来そうな感じだが、そう単純な話ではない。今回はコンクリ馬場でのハイペースがスプリンターのこの馬に向いたのであって、切れが問われるペースだったらゴール前で捕まっていただろう(その状況で3着があればの意味で△は打ったが)。まぁ馬場に泣かされ続けた運のなさではダコールと双璧を成してたこの馬がGⅠを勝てたのは良かったと思う。

2着ケイアイエレガントは大外からミナレットが逃げた事でハナを切れなかったが、そのミナレットが引き離しての逃げを打った事で2番手とはいえ、単騎で逃げてるのに近い状況。楽な展開ではなかったが、この馬の傾向として逃げるか2番手でレースを進めた方が好結果に繋がりやすい。
重賞で連対した3戦はペースや馬場、展開に恵まれた印象が強かったが、要は自分のリズムで前を取り切った方が良いタイプなのだろう。ミナレットに並び掛けたところで脚色が鈍ってゴール寸前で金星を逃したとはいえ、大健闘の2着だった。

ハイペースで飛ばしに飛ばして3着に粘り、3連単史上2位の高配当2070万の立役者となったミナレット。昨年暮れのターコイズSを逃げ切ってるものの、流石に18頭立ての大外では逃げられないだろうとタカを括ってたら、そこはテン乗りで穴の大惑星・江田照男w
好スタートから一気にハナを取り切ると、全くの人気薄という気楽さも相俟って飛ばしに飛ばして後続も脚を使わせるハイペース。坂上からは歩き出して1、2着馬には捕まったが、前が止まらないコンクリ馬場を味方に付けて粘りに粘った。しかしこの馬・・・デビュー戦で3連単1位の高配当を演出し、今度は2位(重賞では1位)の高配当を演出。好事家の格好のネタ馬として名を残しそうだw

レッドリヴェールは懸念された輸送減りは6キロに止め、430キロと許容範囲内の馬体重。この馬もスタートからスッと前に付けて3、4番手からの競馬。直線入り口から追い出しに入ってジリジリと脚を伸ばしたが、坂上で脚色が同じになって追い付けず。この走破時計では少し厳しかったが、見立て通りに変わり身は見せた。ダービー以降の低迷からは脱した印象。

カフェブリリアントは内枠から出たなりの競馬で中団馬群の前目からの競馬。3~4コーナーからジワッと差を詰めに掛かって直線入り口では勝ち馬の後ろに取り付いて余力も残っていたが、追い出されてからの反応で瞬時に加速出来ず。加速し出してからはジリジリと伸びてはいたが、既に決定的な差を付けられて追い付けず。もう少し流れが緩ければ際どくなったかもだが、流石にこれだけの高速決着では分が悪かった。

適性距離に比べてやや短いものの、それでも最近の先行脚質からマイルでも流れに乗れて押し切れるというのが大半の見方であっただろうヌーヴォレコルト。マズマズのスタートを切って外枠から好位を取った時点で「大崩れはない」と思われたが、中距離志向が強いこの馬にとってスプリンターの持続力が問われる流れは全くの不向き。
坂上から伸びて来たようにこの馬も止まっているわけではないのだが、最後まで緩まないペースで脚を溜めるところが全くなかった。先週のNHKマイルCのような流れなら押し切れたであろうが、このペースでは厳しかった。

ショウナンパンドラ、タガノエトワール、スイートサルサといった差し馬は縦長のハイペースのまま前が止まらなければ、末脚を活かすどころではない全くの展開不向き。最初から決め打ち気味に後方に下げたスマートレイアーはペースを読み違えて論外の状況。


先週の余勢を駆ってある程度勝負に出たが、見るも無残に返り討ち。今年もダービーは自宅観戦となりそうだ(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~5月17日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ステイゴールド
5ダイワメジャー
6クロフネ
7マンハッタンカフェ
8ゼンノロブロイ
9ゴールドアリュール
10ネオユニヴァース
11シンボリクリスエス
12アドマイヤムーン
13フジキセキ
14ジャングルポケット
15ハービンジャー
16ブラックタイド
17サクラバクシンオー
18サウスヴィグラス
19メイショウサムソン
20ブライアンズタイム




定位置に居座って止まらないディープ無双。エイシンヒカリの都大路Sを始めとして土日7勝(土曜4勝、日曜3勝)をマーク。勝利数の首位奪取に虎視眈々。

一方のキンカメは4勝を挙げて年間100勝に到達。2年目から7年連続でJRA100勝達成はサンデーサイレンス(12年連続)に続いて史上2頭目。

ダイワマッジョーレの不発に泣いて伸び悩んだダメジャーを尻目に土日4勝の他、レッドリヴェールのGⅠ入着が効いたステゴが4位に浮上。

ストレイトガールがヴィクトリアマイルで悲願のGⅠ勝利を達成したフジキセキが16年連続JRA重賞勝利達成。通算72勝はテスコボーイに並んで歴代7位タイ。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月16日、17日)と特別登録馬

5月16日
京都
4R3歳未勝利戦(芝1400m)
ヴェネツィア
11番人気7着

新潟
8R4歳上500万下(ダート1800m)
ルスナイスナイパー
6番人気13着


5月17日
東京
4R3歳未勝利戦(芝1400m)
アイスブラッサム
10番人気11着
トラディショナル
16番人気14着

京都
2R3歳未勝利戦(ダート1200m)
シゲルトンテントン
12番人気11着




ルスナイスナイパーは前半は好位に付けたけど、次第にジリ下がり。良化途上なのは感じてたが、これは時間が掛かりそう。

ヴェネツィアは直線はバテない切れないという感じだったが、好スタートから好位に付けれたのは先々に期待が持てそう。使いつつ良くなれば。

子供と孫の対決は孫(フクノハイスピード4着)に軍配。デビュー戦と違ってゲートを出ると逃げの手に出て粘り込んだ。メンバー次第で勝てそうな感じ。




特別登録馬
インスタイル・・・立川特別
エリタージュゲラン・・・荒川峡特別




インスタイルもエリタージュゲランも想定未定。インスタイルは前走の勝ちっぷりが良かったから、出られるなら期待したい。



中央抹消されたサイクルヒッターは佐賀へ移籍。これで佐賀には高知から移籍したチャクラタイム(本日出走したけど7着)とチャクラ産駒が2頭在籍する事に。



本日、シンガポールで出走したデンジャーゾーンは5着。
二の脚が幾分鈍くて道中は中団から。直線は馬群の中からジリジリと脚を伸ばして来た。高岡厩舎のクロフネ産駒(松岡騎乗でビックリしたw)には先着したぞ。
つーか、この芝の中距離路線でそこそこの着順で纏めるが、何とも言えないもどかしい走りに条件馬時代のホッコーパドゥシャを思い出してしまうのは俺だけかw

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ヴィクトリアマイル

◎ディアデラマドレ
○ヌーヴォレコルト
▲カフェブリリアント
△スイートサルサ
△ストレイトガール
△タガノエトワール
△レッドリヴェール


ディアデラマドレの前走はスタートで大きく出遅れながら上がり31.9という驚異的な数字をマーク。締まった流れでの適性を見極めたかったとこだが、マイルでも持ち味の決め手を使えた。今回も極端に速くならなさそうな面子なだけに、スロー決め手勝負に強いこの馬が突き抜けて来る可能性は大いにある。調教も中2週の割にはしっかり本数をこなしており順調と言える。あとは直線で上手く捌けるかだろう。

ヌーヴォレコルトは15番枠がどうかだが、内の先行馬を先に行かせて好位の外目を取れれば問題ない。桜花賞以来のマイル戦ではあるが、一連の重賞での最初の入りの遅さを鑑みるに最初の3Fが35秒前後くらいならローズS(35.1)の時と同様に楽に好位を取れるだろう。調教も1週前に併せ馬をやって一杯に追われ、今週は単走ながら行きっぷりの良さが目立った。

カフェブリリアントはそれまでの差し一辺倒から一転して好位抜け出しで快勝した阪神牝馬Sの内容が秀逸。最終追い切りでも行きたがるような素振りを見せなかったように折り合い面の不安が解消されて脚質に幅を持たせた点はスローが予想されるここでは大きな強みとなる。左回りで4勝をマークしており、ここでも要注意。時計が速くなった場合に一抹の不安はあるが、勢いに乗ってる今なら。

スイートサルサは前走こそ右回りで勝ったが、4勝をマークして重賞でも3度入着してる左回りの適性能力はこのメンバーでも上位の存在。前走はいつもよりゲートを出た事と小回りを見越して早めに動いたが、東京に替わればじっくり構えての末脚勝負に出るだろう。ディアデラマドレとは昨年秋の重賞2戦で共に0.3秒差。ツボにハマれば。

ストレイトガールは距離不安が囁かれた昨年は内に拘る騎乗で3着。何度か詰まりながら勝ち馬から0.1秒差まで迫った点で「スムーズであれば」と思わせるには十分すぎる内容だった。前走は馬場にノメって全く動けなかったが、良馬場であれば巻き返しがあって当然。間隔は空いたが、坂路を中心に乗り込まれており前走のダメージはなさそう。

タガノエトワールは昨年のローズS2着、秋華賞3着と善戦した上がり馬。それ以降は末脚不発で今一つの成績だったが、前走は大外から好位に付ける正攻法で勝ち切って出走出来る本賞金を加算。今回は最内から脚を溜める本来の競馬になると思うが、馬場が悪かったCWでもシャープなな伸び脚を披露。出来の良さが目立つ1頭で穴ならこれだろう。

レッドリヴェールは決め手勝負になった場合に切れ負けする可能性はあるが、休み明けの前走が大幅に馬体を増やして次以降の変わり身が見込めそうだった。1400mでは追走に忙しかったが、マイルに伸びればもう少し楽に追走出来るだろう。あとはダービー時に大幅に馬体を減らしたので今回も馬体重には注意したい。


馬券はディアデラ軸の馬連と多分3着以下はないだろうと見てヌーヴォとの2頭軸3連複流し。あとはディアデラ・ヌーヴォを1、2着、ヒモ5頭を3着にした3連単でちょいとプラスアルファを期待。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

京王杯SC回顧

前日の段階で馬場状態がどうなるか読めなかったし、展開その他諸々込みで一長一短なメンバーに今一つ購買意欲が湧かず予想を見送ったが・・・前半3F36.0という1400mとは思えない糞スローで内に突っ込んだ差し馬は阿鼻叫喚のどん詰まり。上がりだけの競馬という内容的には特に目を見張るものがない凡戦。買わなくて正解だったかも。

サクラゴスペルは好スタートを切ったが、内の行きたい馬を先に行かせて好位集団の外目に付けて折り合い重視。直線では内へササり気味になってたので坂下で手前を逆に替えてから追い出しに入り、坂上からグイグイ伸びて2着馬との追い比べを制した。
高松宮記念は直線で前が狭くなって末脚不発だったが、オーシャンSに続いて今年重賞2勝目。若い頃は先行抜け出しのスタイルだったが、折り合いが付いて差す競馬を出来るようになった事で復活したと言える。尤も、今回は前目でスムーズに立ち回れた恩恵があった。2年前に5着に入ったとはいえ、マイルでの実績が乏しいだけに安田記念で同じような競馬が出来るかは微妙。

2着ヴァンセンヌはスタートは普通に出たが、外枠で中途半端な位置取りになるのを嫌って後方2番手に下がって折り合いに専念。ペースは遅かったが、前に壁を作って上手く宥めて直線は外へ。上手い具合に前がポッカリ空いた事もあってスムーズに脚を伸ばして勝ち馬に急追。
中途半端な位置取りを嫌ったとはいえ、後方2番手まで下げたのはどうなんだろうと思うが、良くも悪くも折り合い重視で位置取りを下げるのは福永の傾向。ドスローでも暴発せずに折り合えた事で上がり32秒台の上がりを引き出した点は評価出来る。

3着オメガヴェンデッタはペースが遅くなる事を見越したか、スタートから少し出して行って逃げたダンスアミーガの2番手を追走して折り合いもスムーズ。3コーナーから先頭に並び掛け、直線でもしぶとく粘って3着に粘り通した。2勝挙げてて条件ベストの1400mという距離が合ってたのもあるが、スタートから前を取りに行ったノリの判断が功を奏したをと言える。

ブレイズアトレイルは最近は中団から脚を溜めての差しが定着してたが、今回はスタートからある程度出して行って好位の外目から。直線は坂下から追い出しに入ってジワジワ脚を伸ばしたが、ゴール前でショウナンアチーヴが外へヨレた影響を受けたエールブリーズと接触して手綱を引っ張った事でハナ差の4着。
パトロールを見れば仕方ない状況と一応の理解は出来るが、前科が多々ある勝春なだけにゴール前で追うのを止めた時点で心証が悪くなってるのは否めない。馬券を買ってないので客観的に見れるから冷静に振り返れるが、馬券買ってたなら「勝春ふざけんな」と激怒したであろう。

ダンスアミーガは純然たる逃げ馬ではなかったが、スタートが速かった事でそのまま思い切ってハナへ。十分すぎるくらいにスローに落とし、直線も内々を立ち回って粘りに粘って掲示板。展開としてはかなり恵まれただけに物足りなさはあるが、この馬なりには走ってる。準OPに降級してもすぐに勝てるだろう。

サトノルパンはスタートの出が今一つで中団のインを追走。馬群の中で何とか折り合いを付けてはいたが、直線はスローで前の集団が密集してた事で見事に壁。何とかスペースの空いてる内へ突っ込んで前を割ろうとしたが、坂上でショウナンアチーヴがフラついてスペースを潰されて一旦ブレーキを掛けた事で間に合わず。

1番人気ダイワマッジョーレは前走と同様に出遅れて後方集団から。やや折り合いを欠いていたが、3コーナーで集団のインに入って折り合いを付けて直線でも内を狙ったが、全くスペースが空かず。外へ持ち出して前を追ったが、時既に遅しの状況。
ペースが速ければローラーコースターじみた劇場開幕も有り得たのであろうが、あまりにもペースが遅すぎて後方のインにいた時点でどうにかなる状況ではなかった。

ダンスディレクターはスタートで煽ったが、その後のリカバリーが速くて好位集団の内に付けて掛かりそうになったのを何とか我慢。直線はそのまま最内を狙ったが、逃げ粘るダンスアミーガにスペースを潰されて全く追えず。人気先行気味ではあったが、完全に脚を余した消化不良の競馬だった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(5月16日、17日)

5月16日
京都
4R3歳未勝利戦(芝1400m)
ヴェネツィア
▲加藤祥太(51.0)

新潟
8R4歳上500万下(ダート1800m)
ルスナイスナイパー
松田大作(57.0)


5月17日
東京
4R3歳未勝利戦(芝1400m)
アイスブラッサム
北村宏司(54.0)
トラディショナル
武士沢友治(56.0)

京都
2R3歳未勝利戦(ダート1200m)
シゲルトンテントン
北村友一(56.0)




今週デビューのトップガン産駒
ヴェネツィア
母マヤノダンシャラ
母父モンジュー
栗東・庄野靖志厩舎




ルスナイスナイパーは長期休養明け2戦目。追い切りは今一つっぽいが、最低限の変わり身は見せてほしい。

ヴェネツィアは田所夫人の持ち馬。ポリで追われた追い切りはマズマズ。減量の恩恵があれば。

日曜の東京4Rはトップガン産駒2頭の他にハロースピードの初仔フクノハイスピードが出走。デビュー戦はスタートで大きく出遅れて流れに乗れなかったが、ラストの上がりはそれなりだった。今回はノリが乗ってくれるし、ちょっと期待しても良いのか?

フライトファルコンは12日の川崎競馬に出走して3着。スタートが甘くて前半で後手を踏んだし、直線も外へヨレるとロスの多い競馬だった。

チャクラ産駒サイクルヒッターが登録抹消。先日の金沢競馬の交流戦でもブービーだったし、これは仕方ないなぁ。



さて、シンガポールに在籍のトップガン産駒デンジャーゾーンが17日に出走予定。
この日はシンガポール航空国際Cにマイネルフロストが出走(一昨年の勝ち馬ミリタリーアタック、昨年の勝ち馬ダンエクセルといった香港勢と上位人気を形成)、クリスフライヤー国際スプリントには3連覇に挑むラッキーナインと今年の高松宮記念を制したエアロヴェロシティが出走と日本競馬に馴染みがあるメンバーがいて興味深かったが、個人的な一番の目玉はデンジャーゾーンに変更w

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

新潟大賞典回顧

実は先週の3重賞、漠然だが「これは多分当たるだろう」という自信があったのがこのレースだったりする。京都新聞杯はPO馬の贔屓目があったし、NHKマイルCは「訳の判らん馬が来ても・・・」という不安があった。しかし、蓋を開ければ◎13着、○10着という体たらくで大外れ(´・ω・`)

特に昨年暮れからの充実ぶり、前走も強敵相手に善戦、調教好調でハンデ据え置きと飛ぶ要素がないように見えたデウスウルトの凡走には唖然。スタートからスッと2、3番手に付けたところで少し力んだものの、スローペースだった事を鑑みれば良い位置取りに思えたが・・・直線で早々と失速。
結果論だが、追い切りで好時計をマークしたのが裏目に出て必要以上に前向きになり過ぎたのかもしれない。若しくは、昨年もこの時期は大敗(輸送で大幅減)したように、暑くなる時期は苦手なのかもしれない。

これまで展開や馬場に泣かされ続けて14度目の重賞挑戦で勝ち切ったダコール。いつもは後方待機からの追い込み一手だったが、今回はスタートからスッと前に行けて好位集団の後ろという、予想外に前目の位置取り。直線は進路が空くのを待ち、デウスウルトが失速して出来たスペースを突いて末脚を伸ばし、鮮やかに抜け出しての快勝。
ダノンメジャーやナムラビクターでやらかしてたから小牧に対する信頼感は今イチだったが、テン乗りで先入観があまりなかったのが功を奏したか。昔に比べたら使える脚は短くなったが、進路が開くまで仕掛けをも待てたのも幸い。こういう競馬を今後も出来れば。

2着ナカヤマナイトはスタートから前に出して好位に付けるこれまでにない積極策。その過程で掛かりかけたが、どうにか宥めて集団の中で我慢させた。直線でパッションダンスの外へと持ち出して追い出し、一旦は先頭に立ったものの、馬群を捌いた勝ち馬の決め手が一枚上手だった。
一昨年の中山記念を勝ったのを最後に精彩を欠いていただけに、この復活は正直ビックリ・・・と思ってたら、今日になって屈腱炎発症かい。年齢的にも流石に引退だろうなぁ。
つーか、リサ・オールプレスって10年以上前に来たリサ・マンビーだったのね。とは言っても、前来た時は全く印象に残ってない。むしろ、女性障害騎手のマジョルクリックの方がまだ覚えてたw

3着アルフレードはスタートからすぐに下げて後方待機。距離を意識してか、道中はなるべくインを回って折り合い重視。4コーナーまでジッと我慢し、他馬が荒れた内を嫌って外へ回す中、集団の最内を選択して脚を伸ばして2着馬に急追。
前走で激走したとはいえ、2000mは流石に長いと思って軽視したが、道中はジッと溜めに溜めて直線は全馬の中で最短距離を突いた事でカバー出来た。マイル前後がベストだろうが、どうやら前走はフロックではなさそうだ。

アーデントはスタートは並みだったが、そこから二の脚を使って2F目でジワッとハナへ。そこから3~4馬身程離したが、しっかり中盤に一息入れてのスローペース。直線もリードを保ったまま、馬場の良い外へ持ち出して後続に吸収されたところからもうひと踏ん張り。いつ走るか読めないが、つぼにハマればこの距離までなら持ちそう。

ラングレーはプラス8キロと幾分緩い作り。スタートからスッと前へ取り付き、道中は好位集団のインを追走。そのまま4コーナーまで動かずに脚を溜め、直線で馬場の良い外へ出そうとしたが、2着馬が壁となり、その後もスムーズに出せず。いざ出してもスパッと切れず掲示板確保で精一杯。
少し緩さが残る感じで最内枠も仇になったと言えるが・・・進路が空くまで我慢した勝ち馬や一貫して最短距離に拘った3着馬のコース取りを見てしまうと「所詮は・・・」と思ってしまうw

パッションダンスは好スタートからスッと好位集団の外目に取り付いての追走。折り合いも付いて流れに乗れてはいたが、如何せん道中のペースが遅くて瞬発力勝負になってしまったのが運の尽き。早めに2番手に上がって前を追ったが、上がりの性能の限界を露呈して流れ込むので精一杯。

ハギノハイブリッドやヒットザターゲットは8枠が堪える形で馬群が固まって集団の外目を終始回らされたのが不運だったし、前も止まらなかった。マテンロウボスは出遅れて後手に回ったし、道中は引っ掛かって消耗して全くの空気と化した殿負け。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京都新聞杯回顧

ダービー出走を懸けた意地と意地とのぶつかり合いでも見てるようなゴール前の攻防はPOG的にも馬券的にも力が入って見応えあったが、PO馬2頭はハナ差でダービー出走の明暗がクッキリ。馬券は取ったが、心情的には微妙に喜びが薄れる結果となった。

まずは2着に入ってしぶとく本賞金を加算し、ダービー出走を当確としたポルトドートウィユ。道中は中団のインに付けてリズム重視の構え。折り合いも付いて直線入り口での外への持ち出しもスムーズ。勝ち馬に届かなかったが、内外の3、4着馬との激しい追い比べを制した。
多頭数の内枠がキーポイントになるかと思ったが、内々を回っても特に問題はなかった点で収穫はあった。パンパンの良馬場ではなかったのでスパッと切れなかったが、併せる形で競り勝ったのは評価出来る。本格化は先の気もするが、2400mまでなら持ちそうだし、勝ち馬よりかローテにゆとりがあって消耗度も少ない。参加するだけで終わらなさそうな期待はある。

惜しくも3着で本賞金を加算出来ずダービー出走を断たれたアルバートドック。外枠だったが、1コーナーまでに上手く内へ入れる事が出来ての中団追走。3コーナー坂の下りでややブレーキを掛けるシーンもあったが、4コーナーから直線入り口での外への持ち出しはスムーズ。直線は2着馬の外から脚を伸ばして叩き合いに持ち込んだが、首の上げ下げで僅かに届かず。
ダービーに出れれば○か▲を打とうと思ってただけに悔しいハナ差ではあるが、見立て通りに距離を延ばして良さが出て来た。PO馬でなくとも「菊花賞に出れれば怖い」とツバ付けたであろう。一夏越しての成長に大いに期待したい。

PO馬2頭の猛追を凌ぎ切ったサトノラーゼン。ポンとゲートを出ると行きたい馬を先に行かせて好位4、5番手のインをキープ。4コーナーで前の馬の手応えを見ながら外目へ。直線ではグイグイ脚を伸ばして残り1Fで先頭に立った後も脚色は衰えなかった。
中盤に緩んだとはいえ、前半はそれなりに締まったペースを好位で立ち回り、末脚の持続力もしっかりしていた。単に立ち回りの上手いタイプではなく、締まった流れに対応出来る地力の確かさを見せた。走破タイム(昨年と同タイム)も優秀でイレ込みさえなければダービーでも勝負出来る。

トーセンバジルはイレ込み気味ではあったが、許容範囲内の範疇で仕上がり良好。前半は中団のやや後ろに控えて折り合い重視。3コーナー坂の下りを利して仕掛けて行き、直線で少しずつ外へ出して勝ち馬の外へ。2、3着馬と併せる形で伸びて来たが、ゴール前で僅かに伸び負け。
坂の下りで加速出来たとはいえ、ダラッとした感じでしか伸びなかった前走時に比べて格段に進歩のある内容。控える形で折り合いは付けられるので距離も不問なタイプ。これも夏以降は更に良くなりそう。

ダノンリバティは最内枠からスッと先行して道中は3番手のインを追走。折り合いも付いて流れに乗った感じ距離損なく立ち回り、4コーナーから徐々に仕掛けて直線は最内を突いて一旦は先頭。最後は少し甘くなって後続に捕まったが、立ち回りとしては完璧。1800mくらいまでの馬だろう。何処からでも動ける自在性があり、これも今後の成長が楽しみ。

スピリッツミノルは大方の予想通り、スタートから出ムチを入れてハナを切ったが、2F目を10.7で入ったので前半5Fは59.4とやや速め。中盤に12.6-12.5と緩めて一息入れたが、後続の突き上げも早くて踏ん張り切れず。とはいえ、最後までバタッと止まっておらず、自分の持ち味は出せた。マイペースで行かせれば今後もしぶとそう。

シュヴァルグランはスタートから出して行って中団を追走したが、勝負所から反応が鈍くなって置かれ気味となり、直線も止まってはいないが流れ込む程度に止まった。もう少しやれても良い気がしたんだが、位置を取りに行くより溜めた方が良かったのかも。


馬券は3連複と土壇場で買い足したアルバートドックの複勝を取ったが、馬連を取り逃がしてこちらの方でも喜びが微妙に減った。NHKマイルCは兎も角、なんか俺の軸馬って当たる時は3着率が高いのは気のせい?(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~5月10日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ダイワメジャー
5ステイゴールド
6クロフネ
7マンハッタンカフェ
8ゼンノロブロイ
9ゴールドアリュール
10ネオユニヴァース
11シンボリクリスエス
12アドマイヤムーン
13ジャングルポケット
14ハービンジャー
15ブラックタイド
16サウスヴィグラス
17サクラバクシンオー
18メイショウサムソン
19フジキセキ
20ブライアンズタイム




年明けからのキンカメの奮闘も遂にここまでか。京都新聞杯1~3着独占を筆頭に、新潟大賞典、プリンシパルS(JRA通算900勝)を制す等、土日10勝の釣瓶打ちでディープが一気に1億8000万の差を付けてリードを拡大。JRA重賞90勝にもリーチ。

ある意味、予定調和の流れに楔を打ったキンカメは土日5勝をマークして今年96勝目。ディープより先に年間100勝達成で意地を見せられるか?

クラリティスカイのNHKマイルC勝利でクロフネがJRA通算1000勝達成。JRA重賞通算28勝、内GⅠ7勝。牡馬の平地GⅠ勝利はフサイチリシャール(朝日杯FS)以来2頭目。

日曜京都2Rでサンビショップが勝利し、メイショウボーラーがJRA通算100勝達成。大物は出ないが、リーズナブルな種付け料と受胎率の良さもあってか、2008年に種牡馬入りしてから昨年まで7年連続種付け頭数100頭オーバー。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

NHKマイルC回顧

アルビアーノが逃げずとも割と先行馬が揃った事でそれなりにペースは流れると予想したが、蓋を開ければ前半5F59.3のスロー。レース全体の上がりが34.2の中、好位差しの勝ち馬が33.9で纏め、番手追走の2着馬が34.4で粘れば後ろの馬はほぼノーチャンス。
3、4着には新潟2歳Sで上がりの性能の確かさを実証してる距離短縮馬。1、2着馬も含めた別路線馬の人気馬が上位を独占し、従来の3歳マイル路線組の低調さを浮き彫りにする結果だったと言える。

戦ってきた相手関係や2歳戦で見せたマイル戦での実績から主役を張れると思ったクラリティスカイ。皐月賞では大外からハナを切る奇策に出たが、今回は内枠から行きたい馬を先に行かせて好位に付ける正攻法。ペースが上がらなかった事で3~4コーナーでは引っぱり切りの状態だったが、どうにか宥めて直線へ。
直線入り口で先頭に立った2着馬を目標に追い出しに入り、坂上でこれを捕まえて競り落として後続の追撃も寄せ付けずの完封。パドックでも出来の良さが目立つ状態の良さもあったが、先週の天皇賞に続いてペースを読み切った立ち回りを見せたノリの達者な騎乗も見事。ただ、今回はマイル路線組の低調さに助けられた側面があり、安田記念で好勝負出来るかは微妙なところ。

2着アルビアーノは内のレンイングランドのスタートが良かったのもあり、示唆してた通り逃げずに2番手からの競馬。追い切りでも前を追い掛ける形を取ってた成果で折り合いはスムーズ。直線入り口で先頭に立っても坂下まで追い出しを待って逃げ込みを図ったが、勝ち馬の決め手が上手だった。
フラワーCのレースぶりから、逃げなくとも競馬が出来るタイプではないかと思ってた通り番手からでも全く問題なかった。減った馬体も6キロ戻して状態の良さも目立ち、実力は出せたと思う。尤も、淀みのない流れを経験してないだけに息が入らない展開になった場合は崩れる危険性も。

3着ミュゼスルタンは出たなりの競馬で道中は中団馬群の中で折り合いに専念。勝負所での手応えにも余裕があり、直線坂下で外へ持ち出してスペースを作り、馬群を割って脚をメンバー最速の上がりを使って追い上げたが、前有利の流れでは3着が精一杯。
もう少しペースが流れれば入れ替わったかもだが、骨折休養明けを叩いての変わり身をキッチリと見せる形。新潟2歳Sのみの実績を鵜呑みのするのは迷ったが、パドックでの気配は前走以上だった。一介の早熟馬という感じでもなさそう。

アヴニールマルシェはスタートが甘くて後方3、4番手のインを追走。ただ、ペースが遅くとも折り合いはスムーズで4コーナーまでコースロスなく回って直線へ。内が開かないと見るや、外へ出して進路を探して馬群を割ったが、道中の位置取りの差が出て4着まで。
スローペースでも折り合いは付いたし、馬群を割れる根性も見せた。しかし、スタートの甘さとゴーサインが出てからの反応の遅さを今回も露呈してしまった。能力はあるのだが、この辺りが解消されて来ないと今後も善戦止まりに終わる可能性がある。

最終的に1番人気となったグランシルクは出遅れる事なく中団のインを追走。流れに乗れて折り合いもスムーズ。直線は勝ち馬の後ろから追いかけるようにして脚を伸ばしたが、ペースが遅かった事で前も余力が残ってて追い付くまでには至らず。
大味な競馬だった前走に比べてソツのない競馬は出来たが、東京のマイルでペースが緩んでしまうと瞬発力勝負で見劣りしやすいステゴ産駒では分が悪い。この馬もペースに泣かされたクチ。

人気薄で一番見せ場を作ったのがフミノムーン。道中は内目に入れず後方2番手で折り合いに苦労してたが、直線は大外に出すと坂を上るところで一旦は3番手に上がろうかという勢い。坂上で脚が上がって失速したが、溜めさえ利けばマイルまで持ちそう。1400m連発で今回は食指は動かなかったが、次以降はツバ付けときたい。

アルマワイオリはペースが遅かった事で馬群の中で折り合いを欠いてしまったし、直線もスムーズに外へ出す事が出来ずに末脚不発。ダノンメジャーは外枠で前に壁を作れず持って行かれてスタミナを消耗。ヤマカツエースは道中力んでしまったし、やはりマイルは微妙に長い。グァンチャーレは一頓挫あったし、出遅れに加えて直線でも不利を受けてと踏んだり蹴ったり。


馬券の方はパドックでクラリティスカイの気配の良さから「3着以下は外すまい」と3連複も軸1頭に絞れて買い目を減らしてドンピシャ。GⅠでの連敗も4で止まったし、概ね良好な結果と言える。ただ、それまでの負けが込んでなかなかレートを上げれないのが痛い。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(5月9日、10日)と特別登録馬

5月9日
東京
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1400m)
テイア
15番人気1着

京都
2R3歳未勝利戦(ダート1800m)
マヤノパーチェム
8番人気1着
10R鴨川特別(芝2000m)
ノブペイジ
10番人気10着
12R4歳上1000万下(ダート1900m)
ヒロノエンペラー
8番人気11着

5月10日
新潟
4R障害未勝利戦(芝2890m)
ゴールデンスキトマ
10番人気10着
6R3歳未勝利戦(芝1200m)
サークルワルツ
11番人気13着




約2年振り(この時はシルクオフィサーとマヤノオントロジーで達成)となる3週連続勝利!更に1日2勝は2012年11月(ケンブリッジヒーロ、エイトプリンス)以来という記録尽くしの週末・・・

トップガン祭りキタ―――(゚∀゚)―( ゚∀)―(  ゚)―(  )―(  )―(゚  )―(∀゚ )―(゚∀゚)―――!!!!

しかし、それを成し遂げたのがブービー人気のテイアとまだ良化途上と思われたマヤノパーチェムというのがビックリw
中央の3歳勢初勝利となったテイアはスタートからスンナリ先行出来たし、内で上手く脚を溜められたのかあるが・・・流石は穴の大惑星www
マヤノパーチェムは出遅れたデビュー戦とは打って変わっての番手追走。直線は逃げ馬との叩き合いを制するという。兄貴とは似ても似つかぬ競馬w

逆に期待したヒロノエンペラーは勝負所から手応えが怪しくなって逆噴射のドベ。太め残りというか、2走ボケなのか・・・。ノブペイジは好位追走にはビックリしたが、勝負所から付いて行けなくなった。次はダートだな。




特別登録馬
マヤノオントロジー・・・BSイレブン賞




中1週で輸送が絡む東京を使うのかな?来週かダービーウィークに回りそうだが・・・でも相談役で想定されてるなぁ。



ケンブリッジヒーロが7日付で登録抹消になってた。
前述の勝利(中央唯一の勝利)後の昇級直後がピークだったなぁ。ハッピーエンドC(5着)では単複買ってたから、坂下で夢見たのが思い出。名古屋へ移籍しても頑張ってくれm(_ _)m

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

新潟大賞典

◎デウスウルト
○ハギノハイブリッド
▲ラングレー
△ダコール
△マテンロウボス
△パッションダンス


デウスウルトは昨年暮れから重賞に出走して2、3、2、6着。前走はGⅠ馬がズラッと揃ったメンバー相手だったし、勝負所で包まれて追い出しが遅れる不利と道悪が合わなかった。今回は前走に比べて相手関係が楽になるし、ハンデも2走前から据え置きの55キロ。追い切りの動きも好調子をキープしてる感じ。輸送による馬体減さえなければ。

ハギノハイブリッドはダービー以降は精彩を欠いていたが、前走で復調気配の3着。昨年も一気に力を付けて京都新聞杯を制したように、この時期は調子を上げてくる傾向か。追い切りも長めから追われてキビキビとした動き。左回りでは不利があった共同通信杯とガス欠状態だったダービー以外では連を外してない。

ラングレーは1番人気に支持されて前走は道悪にノメって本来の力を発揮出来ず。良馬場であれば当然巻き返しがあって良い馬だし、左回りは出遅れて流れに乗れずじまいだった青葉賞以外は大きく崩れてない。新潟もセントライト記念で一度経験済み。ハンデが1キロ増えるのは微妙なところだが、スムーズに立ち回れば。

ダコールは最近は小回りコースに良績が目立つが、このコースは2年前のこのレースで3着、新潟記念では4着と相性マズマズ。昨年は番手に付けて末をなくしただけ。この馬が出るレースは馬場が渋ってしまう傾向で昨日も雨が降ってどうなるかと思ったが、今の天候なら大丈夫だろう。鞍上が師範代という点がどうかだが。

マテンロウボスは昨年秋から3連勝でOP入りと本格化の傾向。前走は休み明けに加えて渋った馬場に切れを殺されて人気を裏切ったが、距離も少し長かったか。今回は叩き2戦目で距離短縮と条件は好転。新潟は初だが、左回りは3勝を挙げてる相性の良さ。追い切りは内にササって見てくれは良くなかったが、元々動かない馬。

パッションダンスは2年前の勝ち馬で左回りは合うタイプ。長期休養明けからの復帰2戦目からは重賞3戦でいずれも0.5秒差と健闘。上がりが速くなってしまうと切れ負けするが、このメンバーなら思い切って先手を主張しての早めの競馬をすれば残れるかも。ポリで追われたとはいえ、追い切りの動きは軽快。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

NHKマイルC

◎クラリティスカイ
○ミュゼスルタン
▲グランシルク
△アルマワイオリ
△アヴニールマルシェ
△アルビアーノ


前売りオッズの割れ具合からも判るように、今年の3歳マイル路線はこれといって抜けた馬が見当たらず。とても、上位人気馬同士で平穏に決まるとは思えないが、人気薄で食指が動く穴馬が見当たらない。結局は上位人気馬を中心とした予想になってしまったw

クラリティスカイは皐月賞は逃げる奇策に出て最後は距離適性の差が出て捕まったが、マイルでの持続力勝負なら最後まで持つ事は2歳戦での実績が証明済みで距離短縮は明らかにプラス。今回は本来の正攻法でレースをするだろうし、現時点での完成度や戦ってきた相手関係からもここでは主役を張って然るべき。追い切りは上積みこそ感じられないが、力を出せそうな雰囲気。

ミュゼスルタンは骨折休養明けの前走は休み明けに加えて出遅れた事で無理をさせなかった感じ。それでも一瞬伸びかけた雰囲気があり、叩いた上積みがあれば変わって来そうな雰囲気はあった。その後は皐月賞回避を早々と決め、ここに照準を合わせて入念に乗り込まれて来た。レコード勝ちした新潟2歳Sの力を発揮出来れば。

グランシルクはNZTでは出遅れて4角最後方から力任せに追い上げる競馬で2着。レース全体の上がりより2秒速いメンバー唯一の33秒台で上がって来た能力の高さは評価出来る。本来は好位から立ち回れるタイプで東京コースもデビュー戦(2着)で経験済み。あとはステゴ産駒らしく、気性が勝ってるタイプだけにイレ込みには注意したい。

アルマワイオリは朝日杯での激走が印象深いが、その前後も掲示板を外したのは1度だけという堅実ぶり。折り合いに難があるタイプで取れる戦法が限定されるし、前走では舌を出していたように気性面で難しいところはあるが、それでも末脚の持続力の確かさは見せている。頭まで突き抜ける印象はないが、上手く脚を溜められれば確実に差して来れるだろう。

アヴニールマルシェは前走の内容が少し物足りなさを感じさせたが、それでもマイル戦線に入れば能力上位の存在と言える。スタートに安定性を欠いてはいるが、現時点では一族特有の気の悪さを出馬込みからでも怯まない根性に繋げてる印象。間隔が空いた割に速い時計を出してないが、そこは乗り込み量の豊富さでカバー。

3戦無敗のアルビアーノは全て逃げ切り勝ちだが、逃げなくても競馬をしようと思えば出来る印象でハナを主張する馬がいれば先へ行かせそう。桜花賞を回避したのが功を奏したか、馬体重も回復傾向で戻して出走出来そう。かと言って調教を緩めたわけではなく、最終追い切りでも上がり重点とはいえ好気配の動き。


馬券の方は一応クラリティスカイ中心の馬連を買うが、3連複はかなり割れているし、ガミる心配もなさそうなので6頭のBOXというスケベ根性馬券でw

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

京都新聞杯

◎アルバートドック
○サトノラーゼン
▲スピリッツミノル
△ポルトドートウィユ
△トーセンバジル
△シュヴァルグラン



PO馬という贔屓目はあるが、アルバートドックの前走は距離が少し短かった。2400mだった2走前は今回人気してるサトノラーゼンを下しており、長距離適性はこのメンバーでも上位。ディープ産駒では切れよりも持続力の高い末脚を武器としており、スピリッツミノルが程良く引っ張って極端な上がり勝負にならなければ勝ち負けになる。最終追い切りは時計こそ平凡だが、それまで入念に乗り込まれているので問題はないだろう。

サトノラーゼンは勝ち上がるまで時間を要したが、未勝利戦でレーヴミストラルを負かしており、500万下ではキタサンブラックと好勝負。2走前はアルバートドックに負けはしたが、この時は馬場が渋って切れを殺された。1Fの距離延長がどう出るかだが、軽い良馬場ならディープ産駒特有の切れを発揮出来る。追い切りも上がり重点とはいえ軽快な脚捌き。イレ込みがキツくなければ。

スピリッツミノルは皐月賞ではハナを叩けず本来の競馬が出来なかったが、それでも坂下まではそれなりに粘ってた。スタートがあまり速くないので上手く先手を取れるかどうかが鍵になるが、今回はメンバー的に単騎逃げが見込める。切れ味勝負になると厳しいので早めにスパートしての消耗戦に持ち込めたいところ。

ポルトドートウィユは3走前にアルバートドックを決め手比べで破ってる。前走は良馬場とはいえ力の要る阪神の馬場に切れ味を殺されたが、軽い馬場の京都に替われば切れ味が増す筈。外目をノビノビ走らせた方が良いタイプなので内枠から早い段階で外へ出せるかが鍵になりそう。あとは1Fの距離延長がどうか。

トーセンバジルは弥生賞が途中から集中力を欠いた感じで内容的には物足りなさを感じたが、それから自厩舎で入念に乗り込まれており、今週の追い切りでは古馬OPのファントムライト相手に先着。追われてからの反応も上々。葉牡丹賞で見せた強い勝ち方をもう一度見直してもいいだろう。距離延長も問題なさそう。

シュヴァルグランは1勝馬だが、その時の未勝利戦で下したのがアルバートドック。以降、勝ち切れないとはいえベルラップ、ベルーフに0.3秒差。前走は出走取消明けで万全ではなかったが0.3秒差の5着に纏めてる。この条件でのハーツクライ産駒の成績の悪さは気になるが、戦ってきた相手のレベルを考えれば無視出来ない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(5月9日、10日)

5月9日
東京
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1400m)
テイア
江田照男(54.0)

京都
2R3歳未勝利戦(ダート1800m)
マヤノパーチェム
秋山真一郎(56.0)
10R鴨川特別(芝2000m)
ノブペイジ
藤田伸二(57.0)
12R4歳上1000万下(ダート1900m)
ヒロノエンペラー
藤岡康太(57.0)

5月10日
新潟
4R障害未勝利戦(芝2890m)
ゴールデンスキトマ
高野和馬(59.0)
6R3歳未勝利戦(芝1200m)
サークルワルツ
津村明秀(54.0)




ヒロノエンペラーは追い切りでOP馬ニシケンモノノフに先着。2走前に勝ってる条件だし、今度は息も持つ筈。3週連続の産駒勝利を期待。

ヒロノエンペラーの弟ノブペイジは移籍初戦でいきなり芝か。走ってみないと判らんが、相手もそこそこ揃ったから様子見で。

ゴールデンスキトマは昨年夏以来の休み明けで障害デビュー。抹消されずにいたって事はそれなりに見どころがあるのだろうか?

サークルワルツは現状では1200mまでなのだろう。前走くらいは走ってほしい。

テイアは条件替わりと穴の大惑星で多少は。マヤノパーチェムは良化が薄い感じなので・・・




前走で復活したムスカテールは引き続き吉田豊で目黒記念を予定。今週と来週と再来週で新幹線代くらい稼げれば、現地観戦したいなぁ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

櫛の歯が欠けるようにいなくなる有力馬達

9歳になってもGⅠ勝利を重ねられるワンダーアキュートみたいな息長く走る馬がいる一方、ここ暫くは連日のように重賞戦線の有力馬の休養、故障、引退の情報が入って来る。全部を把握してないかもだけど、覚えてる限りの情報を挙げて行こうか。

まずは、正式に引退種牡馬入りの情報が出たオルフェーヴル世代の名バイプレイヤーだったウインバリアシオン。名バイプレイヤーとは書いたが、生まれた時代があまりにも悪過ぎた。出走したGⅠ馬の勝ち馬を見るとブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ゴールドシップと錚々たる顔触れが揃う。
特に目の上のたんこぶだったのがオルフェーブル。この馬さえいなかったら、ダービー・菊花賞の2冠を制し、有馬も勝ってGⅠ3勝してる筈だった。でも一番惜しかったのは昨年の天皇賞だろう。故障明けから復活し、従来の追い込みから捲り気味に動ける機動力を備えてた頃で日経賞の勝ちっぷりも圧巻だった。4角の僅かなロスさえなければ・・・余談だが、前日までバリアシオン軸だったのにシュタルケ→幸四郎で軸を替えてしまい、真っ白な灰と化してた会社の同期は今年もバリアシオンを買ってまた灰と化したようだ。ここまで来ると流石に笑えない(´・ω・`)

次に昨年の中山大障害を制したレッドキングダム。先月の中山グランドジャンプでは途中から明らかに走りがおかしくなって「重傷じゃなければ良いな」と思っていたが、左前浅屈腱炎を発症。まだ6歳だし、同じように2年余り休養して9歳で中山グランドジャンプを制したスプリングゲントみたいな前例もあるから再起をかけると思ったけど・・・どうやら九州の方で余生を送るらしい。

ドバイでは全く良いところがなかったハープスターは疲れが抜けずにヴィクトリアマイルを回避しただけでなく、右前脚の繋靭帯を損傷して長期休養の見込みとなった。
新潟2歳Sでの全馬ごぼう抜きに「これはとんでもない馬が出て来たものだ」と衝撃を覚えたものだが、不利を受けた事で加速力を失って届かなかったオークスから少しずつ歯車が狂っていったのかなぁ。凱旋門賞は川田がやっちまったし、ジャパンCは不利を受けたし、今年2戦は作戦ミスで惨敗。ブエナビスタ級と思ってたから復活を見たい気もするが、牝馬だし引退の選択肢を取られてもそれはそれでアリだろう。この馬に関してはマツパクが足を引っ張った気がしてならないし。

一昨年・昨年の天皇賞・春を連覇したフェノーメノは右前脚の繋靭帯炎を発症・・・と思ってたら、左前脚の屈腱炎を発症。まだ最終的な決断は出てないようだが、来年の種付けシーズンに間に合うように繋養先検討中なのかもしれない。年齢的にも現役続行は微妙なところだし。
実力は3歳時から高く評価していたのだが、馬券の相性は凄まじく悪かった。本命で買った3戦の内、2戦は馬券圏内に絡めず、3歳秋の天皇賞はエイシンフラッシュ抜け。秋GⅠ3連戦も悉く重い印を打って全部見せ場のない惨敗。連覇した天皇賞・春は一昨年はゴルシ軸でタテ目となり、2戦目は「流石にこの追い切りでは買えない」とバッサリ無印。軸で買えなくなったオルフェーヴルやゴールドシップですら馬券に貢献した事があったのに、ここまで噛み合わなかった馬は最近では珍しかった(´・ω・`)

昨年の皐月賞馬イスラボニータは大阪杯を回避しただけでなく、条件的にはベストだったであろう安田記念も回避。こちらの方は幸いにして骨や靭帯には異常はなかったようなので、あまり無理する事なく休養してもらいたい。

3年前のヴィクトリアマイルを制したホエールキャプチャは左前脚に不安を発症して引退。3年前のヴィクトリアマイルまでは比較的馬券の相性は良かったけど、迷走と激走を繰り返してから噛み合わなくなったなぁ。一昨年のヴィクトリアマイルは完全に終わった馬と軽視して勝たれ、昨年は軸にして買ったら4着。
つーか、7歳になっても現役続行してた方が違和感あったわ。千代田牧場縁の血統だし、最悪の事態になる前に引退出来て良かったよ。

個人的には昨年のバンドワゴン並みにガッカリ来たのがブライトエンブレムのダービー回避。1、2着馬とは勝負付けが済んだ感じがしたとはいえ、田辺騎乗だし、馬場が渋れば狙いたかった馬だった。菊花賞に間に合ってくれたら良いのだが・・・。あと、ダノンプラチナ、シャイニングレイ、ロカも春は休養とか。

昨年夏にちょっと息を吹き返してたとはいえ、既に過去の馬ではあったダークシャドウも引退が決定。種牡馬にはなれず、新潟競馬場で乗馬になるとか・・・4年前の天皇賞を勝っていれば、種牡馬になれたかもなぁ。ミスプロ入ってないアメリカン血統で面白い血統なんだけど・・・クラレントに種牡馬入りの可能性が残ってるとはいえ、ダンスインザダークの父系存続はかなり厳しいな。


ざっと挙げてみたけど、本当に多いな。天皇賞もフルゲート割れしたし、これ以上有力馬の戦線離脱は勘弁してもらいたいんだが・・・


追記(5月7日)
記事を書いた翌日になってハープスター引退である。種子骨の靭帯炎も併発して復帰は困難との判断とか・・・昨日は引退もそれはそれでアリと書いたが、GⅠ勝利が桜花賞だけというのは何とも寂しい。新潟でのあまりの勝ちっぷりに過剰な期待を抱いたのは否定しないが、これで終わる馬ではなかったと思う。とりあえずお疲れ様m(__)m

先日のスイートピーSを無傷の3連勝で制したディープジュエリー。例年なら大して気にも留めないのだが、前走がなかなか強い勝ち方だったから「スイートピーSで権利取れたら面白いかも」とちょっと期待して見事に権利を取ったのに・・・疲れが抜けずにオークス回避とか(´・ω・`)今年は当日の馬体重見るまで何買えばいいか分からんわ。

短距離ダート戦線で息長く走ってたセイクリムズンが引退種牡馬入り。昨年で種牡馬引退したエイシンサンディの後継種牡馬になれるとは・・・相当に渋い血統でチャンスもどれくらい与えられるか分からんけど、ひとまずはお疲れ様m(__)m

本当、日替わり定食みたいに有力馬の戦線離脱が相次ぐな・・・そして誰もいなくなったみたいな展開はマジで勘弁なんだけど(´・ω・`)

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

かしわ記念回顧

9歳という年齢に加え、東京大賞典とフェブラリーSが精彩を欠く内容で衰えが出て来たんじゃないかと思われたワンダーアキュートがやや手薄な面子だったとはいえ、昨年の帝王賞以来の復活の勝利。しかも、一昨年のフェブラリーS以来のコンビとなった和田で復活したというのが何とも渋い。

スタートを五分に出ると、中央勢を中心とした集団の後ろを追走。ベストウォーリアとハッピースプリントがペースを上げた3コーナーからズブさを見せはしたが、唯一後を追う事が出来て3番手に浮上。直線入り口でハッピースプリントが膨れて出来たスペースを突いて抜け出した。
マイナス16キロと相変わらずの輸送減りだったが、前走が自己最高馬体重だったから絞れたと見るべきか。恵まれた部分があるのは確かだが、久々にこの馬らしい競馬が出来た。9歳馬の平地GⅠ勝利は史上初だとか。限界知らずの老雄恐るべしというとこか。

あと、和田が久々に存在感を示してくれて良かった。最近は数こそ勝ってるが、重賞ではめっきり影が薄くなっていた印象。今年のクラシックはロカとアダムスブリッジというお手馬がいて密かに期待してたが、ロカは乗り替わりとなり、アダムスブリッジは一頓挫あって戦線離脱。ガッカリしてたところでこの復活である。
柴田大知が息を吹き返し、フルキチもしぶとく生き残ってるし、高橋亮は調教師として順調なスタートを切った。同世代の人間として、花の12期生の頑張りは応援してる他の世代の騎手達とは少し違った感情が混じって喜ばしさも特別である。和田もこれを機に存在感を維持出来ればなぁと思う。

2着ベストウォーリアはスタートから促して前を取りに行って2番手からの大名マーク。3コーナーで逃げたセイントメモリーがバテて自然とハナに立ったところでペースアップ。インをピッタリ回って逃げ込みを図ったが、勝ち馬の末脚に抗し切れず。
メンバーにもよるが、地方では割と前目からレースを進められる馬で乗り方としては問題はなかったと思う。ただ、3着馬に付いて来られて思ったよりもキツい競馬になったのが最後の最後で堪える形となった。しかしまぁ、左回りのマイルでは本当に安定してる。

3着ハッピースプリントはここ数戦は後方からの競馬が続いていたが、今回は出ムチを入れて前を取りに行っての3番手。3コーナーから先頭に立った2着馬がペースアップした時にムチを入れて並び掛ける積極策だったが、直線入り口で外へ大きく膨れてしまい、そのスペースを勝ち馬に突かれてしまった。
前走は芝の部分でダッシュが付かず、東京大賞典や川崎記念は距離が長かった。距離短縮からの積極策で巻き返した言えるが、それだけに膨れてしまったのが実に勿体ない。宮崎は道営時代のこの馬の主戦をだったとはいえ、船橋は不慣れ。今回に関してはペプシの方が良かったと思う。

クリソライトはスタートはマズマズ出たが、他の馬の二の脚の出方を見て前に付けるのを早々と諦めた感じで1コーナーでは集団から置かれた後方4番手。ペースが落ち着いたところで集団の後方に取り付いたが、ペースが上がった3~4コーナーで再び離されてしまい、追い付ける状況ではなくなった。
1800mから実績を残してる馬で前走は2400mからの一気の距離短縮。これではマイルでいきなり先行しろという方が無理というもの。畑違いの条件で厳しい展開を強いられた。

サンビスタは最内枠から出して行って先行集団に取り付いたが、包まれてからの砂のキックバックを嫌がったのか、次第に位置取りを下げてしまい、ペースアップしたところで完全に勝負圏内から去った。チャンピンズCやフェブラリーSでも善戦して2番人気に支持されはしたが、ちょっと案外な内容だった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

天皇賞・春回顧

何を書いても言い訳にしかならないが、先週の馬場状態や中間の天気を見てれば「今の京都はパンパンの硬い馬場」と思って予想を組み立てたわけであって、まさか散水してるとは夢にも思わず。良馬場でも力の要る特殊なトラックバイアスに加え、道中のペースが安定しない消耗戦となった事もあって、2着馬以外の外枠は壊滅という内枠祭りになってしまった。

高速馬場の京都では要らない筈のゴールドシップにしてみれば実に好都合な馬場と展開だったが、ゲート入りで散々ゴネて、スタートでは二の脚が全く付かずに最後方になった時点で、そんな馬場だとは知らなかった事もあって「これで厄介な奴が消えた」と一安心してた。
しかし、1周目のスタンド前で意図的にポツンと外へ持ち出してそこから集団に取り付いた時、瞬間的にトゥザヴィクトリーのエリ女を思い出させる嫌な予感(この時はティコティコタック軸でトゥザヴィクトリー抜け)がした。更に集団の隊列が短くなったところで捲り気味に好位に上がった時点で「これはもしかしてマズいんじゃないか?」と確信に変わった。
坂の下りからペースは上がったが、既に好位にいるので無理に追わずジワジワとスパート。直線で逃げ込みを図ったカレンミロティックを交わし、フェイムゲームの急追を凌ぎ切った。
一歩間違えば惨敗の可能性もあったが、スタミナの豊富さを活かしたヒシミラクルばりの超ロングスパートが実を結んだと言える。前半は馬の気分を損ねず、途中からペースを読み切って動いたノリの攻めの騎乗にしてやられた。【長距離戦は騎手で買え】の格言を地で行く騎乗だった。

2着フェイムゲームはこの馬にしてはゲートを出た方で、そこから押して脚を使って中団を確保。道中は馬群の中で折り合いを付けてはいたが、2周目3コーナーから早々とムチが飛んで勝負所でも包まれた状態という苦しい展開だったが、直線で外へ持ち出してエンジンが掛かってから一気に伸びて勝ち馬に急追。
なまじゲートを出たのもあって前半からある程度脚を使った分、勝負所では苦しくなったが、長距離適性はこのメンバーでも上位の存在だったし、消耗戦でも一定の結果を出してた実績が活きた。ただ、肉体面・精神面共にかなり消耗したであろうキツい競馬だっただけに反動が気掛かり。

3着カレンミロティックはスタートからスッと出して2、3番手のイン。序盤は少し行きたがるところもあったが、スタンド前で折り合ってからはラップが落ち着かない不安定な流れでもスムーズな追走。4コーナーで逃げ馬がバテた事もあって早め先頭となり、そのまま押し切りを図ったが、最後は距離適性の差が出る形。
切れ味勝負にならなかったし、内有利のトラックバイアスを味方にして粘り込んだのは宝塚記念と同じだが、中距離志向の強い馬でここまで粘るとは予想外だったが、池添でなくて蛯名が乗ってた事で納得。ノリもそうだが、関東のベテランは長距離のペースがキッチリ読める。

ラストインパクトはもう少し前で競馬をすると思っていたら、スタートがそれ程速くなかったのもあって後方4、5番手の集団の後ろを追走。そのまま折り合い重視の構えで不安定な流れをやり過ごす形のインペタで経済コースを立ち回り、直線もそのまま最内を強襲したが、残り1Fから詰めが甘くなって伸び負け。
最初は「これで大丈夫なのか?」と思う位置取りだったが、結果的に道中で消耗する事なくスタミナを温存する事に繋がった。川田の乗り方も概ね良かったと思う。ただ、持久力勝負になって3200mを乗り切るだけのスタミナが少し足りてなかった。

全く人気のなかったネオブラックダイヤが5着に健闘。スタートから二の脚が付かずに押して行っても前に行けず中団からの競馬。結果として、前に数に経済コースを通れた事でスタミナを残す事に繋がった。勝負所で包まれて直線も馬群を捌きながらだったが、ロブロイ×エリシオと重い馬場に強い血統が最後に活きた。

ホッコーブレーヴは序盤はジワッと出して中団のインに付けるいつもよりやや前目の位置。そのせいか、最初の坂の下りで少し行きたがったが、そこを宥めてのインペタ。直線入り口で仕掛け、スペースの空いた外へ持ち出して伸びかけたが、残り1Fを切った辺りで甘くなって伸び切れず。幸も悪い騎乗ではなかったが、田辺だったらもう少し違う乗り方が出来たと思う。まぁクリールカイザーで逃げて作ったラップは不安定で酷かったけど。

キズナはいつも通り後方にスッと下げて定石通りの末脚温存。2周目の向こう正面で無理しない形でジワッと位置取りを上げ、坂の下りから勢いを付けてスパートの態勢。しかし、いつもであればそこから伸びて来るのに、今回はダラッとした感じでジリジリとしか伸びず。
パンパンの良馬場が良いタイプではあるが、道悪の大阪杯でも一瞬突き抜けるかという場面はあったし、いつも通り前半を受け流してスタミナは温存出来た筈。負けるにしてもここまで見せ場を作れないとは思わなかった。ちょっと凱旋門賞どころではなくなって来た感じ。

サウンズオブアースは外枠からではあったが、ウチパクらしくある程度出して行って好位に付ける競馬。その後は折り合いもすぐに付いてスムーズな追走。勝負所から激しく追い出されて直線ではホッコーブレーヴと共に3番手に上がりかけたが、途中で脚が上がって失速。硬い馬場であれば良かったが、散水されて力の要る馬場になって泣かされたクチ。

ウインバリアシオンは出たなりの競馬で道中は中団の外目。折り合いも付いて中団グループでは勝負所でも手応えに余力が残ってるようだったが、直線半ばで失速し、入線後に下馬。競走能力喪失の重傷で引退が決まった。

アドマイヤデウスは大外枠が致命傷となった。ゆっくりゲートを出て内に入ろうと後方に下げたが、スタンド前でハミを噛んで外に出てしまうとそのまま持って行かれて好位にまで進出。ただでさえ、不安定な流れで1頭だけリズムを欠いてるのがアリアリの状況ではスタミナを早々と無くして見せ場なく大敗するのもやむなし。


当然ながら馬券は当たろう筈もなく・・・なんだか、このままズルズルと春シーズンを過ごしてしまいそうという嫌な予感しかしないんだが(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
55位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR