2014リーディングサイアー~3月30日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ハーツクライ
4ダイワメジャー
5ネオユニヴァース
6ゴールドアリュール
7シンボリクリスエス
8マンハッタンカフェ
9フジキセキ
10クロフネ
11ゼンノロブロイ
12ステイゴールド
13アグネスタキオン
14アドマイヤムーン
15サクラバクシンオー
16ジャングルポケット
17ブライアンズタイム
18スペシャルウィーク
19サウスヴィグラス
20タニノギムレット




日本でドバイでハーツ祭り。ウインバリアシオンの日経賞勝利等土日4勝(土曜3勝、日曜1勝)を挙げたハーツがトップ3入り。

コパノリチャードの高松宮記念勝利でダメジャーが4位に浮上。GⅠ勝利は2012年NHKマイルC(カレンブラックヒル)以来2勝目。

ソロルのマーチS勝利でクリスエスが7位に浮上。これで7年連続JRA重賞勝利。マーチSは2012年(サイレントメロディ)以来2勝目。

日曜の未勝利で2勝したサウスヴィグラスとラトルスネークのOP2着が効いたギムがランクイン。この辺りは賞金差が僅かなので目まぐるしく入れ替わりそう。
マイネルフロストの毎日杯勝利でブラックタイドが36位に浮上。重賞勝利は2012年デイリー杯2歳S(テイエムイナズマ)以来2勝目。昨年は初めて減少に転じたものの、125頭に種付け。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン&チャクラ産駒の成績(3月29日、30日)と特別登録馬

3月29日
中山
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
モンサンプロキオン
7番人気3着

中京
4R障害未勝利戦(芝3000m)
エムエムベレッタ
11番人気11着
8R4歳上500万下(ダート1400m)
ライフトップガン
5番人気8着


3月30日
中山
2R3歳未勝利戦(ダート1800m)
レンブラント(父チャクラ)
7番人気4着

阪神
5R3歳未勝利戦(芝1800m)
テイエムファラオ
15番人気14着
10R心斎橋S(芝1400m)
シルクオフィサー
11番人気12着

中京
9R岡崎特別(芝1200m)
ケンブリッジヒーロ
16番人気7着




オフィサーは速い時計を出してなかった分、太め残りでの出走で見せ場なし。次はもう少し絞ってほしい。

ケンブリッジヒーロは全くの人気薄だったが、直線半ばまで2番手で踏ん張ってた。特殊な馬場だったが、これで変わってくるなら。

ライフトップガンはスタートが甘く、好位に取り付いたところで行き脚が付きすぎた感じ。どうにも気性が難しい。

レンブラントは好位からレースを進めたが、直線の追い比べで伸び負け。モンサンプロキオンは最後に力尽きたが、4角先頭で見せ場たっぷりだった。




特別登録馬
シュンケイリ・・・三木ホースランドJS

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2014ドバイワールドカップデー回顧

昨日は入社して以来記憶にないくらいクソ忙しかった休日出勤・・・家に帰ると飯食って風呂入ってソッコーで寝たわ。レース回顧やドバイの展望を書く暇も気力なんぞ残ってる筈もなかった。これにかこつけて、宮記念も買わなければ良かったわorz

当然ながら、ドバイ中継も録画で・・・それだけが原因ではないが(今年は風邪に近い症状の花粉症が結構キツくてブログ書くのも何となく億劫になってる)、今年の回顧は日本馬オンリーで簡潔に。


まずは先陣を切ったゴドルフィンマイルのブライトライン。スタートがやや甘かったが、外目からすかさず前に取り付いて道中は3番手辺りをキープ。折り合いもこの馬なりに付いていて、直線でも一旦は2番手に上がるかに見えたが、そこから伸び切れず。残り100mで力尽きて最後は5着。
敗因を求めるなら、やや後手を踏んだ事で好位置をキープするのにそれなりに脚を使った事だろう。五分に出ていれば、スンナリ好位を取れてもう少し内に入れたかもしれない。


続いて3頭出しで挑んだデューティフリーだが、ジャスタウェイのワンマンショーに口あんぐりw
道中は後方3番手からの競馬になったが、4コーナーから外へ出してスムーズに馬群に取り付き、直線入り口では好位の一角。残り300mで早々と先頭に立つと、あとは引き離す一方。終わってみれば2着に6馬身差を付けるレコードタイムの圧勝だった。
天皇賞と似たような展開で流れも向いたが、それにしても強い勝ち方だった。今後はクイーンエリザベス2世Cやチャンピオンズマイルも視野に入ったらしい。決め手を活かせる展開になれば今回の再現となるかも。

ロゴタイプはブライトラインと同じくスタートで後手を踏んで好位に取り付くのに脚を使ったのと、勝負所でモタついてる間に外から他馬に被せられて窮屈な競馬を強いられて伸び切れずの6着。トウケイヘイローは好スタートから注文通りハナを切ったが、後続につつかれるキツい展開で直線半ばで力尽きての7着。


シーマクラシックではジェンティルドンナが昨年2着の雪辱を晴らす末脚炸裂で壮行戦惨敗の汚名返上。とはいえ、勝負所から馬群の中で包まれ通しという苦しい展開。残り250m付近でやや強引に外に出すと(日本では騎乗停止にならずとも審議対象か)、そこから持ち前の決め手を披露。ウオッカやブエナビスタが果たせなかった海外GⅠ制覇を見事に成し遂げた。
前走の惨敗内容が悪すぎたので「能力が一気に衰えたのでは?」という不安も頭をよぎったが、終わってみれば全くの杞憂だった。今年で引退は既定路線だが、ジャパンC3連覇という目標に向けて大いなる一歩を踏み出した。

デニムアンドルビーはいつも出遅れてたとは思えないような好スタートが却って仇になる形。押し出されるようにハナを切る形となって自分の競馬をさせてもらえないまま直線で失速して10着。力を出し切る以前の問題だった。


トリのドバイワールドカップは日本ダート路線の二枚看板が揃って討ち死に。ホッコータルマエは定石通り先行策を取ったが、直線を待たずして手応えが怪しくなってズルズル失速して殿負け。オールウェザーがどうかと思っていたが、ここまで負けるとは思わなかった、

ベルシャザールは中団のインでレースを進めたが、勝負所で不利を受けてスピードを落として直線も伸び切れないまま10着に終わった。ストライドが大きい馬だけに、内枠を引いたのが仇になった感。

テーマ : 競馬
ジャンル : ギャンブル

高松宮記念

◎ストレイトガール
○ガルボ
▲サンカルロ
△レディオブオペラ
△スノードラゴン
△シルクフォーチュン
△マヤノリュウジン


多少速くなっても、自分のリズムで逃げたいハクサンムーンとコパノリチャードの先行争いがあるかどうかで展開が決まって来ると思うが、個人的には前傾ラップとなって最後は消耗戦になると思う。
行き切った方が残る可能性もなくはないが、ハクサンムーンは状態面で不安が残り、コパノリチャードは左回りと馬場が合うか未知数。ここは残ったら事故と思って諦める。

ストレイトガールは夏の北海道シリーズで急速に頭角を現し、その勢いのままに前走のシルクロードSで重賞初勝利。まさに今が充実一途と言えるだろう。苦手であった輸送も2走前には今回と同じ中京で無事にクリア。入念に乗り込まれており、1週前には自己ベストをマーク。仕上がりも問題ないと見る。ここも信頼して良さそうだ。

ガルボは1200m戦では1戦して着外だが、その時は苦手な夏に走っており、参考外だろう。周知の通り、冬場から春先にかけては滅法強く、近走もコンスタントに好走している。ポリで追われた追い切りの動きも外を回って好調子を窺わせる内容。高速決着よりも適度に時計が掛かった方が良いタイプでこの雨もプラスに働くと見る。

サンカルロは阪神1400mの次に走るのがこの条件。急仕上げ気味だった前走を叩かれて状態面も上向き。内枠を引いて上手く捌けるかが鍵だが、前がやり合って前が一気に入れ替わる展開になれば浮上して来るだろう。そういう意味では雨が降って時計が掛かる馬場は合うと思う。

レディオブオペラは前走は大幅に馬体重を減らした前走で連勝は止まったが、それでも2着に踏ん張って地力の確かさは見せた。元々ストレイトガールより上がり馬として注目されており、減った馬体重を戻した今回は本来の力を発揮出来るであろう。展開面がどうかだが、番手からでも競馬が出来る馬で控えても問題ないと見る。

スノードラゴンは久々の芝だった前走でも2着に入り、得意なこの時期に入っての充実ぶりをアピール。ダート暮らしが長く、持ち時計が無いだけに今の不良馬場はこの馬にとって好都合な状態ではないだろうか。追い切りの動きも好時計をマークしており、出来に関しては問題なし。

シルクフォーチュンは芝に挑戦し続けて着順こそ良くないが、コンスタントに速い上がりを連発。馬込みを嫌うタイプで極端な後方一気しか出来ないのが難点だが、前崩れが予想される今回は芝でも上位に来れる可能性がある。藤岡康太に乗り替わったが、元々の主戦。特に問題はないだろう。

マヤノリュウジンは内々で上手く立ち回るスタイルだけに大外はマイナス材料だが、外の方が馬場状態が良い不良馬場なら相殺出来るのではないだろうか。道悪競馬でも結果を出しており、立ち回り次第ではチャンスはある。


馬券は一応ストレイトガールを信頼したいが、ガルボの複勝とガルボ・サンカルロの馬連とワイドは押さえておきたい。マーチSは良く分からんのでパス。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(3月29日、30日)

3月29日
中山
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
モンサンプロキオン
津村明秀(56.0)

中京
4R障害未勝利戦(芝3000m)
エムエムベレッタ
浜野谷憲尚(60.0)
8R4歳上500万下(ダート1400m)
ライフトップガン
松田大作(57.0)


3月30日
中山
2R3歳未勝利戦(ダート1800m)
レンブラント(父チャクラ)
和田竜二(56.0)

阪神
5R3歳未勝利戦(芝1800m)
テイエムファラオ
水口優也(56.0)
10R心斎橋S(芝1400m)
シルクオフィサー
国分優作(55.0)

中京
9R岡崎特別(芝1200m)
ケンブリッジヒーロ
岩田康誠(57.0)




オフィサーは暑くなるにつれて調子を上げてくるタイプ。坂路で乗り込まれているが、昨年夏に比べて時計は出てない。ここを叩いて調子を上げてくれば。

ケンブリッジヒーロはよく岩田が空いていたものだが、調教は終いバタバタ。低迷した昨年秋も調教はテンに持って行かれただけに、どれだけ動けるか不安。

ライフトップガンはまさかの連闘。先週はクラス慣れが窺える内容だったし、反動がなければもう少し動けても。

レンブラントは相変わらず調教は動いてるように好調キープ。やるべき戦法は決まってるので、あとは展開が向くかどうか。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

スプリングS回顧

期待してたPO馬ベルキャニオンは6着に敗れ、賞金的に皐月賞出走は微妙な情勢になった。今の中山におけるディープ産駒の相性の悪さ(コース形態、力の要る重い芝が根本的に合わない)を露呈する形となった。

課題のゲートは互角に出たが、そこから促して行かず1コーナーでは中団後方。そこから馬が外へ逃げ気味となって3コーナーまで修正出来ず。4コーナーから仕掛けて行ったが、それまでのツケが出て脚が溜まり切らなかったか、直線での反応も鈍く外へモタれるような感じで大して反応せず。
ゲートは互角に出たのだから、もう一列前に付けられなかったのか?の思いはあるが、良くも悪くも折り合い重視で位置取りは二の次の福永にそれを求めるのは酷だろう。騎乗そのものに納得してないが、今の中山はディープ産駒のこの馬に合わなかったのが最大の敗因だったと思う。皐月賞はパスして青葉賞→ダービー路線で巻き返してほしいとこだが。

ロサギガンティアはスタートで出遅れて後方からになった時点で詰んだと思ったが、そこから気合いを付けて挽回し、向こう正面では中団。更に内々を通って前へ前へと進出して3コーナーでは好位。4コーナーで荒れたインから外へ出すと、直線坂下で先頭に立ち、後続の追撃を寄せ付けずの完勝。
コース適性に不安はあったが、内枠を利して器用な立ち回りを見せたし、前へ前へと動いて行く中山で勝つ為の騎乗を見せたデムーロも流石だった。結果と過程との序列を履き違えてる福永(求められてる騎乗の論点が馬券を買う側と根本的にズレてるので、馬券ファンの心証に悪い騎乗を繰り返すのは必然)とは対極の騎乗だった。
一線級相手に結果を出した事で皐月賞は有力候補の一角にのし上がったと言えるが、デムーロの免許が皐月賞前に切れるので本番で乗れないのが痛い。相談役はどちらかと言えば福永に近いタイプだしなぁ・・・

2着アジアエクスプレスは少しテンションが高くなってた事もあって道中は中団グループの中で折り合いに専念。エンジンの掛かりが遅かった4コーナーで激しく手が動いてたが、直線で外に出されてエンジンが掛かるとジワジワ伸びてゴール前で2着に浮上。
前走同様、勝負所でズブさを出してはいたが、パワー重視の今の中山の馬場状態への適性能力の高さで相殺した感じ。距離はもう1Fまでならなんとかこなせそうだが、個人的には連下候補の評価。

3着クラリティシチーは外枠だった事もあって内には入れず、道中は中団後方の外目を追走。3コーナーから捲り気味に進出したが、4コーナーで勝ち馬のコーナリングに連動した影響で外へ弾かれる不利。それでも捲った勢いそのままに一旦は先頭に並び掛けたが、坂上で少し甘くなった。
良くも悪くも堅実というか、じつにしぶとい走りを見せる。距離も1800mがベストの印象も2000mまでなら持ちそう。ただ、ウチパクの早仕掛けは正直どうなんよ?と思う。その捲り不発でゴールドシップやデニムアンドルビーから降ろされたというのに・・・

モーリスは後方に控えて折り合いに専念し、道中は2着馬を前に見る形。4コーナーで外に持ち出して仕掛けて行き、直線も外から良く追い上げて来た。折り合いが付いて溜める競馬が出来れば、この距離でもこなせる事は証明。NHKマイルCなら面白い存在になれそうな感じ。

意外な健闘を見せたのがリーゼントロック。スタートから追っ付けて好位を取りに行き、勝負所から追っ付け通しになったが4コーナーで先頭に並び掛ける場面も。最後は決め手の差が出たが、力の要る馬場を味方に初芝でも善戦。本質的にはダート馬と思うが、こうした馬場でなら通用するところは見せた。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~3月23日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ネオユニヴァース
4ハーツクライ
5ゴールドアリュール
6ダイワメジャー
7マンハッタンカフェ
8フジキセキ
9シンボリクリスエス
10クロフネ
11ゼンノロブロイ
12ステイゴールド
13アグネスタキオン
14アドマイヤムーン
15サクラバクシンオー
16ジャングルポケット
17ブライアンズタイム
18スペシャルウィーク
19マイネルラヴ
20アグネスデジタル




タガノグランパのファルコンS勝利でキンカメが3週連続重賞勝利。一時は3億以上あった賞金差を2億5000万弱にまで詰めてきた。

3勝に加え、アドマイヤラクティの阪神大賞典2着でハーツが4位に。ウインバリアシオンの日経賞で一気にトップ3入りとなるか。

ロサギガンティアのスプリングS勝利でフジキセキが8位に浮上。当面はイスラボニータ、ストレイトガールと3本の矢を形成か。

ランクアップはならなかったが、バウンスシャッセのフラワーC勝利でロブロイが5年連続JRA重賞勝利達成。これが節目の10勝目。

あっと言わせたゴールドシップの番手抜け出しでステゴがランクアップ。JRA重賞通算57勝とし、凄まじい勢いで捲って来たのディープの差をとりあえず開いた。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

阪神大賞典回顧

掛かり気味とはいえ、まさかゴールドシップが2番手に付けられるとは・・・後ろから捲って来る展開なら紛れる可能性もなくはなかったが、こうなってしまうと今日の面子ではノーチャンス。高速決着にならない長距離戦なら現役最強である事をまざまざと見せつけた。

相変わらずもっさりしたスタートだったが、昨年と違って極端に置かれる事はなく直ぐに挽回。更に掛かり気味ではあったが、2番手まで進出。完全に折り合ったのは2周目の3コーナーと道中はほぼ掛かり通しだったが、ズブさ全開で追っ付け追っ付けよりは楽な追走。4コーナーでやや引き離して逃げてたバンデを捕まえに掛かり、直線は独走。昨年の宝塚記念以来の勝利となった。
掛かり気味ではあったが、これまでの捲りロングスパートではなく番手抜け出しというスタイルで勝てたのは収穫と言える。10キロ増だったが、陣営のコメントを額面通りに受け取るなら出来の良さから来る体重増。一応は完全復活と受け取れるレースだった。
しかし、元々重い馬場の阪神ならこれくらい走れて当たり前。高速決着に全く対応出来ないのは露呈済みだし、天皇賞では誰が乗るか全くの白紙状態(岩田はウインバリアシオンだろうし)。復活には違いないが、問題が解消されてるわけではない。雨でも降らない限り、とてもではないが積極的に買える馬ではない。

2着アドマイヤラクティは「急仕上げ気味でどうにか間に合った」という中間の調教だったが、マイナス6キロと数字上はほぼ仕上がった状態。出たなりの競馬で道中は中団5番手を追走。3~4コーナーで仕掛けて行って勝ち馬の背後に接近したが、並び掛けるまでには到らず。それでも二枚腰でしぶとく粘ったバンデを競り落として2着は確保。
勝ち馬にあの競馬をされてはどうしようもないが、この馬にしては勝負所でも反応出来てたし、大きく崩れた有馬からの立て直しは上手く行ったと言える。突き抜けるだけの怖さはないが、天皇賞でも連下候補の1頭としてマークしたい。

3着バンデはスタートから注文通り押して行ってハナへ行ったが、勝ち馬が掛かり気味に上がって来た事もあってそれ程引き離せず。1~2コーナーでやや引き離したが、物見をしながらの逃げで集中力を欠いた感じ。勝ち馬に交わされ、2番手集団に吸収された4コーナーでは逆噴射するかに見えたが、そこから驚異的な二枚腰で差し返して激しく2着争いを展開。
スタミナの豊富さはここでも十分する事は証明したが、今回は終始促されながらの逃げで気性面が散漫過ぎた。集中力が増せば、個性的な逃げ馬のステイヤーとして大成出来ると思うが、現時点では完成するのはもう少し先になりそう。

サトノノブレスはゲート内で立ち上がりかけたところでスタートが切られて後手を踏んだのが致命傷となった。テンションが上がった状態で暴発するのを避ける意図だったのだろうが、アドマイヤラクティの後ろにいては持ち味など活きるわけがない。勝負所で一緒に上がって行ったが、直線で離される一方。
勝ち星がない阪神より、3戦して連を外してない京都の方が合うと言えばそうだが、ゴールドシップの位置取りで競馬をしてほしかっただけに、浜中の騎乗には心底ガッカリした。本番ではもう少し動けると思うが、騎手は替えた方が良いだろう。

ヒットザターゲットは外枠から内へ入れる為にスタートからすぐに下げて道中は少し離れた最後方。4コーナーで外に出して追い上げを図ったが、平坦向きのこの馬にとってはタフな阪神は合わず流れ込むのが精一杯。

タマモベストプレイはスタートで煽って後方になった時点で勝負あった。全く流れに乗れないまま回って来た感じで今日のところは参考外。


せめてもの救い(?)は締めきられて馬券が買えず無駄な損害を減らせた事か。色々と選択肢がズレた感じで当てられるレースを敢えて外してしまった印象。まぁゴールドシップはオルフェーヴル同様、軸で買う事が出来なくなってるので今回みたいな展開では諦めるしかないんだがw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン&チャクラ産駒の成績(3月21日、22日、23日)と特別登録馬

3月21日
中山
2R3歳未勝利戦(ダート1800m)
ポッドタイム
12番人気13着

中京
6R3歳未勝利戦(芝2200m)
ヤマトブライアン
10番人気8着
11R中京スポーツ杯(芝1600m)
ローレルソラン
14番人気2着
カロッサル
1番人気3着


3月22日
阪神
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1800m)
メイショウネフェル(父チャクラ)
15番人気13着

中京
9R4歳上500万下(ダート1400m)
フィンデルムンド
7番人気2着
ライフトップガン
5番人気5着


3月23日
中山
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
サダムホノルアベイ
6番人気11着

阪神
12R4歳上1000万下(ダート1800m)
オーシャンパワー
7番人気5着




勝利こそなかったが、既成勢力組は掲示板入りと健闘。

特にローレルソランは大健闘。一息入れた効果があったか、好位で上手く脚が溜まった。やはり、吉田隼人とは相性が良いな。

カロッサルは直線で内に突っ込んで良く伸びては来たが、前半の位置取りが後ろ過ぎた。もう一列前で競馬をしてほしかった。

フィンデルムンドは久々の距離だったが、中団で上手く脚が溜まった。突き抜けるだけの力はないが、ハマれば今後もこれくらい走ってくれそう。

ライフトップガンは好位でこの馬なりに折り合えていたし、直線でも途中までは良い感じだった。漸く変わり身が出て来たか。

海力は最後に少し甘くなったが、好位からしぶとく脚を伸ばした。こうした形でなら、今後もやれそうだ。




特別登録馬
シルクオフィサー・・・心斎橋S
ケンブリッジヒーロ・・・岡崎特別




シルクオフィサーは休み明けだが、坂路で十分乗り込まれてる。あとは暑い時期に調子を上げてくるタイプなので、この時期でも動けるかどうか。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

阪神大賞典・スプリングS

ぼちぼち予想再開・・・とは言っても、暫くはGⅠ以外は買ったり買わなかったりになるかと。物入りが続いて馬券に回す余裕が無いだけなんだがw

阪神大賞典
◎サトノノブレス
○ゴールドシップ
▲バンデ
△タマモベストプレイ

ゴールドシップは高速馬場にならなければ大丈夫とは思うが、ゲートを出ないとどの位置にいるか全く読めなくなってるだけに、とてもではないが軸で買えない。あっさり勝つ可能性もあるが、人気程の信頼は置けない。

ここは良い脚を長く使え、ステイヤー資質を完全に開花させたサトノノブレスの上昇度を買いたい。前走は逃げたが、今度はバンデがいる事で番手からの競馬が予想される。浜中はテン乗りなので、自力勝負に出ず安全策を取るであろう。単では買えないが、連軸としての◎。

主導権を取るであろうバンデは阪神コースで3勝。重い馬場でこそのタイプだが、3走前は逃げて33秒台の上がりをマーク。番手のサトノノブレスはゴールドシップ警戒でそれ程早めに動かないと思うので展開は向きそうだが、底力勝負ではまだ足りない印象。押さえとして、急仕上げのアドマイヤラクティよりタマモベストプレイの掴み所のなさを買いたいw


スプリングS
◎ベルキャニオン
○ロサギガンティア
▲モーリス
△クラリティシチー
△サクラエール
△マイネルアウラート

アジアエクスプレスは力が要る馬場が合うのは朝日杯で証明済みだが、小回りの1800mという条件が合うかどうかは未知数。距離適性にも一抹の不安があるし、人気程の信頼は置けないのでここは敢えて切る。

本命はPO馬の贔屓目込みでベルキャニオンから入る。本質的には広いコース向きと思うが、中山はホープフルS2着で一定のコース適性は見せた。ゲートの悪さと勝負所での反応の悪さが課題だが、将来性の高さを買いたい。

ロサギガンティアは初の中山で忙しくなりやすいこの条件への対応力に不安はあるが、完全にどん詰まりの負けパターンというところから馬群を割って突き抜けたインパクトは強烈。デムーロに替わって勝負気配も高い。

3番手以下は混戦だが、一瞬の切れではメンバー屈指のモーリスを警戒したい。今回は溜める競馬に出る様だし、上手く脚を溜められるようなら。クラリティシチーは小回り向きとは言えないが、確実に差して来る堅実さを警戒。ただ、今のウチパクならカツハル続投で良かった気もするが・・・

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

ファルコンS回顧

ワンアンドオンリー、ミッキーアイルといった強敵に揉まれたタガノグランパが重賞初勝利。他の有力馬に休み明けが多かったのに比べ、順調に使われながら地力を付けた強みを活かした形となった。

スタートでやや出遅れたが、致命的なものではなく道中は後方グループの一角を追走。4コーナーで前にいた同馬主のタガノブルグを見る形で仕掛けて行って直線は大外。坂で脚色が鈍ったタガノブルグを競り落としてゴール前の追い比べを制した。
前走は番手からでも結果を出したが、やはり本質的には控えて脚を溜めるスタイルがベストか。スパッと切れるタイプではないが、持続性の高い末脚は直線の長いコースで威力を発揮するだろう。NHKマイルCなら有力候補の一角になれる。

2着サトノルパンはスタートで大きく出遅れて最後方。それでも内を通って集団に取り付き道中は後方グループの一角。4コーナーで内から外へ回して直線での進路を確保しようとしたが、その直線で前が壁になって追い出しを待たされるロス。前が空いたところで猛追したが、僅かに届かず。
出遅れ、直線の不利がありながら僅差の2着に入って強い競馬をしたと言えるが、半兄レッドアリオンもスタートに難があるタイプだった。格下~同格相手なら何とかなるが、トップクラスでは善戦止まりになりやすい。NHKマイルCは連下候補ではあるが、あまり重い印は打ちたくない。

3着アルマエルナトはこれもスタートで出遅れて道中は最後方。4コーナーで内から外に回し、直線では馬群の真ん中を割って脚を伸ばしてそのまま内へ切れ込んで末脚を伸ばしたが、最後の数十mで脚色が鈍った。結果的に出遅れて前半のハイペースをやり過ごせたのが終いの伸びに繋がったと言えるが、距離はこの辺りがギリギリと言える。

ベルルミエールは内の先行馬を見ながら好位の外目を追走。直線半ばで脚が止まった先行勢を交わして先頭に立ったが、残り100mで決め手がある上位馬に捕まった。好位から前にいた馬では唯一踏ん張ったが、差し比べとなった今回は展開が向かなかった。ただ、1200mなら結構面白そうな馬になる資質がある。

タガノブルグは中団からレースを進めたが、3コーナーから外側へ逃避しようとした前のビアンコカンドーレを避ける形で外を回って早めに動く展開。ここで動かざるを得なくなった事で残り1Fで末脚が鈍って追い比べで競り負ける形に。超早熟馬量産タイプっぽいヨハネスブルグ産駒にしては成長力がある方。

朝日杯以来となったショウナンアチーヴはスタートからすぐに控えて後方集団からの競馬となったが、直線入り口では包まれる形で動くに動けず。ベルルミエールの後を追う形で末脚を伸ばしたが、他馬より重い57キロと休み明けの影響か最後は脚色が同じになった。もう少し格好を付けてほしかったが、一定のらしさは見せた。これで変わって来るようなら。

京王杯以来となったカラダレジェンドは好位集団のインを追走。4コーナーで外に回して直線でもスムーズに前が空いたが、最後は息切れする形で追い比べから脱落。如何にも休み明けといった内容だったが、前走同様にこの馬の地力にピンと来るものが無かった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

フラワーC回顧

さてこのレース。以前に比べ、最近は桜花賞でも好走する馬が増えたような気がする上位入線組だが、どうやら今年は距離適性を考慮して揃って桜花賞はパスする方向らしい。これで2勝馬にも桜花賞出走の可能性がより広がったと言えそうだが、何か面白そうな穴馬でもいれば良いのだが。

勝ったバウンスシャッセはスタートから出して行って好位4番手からの競馬。直線入り口では前に壁が出来て万事休すかに思えたが、間に出来たスペースを割って力強く抜け出した。
札幌2歳Sは馬場に泣かされ、アルテミスSは距離が短い印象だったが、今年に入って実が入って来た印象。半姉ホーカーテンペストに比べて距離適性は長めにシフトしてる感じでオークスでもそれなりに面白いかもだが、どうやら皐月賞出走の可能性もあるとか・・・藤沢の考えてる事は正直理解しにくい。

2着は2頭同着。まずはマイネグレヴィル。1コーナーのコーナリングで内の馬にハナを切られたが、スタートから気合いを付けて前を取りに行く積極策。4コーナーで先頭に並び掛け、直線で二の脚を使って逃げ込みを図ったが、勝ち馬の決め手には抗し切れず。
田んぼ馬場だった札幌2歳Sで2着に粘ってるように、上がりが掛かるような消耗戦が一番合っているのだろう。道悪になるか、前々でしぶとさを活かせる展開になればオークスでも要注意な存在か。

2着同着のもう1頭はパシフィックギャル。これもスタートから前を取りに行って道中は3番手の外目を追走。4コーナーでジワッと仕掛けて先頭に並び掛け、直線ではマイネグレヴィルにやや離されかけたものの、坂上でしぶとく盛り返して本賞金を加算。
アルテミスSも今回も6番人気と人気になりにくいタイプだが、どこからでも動いて行ける自在性としぶとさはなかなか侮れない。上位組ではオークスで最も怖い存在になりそうな気がする。

1番人気ショウナンパンドラは輸送減りこそなかったが、力を要する今の中山はそれほど合ってなかったし、2~4番手の馬が上位を占める展開面も向かなかった。ステイゴールドの近親で乱戦で台頭してきそうだが、現時点ではまだ非力な面が目立つ。

クリスマスやニシノアカツキは最後は止まった感じでこれはもう距離の壁だろう。前者はスプリンターに近く、後者はマイルまでの馬というイメージか。

このレースにはPO馬ディルガが出走していたが、スタートで煽ってしまって後方からの競馬となり、流れに乗れないまま11着に敗退。前走は直線入り口でピンボールさながらの不利を受け、今回は出遅れ。まともでも入着止まりだったかもだが、力を出し切れないまま負けるのは実に歯痒い。自己条件ならもっと動けると思うので、そこでの巻き返しに期待。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(3月21日、22日、23日)

3月21日
中山
2R3歳未勝利戦(ダート1800m)
ポッドタイム
大野拓弥(56.0)

中京
6R3歳未勝利戦(芝2200m)
ヤマトブライアン
▲長岡禎仁(53.0)
11R中京スポーツ杯(芝1600m)
カロッサル
北村友一(57.0)
ローレルソラン
吉田隼人(57.0)


3月22日
阪神
1R3歳未勝利戦(牝馬限定・ダート1800m)
メイショウネフェル(父チャクラ)
小林徹弥(54.0)

中京
9R4歳上500万下(ダート1400m)
フィンデルムンド
田辺裕信(57.0)
ライフトップガン
石橋脩(57.0)


3月23日
中山
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
サダムホノルアベイ
後藤浩輝(56.0)

阪神
12R4歳上1000万下(ダート1800m)
オーシャンパワー
浜中俊(57.0)




やはり、注目すべきはカロッサル。前走よりメンバーは揃ったが、着外なしというこの条件でそろそろ何とかしてほしい。

海力はこの距離は微妙に長い気もするが、前走のラストは復調気配が窺えた。上手く脚を溜められるようなら。

フィンデルムンドは最近は1200mを主体にしてるが、昔は1400mでもそこそこ走れてた。ライフトップガンは追い切りを坂路に替えて変わり身があれば。

未勝利組はメイショウネフェル以外はまあまあの追い切り。あとは実戦に繋がるかどうか。




さて、ダイオライト記念に出走したムスカテールは川崎記念でホッコータルマエに迫った実績を買われて1番人気に支持されたが・・・勝負所から手応えが怪しくなって直線もさっぱり伸びずの5着orz
内で砂を被る形になって嫌気が差したのか・・・道中は掛かり気味の追走でリズムを欠いていた感じ。
力負けでないのがせめてもの救いだが、どうにも親父譲りというか、ムラがありすぎる。もう少し安定感が出て来れば良いんだがなぁ・・・

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

中山牝馬S回顧

酒井学にとってニホンピロアワーズ、ハクサンムーンに続く第3の矢誕生と書いていいだろう。フーラブライドが昨年の愛知杯に続いて重賞2勝目をマークした。

出たなりの競馬で道中は中団後方に控えて折り合いに専念。3コーナー過ぎから馬群の外に出して捲り気味にスパートを開始。直線は内にモタれるところもあったが、4コーナーの勢いそのままに差し切った。
芝に戻ってからは2400mで結果を出して来ただけに距離不足かに思えたが、パワーを要する今の中山が合っていたようだ。3走前はまぐれ一発にも思えたが、これはもう本物だろう。但し、軽い馬場向きの切れは有してないので(見せてない)ので直行するヴィクトリアマイルは雨でも降らない限り軽視の方向で。

2着同着の1頭目は2番手から粘り込みを図ったケイアイエレガント。この馬を含めてエディン、アグネスワルツ、セキショウと逃げ馬が揃ったが、あまりに揃い過ぎると却ってスローになりやすいのは皮肉な話。好スタートを切ったエディンにを内に見ながら2番手で折り合いを付け、4コーナーで先頭に並び掛け、直線も坂で止まりかけながら一杯一杯に粘り込んだ。展開面も向いたが、この馬なりに力は付けている。

2着同着のもう1頭はキャトルフィーユ。スタートからある程度出して行って道中は先団を見ながらの好位5番手。4コーナーで少しモタついたが、直線もしぶとく脚を伸ばして最後の最後でケイアイエレガントに並び掛けた。このくらいの相手まで通用する粘っこい脚質を武器としてるが、今回は程良く緩いペースが味方した。

アロマティコはスタートの行き脚が付かず、道中は集団からやや離れて後方3、4番手。勝負所でも外に回さず、馬群の間を縫うようにして上がって行き、直線もそのまま内を突いたが、途中でエクセラントカーヴに少し寄られたところで更に内に進路を切り替えるロスが響いて追い付くまでには到らず。馬場を考えれば、良く追い上げてると思うが・・・

ノーブルジュエリーは道中は勝ち馬と並ぶような位置取りだったが、折り合ってた勝ち馬とは対照的に行きたがる素振りを見せっぱなし。3コーナーで落ち着いたが、4コーナーでモタついてる内に3着馬に外から被せられて動くに動けない状況。直線では内から外へ出してそれなりに追い上げて来ただけに、もう少しスムーズであれば・・・

2番人気エクセラントカーヴは前半は少し行きたがる素振りを見せたし、勝負所では馬場にノメって昨年の連勝時に見せた切れ味は見られずじまい。骨折休養明けで本来の出来になかった感じだったし、小回りの1800mも合ってない印象。

エバーブロッサムは昨年秋から大幅に馬体を戻したが、流石に20キロ増は少し立派過ぎた。スタートで出遅れて後方のまま見せ場なし流れに乗れずじまいだったし、今回は参考外。これで変わってくれれば良いのだが・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~3月16日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ネオユニヴァース
4ゴールドアリュール
5ハーツクライ
6ダイワメジャー
7マンハッタンカフェ
8シンボリクリスエス
9クロフネ
10フジキセキ
11ゼンノロブロイ
12アドマイヤムーン
13アグネスタキオン
14ステイゴールド
15サクラバクシンオー
16ジャングルポケット
17ブライアンズタイム
18スペシャルウィーク
19マイネルラヴ
20アグネスデジタル




全く動きがなかった先週とは打って変わって結構な変動があった模様。

マーティンボロの中日新聞杯勝利を決めたディープが4週連続重賞勝利。これで通算55勝とし、トサミドリに並んだ。

ケイアイドウソジンの阪神スプリングJ勝利でキンカメがJRA重賞53勝目。障害重賞はこれが初勝利。

フーラブライドの中山牝馬S勝利でゴールドアリュールが4位に浮上。フェブラリーSの勝利が効いてるのは間違いないが、今年は昨年以上に速いペースで勝ち星を量産してるのも大きい。

ベルカントのフィリーズレビュー勝利でバクシンオーが15位に浮上。トップ10から陥落してからは右肩下がりの成績だが、それでも13年連続重賞勝利達成。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン&チャクラ産駒の成績(3月15日、16日)と特別登録馬

3月15日
中山
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
ゴールデンスキトマ
16番人気15着

阪神
8R阪神スプリングJ(芝3900m)
メイショウヨシミツ
9番人気10着

中京
9R4歳上500万下(芝2000m)
ヤマカツティラノ
17番人気16着


3月16日
中山
1R3歳未勝利戦(ダート1800m)
レンブラント(父チャクラ)
2番人気4着
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
ハードマティーニ
7番人気12着




メイショウヨシミツは前半こそは前目に付けていたが、徐々に位置取りを下げて最後は息切れ。もう少し頑張れると思っていたが・・・

レンブラントは3~4コーナーで絡まれるキツい展開だったが、決め脚がないので現状は前々で運ぶしかない。あとは展開が向くかどうか。

ハードマティーニはスタートから全く行き脚が付かず見せ場なし。物見が酷いのか、他馬を気にし過ぎなのか、集中力が散漫過ぎる。




特別登録馬
マヤノクレド・・・下総S
カロッサル、ローレルソラン・・・中京スポーツ杯




クレドは蛯名で想定されてる辺り、出走する方向か。輸送時間が短い関西は無事乗り切ったが、長距離輸送となる今回はどうだろうか。

カロッサルは4戦して着外なしのこの条件で今度こそ惜敗に終止符を。ローレルソランは一息入れて立て直した効果を問いたい。




19日はムスカテールが出走するダイオライト記念。当面の相手ニホンピロアワーズは左回りではコーナリングにスムーズさを欠くだけに、得意条件のここなら勝ち負けまで持ち込んでほしい。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

フィリーズレビュー回顧

上位人気馬の多くがマイル適性に疑問符が付き、桜花賞トライアルとしては微妙な面子という印象が拭えなかったこのレース。そのレース内容も人気薄が2着に粘ったこともあって、戦前の印象を覆すには至らず。最も印象に残ったのは最内を強襲した武豊の手綱捌きだった。

逃げ一辺倒の脚質で最内枠を引いた事から、迷わず逃げるであろうと思われたベルカント。だが、蓋を開ければ最初から無理に行かせる事なく好位グループに控えて折り合いもスムーズ。直線は逃げたニホンピロアンバーが1頭分空けてた最内を強襲。見た目には鮮やかな脚質転換が決まったと言える。
控える競馬が出来たのは確かに驚きだが、それほどキツくないペースで最内枠からコースロスなく立ち回れた恩恵にも恵まれた。一定の警戒は必要だろうが、あと1Fの距離延長は血統的にキツいと見る。

2着ニホンピロアンバーは好スタートを切ると、追っ付けて来たフクノドリームを振り切って迷わずハナへ。一息入れた3~4コーナーでフクノドリームに迫られたが、余力十分残っており直線入り口でスパート。勝ち馬には交わされたが、外から迫った3、4着馬の追撃は凌ぎ切った。
最初の主導権争い以外は他馬に絡まれず、人気薄の気楽さもあってマイペースで逃げられた事もあってあわやの激走だったが、最後の1Fは脚が上がりかけたように距離適性は明らかな限界がある。

3着エスメラルディーナは道中は勝ち馬と同じく好位追走。直線でもしぶとく脚を伸ばして一旦は2番手に上がろうかという勢いだったが、僅かに届かず。外枠だった事もあって終始外を回るキツいレースだったが、初の輸送を乗り切って権利を取った点は評価出来る。上位馬の中では最もマイル適性がある。この組では最も怖い存在か・・・騎手が替われば。

アドマイヤビジンは大外枠だった事もあって最初から行く構えを見せず中団待機。仕掛けて行った4コーナーでグランシェリーの動きに反応して外に膨れた3着馬の煽りを受けて外へ振られる不利。そこから立て直して大外から追い上げて来ただけにスムーズだったら・・・ただ、1400mを2戦使うローテはマイル戦に適さない。

1番人気に支持されたホウライアキコだが、パドックでのイレ込みは前走よりマシ。レースでは好位に控えて勝ち馬や3着馬と同じ位置取り。ただ、内外にそれぞれ進路があった2頭とは対照的に直線は前が空かず。外へ出そうとしたが、先にアドマイヤビジンに被せられて怯んだのが致命傷となった。脚を余した一戦だったが、完成度だけでマイルを押し切れる時期は過ぎ去った。

ヤマノフェアリーとホッコーサラスターはスタートでそれぞれ失敗して後方でスムーズさを欠いた。特にヤマノフェアリーは直線でも前が詰まり通しで全くの消化不良だった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

中日新聞杯回顧

ゴール前はハンデ戦らしい大混戦となったが、勝ったのは準OPを勝ったばかりの伏兵マーティンボロ。鞍上のバルジューは11年振りの重賞勝利となった。

道中は中団の外目を追走。3~4コーナーで徐々に進出を開始し、直線入り口では好位グループの後ろに接近。ここで併せ馬の形となったラブリーデイと共に末脚を伸ばし、ゴール寸前で内のラキシスを捕らえ切った。
54キロのハンデも手頃だったし、道中もスムーズに流れに乗れてた。勢いと出来の良さがモノを言ったが、遅生まれの5歳馬でフレールジャックの全弟と血統的下地はあった。折り合いに苦労した兄に似なかったのは良い傾向。

2着ラキシスは最初のスタンド前でやや窮屈になるシーンもあったが、それ以外はさしたる不利も受けずに道中は好位グループの一角。川田のコメントだと直線に向いてから手応えが怪しくなったそうだが、馬群の間からしぶとく脚を伸ばしてゴール前の混戦に加わった。
勝ち切れなかったが、本賞金を加算出来たのは今後に向けて大きな収穫だった。良馬場の中距離戦では今後も安定勢力となれるであろう。

3着ラブリーデイはもう少し前で競馬をするかと思ったが、それ程行く構えを見せず道中は中団からの競馬。直線で外目に持ち出し、丁度脚を伸ばしていた勝ち馬と併せ馬の形で脚を伸ばした。有馬記念は歯が立たなかったが、ローカルの中距離戦なら黒い漬物石(ランリョウオーを沈めた恨みは未だに忘れん)を乗っけても、これくらいは動けて当然。

ユールシンギングは後方2、3番手からの競馬。直線では外に持ち出すのにスムーズさを欠いたものの、前が空くと勝ち馬の後を追うようにして良く伸びて来た。休み明けの中山記念は良いところなかったが、ここで変わり身を見せて来た。時計が掛かる中距離戦ではある程度は信頼しても良さそう。

トウカイパラダイスは最内から好スタートを決めたのもあって労せずして2、3番手をキープ。先頭に並び掛けた直線は仕掛けを遅らせて後続に備えたが、最後は休み明けのせいもあってひと踏ん張りを欠いた。とはいえ、やはり左回りは走る事を証明。

レッドレイヴンはアクションスターに前をカットされる不利はあったが、致命傷にはならず道中は中団からの競馬。ただ、直線は窮屈なポジションに入った事もあってか、思ったほど切れず。10キロ絞れたのは良い傾向だが、もうひと絞りあれば良かったか。

アンコイルドは外枠の馬が内に切れ込んで来た影響を受けて位置取りを下げて中団後方からの競馬。動くに動けない位置に閉じ込められて直線も前が空いたのは残り1Fを切ってから。脚を余す格好の消化不良な内容だった。

エックスマークは好位のインで流れに乗ってるように見えたが、直線はこれが仇となって包まれ通しのまま流れ込んだだけ。まぁ今回は休み明けで反応も幾分鈍かった。これを叩いての変わり身に期待。

フラガラッハはいつも通りの出遅れ。3コーナー過ぎから仕掛けて行ったが、前半のペースが緩く、後半の上がりが速くなる展開はこの馬にとって不向きな流れ。カルドブレッサは直線で全く前が空かないまま終了。スムーズだったら掲示板はあっただろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(3月15日、16日)

3月15日
中山
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
ゴールデンスキトマ
▲原田和真(53.0)

阪神
8R阪神スプリングJ(芝3900m)
メイショウヨシミツ
田村太雅(60.0)

中京
9R4歳上500万下(芝2000m)
ヤマカツティラノ
松田大作(57.0)


3月16日
中山
1R3歳未勝利戦(ダート1800m)
レンブラント(父チャクラ)
松岡正海(56.0)
3R3歳未勝利戦(ダート1800m)
ハードマティーニ
戸崎圭太(56.0)




メイショウヨシミツはオースミムーンにテイエムハリアーと骨っぽい相手との力比べ。ここで好走出来れば、楽しみが更に増すが。

レンブラントはメンバー的に先手を取れそうな感じだし、恵まれた印象。積極策で粘り込みを図りたい。

ハードマティーニはエンジンの掛かりが遅い感じだったので、距離延長は合ってそうな感じ。あとは2戦目で集中力が増していれば。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~3月9日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ネオユニヴァース
4ハーツクライ
5ゴールドアリュール
6マンハッタンカフェ
7ダイワメジャー
8クロフネ
9シンボリクリスエス
10ゼンノロブロイ
11フジキセキ
12アドマイヤムーン
13アグネスタキオン
14ステイゴールド
15ジャングルポケット
16ブライアンズタイム
17サクラバクシンオー
18マイネルラヴ
19デュランダル
20アグネスデジタル




なんと、22位のサウスヴィグラスまで先週と順位変動なし。こういうのは書くネタに困るんだがなぁw

チューリップ賞でハープスターが圧巻の走りを見せ、ディープ産駒が3週連続重賞勝利。通算54勝とし、歴代11位(内国産3位)トサミドリにあと1勝。

トゥザワールドの弥生賞勝利でキンカメがファーストシーズンから7年連続JRA重賞勝利達成。通算52勝とし、並んでたタキオンを抜いて歴代単独13位に浮上。

スマートオリオンのオーシャンS勝利でグラスワンダーが26位に浮上。ファーストシーズンから11年連続JRA重賞勝利達成。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン&チャクラ産駒の成績(3月8日、9日)と特別登録馬

3月8日
阪神
4R3歳新馬戦(ダート1200m)
メイショウネフェル(父チャクラ)
16番人気15着


3月9日
中山
5R3歳未勝利戦(牝馬限定・芝1800m)
ミスマリーン
8番人気12着

阪神
8R4歳上1000万下(芝1600m)
カロッサル
1番人気2着
12R4歳上1000万下(ダート1400m)
メイショウアイアン
10番人気9着




カロッサルはソツない騎乗で良い脚使ったが、内を掬った勝ち馬が一枚上手だった。次こそは何とか勝ってほしいが。

メイショウアイアンはこの馬自体のレースは出来たが、流石に即通用するほど甘くなかった。クラス慣れが必要。

ミスマリーンは久々もあって道中行きたがってた。これで変わってくれれば良いが。

メイショウネフェルはタイムオーバーにならなくて良かったという事にしとこうか・・・




特別登録馬
メイショウヨシミツ・・・阪神スプリングJ




これまでに比べて一気の相手強化。ここでも好走出来れば楽しみになるが。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

弥生賞回顧

圧倒的1番人気に支持されたトゥザワールドが重賞戦線で好走してる既成勢力との力関係を量るレースと見ていたが・・・勝つには勝ったが、今日の騎乗は本番に向けて不安が残るレースだったと思う。

道中は中団グループの外目を追走。ペースが上がらなかったので向こう正面で一度動いて前をつついたが、そこで持って行かれず抑えが効いた前半は問題ない。問題は3~4コーナーで気合いを付けられた際の反応が良すぎて一気に先団に取り付いた点。直線で早め先頭に立ったが、そこから思ったほど伸びず2着馬の猛追を受けた。
特殊な流れを作って凌ぎ切る辺り、能力は確かではあるが、自ら先行馬を掃除するような自力勝負に出ると終いの持続力という点で不安が残る内容だった。本番ではもう少し溜めないと善戦止まりか。あと、跳びが大きく馬群に入った事が無い点で内枠を引いた場合は少し疑った方が良いかもしれない。

2着ワンアンドオンリーは休み明けの10キロ増も大半は成長分。道中は中団後方に控えて勝ち馬を見ながらの競馬。3コーナーでやや反応が鈍くなってエアアンセムに被されたものの、直線は大外に持ち出して末脚を伸ばして勝ち馬に猛追。
惜しくも届かなかったが、前走の勝利がフロックでない事を証明。勝ち切るまではどうかと思うが、小回り向きの一瞬の切れを有しており、皐月賞でも要注意な存在になるだろう。

3着アデイインザライフは後方からの競馬になったここ2戦と違って中団馬群からの競馬。4コーナーで馬群を捌きながら先頭集団に並び掛け、直線もしぶとく脚を伸ばしたが、先に抜け出した勝ち馬に追い付けず、一瞬の切れに優る2着馬に差されての3着。
権利を取ったという点では違うスタイルでも結果を出したと言えるが、1、2着馬との力量差を感じさせる内容ではあった。京成杯みたいに前半を受け流して終いに懸けた方が良いようにも思える。

エアアンセムは馬群の中で細かい不利を受け続けた前走のトラウマがあったのか、最初から行く構えを見せず後方に控えて向こう正面では集団最後方の外目。勝負所から捲り気味に仕掛けて行って勝ち馬を追い掛ける形となったが、坂を上がったところで少し甘くなった。内で包まれるリスクを避ける競馬に終始した感じであり、これでこの馬の能力の限界値もある程度見えた感。

お粗末な競馬だったのがキングズオブザサン。またしてもスタートが決まらず後方2番手からの競馬となり、勝負所で馬群を捌こうとしたが捌けず。直線では内を突いたが、狭いところに入ってスムーズさを欠いた。スムーズさを欠きまくっても5着に来るのだから、まともなら際どい勝負になった筈。これでは次走から乗り替わり必至だろう。流石にこれは擁護の仕様がない。

アズマシャトルは道中は中団後方に控えて折り合いも付いていたが、勝負所から追っ付けながらの追走となって置かれ気味となり、直線もサッパリ伸びず。仕上がり途上だった感じ。エイシンエルヴィンは4番手からレースを進めたが、ペースが上がった後半はガス欠気味であえなく失速。きさらぎ賞の内容から色気を持った感じだが、まだ力が付き切ってない感じ。


まだトライアル2つ残っているが、皐月賞に関しては大分予想が固まって来た。あとは印の強弱をどう付けようかという感じ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

オーシャンS回顧

春の中山は鬼門なのか?圧倒的1番人気に支持されたハクサンムーンが直線であえなく失速してまさかの13着に惨敗。鼻血でもぶちまけたか、心房細動でも起こしたかと言わんばかりの豪快な逆噴射だった。

二の脚の加速力の速さであっさりハナを奪うと、二番手集団に絡まれる事もなく前半3Fを33.9で通過。今の中山は時計が掛かる馬場とはいえ、ハクサンムーンにとってはオーバーペースとは言えない。ハクサンムーンにとって、ほぼ定石通りのレースが出来たと言えよう。
にも拘らず、直線残り1Fからは豪快な逆噴射。馬体重は休み明けでも変わらなかったが、数字以上に中身が出来ていなかったとしか言い様が無い。昨年も9着に沈んだこのレースから高松宮記念で3着と巻き返したように、叩き良化タイプではあるが・・・今年はコパノリチャードとの逃げ争いが鍵になりそう。

対照的に完璧な立ち回りで勝利を収めたのが、連騰で挑んだ重賞初挑戦のスマートオリオン。スタートはそれ程速くなかったが、二の脚を利かせて道中は好位集団の内目。直線に向くとハクサンムーンの更に内側、つまりは内ラチギリギリを突いて抜け出すと、追い込んで来たスノードラゴンの追撃を余裕を持って退けた。
先週の自己条件もなかなか強い勝ち方だったが、今が充実一途と言える状態なのだろう。加えて、最内から経済コースを立ち回れたのと力が要る馬場を苦にしない利点を活かし切れたのも大きかった。高松宮記念も有力視されそうだが、持ち時計が無い点と3戦して全て着外という左回りの適性に疑問符は付く。

2着スノードラゴンは道中は後方5番手を追走。直線は大外に持ち出し、馬群の間を割って末脚を伸ばして坂上で2番手に浮上。3歳春の橘S以来、約3年振りの芝のレース出走で人気は全くなかったが、力が要る今の馬場がこの馬にとって味方したと言える。これでレースの選択肢に幅が出たとも言えるが、時計勝負にならなければ。

3着レッドスパーダは得意と言えない荒れ馬場で追走に苦労したが、なんとか先行集団の外目をキープ。直線では坂下で後続に吸収されかけたが、そこからもうひと踏ん張りしてしぶとく差し返して3着を確保。強敵相手に揉まれた経験も活きたが、昨年秋は天皇賞に出走した馬がまたスプリント路線・・・相も変わらず、使い方に一貫性が感じられない。

勿体なかったのがスギノエンデバー。道中は後方グループの内で脚を溜めて直線も余力十分であったが、直線はものの見事に前が壁。なんとか外に持ち出して追い出したところが、残り100mを切った辺り。そこから3着とは0.1秒差まで追い上げただけに、スムースであったら楽に馬券圏内に来れたであろう。

リアルインパクトはいつぞやのグランプリボスを思い出させるスタートでの出遅れが致命傷となった。直線は後方2番手からメンバー3位の上がりで追い込んで来ただけに勿体ない競馬。尤も、出遅れにより、前半を受け流せた事で終いの伸びに繋がったとも取れる。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

チューリップ賞回顧

休み明けでも取りこぼしは許されない。そう言わんばかりのハープスターの大外一気が炸裂。余力を十分に残しながら見せた圧巻のパフォーマンスは牝馬クラシック戦線の主役は紛れもなくこの馬と印象付けるのに十分だった。

スタートしてからすぐに後方に下げて馬場の外目に持ち出し、道中は後方2番手を追走。4コーナーから気合いを付けて進出を促し、直線では大外。追い出されると、他馬と違いがハッキリ判るストライドの回転の速さであっという間に先頭。最後まで川田はムチを入れる事ないまま、後続に2馬身半差を付ける完勝だった。
前半を受け流す事で終いの切れと持続力を引き出すタイプではあるが、この馬の場合は加速し出してからトップスピードに乗るまでの時間が短く、そのスピードの持続力が桁違いに長い。今回は大外に回してスムーズに加速出来たのもあるが、新潟2歳Sと同様の凄まじい切れ味だった。6~7F目のレースラップは11秒台を刻んでるが、おそらくこの馬は10秒台後半を刻んでるだろう。良馬場での決め手勝負になれば、同世代でこれに敵う馬はいないだろう。これで桜花賞、オークスの本命は決まった。

2着ヌーヴォレコルトは大外からジワッと出して行って好位集団の外目を追走し、直線に入ってからゴーサイン。勝ち馬にはあっという間に交わされたものの、終いの伸びはしっかりままで2着は楽に確保。相手が悪すぎたが、道中はスムーズに流れに乗れていたし、休み明け&初の右回りでこれだけ走れば上々だろう。力量差は如何ともし難いが、立ち回り次第で本番でも好走する余地はある。

3着リラヴァティは押し出される様にハナを切った前走と違い、最初から押して行ってハナを主張。道中も後続に絡まれる事なくマイペースで逃げられ、直線も二の脚を使って逃げ込み態勢。1、2着馬とは決め手の違いを見せ付けられたが、3着に粘って出走権を確保。先行有利の馬場を見越した松山のファインプレーもあったが、PO馬のクラシック出走は実に喜ばしい。

ブランネージュは道中は集団後方の外目で折り合いを付けて末脚を温存。直線はそのまま外を回って追い出しに入って末脚を伸ばし、一旦は2着馬に迫る勢いだったが、坂を上がったところで脚が上がった。相手なりに走れるタイプで格上挑戦でも見せ場を作ったが、現時点では平坦コースの方が良いタイプか。

2番人気プリモンディアルは集団後方を追走していたが、一気にペースが上がった勝負どころで置かれてしまって見せ場なし。基本的に3歳春以降の重賞は新馬勝ちから即通用する程甘くない。血統的にも人気になりやすい馬ではあったが、もう少しキャリアを積まないと上では通用しない。

エルフィンSを逃げ切ったシャイニーガールは一転して控える競馬に出たが、内枠で他馬を気にする仕草を見せて直線も伸びずじまい。結果論になるが、最内枠を活かして前を取りに行った方が良かったかも。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン&チャクラ産駒(3月8日、9日)

3月8日
阪神
4R3歳新馬戦(ダート1200m)
メイショウネフェル(父チャクラ)
国分優作(54.0)


3月9日
中山
5R3歳未勝利戦(牝馬限定・芝1800m)
ミスマリーン
宮崎北斗(54.0)

阪神
8R4歳上1000万下(芝1600m)
カロッサル
北村友一(57.0)
12R4歳上1000万下(ダート1400m)
メイショウアイアン
☆菱田裕二(56.0)




今週デビューのチャクラ産駒
メイショウネフェル
母メイショウエレノア
母父プリサイスエンド
栗東・安達昭夫厩舎




カロッサルはハーキュリーズとの再戦ムード。坂があってレース全体の上がりが掛かりやすい阪神に替わるのは好材料。

メイショウアイアンは菱田に替わって減量の特典があるのは良いと思う。あとは阪神でも脚が溜まるかどうか。

ミスマリーンは間隔が開いたのと、この条件でも追い込み切れるか不安はある。ただ、デビュー戦の内容から牝馬限定ならなんとかなっても。

メイショウネフェルは調教がパッとしないので、まずは無事に回ればヨシ。




ダイオライト記念に出走予定のムスカテールは順調な追い切りを消化中。ホッコータルマエに続いてニホンピロアワーズとの力試しになるが、モタれなければ良い勝負が出来る筈。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

阪急杯回顧

阪神Cではスタートで失敗し、中途半端な位置取りに終始して自爆したコパノリチャードだが、今回は最内枠からケレン味のない逃げを打って2番手以下を翻弄する4馬身差の快勝。持ち前のスピード能力の高さを見せ付ける形となった。

スタートはそれ程速くはなかったが、そこから気合いを付けてハナに立つと、2F~5Fを10.7-10.9-11.1-11.2と淀みのないラップを刻んでの逃げ。直線で2番手にいたガルボが迫って来たが、これを坂で突き放し、脚が止まった好位勢を尻目においでおいでの完勝。
最後の1Fは12.8掛かったように自身も楽な逃げではなかったが、キツいペースでも行き切らせて自分のリズムで走らせるとしぶとい事を証明。もう少し気性面のコントロールが利けば良いのだが、現状ではスピードを活かし切るこのスタイルがベストであろう。

2着サンカルロはスタートは五分だったが、二の脚が付かず後方から。道中は内にモタれて外に出せず、結局は枠なりに内を回る形に。直線は内から馬込みを捌く形になったが、上手い具合にスペースが出来た最内に突っ込んでしぶとく脚を伸ばしてゴール寸前で2着に浮上。
前走は前が空かずに内で脚を余す形だったが、今回は淀みない流れで程良く前がバラけたし、上がりが掛かる展開になったのが幸い。今年で8歳となるが、この条件で異様に走るのは健在。

3着レッドオーヴァルは出たなりの競馬で道中は中団を追走。ペースが速かった事もあって折り合いもスムーズ。勝負所のコーナリングで好位集団に上がり、直線もジワジワと脚を伸ばしたが、幾分力を要する馬場もあって2着馬に伸び負けする形。
仕上がりも悪くなかったし、道中も流れに乗れていた。パンパンの良馬場ならもう少し切れていただろう。牡馬相手では善戦までという感じだが、牝馬同士なら復調して来た今なら勝ち負けまで持ち込める。ヴィクトリアマイルは馬場次第だろう。

ガルボは押して押して外目3番手をキープ。その後はリズム良く追走し、4コーナーでバテたパドトロワを交わして2番手に上がり、そのまま勝ち馬を負かしに行く競馬をしたが、逆に突き放されて最後は2、3着馬に差し込まれた。
勝ちに行く競馬をしなければ2着は確保出来ただろうが、出来の良さもあって敢えて負かしに行った石橋脩の姿勢は評価したい。冬から春先にかけて滅法走るが、リズムに乗った先行策を取れば本当にしぶとい。

エピセアロームは好位からの競馬で折り合いもスムーズ。直線は内を通って一旦は3番手に上がったものの、そこからの伸びは今一つで流れ込む形に。パンパンの良馬場でこそのタイプだし、もう一列後ろにいて前半を受け流す競馬の方が良かったかも。

ラトルスネークはまたまたスタートで出遅れ。ペースが速かった事で折り合いは付いてたし、直線も大外から良く追い上げて来たが・・なんか今後もこういう競馬しか出来ないだろうなぁと思ってしまう。よっぽど展開がハマらない限り勝つのは難しいだろう。

1番人気だったダノンシャークは道中は3着馬と似たような位置取りだったが、直線ではサッパリ伸びる気配なし。デビュー以来の最低着順となったが、やはり降雪の影響で東京新聞杯を回避した影響があったのだろう。ここまで負けて良い馬ではない。

中間の動きから復調気配が窺えたカレンブラックヒルだったが、中団から全く伸びる気配なし。昨年に比べて良くなってるという話らしいが、復調の道は険しいと言わざるを得ない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

中山記念回顧

終わってみれば、このレースには2つのifが存在したといえる。もし、トウケイヘイローが出遅れずに注文通りハナを切っていれば・・・。もし、ジャスタウェイにノリではなく福永が乗っていれば・・・。そう考えずにはいられないレース結果だった。

福永の騎乗停止でノリとの急造コンビとなったジャスタウェイ。いずれにせよ、中団後方から差して来るタイプだけに、小回り先行有利の中山1800mの適性には懐疑的な見解を持っていたが、スタートから出して行って好位4、5番手のインをキープ。直線ではトウケイヘイローに内を閉められかけたが、狭いスペースをこじ開けるようにして抜け出すと2着争いを尻目に3馬身半差の快勝。
前有利という中山のセオリー通り前々でレースを運び、なおかつテン乗りでこの馬の決め手を引き出したノリは流石と言える。経済コースを立ち回ったとはいえ、好位抜け出しでも決め脚が使える点を見せたのは大きな収穫だったと言えよう。ドバイ遠征に向けて上々の壮行レースとなった。

2着アルキメデスは朝日CC以来の休み明けだったが、仕上がり良好。1コーナーでゴチャついて位置取りを下げる不利はあったが、それほど行きたがる素振りを見せず。直線はやや前が壁になるシーンもあったが、馬群の間を割るようにして抜け出し、ゴール寸前の首の上げ下げで2着に浮上。
連勝は止まったが、その決め脚は一気の相手強化でも見劣りせず。一線級でも通用する目処は付いたと言える。輸送が絡んだ休み明けでも落ち着いてたように、気性面での成長が見られるレースだった。良馬場ならもっと切れていただろう。

3着ロゴタイプは成長分もあるが、プラス12キロで幾分緩い造り。休み明けで気負った部分もあったが、サッと先行出来る機動力の高さは健在で好位から宥めながらの追走。勝負所から勝ち馬を被せるように進出し、直線も1、2着馬に比べてスムーズ捌いて来れたが、苦手の渋った馬場で最後のひと伸びが足りず。
とはいえ、田んぼ馬場にノメって全く良いところが無かった札幌記念から大いに前進した内容。この馬もドバイデューティーフリーに選出されたが、まずは及第点を付けられると言えよう。

マイネルラクリマは大外から二の脚を利かせて先行集団の外目を追走。勝負所では馬場にノメって手が動き出したが、元々渋った馬場は得意なタイプ。直線に入るとしぶとく盛り返して2着争いに加わった。馬場が向いたのもあるが、休み明けでこの面子相手にこれだけ走れば上々だろう。使って良くなるタイプなので次はもっと動けて良い筈。

ヴェルデグリーンは出たなりの競馬で中団後方からの競馬。4コーナーから仕掛けて行って直線もスムーズに外に持ち出せたが、渋った馬場では切れ味半減。外から捲って行く競馬が身上であるこの馬にとっては厳しい競馬だったが、それでも大きく崩れなかったのは健闘と言える。条件が噛み合えば、このクラスでももう少し通用しそう。

十中八九先手を取れると思われたトウケイヘイローだが、ゲートに頭をぶつけて下がったところでスタートが切られてまさかの出遅れ。1~2コーナーで外目を通って一気にハナを奪ったが、その過程でかなり脚を使ってしまった。渋った馬場は得意でも、流石に本来の形で逃げられなければ直線で粘り切れないのもやむなし。
それでも、天皇賞みたいに逆噴射しなかった辺り、この馬の地力は一応見せたと言える。それだけに、あの出遅れは実に勿体なかった。ドバイでは自分の型に持ち込んで逃げられるようなら。

ダイワマッジョーレは以前は中距離でも走れていたが、今はマイルがベスト。それに、多少渋っても軽さが必要な東京や京都に比べてパワーが要求される中山の馬場は合わなかった感じ。

昨年の1、2着馬ダイワファルコンとナカヤマナイトはコース適性と馬場が向くかに思われたが、共に惨敗。昨年より相手が揃ってたのもあるが、もう少し見せ場があっても良かった筈。

カレンミロティックはもう少しゆったり運びたかったのもあるが、渋った馬場にノメってまるで競馬にならず。アユサンは牡馬相手の休み明けでは大敗もやむなし。根本的に左回りでこその馬なので今回は度外視したい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2014リーディングサイアー~3月2日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ネオユニヴァース
4ハーツクライ
5ゴールドアリュール
6マンハッタンカフェ
7ダイワメジャー
8クロフネ
9シンボリクリスエス
10ゼンノロブロイ
11フジキセキ
12アドマイヤムーン
13アグネスタキオン
14ステイゴールド
15ジャングルポケット
16ブライアンズタイム
17サクラバクシンオー
18マイネルラヴ
19デュランダル
20アグネスデジタル




トップ3に変動はなかったが、4位以外はなかなか出入りが激しくなった。

ジャスタウェイの中山記念勝利でハーツが4位に浮上。これまではマイル、2000mといった根幹距離での勝利が大半で1800mの重賞はこれが初勝利。

コパノリチャードの阪急杯勝利でダメジャーが7位に浮上。これでファーストシーズンから4年連続JRA重賞勝利達成。

サンカルロ、アルキメデスが重賞2着に入った事でクリスエスとアドマイヤムーンがランクアップ。アドマイヤムーンはハクサンムーンで一気にトップ10入りなるか。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(3月2日)

3月2日
阪神
10R伊丹S(ダート1800m)
マヤノクレド
8番人気4着

小倉
2R3歳未勝利戦(ダート1700m)
インスタイル
3番人気6着




当日輸送がどうかと思ってたクレドだが、無事にクリアして健闘。最後に甘くなった辺り、1800mはやや長い感じだが、滞在競馬でなくとも好走出来たのは大きい。

インスタイルは被せられるのを嫌ったのもあるが、脚を使って先頭に立つのが早過ぎた。距離の方は問題なかったので、乗り方一つだろう。



来週の特別登録馬はいません

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

アーリントンC回顧

スタートから2秒で勝負を決めたと言っても過言ではないミッキーアイルの影も踏ませぬ逃走劇が今日も開幕。

前走のリプレイを観てるかのようなロケットスタートからあっさりハナを奪うと、最初の1Fを12.6とゆっくり入り、続く2~4Fは11秒台を刻んで2番手以下を引き離す。5F目で12秒台に落として一息入れるとそこから再加速。直線入り口で物見をしてフラつく場面もあったが、今回は後続に詰め寄られる事のない完勝。
前走は間隔が詰まった事もあってイレ込みもキツかったが、今回はそのようなところも見られず。物見をしたり、ソラを使ったりと課題も見受けられたが、スピードの違いを見せ付けたと言えよう。楽に行かせてもらった恩恵はあったが、直行するNHKマイルCでも自分の型に持ち込めれば。

2着タガノグランパは無理して勝ち馬を追い掛ける事なく2番手をキープ。4コーナーでかなり開いてた勝ち馬との差を詰めに掛かり、直線では内ラチ沿いから脚を伸ばしたが、勝ち馬には追い付けずじまい。
今回は2走前にみられた行きたがる面も見せず、折り合いに進展はあったが、前目の競馬から勝ち馬を捕まえに行けるだけの地力はまだ付いてない感じ。現段階ではもう一列後ろで溜めた方が確実性が高そう。

3着フェルメッツァはスタートは良かったが、すぐ後方に下がって道中はポツンと離れた最後方。4コーナーで集団の後方にまで位置取りを押し上げ、直線は大外から末脚を繰り出してゴール前で3着に浮上。勝ち馬が引っ張った前半を完全に受け流した事で終いの爆発力も増した感じ。兄に近い他力本願タイプで今後も展開次第だろう。

2番人気エイシンブルズアイはスタートで失敗した時点で勝負あった。勝ち馬をマークする形を取れず、スタートの失敗を挽回すべく出して行ったら力んでしまってリズムが崩れたまま修正出来ずに直線はガス欠状態。

アドマイヤメテオはリズムを崩したエイシンブルズアイと接触したのを皮切りに、道中で何度か他馬に接触してる内に戦意喪失した感じ。直線に向く頃には手応えも無くなってた。デビュー戦以降はどうにもスムーズさを欠いてパフォーマンスを下げてるのは否めない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
95位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR