オールカマー回顧

馬券が外れた際、タテ目よりかすりもしない方がまだ諦めが付くが方だが・・・流石に買った馬が悉く二桁着順ばかりだと、自分の馬券センスの無さに軽くヘコむ。特に「最悪でも掲示板は外さんだろう」と思ってた馬だと尚更である。

贔屓目感情丸出しだったムスカテールや本命のクランモンタナに関してはまだ敗因は思いつく。しかし、些か過剰人気だったとはいえ、崩れる要素がなかったサトノノブレスの凡走は謎である。
ジワッと出して行って道中は好位4、5番手から。ペースも中盤に緩んでキツい流れではなかったのだが、4コーナーでクランモンタナに被せられた時点で手応えに余力が無くなり、直線半ばで早々と脱落。距離も左回りも問題ない筈なので、気性面で何か嫌気が出たのかもとしか推測出来ない。

一方、勝ったマイネルラクリマに関しては穴っぽいところを優先的にチョイスしてて印が回らなかっただけで買えない馬ではなかった。外枠からスッと前に出てスンナリと番手をキープ。4コーナーで逃げたカレンブラックヒルに並び掛け、直線半ばで先頭に立つとそのまま押し切った。
中盤にペースが緩んで一息付けたのと、直線で好位組の脚が軒並み止まった恩恵はあったが、1Fの距離延長を克服しつつ瞬発力勝負を制したのは大きい。この内容なら天皇賞に出てくると思うが、面子次第では3連複・3連単の大穴として拾えるかも。

2着ラキシスは追い切りで併せ馬にあっさり置いて行かれた時点で「あぁ、これは要らないわ」とバッサリ切っただけに、この好走は正直ビックリ。内枠からスンナリ好位に付け、道中は勝ち馬や人気のサトノノブレスを見ながら脚を溜め、経済コースを立ち回って直線もしぶとく脚を伸ばして勝ち馬に肉薄。追い切りは今イチの印象だったが、大きく減らした馬体重を回復させて本来の力を出せたと言える。

もっと理解不能なのが3着クリールカイザー。出たなりの競馬から中団につけて脚を溜め、直線もスムーズに馬群を割って良い伸び脚を披露。確かに内回りは得意、適度に荒れた馬場もこなせるタイプ、3度出走した重賞でもそこそこの着順と全くの論外というわけではなかったが・・・馬券圏内まで来るとは予想外。昨年のステイヤーズSは穴で狙ったが、未経験の新潟では流石に買えないわ。

フラガラッハはいつも通りボコッとした感じでスタートを出ると、指定席とも言える最後方から折り合いに専念。4コーナーから仕掛けて行き、直線は大外に回すとメンバー最速の上がりで2着争いに急追。いつ走るか読みづらいが、適度に時計が掛かる中距離戦ではまだまだ通用する。

アロマティコはスタートしてからすぐに後方に下げ、内に入れると折り合いに専念。直線は外へ回したフラガラッハとは対照的に内目を回って馬群を捌くこの馬のスタイルで2着争いに加わった。ペースが落ち着き過ぎた展開に恵まれなかったが、牡馬相手でも一定の結果を出せた。地味に地力は付けている。

フェイムゲームは3~4コーナーで外を回らされたロスを挽回出来ないままだったが、得意とは言えないコーナー4つの内回りでマズマズの走りをしたと言える。毎日王冠ではもっと動けそうな雰囲気。カレンブラックヒルは注文通りハナを切ると、他馬に絡まれる事なくマイペースで運べたが、最後まで踏ん張り切れず。やはり本質的にはマイラーだろう。

クランモンタナは道中はサトノノブレスの後ろに付けてマークし、勝負所から被せに行ったとこまでは良かったが、直線半ばで余力が無くなり失速。ハンデ戦から別定戦に替わっての斤量増が堪えた感じだが、距離も1F長かったか。3歳時は2200mでも好走していたが、今となっては2000mまでの馬か。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~9月28日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ダイワメジャー
5ネオユニヴァース
6シンボリクリスエス
7マンハッタンカフェ
8フジキセキ
9ステイゴールド
10ゼンノロブロイ
11クロフネ
12ゴールドアリュール
13サクラバクシンオー
14アグネスタキオン
15アドマイヤムーン
16ジャングルポケット
17ブライアンズタイム
18タニノギムレット
19タイキシャトル
20サウスヴィグラス




ワンアンドオンリーの神戸新聞杯勝利でハーツが年間重賞勝利(9勝)&年間勝利数(96勝)で自己記録更新。年間100勝と重賞二桁勝利も目前か。

土日3勝&条件戦で地味に細かく賞金を稼いだロブロイがトップ10入り。更にジャストドゥイングの芙蓉Sで自己最多となる年間80勝達成。
ホクセツキングオーの大阪スポーツ杯勝利でサウスヴィグラスが一足飛びにランクイン。年間勝利数もあと3勝で自己最多となるが、今年は芝で1勝も挙げてない。

土曜新潟6Rでレッツサッチャーが勝利し、フレンチデピュティがJRA通算700勝達成。中央リーディングの最高位はピンクカメオが大波乱の主役となり、サンアディユがスプリント戦線で大活躍した2007年の6位。

マイネルラクリマのオールカマー勝利でチーフベアハートが43位に浮上し、6年連続JRA重賞勝利達成。3頭いる今年の1歳馬がラストクロップ。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(9月27日、28日)と特別登録馬

9月27日
新潟
2R2歳未勝利戦(芝1600m)
シゲルオフネマツリ
17番人気17着


9月28日
新潟
2R2歳未勝利戦(牝馬限定・芝1000m)
ナミカゼ
4番人気9着
11Rオールカマー(芝2200m)
ムスカテール
11番人気10着

阪神
7R3歳上500万下(芝2000m)
フミノスナイパー
6番人気6着




あわよくばの一発を期待した大佐だったが・・・内枠が仇になったか、終始荒れ馬場を走らされて直線ではガス欠。この内容ではダートに戻りそうな感じ。現実を突き付けられる結果だった。

フミノスナイパーはスタートで出遅れて後方から差を詰めるいつも通りの競馬。この乗り方では限界が見えてるだけに、違った戦法を取れれば良いのだが。

ナミカゼはスタートで出遅れて万事休す。あとは進路を探して右往左往。折角外枠を引けただけに、勿体無い競馬だった。




特別登録馬
カロッサル・・・芦屋川特別
ケンブリッジヒーロ・・・道頓堀S、芦屋川特別、飛翼特別
テイア・・・カンナS、サフラン賞




テイアは未勝利では流石に出走出来ないだろう。カロッサルも1200mでは登録だけだろうし、出るならケンブリッジヒーロだけか。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

神戸新聞杯回顧

ゴール前で伏兵馬に脚元を掬われそうになったワンアンドオンリーだが、最後はダービー馬の底力で何とか凌ぎ切っての勝利。セントライト記念直後は菊花賞出走を表明してたが、後にこのレース次第で菊花賞か天皇賞かを決めると表明したイスラボニータ陣営はどう判断するのだろうか?

ダービーでは好スタートを切って好位からの競馬をしたワンアンドオンリーだが、今回はボコッとした感じでゲートを出ると、道中は後方4番手のインに控えて折り合いに専念。3コーナー手前で馬群の外に出すと、3~4コーナーのコーナリングで一気に捲って2番手集団に進出。
直線入り口でそのまま先頭に立ったが、そこから思うように突き離せないうちに外からサウンズオブアースに迫られ、更にゴール前ではトーホウジャッカルの強襲を受けたが、並ばれてから最後まで相手に抜かせない勝負根性で最後まで凌ぎ切った。
追い切りでは今一つ良く見えずに対抗に評価を下げたが・・・やはりというか、杞憂だったようであるwロングスパートでも止まらなかった息の長い末脚に並ばれてからのしぶとさも見せた。ダービー馬としての確かな力量を見せたと言えるが、ノリの騎乗は完全な早仕掛けで条件戦で若手騎手がやろうものなら次走は降板モノだろう。流石に菊花賞ではじっくり溜めると思うが、今回はらしくなかった。

2着サウンズオブアースはマズマズのスタートを切ったが、無理せず折り合い重視の待機策。隊列がバラけるにつれて位置取りを下げたが、自分のリズムを守って流れに乗れていた。
3コーナーから動いた勝ち馬に併せて動いて行ったが、4コーナーで先に行かせてワンテンポ仕掛けを遅らせると、直線で外からこれを強襲。意識的に外へ出して併せられるのを避けようとしたが、勝ち馬が馬体を寄せてからの叩き合いに持ち込まれると、あと一歩で金星を逃した。
負けはしたが、持ち味である長く使える良い脚でダービー馬と激しく叩き合った。京都新聞杯2着で「秋以降は面白いかも」とツバ付けていたが、予想通りというか、本番でも面白い存在になるかも。

3着トーホウジャッカルは距離を意識してか、ゆっくりめにゲートを出て無理する事なく好位から中団のインから折り合いに専念。勝負所でバテた先行馬をやり過ごす過程で外に出し、直線もそのまま外へ。先に抜け出した1、2着馬の間を突こうとしたが、馬体を寄せての叩き合いでスペースを潰されて外へ持ち出して態勢を立て直すロスが響いてゴール前の強襲届かず。
直線でスムーズさを欠いたが、初の2400mでも折り合いはついたし、最速の上がりをマークした末脚も見所があった。菊花賞は異系血脈がしばしば好走するが、父スペシャルウィークは主流から外れつつある血統。ゴールドアクター(これも父スクリーンヒーローで傍流と言える)と共に菊花賞の大穴候補か。

勝ち馬と人気を分けあったサトノアラジンは出たなりの位置から折り合いを付けようとしたが、やはり前半から幾分力んだ感じの追走。馬群がバラけてすぐ前に壁を作れなかったのも不運だったし、勝負所から勝ち馬に捲られてこちらも動かなくてはならない展開になったのも厳しかった。直線半ばまでは抵抗したが、最後は踏ん張り切れずに脱落。この内容では菊花賞で勝ち切るのは無理だろう。

ヴォルシェーブは大外枠もあって、スタートからすぐ後方に控えて直線勝負の構え。勝ち馬が動いた3コーナーでは動かず、4コーナーからスパート。直線は大外から3着馬の内に入って追い縋ったが、前の上位馬を脅かす勢いはないまま流れ込む程度。溜めた割には切れなかった感じで、もう少し良い勝負出来ると思ってた期待を裏切る内容。ここを叩いて変わる可能性はあるが、現時点では連下までか。

ハギノハイブリッドは前半は2着馬と並ぶような位置取りからの追走。動きが慌ただしくなった勝負所でも動かずに内に張り付き、直線ではポッカリ空いた最内に入って出し抜けを食らわせようとしたが、1頭になったところから伸び切れず。結果論になるが、外へ回した方が良かったかも。ただ、これも本番でもう少し動きそうな雰囲気はある。

トーセンスターダムは中団に控えてサトノアラジンを見ながらの競馬。だが、3~4コーナーからスッと動けずにいるうちに外から先に捲られて位置取りを下げてしまい、直線もダラッとした程度の脚しか使えずじまい。ダービーの後遺症はない感じだが、これで完全に底が見えてしまったか。

ヤマノウィザードは好位からレースを進めたが、直線では流れ込む程度。まだこのクラスで戦えるだけの力は付いていなかったか。ウインフルブルームは4コーナーから一気に来られたのもあるが、まだ春の出来にない感じ。あと、本質的にこの距離は長い。


買った馬は概ね上位に来ており、危険な人気馬(トーセンスターダムやウインフルブルーム)も切っているんだが・・・肝心の軸選びで失敗。素直にダービー馬から入れば良かったと後悔orz

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

オールカマー・神戸新聞杯

オールカマー
◎クランモンタナ
○サトノノブレス
▲ムスカテール
△ニューダイナスティ
△アロマティコ
△マイネルメダリスト

クランモンタナは別定戦での斤量増が鍵になるが、新潟記念回顧でも触れたように、左回りでは堅実。速い上がりが要求されない今の馬場も合いそうだし、早めの競馬から粘り込むスタイルが持ち味なタイプで内回りに替わるのもプラスに働きそう。追い切りの動きも引き続き好調子を維持した感じで好感が持てる。

サトノノブレスは新潟の内回りは初めてだが、前走の内容から問題なく対応出来るだろうし、元々機動力を活かしての早めの競馬が合うタイプ。1Fの距離延長も好都合で別定戦で他馬との斤量差が小さくなるのも良い。追い切りでは併せ馬に遅れたが、坂路で終い11秒台をマークしており、出来に関しては問題ない。

ムスカテールは休み明けだが、先週はワールドインパクトの調教パートナーを務め、今週も坂路で併せ馬に先着しており、同じ休み明けだった昨年よりも状態は良い。何より、今回は新潟開催で得意の左回り。別定戦でスムーズに立ち回れるようなら一発大駆けがあっても。

連下として前走は不利を受けて凡走したが、今年の夏は状態が安定してるニューダイナスティ、牡馬との力関係が鍵だが、内回りで手が合う三浦が乗るアロマティコ、休み明けで斤量増が鍵だが、新潟では6戦5連対のマイネルメダリストまで。マイネルラクリマは1Fの距離延長がどうか。

ここはクランモンタナからの馬連とクランモンタナ・サトノノブレス2頭軸の3連複で。あとはムスカテールの単複を少し。


神戸新聞杯
◎ヴォルシェーブ
○ワンアンドオンリー
▲ヤマノウィザード
△ハギノハイブリッド
△サウンズオブアース
△サトノアラジン

ダービー馬ワンアンドオンリーの始動戦だが、あまり調教が動くタイプではないとはいえ、見た目の動きはまだ重苦しさが残る。ダービーも似たような感じで勝ってるので杞憂に終わる可能性もあるが、イスラボニータ程の素軽さがない印象なので休み明けのここで全幅の信頼は置きづらい。ここは対抗に止めとく。

人気を分けあう形となったサトノアラジンは脚質転換して復帰した夏場から2連勝。元々2歳戦から高評価を受けてた素質開花の印象で中間の調整も順調そのもの。これが2000mなら本命にしたであろうが、今回は初となる2400mで折り合いが鍵になる。上手く折り合えなければ惨敗の可能性もあるので連下まで。

本命はクラシックは軽い脚部不安で棒にヴォルシェーブを狙ってみたい。リルダヴァルの半弟と血統的裏付けもあるし、セントポーリア賞では重賞好走馬を完封。復帰初戦となった前走では実質的なハンデ頭ながら古馬相手に勝利。夏場のリフレッシュを経て、ここを目標に入念に乗り込まれた。実績馬との力関係が鍵だが、通用してもおかしくない。

ヤマノウィザードはひ弱なところがあった春でも2戦目でワールドインパクトを破り、青葉賞は僅差の3着と一定の実績を残した。そこからオーバーホールに入り、帰厩してからは順調に調整されて追い切りも終いはシャープな伸びを見せていきなりでも動ける態勢。

あとは京都新聞杯1、2着馬のハギノハイブリッドとサウンズオブアースを押さえておきたい。2頭共、強行軍でガス欠状態だったダービーでは不発だったが、京都新聞杯の走破時計の優秀さは目を見張るものがある。調整も順調でいきなりでも勝負できる仕上がり。トーセンスターダムはダービーでの内ラチ激突のショックから立ち直ってるかどうか半信半疑なので。

馬券はヴォルシェーブの単複と馬連、ヴォルシェーブ・ワンアンドオンリー2頭軸の3連複で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(9月27日、28日)

9月27日
新潟
2R2歳未勝利戦(芝1600m)
シゲルオフネマツリ
▲原田和真(51.0)


9月28日
新潟
2R2歳未勝利戦(牝馬限定・芝1000m)
ナミカゼ
▲伴啓太(51.0)
11Rオールカマー(芝2200m)
ムスカテール
北村友一(56.0)

阪神
7R3歳上500万下(芝2000m)
フミノスナイパー
▲小崎綾也(51.0)




大佐の秋初戦。昨年は如何にもヌルい追い切りで期待値半減だったが、今年の追い切りは昨年よりも動ける態勢に見えた。得意の左回り、賞金別定戦で56キロで出られるのも魅力。

フミノスナイパーは荒療治にも思える連闘策と減量器用がどう出るか。少しでも上がりが掛かれば。

ナミカゼは恵まれた感が強いデビュー戦を鵜呑みに出来ないが、まずは外枠を引きたい。シゲルオフネマツリは初戦より動ければ良いんだが。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

セントライト記念回顧

明暗分かれたローズSとは対照的に、こちらの2強は結果的には順当にワンツー。しかし、2強の力量差は同じワンツーだった皐月賞から大きく広がった印象。もう何度走っても、この差は縮まる事はないだろうと思わせる一戦だった。

まずは順当に秋初戦を制したイスラボニータ。スタンド前では行きたがる仕草を見せていたが、前に馬を置いて壁を作り、好位集団の一角を追走。向こう正面で折り合いが付き、前にいたトゥザワールドを見ながら4コーナーでジワッと外へ。直線半ばで先に抜け出したトゥザワールドを交わすと、後続の脚色を確認しながらの完勝。
余裕残しの仕上げであったが、機動力の高さは相変わらずだったし、一夏越して更にパワーアップした印象。天皇賞でも重い印を打てると思っていたら、菊花賞へ進む事が決定。今回みたく好枠で壁を作れば距離はこなせるかもだが、流石に軸では買いたくない。エピファネイアみたく能力差で何とかなる可能性もあるが・・・

2着トゥザワールドは大方の予想通り、外枠から前に取り付いて3番手の外目。やや行きたがる素振りは見せたが、2コーナーで折り合いは付いて流れに乗れた。4コーナーから仕掛けて2番手に上がり、直線入り口で早々と先頭。後ろの勝ち馬を確認しながら追い出したが、あっさり交わされて最後は3、4着馬に詰められた。
2着は確保したが、馬も川田の騎乗も春からまるで成長していないと感じた。弥生賞からこの馬の自力勝負の限界点を指摘しているが、今回もそれは変わらなかった。勝ち馬の直後に付けて溜める競馬をすれば違う面が見れる気がするのだが、川田がマーク屋になれないのはダービーで証明してる。馬自身の成長力もやや物足りなく感じたし、もうGⅠでは積極的に買える馬ではなくなったか。

3着タガノグランパは積極策に出たダービーと違って中団からの競馬。馬群の外目にいたので壁を作れなかったが、向こう正面から折り合いを付けて勝ち馬をマークする形。4コーナーでスッと動いた勝ち馬に離されたが、馬群を捌いてしぶとく脚を伸ばし、ゴール前で2着馬に詰め寄った。
ダービーは前有利のトラックバイアスに恵まれたと思って軽視したが、今回は中団から差す競馬で上位に食い込んだ。最後に脚色が鈍ったとはいえ、中距離での目処は完全に付いた。

ステファノスは出たなりの競馬で中団後方から折り合いを付けての追走。勝負所から反応がやや鈍くなって後方に置かれ、直線も馬群の中で何度か詰まりかける苦しい展開。前が空いた残り100mから猛然と追い上げたが、3着馬に並んだところでゴール。
ゴールしてから2着馬まで交わし切る勢いだっただけに、直線でスムーズさを欠いたのが悔やまれる。ただ、この距離でも折り合いは付いたし、終いの脚も確か。菊花賞でも狙える存在か。

ラングレーはスタートをキチンと出て、中団のインで折り合いを付けての追走。最内だった事もあって、荒れ馬場とはいえ経済コースを立ち回り、直線も内から脚を伸ばして一旦は3番手に浮上。荒れ馬場を走った分、最後は脚色が鈍ったが、枠を考えれば上々の内容。距離は延びた方が良く、菊花賞で面白そうなタイプだが、2勝止まりでは多分出走出来ないだろう。

メイクアップは道中は中団後方からの追走。4コーナーから馬群の外を回って一気に仕掛けて行き、直線で3番手集団に迫ろうかという脚色だったが、そこで脚色が同じになって流れ込む形。好枠だったらもう少し良い勝負出来たかもだが、このメンバー相手に大外枠はキツかったか。

ショウナンラグーンは後方からいつもより早めに動いて行ったものの、上位を脅かす脚色ではなかった。根本的に内回りは向かない事を証明したし、追い切りの動きでも感じたが、まだ馬体も緩かった。これで変わりそうな雰囲気はあるが、印を打つにしても連下までだろう。

マイネルフロストはスタンド前から1コーナーで少しゴチャ付いた際に頭を上げて後退する不利。向こう正面で外に出して、4コーナーから追い上げて行ったが、直線半ばで脱落。休み明けで仕上がり切ってなかったし、スムーズさを欠いたのもあってこの馬本来ののしぶとさは見られなかった。

ワールドインパクトは休み明けでも輸送で大きく体重を減らしたのが敗因か。道中は最後方から追走し、直線で申し訳程度に差を詰めた程度。クラリティシチーは外枠は好位に取り付く積極策が合わなかった感じ。距離も微妙に長かったか。

サトノフェラーリは前半は馬群の中で外から寄られてプレッシャーを掛けられ、直線では前が壁になって全く追えずと競馬にならず。まぁなんつーか「やってくれたなシーマン」というところか。


やっぱりというか、予想再開が一週遅かった結果に・・・相変わらず予想の方向性は間違っていないが、肝心の詰めが甘い(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~9月21日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ダイワメジャー
5ネオユニヴァース
6シンボリクリスエス
7マンハッタンカフェ
8フジキセキ
9ステイゴールド
10クロフネ
11ゼンノロブロイ
12ゴールドアリュール
13サクラバクシンオー
14アグネスタキオン
15アドマイヤムーン
16ジャングルポケット
17ブライアンズタイム
18タニノギムレット
19タイキシャトル
20ダンスインザダーク




ヌーヴォレコルトのローズS勝利でハーツ産駒JRA重賞通算20勝。年間8勝は昨年と並んで自己最多タイ。

ネオが先週から地味に好調。土日4勝(土曜2勝、日曜2勝)を挙げてトップ5入り。

イスラボニータのセントライト記念勝利でフジキセキが8位に浮上。年間100勝は微妙な情勢(58勝)だが、最後の傑作となりつつあるイスラボニータが大車輪の活躍。

ロブロイが土日4勝(土曜2勝、日曜2勝)とリラヴァティの重賞入着でクロフネに接近。久々にトップ10の入れ替わりなるか。

勝利はなかったが、地味に入着賞金を稼いだダンスインザダークがランクイン。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ローズS回顧

同じ2強ムードでもこちらは崩れないだろうと思っていたが、レッドリヴェールがまさかの凡走。内を回って来た馬が上位を占める展開とトラックバイアスが向かなかったとはいえ、秋華賞に向けて不安を残す結果となった。

プラス10キロはダービーで減った回復分(もっと増えてても良かった)。好スタートから控えてスンナリと中団からの競馬。道中の折り合いもスムーズで4コーナーからジワッと仕掛けるこの馬の定石パターン。しかし、直線で内から外へ右往左往する場面があったとはいえ、春までの切れ味は最後まで見られずじまい。
調整過程で誤算があったし、上がりが極端に速くなって切れ負けしたのもあるが、それを差し引いてももう少し格好を付けてくれると思ってただけに、首を傾げたくなる凡走。ダービーを使われた事でおかしくなってしまった可能性も出て来たと言える内容なので、秋華賞で買うかどうかは慎重に見極めたい。

逆に2強のもう1頭ヌーヴォレコルトは危なげないレース運びで完勝。スタートから少し出して行って内ラチ沿いの4番手と絶好の位置取り。そのまま4コーナーまで動かず、直線に向いたところでゴーサイン。残り300mを切ったところで逃げるリラヴァティを交わすと、後続の追撃を寄せ付けずに余裕のゴール。
仕上がり切った感じでの出走だったし、持ち前のレースセンスの高さを活かし切っての横綱相撲。本番に向けて上々のトライアルだったと言える。休み明けで馬体重が減ったのは誤算だったが、今後は栗東での滞在調整。抜かりなく仕上げられれば、外枠でも引かない限り本番でも最有力だろう。

2着は未勝利上がりでまさかの激走だったタガノエトワール。幾分スタートは鈍かったが、置かれる事なく中団のインを追走。そのまま4コーナーまでピッタリと内ラチ沿いを立ち回り、直線半ばで勝ち馬の外へ持ち出すと春の実績馬を振り切って単独2着を確保。
状態の良い良馬場で経済コースを回って来た恩恵もあったが、いきなりの重賞挑戦でペースに置かれる事なく追走出来たし、勝ち馬よりも0.3秒速い最速の上がりをマーク。未勝利上がりで完全に蚊帳の外に置いていたが、本番でもちょっと怖い存在か。

3着リラヴァティはスタートから気合いを付けてダンツキャンサーとの先手争いを制してハナへ。2~3F目は速く入ったが、その後の4~5F目で一息入れてのマイペースから4コーナーで一気にペースアップ。1、2着馬にはあっさり交わされたが、内ラチ沿いでしぶとく粘って秋華賞出走の優先権利をもぎ取った。
極端に上がりが速くなるとどうしても切れ負けするが、やはり前に行かせると粘っこい。今回は外枠で前に行くのに時間が掛かったが、内枠を引けるようなら秋華賞でも侮れない。

ブランネージュは外枠からスッと前に行く5番手から内の斜め前にいた勝ち馬を見ながらの追走。そのまま直線もコースロスを回ってくれば良かったが、直線は外へヨレた前のアドマイヤビジンにつられて外へ。3番手集団に上がったところで内に入ったが、最後は2着馬に追い負けて3着馬に届かず。
直線のロスが最後の追い比べに影響したが、掲示板に載った馬で外を回ったのはこの馬だけ。距離延長でも平坦コースに替わる京都なら切れも鈍らないだろう。内回り向きの機動力があるので、本番で要注意という認識に変化はない。

ヒルノマテーラは勝ち馬の一列後ろの好位グループのインを追走。経済コースを通って勝ち馬をマークし続け、直線も勝ち馬の後を追うようにして追い縋ったが、2着争いの追い比べで真っ先に脱落。予想以上に穴人気したが、このクラスで勝ち負けするにはやや力不足だったか。ただ、来年以降はOPで走っててもおかしくはない。

サングレアルはスタートで出遅れて後方からの競馬。3コーナーから外へ張って捲り気味に上がって行ったが、ここからレース全体の流れも速くなってしまい、直線で伸びる気配もなく後方のまま。追い切りで2歳馬アルバートドック(PO馬だったりする)に煽られ、馬体重も6キロしか増えず。今後に向けて不安を残す内容だった。

アドマイヤシーマもサングレアル同様にスタートで後手を踏んで実質終了。直線は外から脚を伸ばそうとしたが、他の馬と同じような脚色で後方のまま。馬体も絞れて気配は良いように見えたが、ちょっと見込み違いだったか。


タガノの激走にはビックリしたが、予想で触れたように3連複2頭軸で買ってたので、リラヴァティやブランネージュが2着に来なくて良かったとちょっと安堵してみたりw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(9月20日)と特別登録馬

9月20日
阪神
6R3歳上500万下(芝1800m)
フミノスナイパー
8番人気6着




馬体はある程度回復。最後方で脚を溜めての直線勝負に徹したが、上位馬には追い付けず。上がり勝負での限界点が見えてしまった感じ。




特別登録馬
ムスカテール・・・オールカマー
エイトプリンス・・・柏崎特別




どっちつかずな使われ方をされてる大佐だが、ここでの結果次第で天皇賞に向かうかもしれん。今月から急ピッチで乗り込まれてるし、得意の左回りで何とか結果を・・・鞍上は北村友に替わったけど。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

セントライト記念・ローズS

今週から本格的に予想再開・・・先週のセントウルSは買っていたら取れてたレースなので、一週再開するのが遅かった気がしないでもないw

セントライト記念
◎イスラボニータ
○トゥザワールド
▲ステファノス
△メイクアップ
△ワールドインパクト
△サトノフェラーリ
△クラリティシチー

今年はダービー2~6着馬が出走する等、いつになくメンバーが揃ってレベルが高いトライアル戦になりそう。上がり馬では休み明けの1000万条件を快勝したサトノフェラーリとプリンシパルS3着を含めて左回りの相性が良いメイクアップが面白そうだが、既成勢力の優位は動かないとみる。

中でも最上位に見たいのはイスラボニータ。2歳戦からある程度完成されていたが、ダービーでは正攻法の競馬で負けて強しの2着と奥の深さも見せた。持ち前の機動力を活かしやすい内回りも良いし、帰厩してからの乗り込み量も豊富。8~9割の状態でも連は外さないだろう。

トゥザワールドはダービーでは消極策の後方待機策に甘んじて5着に敗れたが、内回りの今回は正攻法の競馬で行くだろう。イスラボニータとの勝負付けは済んでいる感じだが、こちらも追い切りの動きを見る感じ力を出せる仕上がり具合。

3番手はステファノス。皐月賞は上位馬との力量差を見せ付けられたが、後方からしぶとく追い上げて可能性を感じさせる5着。その後のOP特別では非凡な瞬発力で差し切り勝ち。内が荒れて来て外差しが決まりやすい馬場もプラスか。

順当なら上位2頭は崩れないと思うので2頭軸の3連複流しで。穴があるとすればトゥザワールドの方だと思うので、飛んだ保険としてイスラボニータ軸でトゥザワールド以外の相手への馬連流しも。


ローズS
◎ヌーヴォレコルト
○レッドリヴェール
▲リラヴァティ
△ブランネージュ
△アドマイヤシーマ
△ヒルノマテーラ

ここも人気2頭の実力が抜けている。どちらを上位に見るかだが、後方一手のレッドリヴェールに対し、自在性があるヌーヴォレコルトの方が競馬がしやすい。桜花賞ではヌーヴォに先着を許したが、こちらは直線でスムーズさを欠いた。まともならもう少し肉薄出来ただろう。あと、最終追い切りで予定通りの追い切りが出来たヌーヴォに対し、レッドの方は予定より2秒速い時計。この微妙な狂いが実戦での差に繋がりそう。

3番手は春の実績と夏に一度使われてるという点を考慮してリラヴァティを挙げたい。決め手では見劣るが、粘っこい先行力と強力な同型馬不在に加えて今の阪神は前有利。外枠からでも先手を取れれば粘り込めるのではないだろうか。

ブランネージュはフローラSから「秋はこの馬が怖い」と目を付けていた。本質的には平坦コースの方が良いタイプだが、この条件でも勝利してる。同じ休み明けの人気2頭に比べて仕上がり具合は幾分見劣るが、こちらも動ける感じ。

新興勢力ではアドマイヤシーマとヒルノマテーラの2頭か。前者は洋芝が合わなかった感じだし、仕上げも緩かった。後者はセントライト記念でもそこそこの人気を集めたサトノフェラーリの2着。牝馬同士なら。サングレアルは追い切りの動きは今一つ良く見えない。

ここも上位2頭の3連複2頭軸で問題ないだろう。あと、1着ヌーヴォ→2着レッドで固定した3連単流しも。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(9月20日)と・・・

9月20日
阪神
6R3歳上500万下(芝1800m)
フミノスナイパー
太宰啓介(54.0)




今週は一頭入魂。前走の凡走は馬体減が影響したと思うので、体重が戻して出て来てほしい。



一頭しか出走馬がいないので「地方競馬のトップガン産駒の情報でも調べて書こうかな」と思っていたが・・・突然の東京喰種最終回の衝撃で豆腐メンタルになってしまったので、日を改めて後日にでも書きます。


少し前から店長救出失敗で第一部完→充電期間を置いて第二部という展開を予想してたが、こんな唐突に終わるとは思わなかった。
まぁ、最近は救いようがない展開一直線だったから「一体、どう収集付けるんだろ?」と思っていたんだけど・・・作者自身も広げまくった風呂敷を畳める自信がなくなって(もしくはモチベーションの低下で)無理やり終わらせた印象。でなければ、アニメ化やノベライズ化されてメディアミックス展開中の人気漫画がこんな突然終わる訳ない。

ねじまきカギューやバチバチも消化不良感はあったが、一応の落としどころで着陸させていた。これは着陸しないまま行方不明になった気分。充電期間を置いての東京喰種連載再開を切に望む。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

京成杯AH回顧

左回りのマイルが条件ベストのクラレントが重賞連勝。馬はサマーマイルチャンピオンに輝き、鞍上の田辺はセントウルSで逆転した丸田を再逆転してサマージョッキーズシリーズ優勝。暮れのWSJS出場権を獲得した。

スタートから出して行って馬場の外目に出して(全馬外に出してたけどw)道中は2番手を追走。そのまま直線に向くまで動かず、直線に入ると少しずつ馬場の外目に出してスパート。内ラチ沿いで先頭に立ったサトノギャラントを交わし、後続の追撃も寄せ付けずの完勝。
勝ちパターンの位置取りから競馬が出来たし、土曜は急な大雨で悪化した馬場も最終的には良馬場に回復したのも味方。GⅠでは馬場に泣かされたり、太目残りだったりであまり結果を出してないが、抜けた馬がいない今のマイル路線ならチャンスはある。マイルCS直行でも仕上げが上手く行けば。

2着はブレイズアトレイルはスタートからすぐ後ろに下げて後方2、3番手からの競馬。そのままジッと我慢して直線はスペースを探しながら馬場の外目へ。ネオウィズダムとミッキードリームの間を割って末脚を伸ばし、ゴール前で2着に浮上。
これまでは好位~中団から差すスタイルが多かったが、今回は更に後ろに下げて前半を受け流すスタイル。これが上手くハマり、これまでの決め手不足から一転して上がり最速をマーク。あと一歩足りない現状からの脱却となるか。

3着ミトラは前半から気合いを付けて好位4、5番手からの競馬。そこで脚を溜め、直線に向くとジリジリと外に出して前が空くまで我慢。タガノブルグとネオウィズダムの間を割って2着馬共に脚を伸ばしたが、最後は1キロの斤量差が出たか、僅かに競り負け。
中団からの競馬が不発に終わった前走の反省からか、今回は意識的に前を行くスタイルで巻き返した。この馬も渋った馬場は合わないクチだが、天候の回復が味方したと言える。

キングズオブザサンはハナを切ろうかという出脚の速さで勝ち馬の後ろに付ける好位からの競馬。直線で勝ち馬の後ろに持ち出し、内を掬う形で一旦は勝ち馬に並び掛けたが、そこからの追い比べで見劣った。今一つ脚質が定まってないが(ある意味で何処からでも競馬が出来ると言えるが)、古馬相手の休み明けでこれだけ走れば上々といえるだろう。

サトノギャラントはスタートは五分に出たが、そこから後ろに控えて2着馬と並ぶような位置取り。向こう正面までは他の馬と同様に馬場の外目を追走したが、3コーナーで内に入ってコーナリングの差で直線では好位に進出。直線半ばで先頭に立ったが、ゴール前で一気に交わされた。中京記念もそうだったが、荒れ馬場は得意と言えないのに荒れた内を突くのは正直どうなんだろ?

ハンデ頭サダムパテックはスタートから出して好位を取ろうとしたが、内外から締められて中団に下げる不利。そこで力んでしまったのと内目で揉まれ込む形となって体力を消耗し、直線もなし崩し気味に脚を使っただけ。前走で復活したかに見えたが、今回は展開が向かなかった。

エキストラエンドは最内から出たなりの競馬で中団からの競馬。4コーナーで3着馬の内に入り、これと併せる形でで脚を伸ばそうとしたが、そこからパッタリ手応えが無くなって逆噴射。パンパンの良馬場が良いタイプで荒れ馬場を走らされたのが良くなかった感じか。

エクセラントカーヴは後方集団の外目を追走して直線に向いたところでも余力十分。しかし、追い出しに入ったところで内からシャイニープリンスに完全に前をカットされて立ち上がる不利。今回は参考外と言える。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

勝負師、還らず・・・佐藤哲三、現役引退。

民放の競馬番組にゲスト出演してた時の痛々しい姿を見て「これは、もう復帰は無理かもなぁ」と薄々思ったが、いざ【現役引退】の文字を見てしまうと「やっぱり駄目だったか」という思いと同時に言い様のない寂しさを感じた。もう、あの積極果敢な騎乗が見られないのは本当に残念だ。

佐藤哲三の事を「哲三」ではなく「サトテツ」と呼んでた90年代はそれ程印象に残ってない。マサラッキとのコンビを継続出来てれば、もう少し違う形で認知していたかもだが、翌日に結婚式を控えてた御祝儀裁定で勝たせてもらったように思えたマイネルマックスの朝日杯から、どちらかと言えばあまり良い印象は持ってなかった。
トウカイパレス、ナリタルナパークで穴をあける一方、人気になったリトルオードリーやミナモトマリノスでGⅠ勝てなかった事から「GⅠでは買い時が判らないアテにならない騎手」とさえ思っていた。

認識に変化が生じたのはラガーレグルスの調教再審査事件から。ダービー出走が懸かったゲート入りの再審査で心ない人間の妨害で不合格となった際にブチ切れて掴みかかろうとした感情剥きだしの行動に「無愛想な顔してるけど、人間臭い面もあるんだな」とちょっと見直した気持ちになった。

そして、佐藤哲三の名を全国区に広めたタップダンスシチーとのコンビ結成。ファインモーションを競り潰して2着に粘った有馬記念はレース直後は「何してくれるんだボケ!」と思ったが、時間が経つにつれ「優等生っぽい騎手が増えた中、GⅠという大舞台で人気馬を敢然と競り潰せる騎手って今時貴重じゃないか?」と思い直し、そこから哲三の騎乗スタイルに注目していくようになる。
決定的だったのがインティライミでディープインパクトに挑んだダービー。「2着取りの競馬はしない」の宣言通り、敢然と負かしに行った攻めの騎乗は「外して悔いなし」の境地だった。
ハイラップ上等の姿勢が最もハマったと思うエスポワールシチーや佐々木晶師とのタッグで「タップダンスシチーの再来」を思わせたアーネストリーとのコンビでは何度も馬券を取らせてもらったし、サンレイジャスパー、オペラシチー、サンライズバッカス、サクラセンチュリーといった重賞馬とのコンビも印象に残ってる。


競艇の大ファンという事もあって、金を払ってギャンブルをする人間の視点が判るというか、そうしたファンサイドの心理を理解した攻撃的な騎乗スタイルは「これで負けたら諦める」と思わせる数少ない騎手だった。自在性という点では遥かに及ばなかったが、魅せる競馬が出来たという点では今となっては大ぴらに語れなくなった田原成貴に通じるモノがあったと思う。スタッフと共に自ら馬を育てて行く職人気質も備えてた。
また、【ヒール大いに結構】の強気なコメントも好感が持てた。調教師との「今回は悪役だぞ」「あぁ慣れてます」のやり取りが秀逸だったプロヴィナージュの秋華賞やデボネアのダービー乗り替わりを皮肉った宝塚記念のインタビューは痛快ささえ感じた。

「一流のホースマンよりも、言葉は悪いけど一流のギャンブルレーサーでありたい」
何処かの競馬サイトのインタビューでのコメントだったと思うが、キズナに会いに行った際に「可愛い」と感じた事で引退を決断したというのは実に哲三らしいし、このコメントに忠実だったと思う。勝負師としての信念がそうした感情が素直に出てしまった事を許さなかったのだろう。

今後の具体的な進路は未定っぽいが「馬券を買ってファンの人と競馬を楽しみたい」とコメントしてたように、何らかの形で競馬界に残って行く事になるだろう。孤高の勝負師に幸あらん事を・・・お疲れ様でしたm(__)m

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~9月14日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ダイワメジャー
5シンボリクリスエス
6ネオユニヴァース
7マンハッタンカフェ
8ステイゴールド
9フジキセキ
10クロフネ
11ゴールドアリュール
12ゼンノロブロイ
13サクラバクシンオー
14アグネスタキオン
15アドマイヤムーン
16ジャングルポケット
17ブライアンズタイム
18タニノギムレット
19タイキシャトル
20サウスヴィグラス



重賞勝利はならなかったが、土日に3勝(土曜2勝、日曜1勝)を加算したディープが入着賞金40億突破。年間重賞勝利は昨年を超えたが、勝利数や入着賞金でも自己最高となるか。

土日3勝(土曜1勝、日曜2勝)を加算したネオが1勝止まりに終わったマンカフェを交わしてランクアップ。

クラレントの京成杯AH勝利でダンスインザダークが21位に浮上し、20位争いに加わってきた。JRA重賞勝利48勝はネヴァービートを抜き、トウショウボーイと並んだ。

リトルゲルダのセントウルS勝利でクロージングアーギュメントが75位に浮上。リトルゲルダ以外ではパラダイスガーデンという2歳牝馬がいるが、調教中に一頓挫あってデビューは秋以降に持ち越し。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン&チャクラ産駒の成績(9月13日、14日)

9月13日
新潟
7R3歳上500万下(ダート1800m)
レンブラント(父チャクラ)
11番人気1着同着
10R妙高特別(ダート1800m)
エイトプリンス
15番人気11着

阪神
2R2歳未勝利戦(芝1200m)
サイクルヒッター(父チャクラ)
12番人気11着
10R野分特別(芝1800m)
カロッサル
3番人気7着


9月14日
新潟
2R2歳未勝利戦(芝1000m)
テイア
9番人気14着

阪神
1R2歳未勝利戦(芝1400m)
カシノノゾミ
16番人気16着




レンブラントが粘りに粘って1着同着。調教も今一つで陣営も弱気だったが、スンナリ先手を取って楽に逃げられた。持ち時計がないので雨が降る前で助かった。

カロッサルは好位からレースを進めたが、直線はサッパリ伸びずのブービー。折り合いも付いてた感じだったし、ちょっと良く判らない負け方。

エイトプリンスはそれなりに脚を伸ばしたが、大雨で前が止まらない馬場ではどうしようもない。

テイアはもう少し走れると思ったが、途中から追走に一杯一杯となった。パンパンの良馬場でないと駄目なのか。

サイクルヒッターとカシノノゾミは後方のまま。もう少し相手が弱くならないと厳しいか。


来週の登録馬はいません

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

セントウルS回顧

リトルゲルダが北九州記念を制した勢いそのままに重賞連勝してサマースプリント女王に。これで一躍スプリンターズSの有力馬に名を連ねる事になった。

前走のリプレイを見てるかのようなレース運びだった。最内枠から気合いを付けて前に行き、逃げ馬を見ながらの好位のインを追走。3コーナーから徐々に進出し、4コーナーで内ラチ沿いからスムーズに外へ。押し切りを狙った人気のハクサンムーンとの一騎打ちになったが、ゴール前でケリを付けた。
前走と同じ最内枠に加え、開幕週で先行内有利の馬場でロスの無い立ち回りが出来た恩恵もあったが、馬自身の地力も強化されている印象。前走から更に8キロ増えていたが、元々はこれくらいの馬体重で走っていた。スプリンターズSでもこの出来を維持出来るようなら。

2着ハクサンムーンは出負け気味のスタートだったが、持ち前の二の脚の加速力で大外から前に取り付いてアンバルブライベンから半馬身差の2番手。直線でこれを交わして先頭に立ったところで勝ち馬に並び掛けられたが、そこから二の脚を使ってしぶとく粘った。
負けはしたが、高松宮記念以来の休み明けでプラス12キロと幾分余裕残しの仕上げを鑑みれば、まずは及第点が付けられる内容だったと言える。スタートが甘くなってるのが気掛かりだが、スムーズに前に行きさえすれば本番でも崩れないだろう。酒井学から戸崎に乗り替わったのは残念だが、特に乗り難しい馬ではないので特に問題はなさそう。

3着エピセアロームはまたスタートで少しヨレたが、そこから出して行って前に行って道中は勝ち馬を見る形。そのまま4コーナーまで動かず、直線で内から外に出して勝ち馬の後を追いかけたが、捕まえるだけの勢いはなく2着馬に迫ったところでゴール。
流れに乗れなかった前走から巻き返したと言えるが、板に付いた好位差しのスタイルではどうにもワンパンチ足りない印象。逆に捉えるなら、人気が落ちそうな本番は3連複・3連単の穴として狙えそう。

スギノエンデバーは中団からとなった前走とは違って、従来の控える戦法を取って道中は後方3番手。直線は進路を探しながら内へ内へと潜り込んで末脚を伸ばし、最後は3着争いに加わった。内に拘った岩田らしい騎乗が上手くハマって実績の乏しい阪神でも健闘したと言える。

マヤノリュウジンはスタートはまあまあだったが、二の脚が全く付かずに後方に置かれて最後方から追っ付けての追走。直線は大外に持ち出してメンバー最速の32.9の末脚で追い込んだが、開幕週の馬場では掲示板が精一杯。すっかり極端な後方待機策しか出来なくなったが、最終週の新潟なら間に合う可能性は十分にある。

トーホウアマポーラは中団後方からレースを進めたが、直線はジリジリとしか伸びずに流れ込んだ程度。一頓挫あって北九州記念を回避した影響がモロに出た形。ただ、中京で実績があるように左回りは相性が良い。これで変わって来るなら。

屈腱炎による休養明けのダッシャーゴーゴーや高松宮記念で4着に健闘したエーシントップは好位からレースを進めたが、本調子には程遠い状態で直線は敢え無く逆噴射。


ぶっつけとなるコパノリチャードやストレイトガール、夏場に結果を出したセイコーライコウやローブティサージュが加わるスプリンターズSはオッズが割れる大混戦となりそう。12年前のスプリンターズSは極めて当てやすいレースだったが、今回は激ムズっぽい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(9月13日、14日)

9月13日
新潟
7R3歳上500万下(ダート1800m)
レンブラント(父チャクラ)
勝浦正樹(54.0)
10R妙高特別(ダート1800m)
エイトプリンス
杉原誠人(57.0)

阪神
2R2歳未勝利戦(芝1200m)
サイクルヒッター(父チャクラ)
▲木戸義政(51.0)
10R野分特別(芝1800m)
カロッサル
幸英明(57.0)


9月14日
新潟
2R2歳未勝利戦(芝1000m)
テイア
▲長岡禎仁(51.0)

阪神
1R2歳未勝利戦(芝1400m)
カシノノゾミ
鮫島良太(54.0)




カロッサルはやはり少頭数。距離はやや微妙だが、阪神は比較的相性が良い。スタートさえ五分に出て好位を取れるようなら。

エイトプリンスは定量戦では荷が重いし、相手も楽ではない。死んだふりして何処まで。

レンブラントは休み明けでまだ仕上がり途上な感じ。ここを叩いてからの変わり身に期待というところで。

テイアは直千競馬に適性を見せたし、直千でデサフィナードを勝たせた長岡に乗り替わり。外枠を引けるようなら。

カシノノゾミはまずは初戦からのレース慣れがあるかどうか。サイクルヒッターは相変わらず使う条件が違う気がするけど、調教は今までで一番マトモに動いた。


3歳唯一の2勝馬トラキチシャチョウが帰厩。プロ野球のタイガースは失速してるが、こちらは叩きつつの上昇気流に乗って行きたいね。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

札幌2歳S、小倉2歳S回顧

札幌2歳Sは秋華賞馬ブラックエンブレムの子ブライトエンブレムが大外一気の末脚炸裂。東京の新馬戦以来だったが、そこで見せた決め手の鋭さを小回りでも発揮した。

少し煽ったスタートで道中は最後方。向こう正面で外に持ち出し、3~4コーナーから捲り気味にスパート。かなり外を回り、直線で少しフラつく場面もあったが、エンジンが掛かってからの伸び脚は力強かった。
スタートの悪さやキャリアの浅さから来る危なっかしさはあるが、かなり外を回っての差し切り勝ちは着差以上に強い内容。軽快な先行力を武器としていた母とは違うタイプだが、能力は非凡なものがある。

2着マイネルシュバリエは二の脚を利かせて道中は3番手の外目を追走。3~4コーナーで追っ付け通しとなってムチが入ったが、直線でもしぶとく脚を伸ばして2着を確保。人気薄だったが、半姉は昨年のこのレースの2着馬マイネグレヴィルで血統的に洋芝をこなせる下地はあった。姉同様に決め手勝負では分が悪そうだが、持久力勝負になればそれなりに走りそう。

3着レッツゴードンキはスタートで出遅れたが、その後のリカバリーが速く、1コーナー手前で集団の真っ只中。馬込みの中で折り合いを付け、4コーナーで外へ。直線は一瞬先頭に立ちかけたが、2着馬に差し返され、勝ち馬にも一気に交わされた。とはいえ、牡馬相手の重賞でこれだけ走れば健闘だろう。揉まれる競馬でも問題なかったのは収穫。

総崩れとなった人気所でではフォワードカフェがかろうじて掲示板。道中は中団のインを追走していたが、勝負所から追っ付け気味の手応え。更に前の馬がバテて、それにつられて位置取りを下げてしまい、最後はジリジリと脚を伸ばすに止まった。スムーズさを欠いたのは確かだが、もう一つ締まりが無い競馬だった。

1番人気ミッキーユニバースは初戦と同様にハナを切ったが、今回は向こう正面でペースを落とせず息を入れられない逃げ。勝負所から並び掛けられてしまい、直線半ばで力尽きた。スワーヴジョージは後方からスパート態勢に入った4コーナーでフォワードパスに弾き飛ばされて万事休す。今回は参考外だろう。


小倉2歳Sは単勝万馬券の15番人気オーミアリスが大外から怒涛の強襲。何ともたまげた末脚だったが、出遅れて後方から脚を溜める形になったのが逆に幸いした。前半3Fが33.秒フラットという2歳戦にしてはかなり速い流れで消耗戦となった恩恵の勝利。次もこう上手く行くとは限らない。

2着レオパルディナは好スタートから他馬の出方を窺いつつの3番手。外枠で前に壁を作れず力むシーンもあったが、そこを宥めての追走。直線で一旦は先頭から離されたが、そこから盛り返して先頭に立ったところで勝ち馬の強襲に屈した。スピードはあるが、そのレースぶりから距離の融通性はなさそう。牝馬特有の夏場に強いスプリンターって感じか。

3着スノーエンジェルはスタートは五分で好位に取り付いたが、内外から少し進路を狭められて3コーナーで一旦控えて中団から。そこから仕掛けて行って直線は大外から脚を伸ばしたが、勝ち馬の勢いが上回っていた。ただ、幾分チグハグな競馬で盛り返して来た辺り、上位馬ではこの馬が最も将来性がありそうに感じた。

ゼンノイザナギは二の脚を利かせて道中は好位グループのインを追走。そのまま流れに乗って直線も内から脚を伸ばしたが、最後にジリっぽくなって上位馬に切れ負けする形。速いペースで流れたのを好位から踏ん張ったのは評価出来るが、何の不利もなくスムーズに回って来た事を考えると物足りない感じはある。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

和製ラムタラ・フサイチコンコルド死す

外から音速の末脚が炸裂する!フサイチコンコルド!!

今ではスポーツ実況から退いてしまった三宅アナ屈指の名実況だが、馬名の由来となったのは旅客機のコンコルドではなく、フランスにあるコンコルド広場の方らしい。

いきなりミソが付く話をしてしまったが、バイト代(某大手パン屋の深夜手当一週間分)を全額突っ込んだダンスインザダークの単勝馬券を紙屑にしてくれたフサイチコンコルドはサクラローレルの次に嫌いだったw和製ラムタラという呼び名も好きじゃなかったし、前髪パッツンの何処かトボけた感じの天然っぽい顔つきも好きになれなかった(人も馬もマンガのキャラも天然系は生理的に受け付けないw)。
3歳秋初戦のカシオペアSでメジロスズマルに逃げ切られた時は福永嫌いだったけど「よっしゃ、福永良くやった!」と声を上げて競馬仲間から顰蹙を買った事もある。菊花賞後は脚部不安でフェードアウトして、結局のところはどれくらい強かったのかハッキリしないまま【美味しいところ(ダービー)だけを貰って勝ち逃げした】という印象が拭えず、最後まで好きになれなかった。

種牡馬入りしてからはGⅠ7勝を挙げたダートの強豪ブルーコンコルド、休み明けGⅡの番人バランスオブゲーム、軽快な先行力を武器に重賞4勝を挙げたオースミハルカを輩出。大成功とまでは行かなかったが、中堅クラス成功は収めたと言える。
昨年限りで種牡馬生活を引退して余生を過ごしていたが、先日6日の放牧中に転倒して左後脚を骨折。自力で起き上がれなくなり、8日に息を引き取った。

嫌いではあるが、新馬→OP連勝というキャリアでダービーを制する馬など、今後現れる事はないだろう(今の時代なら賞金額で確実に除外される)。逆体温、輸送で度々熱発する等、極端に体質が弱い弱点を抱えながらダービーを制したのは、今にして思えば歴史的な偉業であろう。合掌m(__)m

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー2歳編~9月7日現在~

1キングカメハメハ
2ディープインパクト
3ダイワメジャー
4マンハッタンカフェ
5サクラバクシンオー
6ゴールドアリュール
7スウェプトオーヴァーボード
8スニッツェル
9チチカステナンゴ
10ネオユニヴァース
11ハービンジャー
12ステイゴールド
13ハーツクライ
14ホワイトマズル
15マツリダゴッホ
16ゼンノロブロイ
17スクワートルスクワート
18スタチューオブリバティ
19ヴァーミリアン
20フレンチデピュティ




前週で3位に浮上したキンカメが2勝+札幌2歳S3着等で逆転して首位に。しかし、5年連続2歳リーディングが懸かるディープも僅差で2位と虎視眈々。

今年の2歳馬がラストクロップのバクシンオーは5位と好位置。5割近い勝ち馬率の高さは流石の一言。同じくラストクロップのチチカスもケツァルテナンゴというOP馬を出してトップ10入り。

新種牡馬でハービンジャーが6勝を挙げて最上位。サンマルティン(PO馬)、フローレスダンサー、カービングパスといった血統馬も勝ち上がっており、先ずは順調な滑り出し。

昨年はレッドリヴェールの活躍で2歳リーディング8位に入ったステゴは順位的にはまずまずだが、頭数の割に勝ち上がり率が低い(1割強)のが気掛かり。

内国産新種牡馬ではヴァーミリアンがランクイン。地方では2歳リーディング4位と好位置をキープ。



他の新種牡馬はエンパイアメーカー(23位)、キンシャサノキセキ(31位)、バトルプラン(39位)と続く。エンパイアメーカーはランクインしてくると思っていたが、早熟タイプではないし、これからの巻き返しに期待する。
中央ではランクインしなかったカネヒキリだが、地方では9位にランクイン。やはり、ヴァーミリアンと共にダート路線で生き残っていく予感。産駒数が少ない種牡馬ではルースリンドが地方で健闘してる。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~9月7日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ダイワメジャー
5シンボリクリスエス
6マンハッタンカフェ
7ネオユニヴァース
8ステイゴールド
9フジキセキ
10クロフネ
11ゴールドアリュール
12ゼンノロブロイ
13サクラバクシンオー
14アグネスタキオン
15アドマイヤムーン
16ジャングルポケット
17ブライアンズタイム
18タニノギムレット
19サウスヴィグラス
20タイキシャトル




ディープがマーティンボロの新潟記念勝利等、2週連続土日6勝の固め打ち。入着賞金40億突破は目前。

重賞勝利はなかったキンカメだが、土日8勝(土曜2勝、日曜6勝)の猛攻撃。通算勝利数13位のアフリート(1034勝)にあと5勝と急接近。

ブライトエンブレムの札幌2歳S勝利でネオが年間重賞勝利を5勝とし、自己最多タイ(2009、2010年)とした。

オーミアリスの小倉2歳S勝利でホワイトマズルが36位に浮上。一昨年まで8年連続種付け頭数100頭オーバーだったが、昨年は80頭に止まった。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(9月6日、7日)と特別登録馬

9月6日
新潟
2R3歳未勝利戦(ダート1200m)
インスタイル
4番人気8着
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
モンサンプロキオン
4番人気9着

小倉
11R北九州短距離S(芝1200m)
シルクオフィサー
14番人気10着


9月7日
新潟
5R2歳新馬戦(芝1400m)
ナミカゼ
17番人気3着

札幌
3R3歳未勝利戦(ダート1700m)
トワノトップガン
9番人気1着
9R3歳上500万下(芝1800m)
ライフトップガン
5番人気13着




トワノトップガンがラストチャンスで見事に勝利。後方からの競馬になったが、勝負所から一気に捲って押し切った。

オフィサーはスタートで失敗。内枠で出遅れてしまってはどうにもならない展開にも泣かされた。

ライフトップガンは集団後方で脚を溜めていたが、勝負所で包まれて被せられた事で集中力が切れた感じ。

ナミカゼは減量起用と楽なペースで逃げられた恩恵に恵まれた。次もこう上手く行くか分からんが、先ずは良かった。

モンサンプロキオンはブリンカーが効きすぎたか、気っぷ良く行き過ぎて逆噴射。




特別登録馬
カロッサル・・・野分特別
エイトプリンス・・・妙高特別




カロッサルは前走が流れに乗れない消化不良な内容。少頭数のメンバーになりそうだし、今回はスタートを決めて流れに乗りたい。

エイトプリンスは除外で間隔が空いたのがどうか。まぁ今回も登録馬が多いので、除外の可能性も。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

新潟記念回顧

直線半ばでマーティンボロが内に切れ込んで5頭の進路を妨害。初見でも強引なコース取りに見えたが、パトロール見ると完全にやったもん勝ちの悪質ラフプレー。当然、騎乗していたローウィラーは23日間(実質4週間)の騎乗停止となったが、来週で免許が切れるだけにやり逃げ感があるのは否めない。こういう騎乗を見る度に、降着制度の改正はJRA史上最悪の大チョンボとつくづく思う。

マーティンボロに関しては、今年に入ってからの地力強化と一叩きされた変わり身をキッチリ見せた印象。好スタートを切ったが、道中は中団の外目に控えて折り合いに専念。直線はラストインパクトに被せられて外に出せず、強引に馬群をこじ開けて抜け出した。
8月の遅生まれで未勝利脱出も3歳8月と遅く、OPに出世するのに時間は掛かったが、ここに来ていよいよ本格化して来た印象。切れ味鋭かった全兄フレールジャック程のインパクトはないが、晴雨兼用で折り合いに苦労しないタイプで、力が拮抗してる相手ならコンスタントに好走出来る。

2着クランモンタナはスタートから出して行って先団グループの外目を追走。4コーナーからジワッと仕掛けて行き、直線入り口では2番手集団の外目。残り1F手前で先頭に立ったが、内に切れ込んだ勝ち馬に一気に交わされてしまった。
切れ味は無いが、最後はジリジリと盛り返したように末脚の持続性は高い。休み明けは走らない、平坦で軽い馬場の京都は合わない、左回りとの相性が良く、坂があって力が要る阪神とも相性が良いと、馬券を買う上では分かり易いタイプと言える。

3着ラストインパクトはスタートが甘く後方からの競馬。同じようにスタートが甘かった小倉大賞典は途中から捲って行ったが、今回は4コーナーまで動かずに後方で脚を溜め、直線で外目に出してスパート。ジリジリと脚を伸ばして1、2着馬に肉薄。
前走は馬場にノメって結果を出せなかったが、今回は出遅れた以外は概ねスムーズな競馬が出来たように思う。調教ではまだ良い頃に比べて物足りないような感じだったが、GⅢクラスでは地力上位。

ブービー人気トーセンジャガーが4着に健闘。スタートが決まって中団グループの外目で流れに乗り、直線でも脚を伸ばして一旦は2着馬を交わしかける場面も。最後に差し返されたが、このメンバーに交じっての4着は上々。早い時計に対応出来たのも収穫。

メイショウナルトは気合いを付けて注文通りハナへ。後続をやや離した平均ペースの逃げだったが、直線半ばで後続に捕まり、余力が尽きかけたところで勝ち馬に前をカットされて詰み。右回りに比べて左回りはどうにも行きっぷりがぎこちない。

新潟大賞典の勝ち馬ユールシンギングはスタートで出遅れて後方のまま見せ場の無い内容。休み明けに加えて前走から1.5キロ増のハンデも堪えた感じ。とはいえ、2戦負けなしの新潟でここまで崩れたのは予想外。

ダコールは内から出して行って2番手という予想外の位置取り。ただ、殆どの馬が荒れた内を嫌って馬場の外目を通った中で内を通り続けたツケが出たのか、直線では末脚不発。勝ち馬に前をカットされたが余力もなかった。折角の良馬場だったが、最内枠でこういう競馬をされてはどうしようもない。

2番人気ステラウインドは好位で流れに乗ってたように見えたが、直線半ばで何処か故障したのではないか?というようなガクガクした走りになって逆噴射。重賞でも目処が付いた矢先だけに、何事もなければ良いのだが・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

名投手が記録を塗り替え、記憶に残る名勝負が生まれた日

テニスには全く興味はないが(有名どころの選手の名前はベッカーとかレンドルとかエドベリ辺りで止まってるw)、錦織圭の全米オープン男子シングルスで日本人として96年ぶりの4強入りは凄い偉業だと思う。記録でしか知り得ない戦前の名選手に肩を並べ、更に日本人として未知の領域に挑もうとする錦織は紛れもなく日本テニス界の記録に残る名選手だろう。


昨日の中日対阪神戦で今シーズン初先発した山本昌はプロ野球史上最年長の登板、先発、打席、奪三振、勝利記録を塗り替えた。ここ数年でめっきりプロ野球に興味が無くなった中日ファンの親父(大の星野嫌い)だが、山本昌(と岩瀬)は未だに気に掛けており、山本昌の勝利に「これで来年も昌のノラリクラリが観れそうだなぁ」と喜んでいた。騎手ならまだしも、49歳で現役のプロ野球選手なんぞ山本昌で最後だろう。投げるだけで伝説作ってく山本昌を来年も観たい。


記録に残る名選手が記録を作った同日、記憶に残る名勝負が生まれた。
WBC世界フライ級タイトルマッチで王者八重樫東が【軽量級最強の男】ローマン・ゴンザレスに絶なTKO負けを喫した。だが、愚直に前に出て真っ向勝負を挑んだ八重樫は偉大なボクサーだった。
怪物ロマゴンはやはり怪物だった。特別速いパンチを打つわけではない。しかし、巧みな位置取りでプレッシャーを掛け、独特のリズムで異常なまでに的確に相手の急所を打ち抜くコンビネーション。一言で書けば「次元が違いすぎる」。そりゃ、世界中のボクサーがみんな恐れをなして逃げてくわけだ。

だが、そんな怪物相手に八重樫は最後まで打ち合う事を選択した。足を使う選択肢もあったと思うが、おそらくロマゴンのプレッシャーがキツくて序盤でその戦法は無理だと判断したのではないか?
実力差は明らかだった。2回辺りから早々と瞼が腫れあがって視界が塞がり、ロマゴンの的確なコンビネーションを何発も浴びせられる。パンチを打ち返して何発かは急所に入れても、ロマゴンはビクともしない。ほぼ、フルマークの採点になるのは必然だった。
それでも、八重樫は最後まで立ち向かった。王者としての意地か、自らの矜持を貫いたのか、崩れ落ちるようにダウンした9回まで持ち堪えた。その途中から何度かロマゴンがフィニッシュに行っても果敢に打ち返して倒れる事をヨシとしなかった。
序盤で何となく勝敗の行方は見えたけど(途中で本当に見えてしまったが)、俺の中では名勝負として記憶に残るタイトルマッチだった。勝者ではなく敗者に畏敬の念を抱いたのは、畑山隆則との壮絶な打ち合いの末に壮絶なKO負けを喫した坂本博之以来だ(この頃の坂本はダメージの蓄積が肉体のキャパを超えていたと思う)。
ダメージの蓄積が心配だが、八重樫のボクシング人生はこれで終わりではないだろう。また再起して名勝負を生み出してほしい(出来れば勝者として)。

八重樫戦の前に中継された2試合は消化不良な内容。井上尚弥は減量苦の影響があったか、もっと早い段階で勝てたであろう挑戦者を倒すのに11回まで掛かった。次からは階級上げるだろうし、本来の強さを改めて見せてほしい。村田諒太はスタミナ切れを起こして終盤はガス欠。これでは世界戦など時期尚早もいいとこだ。
アギーレジャパン?文字通り、ゼロからの出発という感じ。まだ新体制初戦で何とも言えない部分はあるが、守備はしょうもないミスで失点するし、攻撃面は連携取れてないしで退屈だった。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今週のマヤノトップガン産駒(9月6日、7日)

9月6日
新潟
2R3歳未勝利戦(ダート1200m)
インスタイル
江田照男(56.0)
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
モンサンプロキオン
石橋脩(56.0)

小倉
11R北九州短距離S(芝1200m)
シルクオフィサー
国分優作(55.0)


9月7日
新潟
5R2歳新馬戦(芝1400m)
ナミカゼ
▲伴啓太(51.0)

札幌
3R3歳未勝利戦(ダート1700m)
トワノトップガン
藤田伸二(54.0)
9R3歳上500万下(芝1800m)
ライフトップガン
池添謙一(57.0)




今週デビューのトップガン産駒
ナミカゼ
母イシノスター
母父ソヴィエトスター
美浦・加藤和宏厩舎




オフィサーは輸送があるので軽めの追い切り。前走は直線でどん詰まらなければ掲示板はあった。暑い時期は動ける。

ライフトップガンは前走が味のある脚質転換。元PO馬ガリバルディとの対決は複雑だが、抑えて溜めが利けばチャンスはある。

トワノトップガンは柴山から藤田に乗り替わり。ずっと外枠続きなだけに、ラストチャンスの今回は内枠を引いてほしい。

インスタイルは調教時計見た感じでは除外の影響はなさそう。何とか勝ち上がってほしいが。

モンサンプロキオンは再度のブリンカー装着で変わり身を。ナミカゼは調教が芳しくないので減量頼みか。


ムスカテールが出走予定のオールカマーの日に仕事が入って現地観戦は断念する羽目にorz

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

新潟2歳S回顧

禍福はなんとやら。レコードタイムで勝利したミュゼスルタンに骨折が判明。軽度のモノでクラシックには間に合うが、暮れの朝日杯は断念する事となった。

出たなりの競馬で道中は中団のインを追走。馬群の中で折り合いを付け、直線入り口で馬場の五分どころへ。内から寄られたところもあったが、馬群がバラけた後はスムーズ。ニシノラッシュを競り落としたところでソラを使い、アヴニールマルシェに迫られたが、何とか凌ぎ切った。
骨折してしまったので今後に関しては何とも言えないが、スローペースでも折り合いが付き、速い上がりも使える。相談役が育ててるだけあってか(?)、ソツのない競馬が出来るタイプで現時点の完成度もなかなか。復帰してからが試金石。

2着アヴニールマルシェはスタートがやや甘く後方からの競馬。前半は少し行きたがる場面もあったが、3コーナー手前で折り合い直線まで仕掛けを我慢。少しずつ馬場の外に出して追い出し、ソラを使った勝ち馬に迫ったが僅かに届かず。
如何にもディープ産駒らしく、終いの切れを活かす軽い馬場が合ってる印象。ただ、この一族は気性面に課題がある。サンブルエミューズもグレナディアーズも勝ち上がりは早かったが、折り合いに難しさを見せて大成出来ていない。この馬もそれが課題になりそう。

3着ニシノラッシュは好スタートを切ったが、行きたい馬を先に行かせてバラけた先行グループからやや離れた好位のインを追走。直線で馬場の外目に持ち出し、残り400mを切ったところで追い出して先頭に立ったが、残り100mで勝ち馬に競り落とされた。
1200m戦からの距離延長だったが、やや遅いペースでも上手く折り合っていた。ただ、最後に甘くなったように距離適性に関しては1400mまでがベストか。格下ならマイルでも勝てるだろうが、OPクラスなら短い方が良い。

コメートは距離短縮であったが、出脚が速く控えて好位集団からの競馬。直線は3着馬と一緒に外目に出す形で脚を伸ばしたが、33秒台の上がり勝負では分が悪かったか、最後は切れ負けする形。時計勝負では厳しいが、時計が掛かる馬場ならそこそこ戦える感じ。

ブリクストは中団からの競馬となったが、道中は力みが目立つ追走。直線は内々から脚を伸ばしたが、外が伸びる馬場で内目を通った事もあってか、良い脚は少ししか使えず流れ込む形。ウチパクの落馬負傷で岩田が急遽乗ったが、呼吸が合わなかったか。

2番人気ナヴィオンはスタートは五分だったが、大外枠もあってか直ぐに控えて最後方を追走。直線は大外から内にササる事なく追い込んで来たが、デビュー戦程の破壊力はなくジワジワと脚を伸ばすに止まった。橋口からチャンスは貰った的場だが、結果を出せなかった以上、次走からは乗り替わりになるかもしれん。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー地方編~8月31日現在~

1サウスヴィグラス
2キングカメハメハ
3ゴールドアリュール
4ロージズインメイ
5クロフネ
6キングヘイロー
7プリサイスエンド
8アグネスデジタル
9シンボリクリスエス
10アッミラーレ
11スウェプトオーヴァーボード
12ワイルドラッシュ
13タイムパラドックス
14デュランダル
15スズカマンボ
16アグネスタキオン
17ネオユニヴァース
18マイネルラヴ
19ジャングルポケット
20ホワイトマズル




相変わらず交流重賞に縁はないが、南関を中心に勝ち星を量産した(31勝)サウスヴィグラスが交流重賞で勝ち切れなかったキンカメを逆転。とはいえ、2頭の賞金差は僅か270万弱。

スマイルピースの黒潮盃勝利でプリサイスエンドがトップ10に返り咲き。地方馬ではショウリダバンザイ(道営等で重賞7勝)が代表産駒だったが、こちらが取って代わりそう。余談だが、何故かスウェプトオーヴァーボードと混同してしまう(´・ω・`)


サンビスタがブリーダーズGCで女王ワイルドフラッパーを破る金星を挙げたスズカマンボがランクイン。交流重賞で好走している名古屋のピッチシフター、大井に移籍したユーロビート、道営のスタンドアウト辺りが活躍すれば、今年は地方で躍進か?

ランクインはならなかったが、メイショウボーラーがひと月で26勝を挙げて21位まで浮上。

ブライアンズタイムがエーシンビートロンのサマーチャンピオン勝利で3年ぶりの交流重賞勝利。

サマリーズのクラスターC勝利でハードスパンが98位にランクイン。ダンジグ晩年の産駒で2007年のアメリカ競馬を盛り上げた1頭だが、ケンタッキーダービーではストリートセンス、BCクラシックではカーリンの後塵を拝した。
2008年から種牡馬入りし、今年は日本で繋養されたが、来年からアメリカに戻る事が決定。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~8月31日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ダイワメジャー
5シンボリクリスエス
6マンハッタンカフェ
7ネオユニヴァース
8ステイゴールド
9フジキセキ
10クロフネ
11ゴールドアリュール
12ゼンノロブロイ
13サクラバクシンオー
14アグネスタキオン
15アドマイヤムーン
16ジャングルポケット
17ブライアンズタイム
18タニノギムレット
19タイキシャトル
20サウスヴィグラス




順位変動が全くなし(´・ω・`)

ミュゼスルタンの新潟2歳S勝利でキンカメが2ヶ月ぶりの重賞制覇。2歳リーディングで3位に浮上。

エーシンホワイティの新潟JS勝利でバクシンオーがJRA重賞40勝にリーチ。障害重賞は2004年中山グランドJ(ブランディス)以来、約10年ぶりの勝利。

ローブティサージュのキーンランドC勝利でウォーエンブレムが37位に浮上。種付けに全く興味を示さない事で有名だが、昨年は遂に種付けゼロ。一昨年は2頭に種付けしたが、不受胎だった模様。従って、今年の2歳馬13頭がラストクロップになる可能性がある。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR