アーリントンC回顧

今週は後藤の喪に服すというわけではないが、予想はお休み。今日は気分が乗らなかったし、明日は休日出勤に加えての雨予報。どのくらい降るか読めないし、人気所の道悪適性も一部を除いて良いとは言えない。よって、今週はレース回顧に専念します。

今日に関して言えば、人気所総崩れで買わずに正解だった。買ってたとしたら、PO馬の贔屓目と主導権を取る展開利を見込んでネオスターダムから人気所中心に流していたであろう。

勝ったのは9番人気の伏兵ヤングマンパワー。道中は中団~好位グループの中でで折り合いを付け、直線は上手い具合にスペースの空いた内へ。追い出すと頭の高いフォームでなかなか勢いが付かなかったが、坂上で勢いが付いてゴール寸前で頭一つ抜け出した。
デビューから3戦マイルを使われて3戦2勝。スニッツェル産駒にしては距離適性が長めにシフトしてると言えるが、頭の高いフォームだけにこれ以上距離が延びて良いとは思えない。あと、全般的に緩い流れだったとはいえ、勝ちタイムも上がりも物足りない。上のレベルで通用するかは微妙。

2着アルマワイオリはスタートからすぐに後ろに下げて最後方から折り合い重視の構え。休み明けでペースも緩かったが、ラチ沿いに張り付いて前に馬を置く形で上手く折り合えてた。直線は大外に出して溜めに溜めた末脚を繰り出したが、勝ち馬には僅かに届かず。
休み明けでも課題の折り合い面をクリア出来たし、終いの持続力もしっかりしていた。マイル戦までなら上のレベルでもある程度は通用して良いだろう。ただ、取れる戦法が限定されるので展開面に左右される事にはなるだろう。

3着マテンロウハピネスは外枠から気合いを付けて行く構えを見せ、最初の1Fを過ぎてから先頭。極端にペースを上げず、中盤も緩めて一息入れさせてのマイペース。直線で一旦ネオスターダムに交わされたが、止まる事無く坂上でしぶとく盛り返した。
最後は盛り返したとはいえ、中盤にしっかりペースを緩めた割には上がり35秒台に止まった辺り、切れ味勝負では分が悪そう。ダイワメジャー産駒らしく、スピードの持続力で勝負するタイプか。まぁキャリア1戦でこれだけ走れば上々。

1番人気ナヴィオンは好スタートから最初は好位に付けたが、前のジャジャウマナラシが控えた影響からか、後ろに下がって結局は中団後方からの競馬。直線は外へ出すのを諦めて馬群を縫うように内へ入って脚を伸ばしたが、ネオスターダムに寄られた影響もあった感じで僅かに届かず。他馬に寄られると委縮してしまうのはデイリー杯の影響なのだろうか?

ネオスターダムは先手を取ると思っていたが、内外から行く構えを見せた馬がいた事で3番手に控える競馬。ペースが緩んでも折り合いはスムーズで上手く脚を溜める事が出来、直線では最内を突いて一旦は先頭。セーフティリードに見えたが、残り100mを切ったところでラチに接触して失速。次第に内へササっているのに左ムチを入れてるシュタルケは馬鹿なのか?

外枠を引いた人気所は外を回って壁を作れなかったのが災い。ナリタスターワンとエイムハイはペースが遅かった事もあって持って行かれた感じとなり、中団に控えたネオルミエールも壁を作れずに力んでいた。ナイトフォックスは後方で脚を溜める事が出来たが、いざ追い出されるとパタッと止まってしまった。やはり、バクシンオー産駒らしく短い方が良いのかも。


冒頭で予想はお休みと書いたが、時間的余裕があれば阪急杯だけ買うかも。買うとするならオリービンとダノンシャークの馬連とワイド。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

後藤騎手自殺・・・何故死んだ?としか言いようがない・・・

昼間の休憩中に「この騎手って有名なの?」と競馬をよく知らない職場の同僚から後藤自殺のニュースを聞かされた直後は一体何の悪い冗談かと理解出来なかった。
だが、同僚からスマホでそのニュースを見せられて絶句、しばし呆然。半ば動揺した状態を今もなお引きずってこのブログを書いている。

後藤浩輝の名前を最初に知ったのは、何かの競馬雑誌で見かけた後藤が武者修行で単身アメリカに渡ってからの近況報告みたいな記事だった。当時の後藤はデビュー5年目の若手。その前年に師匠の伊藤正徳の元を飛び出してフリーとなったが、これといって目立った実績を残していなかった。
ツテらしいツテもない中、単身アメリカへ武者修行に渡ったそのバイタリティある行動に「へぇ、こんな若手がいるんだな」と何となく好印象を抱いて、帰国後の後藤がどのような成績を残すか注目してた。
修行以前のフォームを良く知らないので比較は出来ないが、帰国後の後藤は先行馬をしぶとく持たせるアメリカンスタイルで穴人気の馬をしばしば上位に持って来て飛躍の切っ掛けを掴む事になる。97年は自己最多の46勝、翌年には63勝をマークして初の全国トップ10入りを果たした。

このまま順風満帆に行くかに見えた騎手人生だが、99年夏に吉田豊に木刀で暴行を働いた一件で4ヶ月の騎乗停止処分を受ける。当時の俺は後藤も吉田豊も馬券を買う上で重要視してた騎手だけに、その二人が暴力沙汰の被害者と加害者になった事は物凄いショックだった。
この一件以降、後藤は某掲示板で「木刀」というあだ名を頂戴する事になり、更には調教師に殴打される等の不祥事に巻き込まれるトラブルに見舞われた事で定着した負のイメージは最後まで後藤に付き纏った。俺も何となく距離を取ったというか、この二人を以前ほど積極的に買う事はなくなった。暴力沙汰を起こした後藤もだが、被害者である筈の吉田豊にも問題があった的な風潮の記事が多く見られた事で「吉田豊って、こんな奴だったのか・・・」と幻滅に近い感情を抱いたからだ。

前代未聞の不祥事を起こした事で後藤に救いの手を差し伸べたのは、徒弟制度の弊害による確執から袂を分かった筈の伊藤正徳だった。これ以降、蜜月とまでいかなかったが、後藤と伊藤の関係は修復してローエングリン、エアシェイディ、ネヴァブションといった伊藤厩舎のOP馬とコンビを組む事になる。ローエングリンは強い思い入れがあって以前に書く機会があったが、エアシェイディやネヴァブションもそれなりに追い掛けていた事がある。
復帰した後藤は以前にも増して勝ち星を増やし、2002年にはアドマイヤコジーンで安田記念を勝利し、JRAGⅠ初勝利を飾る。馬券外したが、号泣する後藤を見て「色々あったけど、とりあえず良かったなぁ」と思った。負のイメージは付き纏ってたとはいえ、何かやってくれそうな魅力を持った騎手という認識は変わらなかった。
尤も、何かやってくれそうという雰囲気は勝利騎手インタビューや数々のバラエティー番組に出演してた事で植え付けられた側面もある。後藤なりに競馬に対する悪いイメージを変えようと努力してたのは理解出来るが、そのカラ回りっぷりが痛々しいくらいに寒く見えたパフォーマンスはあまり好きではなかった。

個人的にはマヤノトップガン産駒を追い掛け続けてただけに、トップガン産駒の躍進を支えた騎手であるという認識も持っていた。チャクラ、プリサイスマシーン、トップガンジョーの重賞初勝利時の騎手はいずれも後藤。新潟記念で確立したジョーの溜めるスタイルは本当に神騎乗だった。2000年代中頃はトップガン産駒に後藤が乗るというだけで期待値が跳ね上がったものだ。

ここ数年は度重なる落馬負傷による長期離脱を余儀なくされ、リーディング常連だったかつての勢いはなくなったものの、再三に亘るの引退の危機を乗り越えて復活して存在感を示していた。特に佐藤哲三の負傷療養で手綱を任されたエスポワールシチーとのコンビで南部杯とJBCスプリントを連勝。この時のパフォーマンスは俺も素直に好意を持ってみる事が出来た。結局、哲三は復帰する事は叶わなかったが、後藤は哲三から鞭を貰った事で哲三の分も頑張って行くものだと・・・思ってた。もう過去形でしか書けないんだな・・・


何故、死を選んだのかは後藤本人にしか分からないが、死んでしまっては託された哲三の思いに応える事も出来ないし、残された家族、後藤を応援してくれるファンにも何もしてやれない。「戻って来いよ!」と呼べども、返事が返って来る事は二度とないのだ。
馬や関係者の訃報には何かしらの冥福を祈ったが、今回ばかりは祈る気にならない。騎手同士の遺恨をぶつけただけの2003年天皇賞・秋の騎乗は暫く後藤絡みの馬券を買わなくなったくらい頭に来たし、俺の中では未だに許していない。
数年経って後藤が騎手を引退する際に「苦い思い出だけど、まぁ色々あったわなぁ」と振り返る事が出来たら、どんなに良かっただろうか。この件に関して許す機会はもう永久になくなってしまった。後藤への思いはこの言葉を以って締め括る事にする。

この大馬鹿野郎が・・・

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(2月28日、3月1日)

2月28日
阪神
7R4歳上500万下(牝馬限定・ダート1800m)
デサフィナード
松岡正海(54.0)

小倉
4R3歳未勝利戦(芝2000m)
テイア
二本柳壮(54.0)
11R皿倉山特別(芝2600m)
レンブラント(父チャクラ)
津村明秀(56.0)
ローレルソラン
黛弘人(57.0)


3月1日
阪神
10R伊丹S(ダート1800m)
マヤノクレド
岡田祥嗣(53.0)




クレドは相手も揃ったけど、調教はこの馬なりに時計を出してる。極端に置かれず流れに乗れれば。

ローレルソランは調教師定年の記念出走っぽい感じ。レンブラントは滞在が合ってるのか、調教は引き続き良さげ。どっこいどっこいなメンバー構成だけに。



大井に移籍したエイトプリンスが初出走。中央時代には考えられない好位追走→4角先頭までは良かったが、直線で失速して6着。まぁ移籍緒戦としてはマズマズか。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ダイヤモンドS回顧

前走は出遅れて流れに乗り損ねて大敗したフェイムゲームだが、ペースがゆったり流れる事で二の脚の鈍さをリカバリー出来る長距離戦で復活して連覇達成。能力は評価してるのだが、買えば来ないか相手を間違え、買わない時に限って来るのこの相性の悪さは一体何なのだ(´・ω・`)

相変わらずスタートは一息で前半は中団後方からの競馬。前のグループは長距離戦にしては珍しく出入りのある流れとなったが、我関せずとばかりに2周目の向こう正面で内に潜り込んで末脚温存。4コーナーで馬群の中から外へ出そうとしたが、直線は進路がなくて馬群を縫うようにして内へ。坂上から一気の伸び脚で並ぶ間もなく差し切った。
昨年は55キロだったが、今年は3キロ増の58キロハンデ頭。有馬除外の影響も多分にあったと思われる前走は崩れたが、立て直せばGⅢクラスでは一枚抜けている事を証明。昨年は6着だった天皇賞だが、今年はもう少し良い勝負になりそうな気がする。

2着ファタモルガーナは外枠だった事もあって、最初の入りでは前目に付けれず好位グループの外目を追走。馬群の外を回る形となったが、この馬なりに折り合えており2周目の1~2コーナーで3、4番手に進出。勝負所で早めに動いて押し切りを図ったが、勝ち馬の決め手が一枚上だった。
相手が悪かったものの、持ち前の豊富なスタミナを活かしたロングスパートでステイヤーとしての資質は見せたと思う。ディープ産駒にしてはかなりスタミナ寄りに特化した珍しいタイプ。ただ、スピード力はないので長距離戦でも高速ラップを刻むような展開は合わないだろう。

3着カムフィーは前半は掛かる場面も見られたが、前に馬を置いての後方待機で何とか我慢させる事が出来た。4コーナーで勝ち馬の外目に持ち出し、直線もジリジリと脚を伸ばして3着争いを制した。
定年となる調教師最後の重賞出走馬に51キロで相談役が乗る事がちょっとした話題となったが、長距離志向が強い父の血がここで目覚めた感じの健闘。ハンデも味方としたとはいえ、もう少し経験を積んで我慢が利けば。

ステラウインドは好スタートを切ったが、すぐに下げて中団グループで折り合いに専念。出入りがあって落ち着かない流れも影響して少し掛かったが、道中はコースロスなく回って我慢の競馬。直線でスペースの空いた外へ回して脚を伸ばしたが、坂上で少し甘くなった。3000mのレースを勝ってるとはいえ、本質的にはステイヤーではない。

アドマイヤフライトは休み明けを叩いて10キロ絞れての出走。前半から少し出して行って先行集団に取り付いたが、直線では一瞬勢いが付きかけたところで急に失速。概ね流れに乗れてたとはいえ、先行集団は出入りが激しく些かこれに巻き込まれた節もあった。それでもここまで崩れるとは意外。

ラブイズブーシェは最初に位置を取りに行って好位~中団をキープ。2周目の向こう正面で外目に出して促しながらの追走となったが、勝負所では追っ付け追っ付けの追走で直線は余力も無くなって敢え無く失速。距離が長いというか、良い頃の出来にない感じ。これでは凱旋門賞挑戦など問題外だろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

小倉大賞典回顧

道悪が予想される時は過去の重賞回顧や過去の戦績を見てある程度適性能力を判断するのだが・・・何故かカレンブラックヒルが道悪適性高いのをすっかり忘れており、ロクに調べもせずに無印にする大失態。軸にしなかったかもしれないが、物凄いチョンボをやらかした気分orz

内からサッと先行すると外からハナを切りに来たメイショウナルトを先に行かせての2番手追走。3コーナー手前で早々とメイショウナルトを交わして先頭に立つ積極策を取り、4コーナーでマイネルミラノに迫られても余力十分。直線は内ラチ沿いに張り付いたまま、後続の追撃を振り切って復活。
3コーナーで強引にハナを取り切ったところでメイショウナルトの進路を完全に潰したのは褒められた内容ではないが、道悪適性の高さを活かし切った積極策はお見事。まぁ、メンバー唯一のGⅠ馬だけに自分の得意条件でこれくらいは走って当然という節もある。

2着コスモソーンパークはスタート一息で道中は後方3、4番手から。向こう正面から馬群の内を通って位置取りを押し上げ中団グループの一角。3コーナーのゴチャつきを間一髪で交わし、4コーナーでは3番手集団に進出。直線は段々と外へヨレて行ったが、それでも2着はキッチリ確保。
スタートの甘さがなければ道悪適性の高さを活かして逆転まであったかもだが、好位にいたら3コーナーでまともに不利を被っていたかもしれないので結果オーライか。数年の一度くらいの珍事で丹内を買って3連に絡んだのに、肝心の頭を読み違えたのは痛かった。

3着ダコールはスタートからすぐに後方に下げ、前半は内ラチ沿いに張り付いて死んだふり。3~4コーナーから馬群の中を縫うようにして中団に進出し、直線入り口で進出した勢いそのままに外へ。直線も脚色が衰えないまま2着馬に急追。
マイナス16キロだったが、元はこれくらいの馬体重で走ってただけに絞れたというところか。ただ、道悪は空っ下手なこの馬が重馬場まで悪化したのに3着に来るなど誰が予想出来ようか。

キャトルフィーユは前走で出遅れたスタートを決めると好位集団へ。1コーナーでマイネルミラノに締められかけたが、致命的な不利にはならずに向こう正面で外目へ。勝負所では追っ付け通しでムチも入ったが、直線は持ち前の粘っこい脚を使って手応えの割にしぶとく伸びた。
牝馬で55キロのハンデを背負った混合戦でこれだけ走れば上々だろう。これで繁殖入りが濃厚らしいが、粘っこい先行力を武器にして息長く重賞戦線で走ったのは立派。馬券の相性は宜しくなかったが、ひとまずお疲れ様。

マイネルミラノは太め残りだった前走から10キロ絞れて動ける態勢。二の脚の加速力の差で先行出来ずに好位外目からの競馬となったが、揉まれない位置で競馬が出来たのは却って良かったか。向こう正面からジワッと位置取りを上げ、3コーナー過ぎで2番手。勝ちに行く競馬をして直線半ばで甘くなったが、OPでの目処は付いた。やはり道悪は得意。

一定の道悪適性はあると思って本命対抗にしたレッドレイヴンとラングレーは馬場にノメってこれといった見せ場もないまま流れ込んだだけ。同じ道悪とはいえ、軽さが要る東京とそうでもない小倉では勝手が違っていたか。2頭共、良馬場で改めて見直す事にしよう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~2月22日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3ハーツクライ
4ゴールドアリュール
5ダイワメジャー
6マンハッタンカフェ
7ゼンノロブロイ
8ステイゴールド
9クロフネ
10シンボリクリスエス
11ネオユニヴァース
12ジャングルポケット
13ハービンジャー
14キングヘイロー
15スペシャルウィーク
16サクラバクシンオー
17サウスヴィグラス
18アドマイヤムーン
19メイショウサムソン
20フレンチデピュティ




天王山第2ラウンドは明暗が別れる結果に。
キンカメは土曜に3勝するも平場。日曜はアロマティコやヒットザターゲットが不発に終わって勢いがストップ。

一方のディープは土日で3勝したが、いずれも特別レース。重賞では勝ち切れなかったとはいえ、2重賞で3頭が入着する等、着実に賞金を加算して賞金差を7700万差にまで詰めて来た。

一方で3位争いと5位争いも熾烈に。
ハーツがフェイムゲームのダイヤモンドS勝利等、土日で5勝をマークすれば、ゴールドアリュールはコパノリッキーのフェブラリーS連覇で帳消しに。賞金差を1500万弱にまで詰めて来た。

5位争いはカレンブラックヒルの小倉大賞典勝利を含めた小倉で4勝の固め打ち。マンカフェまで一気に交わして逆転。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

フェブラリーS回顧

内枠を引いた事で「スタートに失敗して後手を踏めば、内で揉まれ込んで崩れるかも」と考慮して3番手に評価を下げたコパノリッキーだが、終わってみれば番手追走から直線半ばで先頭に立っての押し切り勝ちで史上初の連覇達成。素直に軸にすれば良かったなぁw

予想通りというか、スタートはあまり良くなかったが、そこから二の脚を利かせて先行集団へ。コーリンベリーが出遅れて大外から奇策に出たアドマイヤロイヤルが逃げたのも幸いした。後手を踏んで揉まれる形の次に崩れる可能性があったのは、コーリンベリーが玉砕気味に引っ張って差し追い込みが間に合う展開と思ってたからだ。
だが、アドマイヤロイヤルの逃げは最初の3Fを34.3と速く入った後はペースを落として先行馬に息を入れさせる落ち着いた流れに変化。上手く揉まれない外目に出して折り合えたコパノにとっては実にありがたい展開。先頭に立った後は後続にジワジワ詰められたが、最後まで脚色はしっかりしており、着差以上の完勝と言える。
これで武豊は一昨年のマイルCS以来となる中央GⅠ制覇。昨年はキズナの故障もあってGⅠ戦線ではあまり目立てなかったが、こういうタイプに乗せた場合の大舞台での存在感は流石と言える。

2着インカンテーションは8キロ絞れて気配良好。スタートを五分に出ると前を取りに行った8枠2頭を先に行かせ、その後から促して好位集団の外目をキープ。4コーナーでジワッと先団グループに取り付き、直線ではしぶとく脚を伸ばして坂上からジワジワと勝ち馬に接近して2着を確保。
テン乗りではあったが、ウチパクの持ち味である前を取りに行くスタイルがペースも味方した事で上手くハマったと言える。ここ2戦は消化不良な競馬続いていたが、漸く得意の左回りで結果を出す事が出来た。今後も目が離せない存在となるだろう。

3着ベストウォーリアは前を取りに行った馬を先に行かせて中団の外目から。4コーナーで捲って来たシルクフォーチュンに被せられたが、慌てる事なく直線半ばでこれと2着馬の間を割って脚を伸ばして3着争いから一歩抜け出した。
馬群の外を回る形で脚を十分溜め切れなかったそうだが、得意条件の左回りマイルではやはり崩れない。勝ち馬との力の差は見せられたが、今後も左回りのマイル戦では安定勢力となるであろう。

グレープブランデーは勝ち馬を見る形で好位集団のインで脚を溜める形。直線では一旦は後続に吸収されかけたが、武蔵野Sの再現とばかりに坂上からしぶとく盛り返して一旦は抜かれたローマンレジェンドを差し返しての4着。ここ2戦は結果が出なかったが、そこは一昨年のこのレースの勝ち馬。コース適性にモノを言わせて健闘。

ローマンレジェンドはスタートは普通に出たが、二の脚の加速力の差で先行勢から置かれる形。ここで腹を括ったか、道中は無理せずに後方3番手にまで下げて直線勝負に賭けるスタイル。経済コースを立ち回って直線も最内をこじ開けて脚を伸ばしたが、前を捕らえ切るまでには至らず。マイルにも対応出来たが、末脚勝負で差し切れるだけの切れはなかった。

ワイドバッハはスタートからスッと後方に下げて定石通りの後方待機策。ペースが落ち着いた事で集団から離される事なく追走出来たので「これは纏めて差し切れるかも」と思ったが、4コーナーで仕掛けて来たカゼノコに被せられて直線でも追い出しのタイミングが遅れてしまう不利。
それでも立て直して大外に出すと猛然と追い上げて来たが、流れも落ち着いていた事で前も余力があったし、追い出しのタイミングがズレて間に合うメンバーでもなかった。追い込み馬の宿命とはいえ、スムーズさを欠いたのが勿体ない。

チャンピオンズCでの健闘から穴人気してた紅一点のサンビスタは3着馬の隣でレースを進めたが、勝負所でシルクフォーチュンを始めとした後方グループの進出で包まれてしまい、位置取りを悪くして万事休す。スタートは出て前半は悪くない位置取りだったが、勝負所で包まれて勝てる程甘くはない。

地方馬ハッピースプリントはやはりというか、芝の部分のスタート地点でダッシュが付かず。そこから気合いを付けて中団後方にまで取り付いたが、取り付くまでに脚を使ったツケは直線でも末脚不発という形で出る事に。交流重賞に戻れば巻き返す余地はあると思うが、まだ4歳。これからの成長力待ちというところか。

アドマイヤロイヤルは好スタートを切っていつになく出して行くなと思ってたら、なんと勝ち馬の外から被せに行って逃げの手に出る奇策。前半は少し無理をしたが、中盤にペースを落として一息入れ、直線でも途中まではしぶとく食い下がった。溜めてナンボのタイプだけに、この乗り方では長所を活かしたとは言い難いが、レースを面白くしたのは確か。

キョウワダッフィーは外のアドマイヤロイヤルを行かせたものの、自身も先行グループに取り付く積極策。揉まれない形でスムーズな立ち回りは出来たと思うが、直線半ばで早々と余力が無くなって失速。外枠から位置を取りに行った点は評価したいが、本来は好位で脚を溜めるタイプだけに正攻法の横綱相撲をするには無理があった。


ベストウォーリアが3着に来てくれて3連複は的中したものの、大して儲かってなかったりする。素直に入れば大勝利となれたところを色々とアラ探しして少し捻った角度から入って勝ち損ねる悪い癖が出てしまった。


追記
コパノリッキーに左前脚骨折が判明して戦線離脱。全治6ヶ月らしく、春シーズンは棒に振ることとなった。ホッコータルマエはドバイ遠征で当面は不在、今回のコパノのリタイアでダート重賞路線は一気に混沌としてきたなあ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン&チャクラ産駒の成績(2月21日、22日)と特別登録馬

2月21日
東京
2R3歳未勝利戦(ダート2100m)
バーストハンター
馬番発表前出走取消

京都
1R3歳未勝利戦(ダート1200m)
サイクルヒッター(父チャクラ)
14番人気14着
7R4歳上500万下(ダート1800m)
デサフィナード
12番人気12着


2月22日
小倉
7R4歳上500万下(芝2600m)
フミノスナイパー
4番人気1着
9R4歳上500万下(芝1800m)
エムエムベレッタ
16番人気14着




フミノスナイパー勝利!途中から捲り切る大立ち回りだったが、最後まで集中して走ってた。昇級しても集中力を持続出来る工夫が必要。

バーストハンターは調教師の不手際(過怠金取られとる)で出走取消。エムエムベレッタは鼻血をぶちまけたから暫く出走出来ない模様。




特別登録馬
マヤノクレド・・・伊丹S
メイショウアイアン・・・ブラッドストーンS
レンブラント、ローレルソラン・・・皿倉山特別




クレドは得意の条件で流れに乗り損ねた前走が痛いが、このレースも昨年は4着と健闘。今度は流れに乗りたい。

メイショウアイアンとローレルソランは登録だけっぽい気がする。前者は1400mでさえ追走に手一杯、後者は距離が長すぎる。

レンブラントはやっぱり芝にとどまるのか。距離延長と時計が掛かる馬場は合いそうな気もするが。


カロッサルが帰厩。リフレッシュした効果で立ち直ってれば良いが。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

小倉大賞典

◎レッドレイヴン
○ラングレー
▲マイネルミラノ
△キャトルフィーユ
△アロマティコ
△コスモソーンパーク


レッドレイヴンは以前は広いコース向きの印象だったが、昨年は福島や中山内回りで結果を出しており、小回りにも対応出来るようになってきている。雨による馬場悪化で大外枠は却って好材料だろう。不良馬場でも2着があり、道悪適性もある。ヌルい調整やスムーズさを欠いて重賞未勝利だが、本来なら2つ3つ勝ってる馬。ここはチャンスとみる。

元PO馬ラングレーは小回りの多頭数内枠という点が引っ掛かるが、予想通りというか昨年秋以降に本格化して来た。ハンデ54キロも魅力。ディープ産駒でこの馬場悪化で切れ味が殺される危険性もあるが、稍重で2勝しており、内の荒れ馬場を通ったセントライト記念も5着とある程度のパワーはある。前がある程度引っ張って前がバラければ。

マイネルミラノは太め残りだったのとおかしなペースを刻んで前走は逆噴射したが、今回はメイショウナルトが行く構えを見せているし、これを先に行かせての番手からとなるだろう。不良馬場で2着があるし、ステイゴールド産駒は道悪適性がある産駒が多い。馬場の良い外目を通っての粘り込みを期待したい。

キャトルフィーユは久々の牡馬混合戦と前走はやらかしたっぽいバルジューでどうなんよ?という気はするが、粘っこい本来の先行力を活かせるようならチャンスはある。重馬場の愛知杯でも2着と道悪適性もあるし、北海道シリーズでも良績があって力が要る馬場は得意。ハンデ55キロがどうかだが、持久力勝負になれば。


アロマティコは外枠ばかり引いていたが、今回は待望の内枠。荒れ馬場がどうかだが、この馬もキャトルフィーユ同様に洋芝適性が高いし、雨でノメる馬場となった一昨年のエリ女で3着に健闘。距離も短かったし、スローペースで流れに乗れなかった前走よりは明らかに条件が好転する。内から上手く馬群を捌けるようなら。

コスモソーンパークは丹内という時点で買うかどうか迷ったが、不良馬場で3戦2勝2着1回という道悪適性の高さは捨てがたい魅力。距離が1F延長されてどうかだが、ズブさが出て来てる今なら却ってプラスに働くかもしれない。外のメイショウナルトを先に行かせての好位追走からの粘り込みに期待。


ここは普通にレッドレイヴンを信頼して大丈夫だろう。レッドレイヴン軸の馬連・3連複流しで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

フェブラリーS

◎ベストウォーリア
○ワイドバッハ
▲コパノリッキー
△インカンテーション
△ローマンレジェンド
△アドマイヤロイヤル
△キョウワダッフィー


揉まれずに先手を取り切れば、コパノリッキーが脚抜きの良い馬場を味方に付けて逃げ切る公算はかなり高いと思う。最近の重賞回顧でも書いてるように、マイル戦でならホッコータルマエを負かせる唯一の馬という認識に変わりはない。
ただ、この馬は逃げ先行タイプの割にスタートは決して良いタイプではない。骨折休養明けで本調子になかったとはいえ、惨敗した2戦は内枠を引き、スタートが甘くて内で揉まれ込む形だった。故にこの4番枠はあまり良いとは言えない。スタートに失敗した場合のリスクを考慮し、ここは3番手に評価を下げる事にする。

もう少し人気が落ちてるかと思ってたが、ここは左回り巧者のベストウォーリアを本命とする。左回りで崩れた3戦だが、昨年のフェブラリーSはレコード駆けの反動と内で揉まれ、JBCクラシックとチャンピオンズCは距離が長かった。休み明けという形になるが、乗り込み量は十分で最終追い切りでも併走馬を突き放した。出来が良く、脚抜きが良い馬場も合うとくれば巻き返しがあっても。

ワイドバッハは追い込み一手の脚質で展開面に左右されてしまうが、コーナー二つのコース形態は持ち前の決め手を発揮するのに最適。脚抜きが良くなり過ぎた場合は不安だが、コパノ以外の先行馬が残れるとは思えないし、コパノが自分のリズムで行き切った場合でもそれを追い掛けた好位組は軒並み潰れると読む。逆転があるとするならこの馬だろう。

インカンテーションは外枠から流れに乗れなかったり、出遅れ&落鉄と不本意なレースが続くが、昨年夏からの地力強化は目を見張るものがある。前走もまともなら着外に沈んでたところを力任せに追い上げて2着馬とはハナ差。今回も外枠だが、中京よりはまだ流れに乗りやすい。欲言えば、大野続投で出て来てほしかったが、ウチパクならヨシだろう。

ローマンレジェンドは初のマイル戦となるが、左回りはエルムS1着、チャンピオンズC3着と相性が良い。不良馬場だったエルムSはレコード勝ちと脚抜きが良くなっても問題ない。トップクラスとの力関係で見劣りするのは否めないが、岩田が騎乗したとはいえ、坂路を好タイムで駆け上がった動きの良さは圧巻。スタートさえ普通に出れば。

アドマイヤロイヤルはエアハリファの回避で繰り上げ出走。昨年は惨敗したが、スタートが甘かったし、後ろにいてはどうにもならない展開だった。この条件なら流れに乗りさえすれば簡単には崩れないのは前走で証明済み。中2週でも一杯に追えているし、出来に関しては前走の状態をキープ。外枠から揉まれずに流れに乗れれば。

キョウワダッフィーは前走では直線で前が壁となって前が空いた時には大勢が決した後。消化不良のレースではあったが、それ以外の福永とのコンビでは連を外しておらず。ベストは1400mという気がしないでもないが、外枠からスムーズに流れに乗りさえすれば一発があっても驚かないと思える。


ここはベストウォーリアの馬連・3連複1頭流し。あとはド高めがくれば儲けものという感じのベスト・ワイド2頭軸の3連単マルチ。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

スズカマンボ、アジュディケーティング死す

ステイゴールドの急死からそれ程経たない今日、スズカマンボが心不全で急死した。

現役時代に関しては、以前アンカツの足跡を振り返った際に少し触れたが、天皇賞以降は順調さを欠いたのと復調しかけた大阪杯で故障引退に追い込まれた事で一発屋に近いイメージだった。
ただ、戦績を振り返ればクラシック皆勤賞で皐月賞以外はそこそこの着順に纏め、3歳秋には世代混合戦の重賞勝利と早い段階から一定の能力の高さは見せていた。天皇賞のダメージが尾を引かなければ、或いは大阪杯で故障しなければ、もう少し奥の深い一面を見せてたかもしれない。種牡馬としてのポテンシャルの高さを見れば、GⅠ1勝で終わる馬ではなかったのではないか?と今更ながらにして思う。

アロースタッドで種牡馬入りし、オーナーサイドと生産者のグランド牧場の強力なバックアップもあってか、初年度から96→92→71とポテンシャルは兎も角、一発屋のステイヤーというイメージの割には多くの繁殖牝馬を確保。
しかし、いざ産駒が走ってみると今一つ結果が出なかった事もあって2011年には前年の半数以下の34頭に激減。翌年は僅かに回復したが、目立った活躍馬は出て来ず、このままフェードアウトするかに思われた。

しかし、翌年になるとメイショウマンボがオークス・秋華賞・エリザベス女王杯とGⅠ3勝の大活躍で一躍注目を浴びる存在となる。更に昨年は地方交流重賞でサンビスタ、ピッチシフターが活躍して地方リーディング7位にまで躍進。
サンデー系種牡馬としては低コストの部類に入るが、ここ2年余りで急激に頭角を現して来ただけに突然の急死は実に勿体ない。種牡馬としてもさあこれからというところで幕を下ろされた不運の名馬の死に合掌m(__)m


アジュディケーティングは【南関のサンデーサイレンス】と評されたダートの名種牡馬。アジュディミツオー、ハタノアドニス、イエローパワー、ロングカイソウ、タヤスケーポイント、バンケーティング、ベルモントストームといった中央・地方双方のダート重賞馬を多く輩出した。
比較的安価な種付け料ではあったが、驚異的な勝ち上がり率を誇る外れの少なさが人気を呼び、脂が乗ってた頃は9年連続100頭オーバーの種付け頭数を記録。ただ、後継種牡馬には恵まれておらず、アジュディミツオーも苦戦を強いられており、父系の存続はかなり厳しい状況化に置かれている。

【死んだ馬の子は走る】というオカルトめいた格言があるが、果たしてフェブラリーSに出走するワイドバッハ(サンビスタ)は父に捧げる勝利を飾れるか?出来る事なら後継種牡馬となれるだけの実績を作って父系存続の可能性を作ってもらいたいが・・・


あ、それと明日のダイヤモンドSの予想はお休みします。明日は休日出勤だし、今一つ集中力が散漫で気が乗らないので・・・こういう時は無理に馬券を買っても先ず当たらない。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(2月21日、22日)

2月21日
東京
2R3歳未勝利戦(ダート2100m)
バーストハンター
村田一誠(56.0)

京都
1R3歳未勝利戦(ダート1200m)
サイクルヒッター(父チャクラ)
太宰啓介(56.0)
7R4歳上500万下(ダート1800m)
デサフィナード
中谷雄太(54.0)


2月22日
小倉
7R4歳上500万下(芝2600m)
フミノスナイパー
藤岡佑介(56.0)
9R4歳上500万下(芝1800m)
エムエムベレッタ
▲原田和真(51.0)




特別登録組は残らず除外で寂しい面子に。

フミノスナイパーは連闘で距離延長。スタートが甘いからゆったりと運べる長距離ならという感じか。あとは折り合いが付くかどうか。




本日、浦和の中央交流戦にフライトファルコンが出走。好位追走も3コーナーで置かれてしまったが、直線で盛り返して3着。前走は最初から流れに乗れなかったが、今回は流れに乗ってまずまずの内容。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

クイーンC回顧

関東から土付かずで重賞勝利を決めた牝馬がまた1頭。キャットコインが横一線に広がった直線の攻防を制し、先日急死したステイゴールドに捧げる勝利はステゴ産駒10年連続JRA重賞勝利達成という節目の勝利となった。

スタートの一完歩目で出遅れ、最初の1Fを過ぎた辺りで横のティーズアライズと接触する等、道中は厳しい展開となったが、掛かる事なく中団馬群の中でスムーズに折り合っての追走。4コーナーで外目に出して好位集団の後ろに付け、坂上で先頭に立つと後続の追撃を凌ぎ切った。
先週のルージュバックと比べて派手さはないが、多少の不利でも動じず、馬込みの中でも折り合える精神面の強さはなかなか。例年に比べて中盤も緩まないタフな流れを差し切れる辺り、かなり高い持続力と持久力を備えてる。あとは気性が勝ってるので、長距離輸送をクリア出来るかが鍵になりそう。

2着ミッキークイーンは長距離輸送が堪えてマイナス20キロ。お世辞にも万全の状態には見えず、スタートダッシュも一息で道中最後方にいた段階で完全に蚊帳の外という認識になっていたが、直線は徐々に内から外へ出し、坂上でエンジンが掛かると一気に伸びて勝ち馬に急追。
淀みないペースを最後方のインに控えて受け流しながら脚を溜めた事が幸いしたが、極端な馬体減りでも終いの脚をしっかりと使えた点は評価出来る。ただ、馬体減のツケは賞金的に微妙ながら桜花賞直行という難しいローテになって跳ね返って来る事になったわけで。

3着ロカは阪神JFよりはマシであったが、またしても出遅れて後方から。道中はそのままインに入って脚を溜め、直線入り口から外目に出して進出を開始。坂で馬群を割って勝ち馬にジワジワと迫ったが、捕らえ切れず2着馬にも差し込まれた。
阪神JFよりは流れに乗れて能力の片鱗を垣間見せたが、ここで本賞金を加算出来なかったのは痛い。こうした出遅れによるツキの無さはブリガドーンを思い出してしまう。チューリップ賞からミルコ・デムーロに乗り替わるが、果たしてローラーコースターじみた劇場開幕となるのだろうか?

アンドリエッテは12キロ減で幾分細化気味。外枠から出たなりの競馬で道中は後方グループの外目を追走する形。直線もそのまま外を回り、外に持ち出して来た2着馬と併せる形で伸びて来たが、坂上で僅かに後れを取って伸び負け。
この馬も輸送で馬体が減ったのは誤算だったが、未勝利上がりでこれだけ走れば上々の内容と言えよう。馬体の回復待ちだが、自己条件なら主役を張れる。

カービングパスは外枠からジワッと内に行って好位集団の一角をキープ。勝負所からジワジワ外を回って先団に取り付いて余力もあるように見えたが、いざ追い出されるとサッパリ伸びずに失速。折り合いもスムーズで流れに乗れていたが、思った以上に走らなかった。

ダノングラシアスやスマートプラネットは淀みない流れを引っ張る役目を演じたのもあるが、直線で敢え無く逆噴射。2頭共、このクラスの相手に正攻法でマイルを押し切れる能力はない。1400m以下で見直したい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

共同通信杯回顧

PO馬と言えど、キャリア1戦の馬は明け3歳の重賞では買わないポリシーがあったし、この手の馬は【若駒を教育してる詐欺】の福永が乗ってる以上、折り合い重視で最後にチョロっと差して来ての着拾いだろうと思ってたリアルスティールが予想以上に大物感ある走りっぷりで完勝。

スタート直後は左回りに戸惑ったか、外へ逃げ気味に走っていたが、向こう正面に入ると落ち着いて折り合いもスムーズ。初戦よりもペースが速くなった事もあって勝負所では少し促すシーンもあったが、概ね余裕の手応え。直線は進路を探しながら徐々に仕掛け、馬群を割ると外から抜け出そうとしたドゥラメンテとの追い比べを制した。
着差は半馬身だが、2着馬が迫れば迫った分だけ伸びるという感じの走りで潜在能力の高さは頭一つ抜けていたと言えよう。最内枠からロスの無いスムーズな立ち回りが出来た恩恵もあったし、まだ随所に若さを覗かせてはいるが、順調なら間違いなくGⅠに手が届く逸材。
問題は福永で勝ち切れるかどうかだろう。3年前のダービー回顧で福永に対して辛辣な見解を書いたが(久々に読んだが、まだヌルいくらいだったw)、あれから3年経っても騎手・福永祐一の評価は笑えるくらい変わってない。果たして、今年のダービー回顧は福永絶賛となるか、毒吐きまくってるか・・・

2着ドゥラメンテはスタートは良く好位に取り付いたが、これが裏目に出たのか向こう正面に入ったところから折り合いを欠いて掛かり通し。前に馬を置いて壁を作る事も出来なかったが、中団まで下げて何とか宥める事には成功。直線入り口でスムーズに外へ持ち出し、坂上で抜け出しかけたが、内から馬群を割った勝ち馬に競り負けた。
前半であれだけ掛かった事、外を通った此方に対して勝ち馬はコースロスなく立ち回れた事を鑑みれば、この馬の潜在能力も相当高いと言える。しかし、この一族特有の気性の悪さも半端ない。アドマイヤセプターも気性の悪さから最後はスプリント戦でしか走れなくなっていた。中1週で使って来た事が裏目に出なければ良いのだが・・・

3着アンビシャスは外枠スタートからジワッと出して行って3、4番手に付ける先行策。横の2着馬が掛かり通しだった影響もあってやや行きたがる素振りを見せたが、単独で3番手に上がるとスムーズに折り合った。そのまま流れに乗って直線坂下から抜け出しを図ったが、抜け出したところでソラを使った分、決め手のある上位2頭に交わされた。
負けはしたが、正攻法の競馬で大いに見せ場のある内容。マイル戦から使ってきたが、中距離くらいまでなら問題なくこなせるだろう。大物感では上位2頭に見劣りするが、順調ならGⅠ戦線に顔を出して来れるだろう。

ミュゼエイリアンはスタートして暫くはベリーとの呼吸が合ってない感じだったが、落ち着いた後は中団に控えて脚を温存する構え。直線入り口でスムーズに外へ持ち出し、上位馬との追い比べに顔を出して見せ場を作ったが、瞬発力の差を内にモタれた事が響いて坂上で後れを取った。今回は手が回らなかったが、戦績を見れば骨っぽい相手と勝ち負けを演じてる。切れより持久力が問われる流れで化けて来そうな気がするが。

アヴニールマルシェは最初の一完歩目も遅かったし、直後に外へ逃げた勝ち馬に寄られて後方に下がる不利。ここで腹を括って末脚温存の待機策を取り、4コーナーからゴーサイン。直線は2着馬の後ろに取り付いて追い出したが、瞬時に反応出来ずに置いて行かれて差を詰め切れず。後手に回ったのは確かだが、もう少し走れると思っていただけに底が見えたのは否めない。

ソールインパクトとティルナノーグはスタートダッシュが今一つで後手に回っての最後方。直線はこの馬なりに脚を使ってはいたが、流れも落ち着いていた事で後方から追い込むに厳しい展開だったし、瞬発力で上位馬に見劣りする内容。前者は使い詰め、後者は追い切りから出来落ちの印象があったが、これでクラシック戦線から脱落か。

ダノンメジャーは前半は外枠から好位に取り付いて流れに乗ってるかに見えたが、4コーナーで外に膨れたところで何かアクシデントでもあったのか、全く追わなくなって大差の最下位入線。故障らしい故障はなかったようだが、何か釈然としない思いはある。


東西メインを豪快に外して年明けからの快進撃もここでストップ。いつもならここから一気に赤字街道に入るのだが、今年は何とか踏みとどまりたいねぇ・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~2月15日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3ハーツクライ
4ゴールドアリュール
5マンハッタンカフェ
6ゼンノロブロイ
7ダイワメジャー
8ステイゴールド
9クロフネ
10ジャングルポケット
11ネオユニヴァース
12シンボリクリスエス
13ハービンジャー
14キングヘイロー
15スペシャルウィーク
16サクラバクシンオー
17アドマイヤムーン
18サウスヴィグラス
19メイショウサムソン
20フレンチデピュティ




入れ替わりがあるかもと思ってたが、意外と面白い展開となった天王山。
まずキンカメ産駒はラブリーデイが京都記念で2強と目されたディープ産駒2頭を撃破した他、土日6勝(土曜3勝、日曜2勝)をマーク。

一方、ディープ産駒はリアルスティールがド本命と目されたキンカメ産駒を完封した他、土日7勝(土曜3勝、日曜4勝)をマーク。
共に1億8000万程加算して、賞金差も300万くらい詰まったが殆ど変わらず。

クイーンCでキャットコインが無傷の3連勝を飾り、ステゴが8位に浮上。すぐにキンカメに並ばれはしたが、ライジングフレームを抜いて歴代9位タイとした。

勝利はなかったが、ロカのクイーンC3着等で地味に賞金を稼いだハービンジャーが微妙にランクアップ。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(2月14日、15日)と特別登録馬

2月14日
東京
7R4歳上500万下(ダート1300m)
フィンデルムンド
5番人気2着

小倉
11R太宰府特別(芝1800m)
ローレルソラン
13番人気13着
マヤノカデンツァ
12番人気14着


2月15日
小倉
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1700m)
テイア
9番人気11着
3R3歳未勝利戦(芝1200m)
ナミカゼ
11番人気6着
10R脊振山特別(芝1800m)
フミノスナイパー
6番人気9着
11R門司S(ダート17000m)
マヤノクレド
9番人気8着




クレドは直線でチョロッと差しては来たが、前半の速いペースに付いて行けなかった事で流れに乗り損ねた印象。

フィンデルムンドは直線半ばで包まれたところで「駄目か」と思ったが、前が開いたらしぶとく伸びた。勝てないが、すっかり善戦マンが板に付いたな。

フミノスナイパーは自身のスタートも良くなかったし、前をカットされた感じで最後方に下がって流れに乗れなかった。

ローレルソランは終始外を回らされて余力がなくなった感じ。カデンツァは後方のまま見せ場なし。




特別登録馬
マヤノオントロジー、メイショウアイアン・・・河原町S
レンブラント(父チャクラ)・・・和布刈特別




オントロジーとアイアンは登録馬が多くて出走出来るか何とも言えず。

レンブラントはダートに登録してきたという事は芝に見切りを付けたかな?




中央の登録抹消したファイブタブレットはどうやら地方競馬に移籍する模様。集中力さえ維持出来れば十分やれると思うし、もう一花咲かせてほしい。


さて、以前に一度取り上げたシンガポールにいるトップガン産駒のデンジャーゾーンを覚えているだろうか?
俺もすっかり忘れていたが、13日に行われたクランジステークスC(シンガポールの平場レースで上から3番目のクラス)を勝利。

これを機にデンジャーゾーンについてもう少し詳しく調べてみた。
道営からシンガポールに移籍し、以前の管理馬にシンガポールGC3勝のエルドラドがいた日本人調教師の高岡秀行厩舎に所属。戦績は21戦2勝2着9回3着3回・・・うーん、詰めが甘いw
因みに、高岡厩舎にはクレアヴォイアンス(某掲示板で千里眼と呼んでた)というトップガン産駒が2010~2012年まで所属。18戦1勝2着2回3着1回の戦績を残してる。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

京都記念回顧

キズナとハープスターの初対決。こうした2強対決に注目が集まった場合、至極順当に決まるか、両雄並び立たずの法則で片方がコケても片方は勝つものだが・・・まさか両方コケてしまうとはねぇ。何度となく経験してるが、競馬に絶対はないとつくづく。

骨折休養による9ヶ月ぶりの復帰戦でどの程度仕上がってるか注目してたキズナだが、プラス22キロの大幅増も太目感のない仕上がり。スタートからスッと下げて後方に控える従来通りのスタイルに変化はなし。3コーナー坂の上りまで動かずに脚を溜め、下りを利してジワッと位置取りを上げるのも大方の予想通り。
直線に向いての追い出しにも素早く反応し、3番手に上がったところでは纏めて差し切る勢いに見えたが・・・やはりブランクが長かったせいか、残り100mを切った辺りで伸びが鈍って僅かに捕らえ切れず3着惜敗。
負けはしたが、メンバー最速となる上がり33.3をマークしてこの馬の持ち味である終いの切れは見せた。骨折明けという点を考えれば及第点の内容と言える。今後は大阪杯を予定だそうだが、順調なら昨年と同じような切れ味を見せてくれるだろう。

一方のハープスター。こちらも14キロ増と大幅増だったが、概ね力を出せそうな仕上がりに見えた。意外だったのは道中の位置取り。スタートを五分に出ると促すように出して中団馬群の中に付ける予想外の位置取り。
しかし、最初から出されるいつもと違うスタイルに馬が戸惑ったのか、道中はずっと内にササり気味の追走。4コーナーでゴーサインを出したが、いつもと違って反応が鈍く、直線入り口は包まれて外へ出せない状態。
やむなく内に切れ込んだ際にトーシンモンステラの進路をカット。結局、この馬本来の切れと持続力は最後まで見られずじまいの5着。直線の斜行で川田は騎乗停止と踏んだり蹴ったり状態。
マツパクが「行けるようなら前へ」という指示を出したようだが、この馬は直線まで動かないにしろ、札幌記念みたいに勝負所から捲るにしろ、前半は急がせずに受け流す方が良いようだ。これが最後の騎乗かもしれない川田にしてみれば、何のメリットもない汚れ役を押し付けられて不運だったと言える。

2強を撃破して重賞連勝となったラブリーデイ。好スタートからスッと前に行き、ハナを奪いに来たスズカデヴィアスを先に行かせて付かず離れずの2番手。3コーナー坂の上りからジワッと差を詰め、直線で並び掛けると馬体を併せての叩き合い。ゴール寸前の首の上げ下げで僅かに競り落とした。
早めの位置取りで競馬をするのは読めていたが、平坦コースの上がり勝負に対応出来る切れはないと思って評価を下げたのが失敗。内が伸びるトラックバイアスを味方に付けたとはいえ、34秒を切る上がりをマークしてキズナの追撃を凌いだのは立派。2000m前後であればGⅠでも買える存在。

2着スズカデヴィアスは予想通りスタートから気合いを付けてハナを切る構え。勝ち馬も前半は競り掛けなかった事でスンナリと先頭に立つと、緩いとはいえ極端にスローに落とさずのマイペース。坂の下りからペースを釣り上げて早めにスパートし、勝ち馬と激しく叩き合ったが、僅かに競り負け。
距離の融通性は乏しいが(2000m以下でのスピード勝負に対応出来るとは思えないし、ステイヤーというイメージもない)、この馬なりに地力は付けて来てる。追い切りと実戦がリンクするタイプなので今後も出走する際は追い切りの動きを注視したい。

レッドデイヴィスは好スタートから前に取り付いて3、4番手のインを追走。道中はラチ沿いに張り付いて脚を溜め、直線半ばでは一旦は単独3番手に浮上。キズナには切れ負けしたが、ハープスターは抑え切った。これ以上の上がり目があるかと言われれば微妙だが、出来の良さを活かして健闘。やはり、距離はこれくらいの方が良い。

トーシンモンステラはスタートがやや悪かったのもあって、道中は好位集団から少し離れた後方からの競馬。ペースが一気に上がった勝負所でややモタついたし、直線で追い上げを図ろうとしたところでハープスターに前をカットされて万事休す。2戦連続でツキが無かったとも言えるが、重賞で勝ち負けするにはもう少し待つ必要アリか。OP特別なら。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京都記念・共同通信杯

京都記念
◎ハープスター
○キズナ
△スズカデヴィアス
△トーシンモンステラ
△レッドデイヴィス


順当なら嵐山まで突っ走ったとしてもハープスターとキズナの一騎打ち。で、どちらを上位に据えるかというと、やはり骨折休養明けでブランクがあるキズナよりもドバイ壮行戦で順調に調整が積まれてるハープスターだろう。京都は初だが、外回り大得意のディープ産駒なら問題はないだろうし、スロー上がり勝負が予想される展開はこの馬には持って来いの流れになる。

キズナは骨折休養明けに一抹の不安はあるが、昨年暮れから帰厩して順調に乗り込まれており、最終追い切りでも武豊が騎乗して一杯に追われると好時計をマーク。いきなりでも動ける仕上がり。天皇賞は骨折の影響もあったが、京都新聞杯の走りっぷりから坂の下りとコーナリングで加速力を付けて動いて行ける京都外回りはベスト条件だろう。

3番手以降は何が来てもおかしくはないので▲を付けず。スズカデヴィアスは先手を主張しての展開利を見込んで。追い切りと実戦がリンクするタイプだが、今回のはかなり良い。トーシンモンステラは前走は内有利の展開で大外枠が堪えたが、京都コースは堅実。今回は手頃な頭数で捌きやすい。2強に比べると切れ味は劣るが、それ以外であれば。レッドデイヴィスは長期休養明けを2度使われて良化傾向。先週、今週と坂路で好時計をマークして気配は良い。

馬券は◎○2頭軸の3連複2頭流しで手堅く。あと、万が一キズナが飛んだパターンを想定し、ハープスター1着固定の3連単流しをラブリーデイも入れての12点。ラブリーデイは持続力と持久力で勝負したいタイプで予想される切れ味勝負では分が悪いが、2強の片方が飛ぶようなら前で競馬をするタイプだけに残れる可能性が出て来るとみる。


共同通信杯
◎アヴニールマルシェ
○ダノンメジャー
▲ソールインパクト
△アンビシャス
△ドゥラメンテ


アヴニールマルシェは重賞で2戦連続2着と能力の確かさは証明済み。2走前はスタートの甘さや道中行きたがる仕草を見せたものの、前走はそうした面が解消されて大分競馬が上手になってた。間隔は空いたが、乗り込み量は豊富で態勢は整ってるとみる。内でスムーズに立ち回れば崩れないだろう。

ダノンメジャーは前走で大敗したが、大事に乗ろうとしたのが裏目に出て後手に回ったし、追い切りでも調教駆けしないワンアンドオンリーに煽られてた。今回は追い切りで併せ馬に先着しており、体調面に関しては問題ないだろう。京都2歳Sで負けて強しだった内容をもう一度信頼してみる。

ソールインパクトは詰めは甘いものの、一連の重賞戦線で常に堅実に走ってる。早く行けば終いが甘くなり、ゆっくり行けばズブさを出すといった面倒臭い一面はあるが、こうしたタイプは乗り方一つで突き抜ける可能性がある。連戦が続くが、この馬なりに出来はキープしてる。

アンビシャスは距離延長と初の長距離輸送が鍵だが、2戦2勝と底を見せてない。前走は直線まで追い出しを遅らせる余裕があり、いざ追い出されると非凡な瞬発力を見せた。課題をクリア出来れば通用しても良い下地はある。

前走で圧巻の走りを見せたドゥラメンテは木曜日まで出否未定だったが、ゴーサインが出た以上は動ける態勢なのだろう。ただ、やはり中1週というローテに一抹の不安がある。この強行軍が裏目に出なければ圧勝までありそうだが。


実はPO馬でリアルスティールが出走してるのだが、キャリア1戦の馬は明け3歳の重賞では買わないというポリシーに従って無印。ラングレーの全弟で東京は如何にも走りそうな条件だが、タルい流れの上がり勝負しかしていない点に不安が残る。


ここはアヴニールマルシェを軸として信頼して問題ないだろう。ただ、ドゥラメンテは馬連だと配当が付かないし、色々とリスクも大きいので3連複だけ買う。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

2015年度新種牡馬~Part3~

アサクサキングス(産駒数29)
父ホワイトマズル
母クルーピアスター
母父サンデーサイレンス
主な戦績・・・菊花賞、阪神大賞典、ダービー2着

イングランディーレが韓国で種牡馬入りした事で多種多様な産駒を輩出するホワイトマズルの日本での最初の後継種牡馬となった。イングランディーレは韓国で後継種牡馬を出したが、果たしてこの馬は?
ブリーダーズSSで種牡馬入りし、初年度と2年目は50→46と一定の頭数を確保したが、昨年はステゴとヴァーミリアンの異動組、それに新種牡馬に煽られたか、半数以下の21頭と激減。
注目産駒はチチカステナンゴの半妹、ギャラントアローの甥、アズマサンダースの甥、アルドラゴンの姪、ハードクリスタルの半弟、アクティブミノルの半弟、ストラタジェムの半弟か。


アンライバルド(産駒数23)
父ネオユニヴァース
母バレークイーン
母父サドラーズウェルズ
主な戦績・・・皐月賞、スプリングS

フサイチコンコルドの半弟で皐月賞を制し、兄弟クラシック制覇。しかし、極悪馬場にノメって惨敗したダービー以降は精彩を欠いて一発屋という扱いに。
ブリーダーズSSで種牡馬入りし、初年度は45頭に種付けしたが、2年目以降は25→14と激減。アサクサキングス同様の煽りを受けたのと父の勢いも影を潜めてた時期も不運だったか。
注目産駒はスイープトウショウの近親、ネイティヴハートの姪、ホクトスルタンの近親、ドコフクカゼの半弟、カワキタフウジンの半妹か。


ビービーガルダン(産駒数23)
父チーフベアハート
母オールザチャット
母父ウェストミンスター
主な戦績・・・阪急杯、スプリンターズS2着、高松宮記念2着

4歳夏に頭角を現し、7歳まで息長く走った遅咲きのスプリンター。GⅠで2度のハナ差2着、最後のGⅠ出走で放馬して除外と大舞台で運に恵まれなかった。
アロースタッドで種牡馬入りし、初年度は種付け料無料の効果もあって45頭に種付けしたが、20万に設定されると12→15と減少。
注目産駒はテイエムメガトンの近親、カノヤザクラの甥、トランスワープの姪、レオマイスターの姪、ハードダダンダンの半弟、ゴールドアグリの姪か。


他には岩田のイン強襲で波乱を呼んだエーシンフォワード(産駒数12)、絶頂期のカネヒキリを破ったサンライズバッカス(産駒数10)、重賞4勝の強豪サクラメガワンダー(産駒数7)、アフリートの後継種牡馬バンブーエール(産駒数7)とミリオンディスク(産駒数7)、兄がGⅠ馬という恩恵で受けたトーセンイマジゲン(産駒数2)とトーセンモナーク(産駒数1)等が種牡馬入り。

ヴィクトワールピサはマズマズ成功しそうな気もするが、カジノドライヴ、ダノンシャンティ、キャプテントゥーレ、ドリームジャーニー等主だった種牡馬は2年目以降は種付け頭数が目減りしてるだけに、初年度産駒の走りに全てが懸かる傾向が相当強くなりそう。

輸入種牡馬は例年通り1頭ずつ紹介します。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(2月14日、15日)

2月14日
東京
7R4歳上500万下(ダート1300m)
フィンデルムンド
蛯名正義(57.0)

小倉
11R太宰府特別(芝1800m)
マヤノカデンツァ
丸田恭介(57.0)
ローレルソラン
黛弘人(57.0)


2月15日
小倉
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1700m)
テイア
黛弘人(54.0)
3R3歳未勝利戦(芝1200m)
ナミカゼ
原田和真(51.0)
10R脊振山特別(芝1800m)
フミノスナイパー
藤田伸二(56.0)
11R門司S(ダート17000m)
マヤノクレド
国分恭介(53.0)




クレドは先週から小倉滞在で調整。滞在競馬には実績があるし、追い切りもなかなか。流れに乗れれば昨年の再現も。

土曜小倉メインはまさかの2頭出し。とはいえ、クレドは芝では実績ないし、ローレルソランも近走は冴えないので・・・

フミノスナイパーは藤田に乗り替わり。雷神や闘魂に騎乗してた頃なら「鞍上強化!」と期待したであろうが、モチベーションのない今の藤田では半信半疑。

フィンデルムンドは何処までアテにして良いか判らんが、左回り中心の最近は安定してる。前残りに注意したい。




いつ未勝利を脱出するかとヤキモキさせて未勝利のまま抹消されたインスタイルが昨日の園田で地方初出走初勝利。
タマを抜かれてセン馬になってたが、流石にC級では格が違ってたか。いずれは中央再移籍があるかも。

先週出走したファイブタブレットが登録抹消。デビュー戦でアポロソニックやプロモントーリオを破ったのがキャリアハイになってしまったなぁ。ゴールデンチケットの半弟で結構期待してたのだが。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2015年度新種牡馬~Part2~

ダノンシャンティ(産駒数70)
父フジキセキ
母シャンソネット
母父マークオブエスティーム
主な戦績・・・NHKマイルC、毎日杯

NHKマイルCで驚異的なレコード勝ちを収めたが、ダービー前日に骨折が判明して出走取消。復帰して3戦走ったが、骨折前の能力には程遠い走りだった。
社台で同父キンシャサノキセキと同じ種付け料が設定され、初年度の種付け頭数も153頭とほぼ互角。しかし、受胎率の悪さから2年目から102→86と減少して明暗を分けた。
交配相手の重賞馬はサチノスイーティーのみ。他の注目産駒はモティヴェーターの姪、コイウタの近親、リトルアマポーラの姪、トランセンドの姪、ハクサンムーンの近親、スマートギアの甥、エピセアロームの近親、ショウナンマイティの甥か。


キャプテントゥーレ(産駒数52)
父アグネスタキオン
母エアトゥーレ
母父トニービン
主な戦績・・・皐月賞、朝日CC2回

皐月賞で親子制覇を達成し、父のリーディングサイアーに貢献。ディープスカイが失敗した以上、父系存続はこの馬の双肩に懸かってる(アドマイヤオーラも地味に頑張ってるが)。
50万というリーズナブルな種付け料もあって、初年度は89頭に種付けしたが、2年目から57→41と減少。サンデー、トニービンと主流血脈で固められてるのでこのクロスがキツくなるのがどうか。
注目産駒はメイショウナルトの近親、マイネルフロストの半弟、アドマイヤフライトの姪(2頭いる)、マヤノメイビーの姪、チェックメイトの姪、アスカトップレディの姪、ワイドサファイアの半弟、タイムトゥチェンジの半弟か。


ドリームジャーニー(産駒数36)
父ステイゴールド
母オリエンタルアート
母父メジロマックイーン
主な戦績・・・有馬記念、宝塚記念、朝日杯FS

オリフェーヴルの全兄で小気味良いピッチ走法を武器にGⅠ3勝。父の種牡馬としての名声を最初に高め、ステゴ×マックの黄金配合を最初に確立した功労馬。
晩年は尻すぼみになったが、4冠制覇した弟の強力な後押しもあってか初年度は95頭に種付け。しかし、受胎率は4割程度と悪く、その傾向は78頭に種付けした2年目も変わらず。昨年は58頭に止まり、前途多難と言える。
交配相手で重賞馬はヴィーヴァヴォドカ。他の注目産駒はフラガラッハの半弟、アーネストリーの近親、タムロチェリーの孫、クラフトワークの甥、フォーカルポイントの甥、ジェベルムーサの半弟、ジーニマジックの半弟か。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

東京新聞杯回顧

90年代半ばのスプリント女王・フラワーパーク。初仔のインフィオラーレは父から体質の弱さだけを受け継いでしまい、準OPで伸び悩んだ2番仔のフィレンツェ以降は勝ち上がりはすれど目立った成績を残さなかったが、ヴァンセンヌが東京新聞杯を制して遂に重賞馬の母となった。

スタートして外にヨレて後方に下がり、気合いを付けたら持って行かれて好位集団まで進出。ただ、前走と違って内枠を引いてたので何とか馬群の中で我慢させて脚を溜める事が出来た。直線はマイネルメリエンダとリルダヴァルが外へ出した事で上手い具合に前が空き、少し早い仕掛けから一気に抜け出して内外からの追撃を凌ぎ切った。
これで長期休養明け2戦目から4連勝。ガツンとなると一気に持って行かれる気性面の課題はあるが、能力の高さは見せた。ただ、そう長く良い脚を使えるタイプではない。今回は有力馬のコース取りや馬場適性のなさに助けられた。

2着アルフレードは外枠だった事もあってか、スタートから後方に控えて脚を溜める競馬。4コーナーからジワッと仕掛けて行って直線は一番外へ。坂上から一気に勢いが付き、僅かに届かなかったが勝ち馬に肉薄。
高速決着となったダービー惨敗から1年半の休養を強いられ、復帰してからもあまり良いところが無かった4年前の朝日杯FSの勝ち馬がここに来て復調。終わった馬と思っていたが、このクラスならまだ通用するようだ。調教と実戦がリンクするタイプっぽいので今後も追い切りに注目。

3着フルーキーは好スタートを切ったが、すぐに控えて中団後方の真っ只中まで下がって折り合い重視の構え。前走の轍は踏まないという感じだったが、これが裏目に出て直線は完全に前が壁。やむなく、荒れてる最内まで切れ込んで猛然と追い込んだが、僅かに届かず。
最内に突っ込んだのは岩田らしい判断だったが、取ろうと思えば取れた好位を取らなかった事で直線で詰まる位置に入ったのはいただけない。前走でも感じたが、岩田にこの馬は合ってない。当たりが柔らかい騎手に替われば良さを出しやすいと思うのだが。

シャイニープリンスは行きたい馬を先に行かせて道中は中団待機から前にいた勝ち馬をマークする展開。直線は荒れた内を嫌って外目に出し、馬群を捌くのに手間取りながらもジリジリと脚を伸ばした。結果論だが、直線もそのまま内を回っていれば3着はあっただろう。ただ、この馬なりに力は付けている。

エキストラエンドはスタートはマズマズだったが、そこからの加速が今一つで道中は最後方まで下がってしまう。直線は馬群を捌きながらメンバー最速の上がりを使って追い込んで来たが、大勢は決した後。良馬場ではあったが、やはり馬場が渋ってしまうと下を気にして本来の走りが出来てない。

マイネルメリエンダはフレイムヘイローやアンコイルドを先に行かせての3番手というほぼ理想通りの位置取り。直線は馬場の良い外目に出して粘り込みを図ったが、差しが届く流れになって踏ん張り切れず。結果的には内を空けてしまった事で勝ち馬の進路を作るアシストをする形となった。中山開催で改めて。

タガノグランパは10キロ減もシャキッとした感じで仕上がり良好。ただ、大外枠が災いして道中は中団後方の外々を回る形。それでも、4コーナーでは最小限のコーナリングで必要以上に外を回らないようにしたが、直線は手応えの割に今一つ弾けず。この馬もパンパンの馬場の方が良かったか。

サトノギャラントはスタートが今一つでそのまま最後方から脚を溜める形。3~4コーナーから手応え良くジワッと中団に取り付き、直線は大外から一瞬伸びかけたが、やはり馬場が緩くなってしまうと切れ味半減。馬体も絞れて出来は良かったが、ダコール並に馬場に恵まれてない。


きさらぎ賞の勝ちで気が大きくなってタガノの単複も買い足したのが余計過ぎたし、エキストラエンドやサトノギャラントを良馬場発表だったから買い目に残したのも失敗。どちらにしろアルフレードはノーマークだったが、判断の甘さで減らせたマイナスを増やしたのは反省。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2015リーディングサイアー~2月8日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3ハーツクライ
4ゴールドアリュール
5マンハッタンカフェ
6ダイワメジャー
7ゼンノロブロイ
8クロフネ
9シンボリクリスエス
10ジャングルポケット
11キングヘイロー
12ステイゴールド
13ネオユニヴァース
14スペシャルウィーク
15ハービンジャー
16アドマイヤムーン
17メイショウサムソン
18サウスヴィグラス
19サクラバクシンオー
20フレンチデピュティ




2位に付けてたとはいえ、ここまで鳴りを潜めてた感じだったディープが反撃開始。今年の重賞初勝利となった東京新聞杯を筆頭に土日7勝(土曜1勝、日曜6勝)の固め打ち。
賞金差を1億詰め、今週はキズナ・ハープスター・アヴニールマルシェ・ティルナノーグ・リアルスティール等がスタンバイ。一気に首位交代なるか。

ルージュバックがきさらぎ賞で牡馬を蹴散らし、マンカフェがトップ5入り。これで9年連続JRA重賞勝利達成。冬将軍ガルボの存在から、この時期は強そうな印象だったが、重賞35勝中11勝を12~2月でマークしてた。

アルフレードが復調気配を見せたクリスエスと特別戦2勝のポケがトップ10入り。この時期はちょっとした賞金加算でトップ10圏内でも入れ替わりがあるな。

土日に3勝を挙げたフレンチデピュティが久々にランクイン。自身の年齢と産駒の活力の低下もあってか、昨年は一昨年から29頭減の42頭に種付け。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

きさらぎ賞回顧

1番人気に支持されたとはいえ、評判馬の牡馬に混じっての一戦で試金石になるかと思われたルージュバックだが、逆にその評判馬を全部蹴散らして無傷の3連勝。昨年のレッドリヴェールはあまりピンと来るものが無かったが、この馬はダービーに出ても普通に勝ち負けになりそうな気がする。

スタートでネオスターダムに寄られたが、すぐに立て直して道中は3番手のインと過去2戦と違って好位からの競馬。中盤にペースが中弛みするスローペースとなったが、前に壁が無くとも内で我慢が利いてスムーズな追走。4コーナーで外目に出して2番手に上がると直線で満を持してスパート。直線半ばで先頭に躍り出ると追い縋る2着馬をジリジリと引き離しての完勝。
前に壁を作らずとも好位で折り合えたし、関西への輸送も問題なくクリア。他頭数でマイル戦の速い流れを経験してない点で桜花賞での微かな不安材料はあるが、評判馬揃いの牡馬を蹴散らしただけに、絶対能力の高さで普通に勝てそうな気がする。少なくとも、阪神JF組ではまず相手にならないだろう。

2着ポルトドートウィユは出たなりのスタートから後方の外目に付けてリズム重視の構え。外を回る形となったが、やはりこの馬は外目を走らせる方がノビノビとした感じでスムーズな追走で3コーナー過ぎから進出。4コーナーで外へ張って来たレガッタに振られる形となったが、直線ではしっかりと末脚を伸ばして余裕で2着は確保。
負けはしたが、本賞金を加算出来た事でクラシック出走はひとまず当確ラインとした点は収穫。勝ち馬には完敗だったが、こちらは4コーナーで外に振られる不利を受けたし、最後は武豊も無理せず使える脚を量っていた感じはある。内枠を引いた時の皐月賞は危うい気もするが、能力の確かさは見せた事でダービーが楽しみな存在となった。

3着アッシュゴールドは相変わらずパドックでうるさい仕草を見せていたが、イレ込み具合は大分我慢が利いていた。スタートで勝ち馬に寄られたが、致命的な不利にはならずに馬込みの中で我慢をさせる競馬が出来た。直線では進路を探して幾分スムーズさを欠いたのは否めないが、この馬なりに末脚を伸ばして3着争いを制した。
やはり、この馬は中距離以上で良さが出るタイプだし、課題であったイレ込みも大分軽減されていた。馬込みの中で競馬をさせた事も今後に向けて大きく収穫となるであろう。完成度はまだまだだが、将来性では1、2着馬に引けを取らない。

グリュイエールは大外枠を考慮してスタートから後方に下げて内に入れて折り合い重視の構え。最後方から我慢が利いた感じで我慢を覚えさせるという観点では成功したと言える。ただ、直線で大外に回しての差し比べで上位馬を脅かせるだけの切れはなかった。
それでも、課題であった折り合いが上手く付いた事は今後に向けて収穫があったと言える。もう少し好位置からこうした競馬が出来れば、もう少しパフォーマンスを上げて来ても良い。

ネオスターダムは大方の予想通り、内から先手を主張してマイペースの逃げ。坂の上りで後続を引き離したが、実際のところはペースを緩めており、一息入れながらの逃げ。4コーナーから一気にペースを釣り上げて逃げ込みを図ったが、持続力に優る上位馬には通用せず。見せ場は作ったが、現時点でのトップクラスとの差を感じさせる内容。自己条件で改めて。

レガッタは休み明けでも仕上がっていたが、間隔が空いたせいか、スタートから行きたがって追走に一苦労。3コーナーでもフラフラしてたし、4コーナーでは既に余力を使い果たしていた。キャリア1戦の若さが出たという感じ。これがガス抜きになれば変わって来そうだが。


馬券は至極順当という感じで3連単的中。旨味という点で味気ない結果だったが、プラス収支で乗り切れるだけの勝ちは確保出来た。何だかんだでここまで毎週プラス収支をいうのはあまり記憶にない。どっかで大きい穴が待ち構えてそうな気もするが、この調子の良さを暫くは維持したい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン&チャクラ産駒の成績(2月7日、8日)と特別登録馬

2月7日
東京
7R4歳上500万下(ダート2100m)
ファイブタブレット
6番人気10着
11R白嶺S(ダート1600m)
マヤノオントロジー
10番人気8着

京都
12R4歳上1000万下(ダート1800m)
トラキチシャチョウ
9番人気13着

小倉
4R3歳未勝利戦(牝馬限定・芝1800m)
サークルワルツ
15番人気11着
11R早鞆特別(ダート1700m)
マヤノカデンツァ
9番人気15着


2月8日
東京
2R3歳未勝利戦(ダート2100m)
バーストハンター
出走取消
4R3歳未勝利戦(芝1400m)
アイスブラッサム
11番人気10着

小倉
6R4歳上500万下(ート1700m)
ライフトップガン
12番人気11着
11R壇之浦特別(芝2000m)
レンブラント(父チャクラ)
8番人気10着




今週はあわよくばと期待してた面子だったが・・・

オントロジーはそれなりに脚は使ったが、スタートダッシュが付かず最後方からでは流石に無理。

レンブラントは先行せず中団後方で脚を溜めたが、あの位置から差し比べで間に合う瞬発力はない。

トラキチシャチョウはスタートで出遅れてそれっきりだったが、タイムオーバーになろうとは。心房細動でも起こして目を回したのか?

カデンツァは隊列がバラけて捲れる展開にならなかったし、これだけ時計が速くなるとキツい。

ファイブタブレットは距離も長い感じだったが、外から被せられて集中力が切れた感じ。

ライフトップガンは勝負所から捲って行ったが、出遅れた事で前半の位置取りがあまりにも悪すぎた。




特別登録馬
エムエムベレッタ・・・春麗JS
マヤノクレド・・・門司S
マヤノカデンツァ・・・門司S、太宰府特別
ローレルソラン・・・太宰府特別
フミノスナイパー・・・脊振山特別




クレドは昨年3着に健闘したレース。京都や阪神では結果を出せなかったが、小倉なら前進があっても良い筈。

フミノスナイパーは消化不良に終わった前走だが、久々の芝も問題なかった。スムーズなら巻き返しがあっても。



先月、園田の交流戦で復帰(6着)したマヤノチャクリが登録抹消。未定だが、地方に再転出っぽいので再度名古屋に行くかも。

チャクラタイムが先月20日の高知競馬で4勝目をマークしてた。メイショウアルルはいつの間にか登録抹消してたし、現時点では地方唯一のチャクラ産駒となってしまった。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

東京新聞杯

◎タガノグランパ
○マイネルメリエンダ
▲シャイニープリンス
△エキストラエンド
△フルーキー
△サトノギャラント
△ヴァンセンヌ


タガノグランパは左回りだと4戦2勝3着1回。残りの1戦もブービー人気で4着に健闘したダービー。マイル戦では勝ち星こそないが、一気の距離短縮でペースに戸惑ったマイルCS以外は2、3着と堅実。ダービーや菊花賞でも健闘してるが、体型的にはマイラーのそれで左回りのマイル戦はこの馬にとってベスト条件かもしれない。間隔は空いたが力は出せる仕上がり。

マイネルメリエンダは行く馬がいなければ逃げても問題ないと思うが、逃げ馬が程良く引っ張る流れでの番手追走が一番レースがしやすいと思うし、フェスティヴタローがその役目を背負いそうな今回はピッタリではないかと思う。左回りにも実績があり、ましてや今回は丹内から柴田大知に乗り替わり。ここで買わずにいつ買うんだ?と言わんばかりの条件。

シャイニープリンスは同条件の富士Sで2、3着。前走は外枠を意識してか、前半から積極策に出たのが裏目となって直線坂上で脚色が鈍ったが、今回は4番枠を引いた事で本来の中団待機策が見込める。時計が速くなると限界があるが、適度に時計が掛かる今の馬場なら問題ないし、冬場もこなせる。年明け初戦だが、先月から十分乗り込まれておりいきなりでも動ける態勢。

昨年の2着馬エキストラエンドは一時期のスランプから完全に抜け出したし、元々冬場に強いタイプ。前走は中間に一頓挫あって半信半疑な部分はあったが、今回は何の不安もない調整過程で前走から更に上積みが見込める動き。昨年もコンビを組んだ相性の良いC・デムーロに乗り替わるのもプラス材料。あとはあまり馬場が渋らなければ。

フルーキーは前を取りに行った事で行きたがったのが影響して直線でもう一伸びを欠いたが、本来は距離が長かった菊花賞でも折り合えたように道中はあまり力まないタイプ。岩田とはあまり手が合うタイプとは言えないが、好位で折り合う競馬が出来ればもう少しパフォーマンスを上げてもおかしくはない。馬場が渋っても苦にしないだろう。

サトノギャラントはパンパンの良馬場での決め手比べが理想なだけに、雨がどれだけ降るかによって買うかどうか決まって来る。あまり降ってしまうと買えないが、何とか持つようなら5勝を挙げている得意の東京で差して来れるかもしれない。あとは前走で14キロ増えてた馬体が最終追い切りでしっかり時計を出した事でどれだけ絞れているか。

3連勝中のヴァンセンヌは前走みたいな途中から一気に捲って行く大立ち回りをやっては厳しいと思うが、本来の好位から中団で溜める競馬であれば通用する能力はあると思う。坂路の追い切りは終い重点に追って好気配。多少馬場が渋っても問題ないタイプだけに、スムーズな競馬が出来れば勝ち負けまで加われる。


ここはタガノグランパ軸の馬連と3連複流しは基本線だが、今回はタガノ・マイネル2頭軸の3連単マルチも買ってみたい。菱田に柴田大知といった御贔屓にしてる騎手2人を本命・対抗だし、ここは夢を見てみたいところ。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

きさらぎ賞

◎ポルトドートウィユ
○ルージュバック
▲アッシュゴールド
△ネオスターダム
△グリュイエール


ここは買うレースではなく見るレースにするのが正しいと思うが、調子が良い今の流れに乗ってみようと思う。ここまで今一つ結果が出てないPO馬(ポルトドートウィユ、ネオスターダム)が2頭出走しており、趣味と実益(?)を兼ねた結果を求める意味でも買うw

ポルトドートウィユは内で揉まれると行きたがるが、外へ出すとリズム良く走れるタイプだけに、少頭数の5番枠というのは今までよりもスムーズに外目に出しやすいと思う。中間の調整も順調だし、スロー決め手勝負が予想されるここなら前走で見せた鋭い決め手を如何なく発揮出来るだろう。ワンポイントの可能性もあるが、この一族に久々に騎乗する武豊がどう乗るかも興味深い。

ルージュバックはエルフィンSではなく、あえて牡馬相手のここにぶつけて来る陣営の自信の深さが窺える。デビュー戦でいきなり32.8の上がりをマークし、前走も直線だけで纏めて面倒見てのレコード勝ち。2着馬が京成杯で大外一気を決めたベルーフというのもこの馬の評価を高めるのに一役買ってる。ソエが出て間隔は空いたが、帰厩してから順調に乗り込まれており、力を出せる仕上がり。

アッシュゴールドはオルフェーヴルやドリームジャーニーに比べて現時点での完成度では大きく見劣るが、将来性という点ではこのメンバーに入っても見劣りしない。純然たる決め手勝負では分が悪そうだが、末脚の持続性の高さはデイリー杯で証明済み。マイルよりも1F距離が延びるここの方が良さが出やすい。あとはイレ込みでスタミナを消耗しなければ。

ネオスターダムは昨年の勝ち馬トーセンスターダムの半弟。勝ち上がるのに5戦を要してやや期待外れと言えなくもないが、先手を主張した前走は後続を寄せ付けない完勝。瞬発力不足は如何ともし難いが、今回も先手を主張出来て競りかけそうな馬もいない事から展開利を狙ってみたい。追い切りは見栄えはしないが、坂路では動かないタイプ。実戦で良さが出る。

グリュイエールは折り合い面の難しさを曝け出したここ2戦が不本意な結果に終わってるが、中団で溜めが利いた2戦目は2歳コースレコードで突き抜けたように潜在能力は上位人気馬と比べても見劣りしない。シュタルケに乗り替わりとなるが、2週連続追い切りに騎乗してスムーズに折り合えてる。実戦でも折り合えれば怖い。


◎○の2頭で固いと思うが、折り合いが付いた▲が一角を崩す可能性も捨てきれないので3倍切ってる馬連に手を出すのは賢くない。ここは◎○→◎○▲→◎○▲と▲が飛んだ事を想定して◎○→◎○→△2頭の3連単フォーメーション8点で。レガッタはキャリア1戦の馬は明け3歳の重賞では買わないポリシーに従って無印。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

黄金旅程、突然の終焉・・・ステイゴールド死す

デムーロとルメールのJRA騎手試験合格のニュースが流れたのが昨日の昼。その歓迎ムードを一気に吹き飛ばすステイゴールドの訃報がYAHOO!ニュースで流れたのは昨日の夜・・・【禍福は糾える縄の如し】とは良く言ったものだ。


最初にステイゴールドの名を意識したのは後にコンビを組む武豊が最初に騎乗したゴールデンホイップTだった。京都新聞杯や菊花賞にも出走してたが、当時はシルクジャスティスやメジロブライトを追い掛けていたし、穴馬としても食指が動かなかった。
この時は勝負所でモタついたのが響いて2着に敗れはしたものの、ガサのない馬格でしぶとく追い込んで来たその走りに「いずれまた重賞に顔を出して来るな」という予感めいたものを感じた。

その3戦後にダイヤモンドSに出走して来た時に「格上挑戦だが、能力的には通用する筈」と軸にして馬連を取って以降、何となく気になる存在として注目していく事になる。
主戦が熊沢重文というのも良かった。個人的にはナムラタイタンとかマーべラスカイザーで世話になったものの、ここ数年は年間20勝に届かず影が薄くなりかけてる熊沢だが、この当時はエイシンワシントン、ストーンステッパー、マルカダイシス、サンデーブランチといった重賞戦線を賑わせたお手馬がいた頃で馬券的相性は兎も角(買わない時に限って来るんだよw)、それとなく注目してた騎手だった。
勝負所でズブさを出し、熊沢が追って追って追いまくって直線でしぶとく盛り返して来るスタイルは暑苦しさと同時に奇妙な安心感もあった。「ここなら勝てるかも」というレースを取りこぼして「やっぱりかぁ」と思う一方、格上相手にでも怯まず健闘した時も「やっぱりかぁ」と思える妙な馬だった。
ローゼンカバリーを競り落とした宝塚記念や、ミスズシャルダンを競り落とした京都記念は明らかに手応えや脚色で劣勢だったのにキッチリ3着を確保した辺りは一種の名人芸とすら思えた。

正直、武豊に乗り替わって待望の重賞初勝利を飾った目黒記念以降はあまり思い入れが無い。ズブくて勝ち切れないものの、きっちり指定席に居座るその熊沢との芸風(?)が好きだったのに、武豊に乗り替わって以降のステゴは【普通の強い馬】になってしまった。熊沢が乗り続けて同じ結果が出せたか言われれば微妙だし、浪花節的な感情論とは重々承知してるが、最後まで熊沢とのコンビを継続してほしかった。


種牡馬入りした当初はここまで大成功を収めるとは想像してなかった。馬格はないが格上相手にも怯まない産駒が多く、乱戦になればしぶとく台頭して来る事もしばしば見受けられたが、基本的にはローカルや内回りに強い中堅レベルの優良種牡馬という認識だった。
それが、2歳王者ドリームジャーニーが古馬になって突然覚醒したのをきっかけとし、ナカヤマフェスタという中継ぎを経てオルフェーヴル、ゴールドシップ、フェノーメノといったGⅠ馬を次々に輩出。昨年はそこからの脱却を図って今一つだったが、少数精鋭主義という言葉が似合う種牡馬だった。圧倒的な物量作戦でリーディングを取ったキンカメやディープとは異なる異質な種牡馬だった。

21歳。年齢的には確かにこうした事態があっても不思議ではないが・・・まだまだ多くの活躍馬を送り出せたと思うだけに、この突然の訃報は実に勿体ない。日本競馬史に名を残した個性馬の死に合掌m(__)m

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

JRA所属騎手ミルコ・デムーロ、クリストフ・ルメール誕生!

1次試験を突破した時点で「今年は大丈夫だろう」という漠然とした思いはあったが、いざこうしてデムーロとルメールが2次試験合格というニュースが出て「良かったなぁ」と素直に思う。
最近参戦するようになったスミヨン、ムーア、ウィリアムズ、ベリーではなく、デムーロとルメールの二人が第一号で本当に良かったと思えるのは、それだけこの二人が日本競馬に欠かせない存在となったからであろうし、荒稼ぎに来たイメージが強い他の外国人騎手と違って親しみやすいイメージを持たれてるからではないだろうか。

ただ、デムーロが最初に騎手試験受験を表明した時も書いたが、腕のある外国人騎手に門戸を開放するという事は、それだけ生え抜きの日本人騎手の成長の芽を摘み取る可能性が今以上に膨れ上がるという危険性を孕んでいる。

実力のある騎手がそれに見合うだけの環境を与えられ、自らの実力を思う存分発揮する事は当然の権利と言えるし、実力のない騎手が淘汰されるのもまた当然と言える。しかし、必要以上に外国人騎手を重宝して将来性のある若手騎手にチャンスすら与えない風潮(こうした兆候は年々強くなってる気がする)は中長期的にみれば取り返しのつかない事態に陥る可能性があるという事を忘れてはならない。

とはいえ、今はこの二人が合格した事を素直に喜びたい。特にデムーロは本当に合格して良かった。これからの活躍に期待したい。

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(2月7日、8日)

2月7日
東京
7R4歳上500万下(ダート2100m)
ファイブタブレット
江田照男(57.0)
11R白嶺S(ダート1600m)
マヤノオントロジー
石川裕紀人(56.0)

京都
12R4歳上1000万下(ダート1800m)
トラキチシャチョウ
国分優作(56.0)

小倉
4R3歳未勝利戦(牝馬限定・芝1800m)
サークルワルツ
西田雄一郎(54.0)
11R早鞆特別(ダート1700m)
マヤノカデンツァ
松田大作(53.0)


2月8日
東京
2R3歳未勝利戦(ダート2100m)
バーストハンター
▲石川裕紀人(53.0)
4R3歳未勝利戦(芝1400m)
アイスブラッサム
田辺裕信(54.0)

小倉
6R4歳上500万下(ート1700m)
ライフトップガン
勝浦正樹(57.0)
11R壇之浦特別(芝2000m)
レンブラント(父チャクラ)
勝浦正樹(57.0)




オントロジーは登録だけと思ってたら出走してきた。関東初出走で輸送が鍵になりそうだが、コース形態は合う気がする。

レンブラントは3、4頭を除けば似たり寄ったりなレベル。先手を取って粘り込みたい。

トラキチシャチョウは相変わらず調教はそれなりに動いてる。実戦で何かきっかけを掴めればなぁ。

カデンツァは京都では捲りが中途半端に終わったが、小倉なら流れ次第で捲れるかも。

ファイブタブレットは一気の距離延長がどうかだが、条件をガラッと変えれば好走する傾向だけに。

ライフトップガンは休み明けだが、最終追い切りで変わり身が見込めそう。輸送で太め残りが絞れれば。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR