気合い溢れる楽天の選手だけが見どころの今年の日本シリーズ

日本シリーズ第5戦は楽天が勝利して遂に日本一に王手。仙台に帰っての6戦目はマー君が登板する以上、九分九厘で楽天の初優勝が決まったと言えよう。

しかし・・・今年の日本シリーズを見ていても、今一つ面白くない。

いや、「絶対に優勝してやる!!」と言わんばかりの楽天の選手の気迫溢れるプレーは見応えあるよ。マー君の闘志剥き出しのピッチング、松井稼頭央のファインプレー、中4日で力投した則本、藤田の魂の走塁と銀次の魂だけで打ったタイムリー・・・どれも素晴らしいと思う。

でもなぁ・・・それを帳消しにして余りあるのが、巨人軍の選手の気合いのなさ(坂本とか坂本とか西村とか)と、相も変わらずすっとこどっこいな原・星野両監督の迷采配。

分岐点になったかもしれない第4戦の継投ミスに加え、何のために斎藤隆がいるんだよ?と突っ込みたくなる今日の則本のロングリリーフ。今日は上手い具合に良い方向に出たが、宋襄の仁という言葉がしっくり来そうな星野の采配は相変わらず好きになれん。

巨人に関しては、選手も監督も本当に優勝したいのか?と首を傾げたくなる。見ていて気迫が全く伝わってこないし、日本シリーズに入って機能してない選手が多すぎる。それに拍車を掛けてるのが、原のルンバ采配。巨人ファンにとっては、何から何まで後手に回ってフラストレーションだけが溜まった試合だろう。

以前に比べて熱心に野球中継を見なくなったのもあるんだろうが、昔の日本シリーズはもっと見応えあったような気がする・・・

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今週のマヤノトップガン産駒(11月2日、3日)

11月2日
京都
12R3歳上1000万下(ダート1400m)
ピエナトップガン
和田竜二(56.0)


11月3日
東京
11Rアルゼンチン共和国杯(芝2500m)
ムスカテール
U・リスポリ(57.5)




今週は2頭か・・・最近は寂しい頭数が続くなぁ。

なんといっても、ここを勝ってジャパンCという青写真がある大佐の勝利を期待。
正直、57キロ止まりと思っていたので、この0.5キロがどう響くか気掛かりだが、坂路での追い切りは真っ直ぐ駈け上がってこの馬としては速い時計。着実に良化が窺える。内枠さえ引けば、多分崩れない。

ピエナトップガンはダートに戻したか。最近は結果が出てないけど、展開がハマるようなら通用しても良いと思ってる。


先週、登録抹消したイケトップガンは金沢競馬へ移籍予定。多くを望むのは酷だが、もうひと山あってほしい。

中央で唯一登録されていたチャクラ産駒のメイショウメルシーが25日付で登録抹消・・・2歳馬は5頭いるけど、園田所属のスカレットチャクラ(4戦して5着が最高)以外は馬名登録すらないし、何処でデビューするかも不明。
3歳馬はマヤノチャクリとシゴトガコイビトは名古屋に所属。メイショウメテオは高知に所属してたけど、移籍初戦となる筈のレースで出走取消(勝ったのは、同じく高知に移籍したトップガン産駒カレンミラコーリ)となって退厩扱いに。

一応、1歳馬が2頭、当歳馬が1頭いるから望みは捨ててないけど、何とか初勝利を挙げてほしいが・・・

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

ジェンティルドンナ乗り替わり、ロジユニヴァース引退、バルザローナが来るッ!etc.

まずはジェンティルドンナの乗り替わりの件。
・今までは逆の立場にいた岩田が遂に乗り替わりの洗礼を受けるのかぁ・・・
・3戦連続で同じような負け方を繰り返したのだから止むを得ないだろう。
・流石はサンデーR、岩田でも平然と降板させるその冷酷さッ。そこにシビれる憧れるぅ・・・わけねーだろw
といった思いが入り交じってる(最後はネタ入ったけど)。分かる事は、毎年重賞2桁勝利は当たり前だったのが今年は4勝(GⅠ1勝のみ)、3歳世代が壊滅状態、オルフェーヴルは凱旋門賞勝てずのサンデーRに余裕がない事だろう。なりふり構っていられない焦りみたいなものを感じる。
とはいえ、新たにコンビを組むライアン・ムーアはタイプ的に合っていそうな感じはする。ジャパンCではどのような騎乗をみせるか期待の方が大きい。

次にロジユニヴァースの引退。【ダービーは最も運の強い馬が勝つ】を地で行ったというか、あの超絶田んぼ馬場を勝つ代償として一生分の運を使い切ったイメージ。ノリにダービージョッキーの称号を与えた偉大な馬ではあったが・・・第二のセイウンスカイというか、引き際の難しさを感じさせた馬だった。
なんとかもう一花咲かせてやりたいという関係者の努力を否定する気はないが、○○で復帰予定→体調が整わず再放牧(たまに出走)の繰り返しとなったダービー以降の4年間を出る出る詐欺と揶揄されるのは仕方がないだろう。もう少し早く見切りを付けてほしかった。
今後は優駿SSで種牡馬入りする予定とか。父ネオも過渡期に入ってるし、半ば存在を忘れかけられた馬だけに楽観視できないが、父に似ない頑健な産駒が出ればいいなと思う。お疲れ様でしたm(__)m

引退と言えば、JBCスプリントに出走予定だったラブミーチャンが調教中に骨折して引退する事が決まった。地方馬でありながら、中央馬に通用した牝馬のスプリンターといえばベラミロードが印象深かったが、ラブミーチャンはそれを超える名牝だった(個人的な印象度では生で見た事があるベラミロードの方が上)。今後は自身のスピードを産駒に伝えてほしい。お疲れ様でしたm(__)m

すっかり影に隠れてしまったが、今週末からいよいよミカエル・バルザローナが日本にやって来る。ムルタとかエスピノーザとかファロンみたいに海外ではトップクラスでも日本競馬に対応出来なかった前例があるだけに海外での実績を鵜呑みにするのは危険だが、デットーリをゴドルフィン主戦の座から引きずり降ろした男だけに、日本競馬に適応出来れば無双状態になるんじゃないかと期待してる。ますはお手並み拝見と行きたい。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

2013リーディングサイアー2歳編~10月27日現在~

1ディープインパクト
2ヨハネスブルグ
3キングカメハメハ
4ネオユニヴァース
5ゼンノロブロイ
6ダイワメジャー
7フジキセキ
8ステイゴールド
9ハーツクライ
10チチカステナンゴ
11クロフネ
12ゴールドアリュール
13マツリダゴッホ
14スペシャルウィーク
15シンボリクリスエス
16マンハッタンカフェ
17スウェプトオーヴァーボード
18デュランダル
19ブラックタイド
20バゴ




2回目の2歳リーディング中間発表・・・昨日書くのを忘れてたのは内緒の話だw

一時は首位を明け渡したディープだが、テスタメント、トーセンスターダム、ラングレーといったPOGでの評判馬の新馬勝ちラッシュで首位をキープ。

ヨハネスブルグは小倉2歳Sに続いてデイリー杯2歳Sを勝利したホウライアキコが目立つが、勝利数でもディープに次いで2位。地方2歳リーディングでもフクノドリームのエーデルワイス賞勝利もあってサウスヴィグラスに次いで2位。

キンカメはデリッツァリモーネの萩Sを初めとして、10月に入って8勝を挙げてヨハネスブルグに急接近。現時点では三つ巴の争いになってきた感じ。

フジキセキはイスラボニータのいちょうS勝利等でランクアップ。2歳戦で16世代連続重賞勝利を達成出来るか?

失敗種牡馬の烙印を押されかけてるチチカスだが、秋開催に入ってから9勝を挙げてトップ10入り。総合リーディングで50位以内に入れたのは、リボントリコロールと2歳勢のお陰。

マツリダゴッホはウインスプラッシュのききょうS勝利等で一つ順位を上げた。そのウインスプラッシュは輸送熱で年内休養っぽいが、もう1頭のOP馬ウインマーレライに期待が懸かる。


ヨハネスブルグ、マツリダゴッホ以外の新種牡馬で50位以内に入ったのはパイロ(24位)、コンデュイット(32位)、コマンズ(38位)、スクリーンヒーロー(41位)、カンパニー(43位)、スウィフトカレント(48位)。
パイロは地方2歳リーディングでは重賞勝利もあって4位。スクリーンヒーローはモーリス、スウィフトカレントはサンダラスという期待馬が出た。まずまずのスタートと言えそう。
その一方で産駒数の質量で期待が大きかったコンデュイットやディープスカイ(57位)はこれといった産駒が出ていない。この現状が続くと、来年の種付け頭数はかなり減少するかもしれない。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2013リーディングサイアー~10月27日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4ダイワメジャー
5ハーツクライ
6マンハッタンカフェ
7ステイゴールド
8フジキセキ
9クロフネ
10ネオユニヴァース
11アグネスタキオン
12ゴールドアリュール
13ジャングルポケット
14アドマイヤムーン
15ゼンノロブロイ
16サクラバクシンオー
17タニノギムレット
18ロージズインメイ
19タイキシャトル
20スズカマンボ




ダメジャーがコパノリチャードのスワンS勝利等で4位争いから大きく抜け出した。JRA重賞10勝目で京都の重賞はこれが初勝利。今年は昨年より35頭減ったものの、209頭に種付け。

大金星となったジャスタウェイの天皇賞勝利でハーツが一気にトップ5入り。JRA重賞10勝目にしてGⅠ初勝利。今年は昨年より36頭増加の199頭に種付け。

ミヤジタイガのカシオペアS勝利等、土日4勝(土曜2勝、日曜2勝)を挙げたネオがトップ10入り。今年は昨年より14頭減の123頭に種付け・・・ピーク時の半分に減ったなぁ。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

天皇賞・秋回顧・・・とお詫び

昨日の夜中の時点では「稍重まで回復するだろう」と思っていたが・・・予想以上に馬場の回復が早くて昼過ぎには良馬場。しかも、昨日はあれだけ避けられてた内は乾きが早くて伸びやすいいつものトラックバイアス。全く、我ながら酷い読み違えである。

流石に良馬場にまで回復すればジェンティルドンナ有利は明白となるし、内も伸びると来れば、完全に脚が溜まり切らなくてもインに張り付くエイシンフラッシュが差し込める可能性が出て来る・・・とくれば。
はい、昨年の皐月賞(この時も馬場状態を読み違えてた)以来となる当日に予想変更です^_^;こんな感じに
◎ジェンティルドンナ
○トウケイヘイロー
▲トゥザグローリー
△アンコイルド
△ジャスタウェイ
△エイシンフラッシュ

今回は予防線も張ってなかったので、馬券は取ったけど何となく後ろめたい気持ち。今度からこういう状況になった時は、レース前までに変更した予想を掲載しますm(__)m


条件はベストも、ペースが流れて脚が溜まり切るかどうか未知数だったジャスタウェイだが、まさかまさかのジェンティルドンナ以下を4馬身千切る圧勝。ハマった面はあるが、予想を遥かに超える凄まじい切れ味だった。
最大の課題であったスタートを五分に出ると、中団の後方で脚を溜める事に専念。3~4コーナーから自然な形で外目を通って好位集団に接近し、直線残り400mから満を持してスパート。一気に先行グループを捕らえ、先頭のジェンティルドンナを並ぶ間もなく交わすと、あとは突き放す一方。力はあれど、アーリントンC以降はスタートが甘かったり、チグハグな騎乗で勝ち切れなかったが、噛み合えばここまで切れるのかという突き抜け方に唖然。ただ、ジャパンCには向かわないっぽい。有馬記念はコース形態で合わないと思うので、今年はもう世話にならないだろう。
それにしても、先週に続いて完璧とも言える騎乗でGⅠ連勝した福永はお見事。まだ完全には信頼出来ないが、これで一皮剥けてくるなら評価を少し改める必要ありか?

2着ジェンティルドンナはほぼ仕上がっていたし、良馬場に回復した事で持ち味の決め手を活かせるだろうと思っていた。しかし、あまりにもスタートが良すぎてしまい、逃げたトウケイヘイローをマークする形になったのが最大の誤算だった。春2戦に比べて行きたがる仕草は小さかったが、淀みないペースで逃げたトウケイヘイローに鈴を付ける役目を演じてしまっては、終いの切れが鈍ってしまうのは必然。
それでも、脚色で上回っているかに見えたアンコイルドやエイシンフラッシュの追撃を振り切ったのは地力の高さと言えよう。能力の高さではウオッカやダイワスカーレット、ブエナビスタに匹敵すると思う。
ただ、前を取りに行くレースぶりは危なっかしさを感じてしまう。昨年のジャパンCはこの戦法で結果を出したが、それ以降は行きたがる面を見せるようになってる。オークスみたく、折り合い重視で脚を溜めての瞬発力勝負が一番合っていると思うのだが・・・

3着エイシンフラッシュはまずまずのスタートを切ると、定石通り内ラチ沿いに張り付いて好位集団の後ろで脚を溜める作戦。4コーナーまでは理想的な形だったが、直線では内が塞がってて進路が空かず。やむなく外へ出し、そこからは良く伸びたが、それまでのタイムロスが痛かった。スムーズだったら、ジェンティルドンナと際どい勝負まで持ち込めただろう。 
淀みないペースで脚が溜まり切るかと思っていたが、この馬の特徴を引き出せるデムーロは流石と言える(直線のロスは兎も角として)。このコンビ継続なら、今後も警戒は必要だろう。

アンコイルドは外枠からでも前を取れるかどうかが鍵だったが、スタートから出して行って好位集団の一角をキープ。そこで上手く流れに乗って直線もスムーズに脚を伸ばしたが、流石にこのクラス相手に決め手勝負だと一枚落ちる。昨日の馬場状態だったらもう少し良い勝負になったかもだが、時計勝負にも対応出来たのは充実期故か。エイシンアポロンやスズカコーズウェイもそうだったが、充実期のジャイアンツコーズウェイ産駒は本当に崩れにくい。

コディーノは8キロ絞れて前走から気配一変。スタートもまともに出たし、2コーナーで頭を上げる場面もあったが、その後は上手く宥めてスムーズに折り合いが付いた。直線も上手い具合に前が空いて先頭を窺う勢い脚色だったが、坂で脚が止まってしまった。馬場の回復も味方してロスなく立ち回ったが、一瞬しか良い脚が使えなかった辺り、本質的にはマイラーなのだろうか?

ヴェルデグリーンは良馬場まで回復してしまっては流石に買えない。やはりというか、大外枠が災いして道中の位置取りも後方になってしまい、なし崩し気味に脚を使わされてしまって直線もジリジリとしか伸びず。ただ、条件さえ合えば巻き返す余地はある。

トウケイヘイローはハナを切って最初の3Fを35.0とまずまず抑えて入れたが、ジェンティルドンナにガッチリマークされる形となって一息入れるタイミングを失ったのが誤算。前半1000m58.4は函館記念より0.4速いものの、決して残れないペースではない。しかし、4F~7Fのラップ47.2は鳴尾記念や函館記念よりも速い。
溜め逃げが出来ないので(気性的に無理だろう)、ペースを緩めず後続に脚を使わせるスタイルを確立したが、今回みたく全く息を入れられなければ流石に最後まで持たない。

トゥザグローリーは2コーナーで内外からサンドイッチされる形となって位置取りを下げる不利。3~4コーナーで外を回って差を詰めに掛かったが、動くのが早すぎたか直線で失速。出来は良さそうだっただけに(3番手に評価を上げたし)、リズムを欠いてチグハグな競馬になってしまったのは勿体ない。

トーセンジョーダンは筋肉が落ちてしまっていたし、オーシャンブルーは数字的には回復してたが中身が出来ておらず。ダノンバラードは良馬場まで回復した上にラチを頼れない状況では為す術なし。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(10月26日、27日)と特別登録馬

10月26日
京都
2R2歳未勝利戦(ダート1200m)
テイエムファラオ
10番人気6着
7R3歳上500万下(ダート1800m)
ルスナイスナイパー
4番人気2着

新潟
9R3歳上500万下(ダート1200m)
ヒロノエンペラー
5番人気8着
11R魚野川特別(芝1800m)
ローレルソラン
9番人気12着


10月27日
東京
8Rくるみ賞(芝1400m)
デサフィナード
14番人気12着




ルスナイスナイパーは勝ち馬の末脚に屈したが、積極的なレース運びは休養前と変わらず。2走ボケがなければ次で卒業だろう。

ローレルソランは減った馬体が回復しなかったせいか、直線半ばでパタッと止まってしまった。

ヒロノエンペラーは直線で窮屈なところに入ったが、集団に付いて行けた。この距離に適応しつつある。

テイエムファラオはまた出遅れたが、上がり2位の脚。同じ着順でも見るべきとこがなかったデビュー戦より上の内容。




特別登録馬
ムスカテール・・・アルゼンチン共和国杯




路線変更を余儀なくされた大佐の仕切り直し。57キロは背負わされそうだが、短期放牧から戻って順調に乗り込まれてる。得意の左回りで巻き返しは十分可能。
ここを勝てばジャパンC出走の芽が出て来ると思っているんで、何とか勝ってほしい・・・完全に結果論だが、今日の馬場とペースなら、出走してたら掲示板はあったんじゃないかなぁ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

天皇賞・秋

◎トウケイヘイロー
○ジェンティルドンナ
▲アンコイルド
△ジャスタウェイ
△ヴェルデグリーン
△トゥザグローリー


予想より早い段階で雨が上がった事により、稍重までは回復するだろう。重馬場まで悪化すれば極端な波乱の可能性があったと思うが、どうやらある程度実力馬が力を出せるとみる。ただ、内の方は土曜のレースでもかなり避けられており、相当に荒れている。たとえ早く乾いても、劇的に伸びる状態にはならないと思う。

トウケイヘイローは過去の天皇賞で相性の良くない逃げ馬だが、レッドスパーダは距離を考慮して無理に行く構えは見せないと思うので展開では与し易いメンバー構成。最初の入りをある程度抑えて、中盤以降を平均より速いペースで引っ張って後続にも脚を使わせるという、持ち前の持続力を活かせる形に持ち込めれば。
距離適性を考えれば、国内の秋GⅠで勝算が高いのはこのレースだろう。札幌記念以来だが、今月から順調に乗り込まれており力を出せる仕上がり。

ジェンティルドンナは宝塚記念の内容から馬場が極端に悪化するようなら危ないと思っていたが、その状況は回避できそう。東京コースはオークス、ジャパンCを勝利してベスト条件。行きたがる面があるので、前に馬を置きやすいこの枠もプラスに働くだろう。宝塚記念以来だが、8月下旬に帰厩して乗り込み量は豊富。ジャパンCがあるので全開の仕上げではないが、2週連続で負荷の掛かる追い切りをこなして宝塚より動ける態勢。

アンコイルドは春は不本意な競馬続きで結果を出せなかったが、持ち前のしぶとさを活かせるようになった夏から2、3、2着。前走は従来と違う戦法で結果を出したように、ここに来て地力強化が目立つ。力の要る馬場得意のジャイアンツコーズウェイ産駒で、今の東京は合いそうだし、東京コース自体連を外していない。

ジャスタウェイは2000mを超えると結果を残せていないが、ダービーは明らかに長過ぎたし、京都記念や中日新聞杯ではチグハグに乗られて力を出し切ったとは言えない。トウケイヘイローの作るペースで脚が溜まるかどうか未知数だが、直線の長い左回りの中距離戦はベスト条件。調教の動きも良く、昨年の6着よりパフォーマンスを上げてきても。

ヴェルデグリーンは良馬場だったら詰みの大外枠だが、馬場の悪い内を走らされないと考えれば、却って良かったのもかもしれない。オールカマーでは淀みないペースで差し切り勝ちを決めているように、トウケイヘイローの作るペースは向くとみる。調教は目立たないが、実戦で結果を出すタイプなので気にしなくても良い。

トゥザグローリーは長期休養明けの前走でも見せ場十分の内容。寒くなるにつれてパフォーマンスを上げて来るタイプなだけに、ここで更に調子を上げてきそう。実際、中間の追い切りも意欲的にこなし、好調時の動きに近付いてきた。本質的には良馬場の方が良いが、稍重まで回復するようなら一発があっても。


エイシンフラッシュは内枠を引けたし、相も変わらず調教はべらぼうに動いてる。しかし、トウケイヘイローが淀みなく引っ張るペースでは脚が溜まり切らないと思う。昨年はシルポートが飛ばしたが、あまりにも後続を離し過ぎた為、実質的には平均以下のペースで脚を溜められた。今回は後続もなし崩し気味に脚を使わされるとみるので消しの方向で。

コディーノはリスポリが劣化気味である以上、テン乗りで乗りこなせるとは思わない。折り合い面を考えると流れは向きそうだが、今の馬場状態だと最内は良いとは言えない。3歳時のペルーサみたいに巻き返す可能性もあるが、今回はあまり食指が動かない。

ダノンバラードは馬場は合いそうだが、左回りではモタれる癖もあってあまり結果を出していない。有馬記念では大穴で狙っても良さそうだが、外枠でラチも頼れそうにない今回は宝塚記念の再現は難しいとみる。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

スワンS回顧

直線で逃げ込みを図るコパノリチャード、2番手から追い掛けるマジンプロスパー、内からレッドオーヴァル、外からダイワマッジョーレが脚を伸ばしたところで「ヨシ、取った!」と思ったが・・・あと1Fでマジンの脚が止まり、終わったと思われたサダムパテックが飛んで来て見事にご破算orz

逃げ切ったコパノリチャードは自身の二の脚が速かったのと、同型のエーシントップが出遅れ、テイエムオオタカは押してるのにハナに行き切る加速が付かなかったのもあってハナへ。前半3Fを35.3とスローに落として直線も余力十分。接戦となった2着争いを尻目においでおいでの完勝だった。
単騎逃げの形となって自分のリズムで行けた恩恵はあったが、これで京都は3戦3勝。脆さはあるが、リズム良く行ければマイルCSでも良い勝負出来そう。

2着ダイワマッジョーレはこの距離は少し忙しくなってるのか、出して行っても結局は中団からの競馬。4コーナーでもスッと反応出来なかったが、残り1Fでエンジンが掛かるとジワジワと脚を伸ばし、ゴール寸前でクビ一つ抜け出して2着争いを制した。距離延長と57キロで出走出来るマイルCSでは更にパフォーマンスを上げてきそう。

3着サダムパテックはスタートがやや甘くて集団の後方からの競馬。ペースは遅かったが馬群の中で折り合いを付け、直線では空いたスペースから馬群を割って、最後は競り負けたが2着馬と併せる形で伸びて来た。香港マイル以降の体たらくで人気を落としていたが、久々にGⅠ馬らしい走りを見せた。本番は良馬場条件で。

レッドオーヴァルは前走から10キロ増えたが太くは見せず。道中は中団のインを進み、スローペースでも折り合いは付いていたが、終始馬場の悪い内を走らされる形となり外に出せずじまい。直線も最内から脚を伸ばしたが、春に見せた切れは見られず。まだ良化途上ではあるが、桜花賞以降では一番良い内容。

マジンプロスパーは外枠から好スタートを切ると、逃げた勝ち馬を先に行かせての大名マーク。ジワッと差を詰めに掛かった4コーナーでも楽な手応えに見え、直線では何処で捕まえるかに見えたが・・・まさか、こちらの脚が先に上がるとは計算外。結果論になるが、動くのを直線に入るまで待った方が良かった気がする。

ラトルスネークはスタートで出遅れ、行くところ行くところ前を塞がれてしまってリカバリーに失敗。直線もスムーズさを欠いて前が空いたのは残り100mからではどうしようもない。確かにペースも向かなかったが、それを差し引いてもメンディザバルが酷過ぎた。不安材料と指摘しつつ、買った俺がアホだった。

グランプリボスはスタートは良かったが、無理に行かせず中団で脚を溜めながらの競馬。4コーナーから差を詰めに掛かったが、ここで2着馬に外に張り出されて加速力を殺され、直線も伸びを欠いた。加速し切れなかったのもあるが、やはり良馬場の方が良いタイプ。本番は良馬場待ち。

テイエムオオタカはスタートダッシュが鈍く、その後もズブさ全開でハナを叩けず。出遅れて泡食って追い掛けたら持って行かれたエーシントップ同様に見せ場の欠片もなかった。アドマイヤセプターは馬場が合わなかったが、レッドオーヴァルに寄られてリズムが崩れてしまってた。


先週の富士Sは早い段階で諦めが付いたが、今回は本線的中と思わせといての外れだけに、精神的ショックはデカい。方向性は間違ってないんだがなぁ・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

スワンS

◎マジンプロスパー
○コパノリチャード
▲ラトルスネーク
△テイエムオオタカ
△レッドオーヴァル
△ダイワマッジョーレ


マジンプロスパーはぶっつけで挑んだスプリンターズSで見せ場ある4着。今回は叩き2戦目で得意の1400mに加えて、実績から恵まれたと言える56キロ。大外枠も好材料だし、馬場悪化も時計が掛かる方が良いこの馬にとって歓迎のクチ。調教も動いてるし、内枠続きでグダグダに終わった昨年秋とは違った姿を見せてくれるだろう。

コパノリチャードは休み明けの前走は最下位に沈んだが、スプリント戦並みのハイペースに巻き込まれてのもの。今回はエーシントップとテイエムオオタカがいるものの、極端なハイペースにはならないだろう。内の2頭を先に行かせて溜めを利かせられるような形になれば巻き返してもおかしくはない。京都コースでは2戦2勝。

ラトルスネークは道中で折り合えるかどうかが鍵だが、3歳時にロードカナロアを差し切った素質は高く評価されていた。不良馬場でも差し切り勝ちがあるように道悪不問で調教でもキビキビ動けてる。この条件では2戦2勝と相性も良い。メンディザバルで2発目があるか不安だが、テンションを抑えられていれば。

テイエムオオタカはズブくなっただけに、1200mより1400mの方が先手を取りやすい。今回は内枠を引けたし、渋った馬場でもそれなりに動けてる。マジンプロスパーやラトルスネークは兎も角、他の有力馬が道悪で切れを殺されるようなら経済コースを立ち回って逃げ残れる公算があるとみる。

レッドオーヴァルは大雨の中で行われた前走の負けをどう見るかだが、この条件で重馬場だった紅梅Sでは差し切り勝ちを決めている。今回は適距離に戻ったので見直してみたい。最内枠で52キロに加えて桜花賞2着の相棒デムーロとの再コンビ。デムーロ劇場開幕の要素は整っている。

ダイワマッジョーレは安田記念で崩れたが、道中は内にモタれ通しで本来の走りが出来なかった。この辺りは初の58キロが堪えたとみる。今回は57キロで出走出来るし、渋った馬場も重賞初勝利を決めた2走前で克服済み。休み明けでも動ける態勢にある。


グランプリボスやアドマイヤセプターは良馬場でなら普通に買える馬だが、馬場が渋った今回は割引が必要。特にグランプリボスは馬場が重かった追い切りでの動きを見た感じ。馬場悪化はマイナスになりそう。

エーシントップは1400mで3戦3勝だが、この馬も良馬場の方が良いタイプだし・・・何となくだが、この馬は春GⅠ2戦の内容からエーシンのマル外にありえそうな早熟タイプに思える。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

気が付けば20000HIT突破

須藤元気の試合で一番面白かったのは、ヒールホールドを極めたバタービーン戦だと思うがどうよ?

とまぁ、何の脈絡もない問いかけから始めたが・・・特に深い意味はないので答えないようにw

水曜の夜、1月に10000HITに到達してから約10ヶ月で20000HITを超えました。前回より少し速いペースで到達出来たのも、ヘッポコな予想と自虐ネタに終始しやすいレース回顧を中心とした記事に目を通して下さる方々のお陰ですm(__)m
何度も覗いて下さるリピーターの方や、ページを遡って2年近く前の記事にまで目を通して下さる方もおられる辺り、それなりに面白みのあるブログになってるのかなぁとか、ちょっと自画自賛してみたりするw

まぁ20000HIT突破しても、特に何か変わるわけでもなく自分の書きたい事をマイペースで書いていきますんで、今後とも宜しくお願いしますm(__)m

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

今週のマヤノトップガン産駒(10月26日、27日)

10月26日
京都
2R2歳未勝利戦(ダート1200m)
テイエムファラオ
佐久間寛志(55.0)
7R3歳上500万下(ダート1800m)
ルスナイスナイパー
秋山真一郎(57.0)

新潟
9R3歳上500万下(ダート1200m)
ヒロノエンペラー
高倉稜(55.0)
11R魚野川特別(芝1800m)
ローレルソラン
黛弘人(57.0)


10月27日
東京
8Rくるみ賞(芝1400m)
デサフィナード
武士沢友治(54.0)




ローレルソランは行こうと思えば行けそうな面子。不良馬場を逃げ切った4走前の再現なるか。

ルスナイスナイパーは半年ぶりだが、500万に降級すれば地力が違う。カーティスバローズ以外には負けられない組み合わせ。

デサフィナードはガサがないだけに、馬場が悪化してどうなるか。ヒロノエンペラーは前半で付いて行けないと厳しい。テイエムファラオは多少なりとも変わり身あれば。




イケトップガンが昨日付で登録抹消・・・
先日のオールカマーで復帰はしたが、そこまでだったか。昨年の函館記念2着後の故障が痛かったなぁ。休養明けから徐々に調子を上げて、小回りコースでならOPクラスに目処を付けてただけに・・・
個人的には、軸にして結構な額を突っ込んだら4着に負けて「勝春!この(以下自主規制)」と発狂した5年前の魚野川特別(現地観戦してた)と、ホッコーパドゥシャが勝った新潟記念でメイショウレガーロと勘違いして(パッと見、勝負服似てるよね?)「イケも3着で3連複ド高めキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!」とぬか喜びに終わったのが印象深い・・・というかほろ苦い思い出だなw
トップガン世代で期待値マックスだった海猿世代の隠れた賞金王、お疲れ様でしたm(__)m

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

パーク・マンサー活動再開ってマジかよwwwwwww

「この動画知ってます?無茶苦茶ヤバいっすよ」

今日、会社の後輩にそう言われてスマホで見せてもらったのが、かつてTBS系列で放送されていたバラエティ番組【学校へ行こう!】の人気コーナーB-RAP HIGH SCHOOLに登場していた軟式globeの編集された動画だった。
最初は「こいつら誰だっけ?」と思い出すのに時間が掛かったが・・・久々に笑わせてもらったwww解散してから11年経ってるのに、未だに腹筋崩壊レベルのネタは今でも通用するわwwwww

軟式globeを知らない人の為に説明すると、切れのある独特なダンスを踊るパーク・マンサーに対し、それに動じることなく淡々と歌うボーカルKEIKOのシュールさと、ラップパートで繰り出すパークの恋愛に関する自虐ネタのアホくささがバカ受けして、B-RAP で断トツの人気を誇ったラッパーである。知らない人はYouTubeとかでパーク・マンサーとか軟式globeで検索して見れば判る・・・絶対に人前で見ては駄目だけどw


「動画を貼った方が手っ取り早い」とツッコミ受けそうだが・・・

アホだなぁ~ 動画も貼れないアホだよ~
アホだなぁ~ 携帯未だにガラケーだよ~


というアナログ人間なんで勘弁してくれww


その軟式globeのラップ担当だったパーク・マンサーが解散から11年の時を経て活動再開するらしい。ボーカルはKEIKOが芸能界を引退してるのでオーディションで募集するとか・・・公式の動画で今のパーク・マンサーを見たけど、昔と大して変わってなくて吹いたwwwあとは、パークの動きとネタに動ぜずに歌えるボーカルが決まればいいなw


最後に。今回の件でパーク・マンサーを調べたら・・・コイツ、地元出身かよwwwこれだけでなんか親近感湧いたwwwww

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

JRAが来年の重賞日割、開催日割を発表したわけだが・・・

第一印象はディープ、キンカメ、それと来年は種付け頭数が5~6倍増えそうなヨハネスブルグ大勝利だなw

まぁ実際そうなるか判らないが、そう思いたくなるくらい2歳重賞が増加した。で、重賞に昇格したいちょうSは東京の開幕週に、それに合わせてか、デイリー杯2歳Sはエリ女の前日に移動と・・・データで馬券買う奴は阿鼻叫喚か?

あと、数日前に【ホープフルSがGⅡ昇格】という記事を目にした時「あれ、じゃあラジニケはどうなんの?」と思ったが、まさか重賞に昇格する京都2歳Sにくっ付くとは・・・翌年のクラシックを占う風物詩的な存在だったラジ短(ラジニケ)も随分と様変わりするんだなぁ。まぁ笑っていいとも!も来年で終了するし(ここ数年、改編期に打ち切り話が出てたけど遂に終わるのね)、これも時代の流れなのか・・・暫くは違和感バリバリだろうけど。
で、そのホープフルSはいずれGⅠに昇格するらしいと・・・早ければ2016年、朝日杯の勝ち馬が最優秀2歳牡馬に選出されるのも2015年が最後になるんだろうな。ゴスホークケンみたいなネタ馬も出にくくなりそうでちと寂しいw

といった具合に2歳重賞が充実というか、バーゲンセール状態なんだが・・・個人的には2歳重賞をポコポコ増やすくらいなら、3歳春のダート重賞を先に増やすべきなんじゃないかと思う。伏竜Sと端午Sのどちらかを(或いは両方)GⅢ、ユニコーンSをGⅡに昇格みたいな感じで。


あと、札幌開催の復活は兎も角、何故かセントライト記念が朝日杯セントライト記念に名称が変更され、朝日CCがただのチャレンジCに名称変更・・・朝日が抜けるだけですごく味気なくなるなw


個人的に歓迎したいのは中山競馬場のスタンド整備工事でスプリンターズSが新潟で代替される事。久々にGⅠの現地観戦が出来そうだ。最近は全然新潟競馬場に行ってないんだが、この週だけは仕事を入れずに予定を空けとかなくてはw

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

2013リーディングサイアー~10月20日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4ダイワメジャー
5マンハッタンカフェ
6ステイゴールド
7クロフネ
8フジキセキ
9ハーツクライ
10アグネスタキオン
11ネオユニヴァース
12ゴールドアリュール
13ジャングルポケット
14アドマイヤムーン
15ゼンノロブロイ
16サクラバクシンオー
17タニノギムレット
18タイキシャトル
19スズカマンボ
20ロージズインメイ




富士Sワンツー、菊花賞2着4着等、土日6勝(土曜3勝、日曜3勝)と今週も絶好調なディープが2億稼いでキンカメとの賞金差を10億5000万に拡大。今年の種付け頭数262頭はキンカメの266頭(2010、2011年)に迫る頭数。

クリスエスはエピファネイアの菊花賞制覇で4位以下との差を2億2500万に拡大。GⅠ勝利は昨年の安田記念以来4勝目でクラシック初勝利。今年は167頭に種付け。

土曜東京2Rでレイヨンヴェールが勝利し、ゴールドアリュールがJRA通算400勝達成。今年は重賞未勝利(昨年まで4年連続JRA重賞勝利中)だが、リーディングは2010年から徐々にランクアップ。今年は160頭に種付け。

日曜新潟11Rでアンゲネームが勝利し、バクシンオーがJRA通算1257勝目。スローダウンしていたが、遂にヒンドスタンにあと1勝とした。

日曜東京で2勝したタイキシャトルがランクアップ。タイキシャトルから23位のスペシャルウィークまで5000万差でひしめき合ってる。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(10月19日、20日)と特別登録馬

10月19日
東京
5R2歳新馬戦(芝1800m)
コスモヘルム
11番人気7着


10月20日
東京
3R2歳新馬戦(ダート1400m)
ヤマトブライアン
9番人気7着

京都
10R観月橋S(ダート1800m)
マヤノオントロジー
3番人気6着




オントロジーは予想通りの負け方。一瞬伸びるかに見えたが、逃げ馬が上がり最速、2着馬が上がり2位という典型的な前残り馬場ではどうしようもない。

新馬の2頭はまずまずの内容。使って行く内にチャンスが回って来そうな感じ。



特別登録馬
ローレルソラン・・・魚野川特別
デサフィナード・・・くるみ賞




ローレルソランは減った馬体が戻るようなら。平坦の左回りで見直したい。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

菊花賞回顧

印的には○→▲→◎の順で決まり、馬券的にも2本軸で流して馬連は兎も角、3連複2本取りで大勝利と言えるんだが・・・早め3番手から行きたがるエピファネイアを最後まで抑え込んで直線でぶっ放した福永祐一に敗れた気分。福永の勝負弱さを事ある毎にクソミソにこき下ろしてたが、今回ばかりは本当に上手く乗ったと思う。バカにして申し訳ありませんでしたm(__)m

好スタートを切ると、無理に抑え込ませず逃げたバンデとネコタイショウの後という予想よりかなり前目のポジション。最初の坂の下りで行きたがる素振りを見せ、直線に入っても頭を上げかけたのが最大のヤマ場だったと言える。春の福永だったら、ここで持って行かれて詰みだったかもしれないが・・・最後まで抑え込んで耐え凌いだ時点で勝利はほぼ決まったと言える。
2コーナーから向こう正面に入る時点で折り合いも完全に付き、ネコタイショウがバテて2番手に上がった2周目の坂越えでも慌てず仕掛けを我慢。直線で満を持して追い出すとバンデをあっさりパスして独走。後続に5馬身差を付ける完勝だった。
折り合ってしまえば、このメンバーでは力が違っていたのを改めて証明したが、真価が問われるのは古馬の一線級との対決となるJCか有馬だろう。折り合える条件付きだが、キズナを物差しにすれば互角以上に渡り合えるだろう。

2着サトノノブレスは外枠から好スタートを切ると、最初は先行グループに取り付こうかという勢いだったが、坂の下りで無理をさせずに控えて先団から離れた7、8番手のイン。一貫して内ラチ沿いに張り付き、ネコタイショウが後退したところも上手くやり過ごせた。3~4コーナーのコーナリングで4番手に上がり、直線でもジワジワと脚を伸ばしてゴール寸前でバンデを交わしたが、如何せん勝ち馬が強過ぎた。
最短コースを回れたのが大きかったが、掛かる仕草を見せる事なく長距離適性の高さを改めて実証。青葉賞から目を付けていたが、漸く馬券で恩恵に与れたw今は亡きメジロ牧場の底力を垣間見た気がする。

3着バンデは好スタートから迷う事無くハナを奪いに。内のネコタイショウも応戦する構えを見せたが、スピードの違いでハナを奪うと坂の下りで勢いが付き過ぎたのを何とか抑えてオーバーペースにならないように我慢。その後も横に並ばれる苦しい展開となったが、主導権は最後まで渡さず。中盤にペースを緩め、坂の下りからペースアップしてロングスパートに打って出たが、勝ち馬に馬なりで付いて来られてはどうしようもない。
ゴール前で2着馬にも交わされたが、宣言通り行き切った大作は良くやったと思う。ペースアップした時にもう少しラップを釣り上げられれば良かったかもだが、不良馬場を味方に付けて持ち味は出せた。今後も個性的なステイヤーとしての活躍を期待。

ラストインパクトはテンションの高さが気掛かりだったが、パドックから落ち着いててテンションを維持。道中は外枠からでも早めに好位に取り付いて折り合いも付いていた。ただ、馬群の外を回った分、内ラチ沿いを通った2着馬とはコース取りの差が出た感じで直線の追い比べでは先に根負け。内枠を引いていればもう少し差を詰められただろう。これも長丁場で良さが出て来た。

ケイアイチョウサンは最内枠を引いただけに、一貫して内ラチ沿いに張り付いて中団からの競馬。途中まではノリの狙い通りに事が運んでいるかに見えたが、バテたネコタイショウを避ける過程で後方集団まで下がったのが痛かった。直線は最内から脚を伸ばしたが、残り100mで脚色が一緒になった。一瞬の脚を活かせる小回りの中距離戦でなら。

意外に頑張ったのがフルーキー。血統的にこの距離は長いイメージだが、折り合いも付いて直線入り口では一瞬伸びて来そうな気配はあった。最後はジリっぽくなったが、止まる感じはなかった。中距離路線に戻れば活躍が見込めるだろう。

アドマイヤスピカは外枠でスタートでユールシンギングに寄られたのもあって後方からの競馬。向こう正面から追っ付け気味の手応えになったが、直線では内に入ってジリジリと脚を伸ばした。本格化は来年以降だろうが、この馬なりに力は出し切ったと思う。

タマモナイスプレイは早めに前に取り付き、道中は5番手のインを追走してたが、バテて下がり出したネコタイショウを避け切れず一緒に下がってしまう致命的不利。ネコタイショウの池添は手応えが怪しくなりかけた段階で「内に入って下がるから」みたいな感じで後ろを見てるのに、後ろにいた和田は何故に内に入ったのだろうか?あそこから8着に盛り返しただけに、不利が無かったら掲示板まであったかもしれない。

ヤマイチパートナーはスタートはマズマズだったが、最初のポジション取りで馬が怯んでしまったか、坂のところで後方2、3番手まで下がった時点で終了だった。馬場はこなすとはいえ、あの位置から前を追い掛けるのは無理がある。

2番人気マジェスティハーツは予想通り最後方待機。1周目の直線では内ラチ、向こう正面は馬群から離れた外目と馬場の良いところを選んでの追走だったが、2周目の3コーナー手前から手応えが怪しくなってそれっきり。元々、距離と馬場適性で今回は用無しと思っていただけに、予想通りの負け方と言える。良馬場の中距離戦で見直したい。

ユールシンギングは最初から馬場にノメりっ放し。勝ち馬と同じクリスエス産駒で人気を上げていたが、こちらは全くの不得手だった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

菊花賞

◎バンデ
○エピファネイア
▲サトノノブレス
△ラストインパクト
△アドマイヤスピカ
△ヤマイチパートナー


このレースの最大の焦点は、断然人気となっているエピファネイアが折り合えるかどうかだろう。神戸新聞杯までは菊花賞は人気になっても消しと思っていたが、神戸新聞杯は春と違って頭を上げる仕草は見られず、力の違いを見せつける完勝。気性面での成長が見られる内容だったと言える。今回の追い切りでも完璧に折り合って好時計をマーク。2400mまでならこのメンバーでは一枚も二枚も抜けているだろう。
ただ、最大の不安材料は鞍上福永の存在だろう。折り合いを必要以上に気にして必要以上に後ろに下げてしまい、仕掛けどころを間違えて届かない状況が容易に想像出来る。通常運行は得意だが、自分から勝負しない(勝負出来ない)勝負師として致命的な弱点を抱えてる福永を素直に信頼するのは危険過ぎる。

そうした展開を想定すると、予想以上に人気になってしまったが、前々で競馬が出来て無尽蔵のスタミナを有するバンデを狙いたくなる。同型のネコタイショウが抽選を通ってしまって内枠に入り、展開面で厳しくなってしまったが、(何が何でも逃げる宣言は村田の一件で懲りたけど)途中からでもハナに行く事が出来るようなら逃げ残れる可能性はある。雨が降って馬場が重くなるなら更に良い。
あと、菊花賞は昨年も書いたように異系血統が好走しやすいが、この馬の父オーソライズドは日本に馴染みの薄い欧州血統で異系と呼べるだろう。

サトノノブレスは神戸新聞杯ではジリジリと脚を伸ばしたものの、勝負所でブレーキを踏む不利があって加速力を欠いた。折り合いに不安が無いタイプでどの位置からでも競馬が出来る操縦性ではエピファネイアより上だろうし、レースぶりから長距離適性も高いと思う。青葉賞から長丁場では面白そうと思っていた素質馬。上手く脚を溜めてスムーズに立ち回れるなら。調教の動きも良い。

ラストインパクトは前走ではレース前に落鉄してテンションが上がってしまった。この馬も青葉賞から注目していた素質馬で、ゆったりと運べる京都外回りの長距離戦は脚質的に合っていそう。追い切りではアドマイヤスピカと併せ、外を回ってこれを突き放した。テンションを抑えられるようなら巻き返せる状態。

アドマイヤスピカは追い切りではラストインパクトに遅れたものの、それ程調教で動く馬ではない。器用さに欠けてスパッと切れるタイプではないが、長く良い脚を使える菊花賞向き。セントライト記念では外を回ってかなり脚を使わされたが、その片鱗は見せた。本格化はまだ先だろうが、右回りでは着外なしという堅実さを買いたい。

ヤマイチパートナーは前走の内容が案外だったが、勝ち馬に早めに来られてヨーイドンの展開になったのが合わなかった。今回はエピファネイアも早めに動く事はないと見るし、神戸新聞杯でも触れたが、母系はコテコテのステイヤー血統。縦長となって持久力が問われる形になれば前に行けるこの馬にも展開面でチャンスがある。


マジェスティハーツは前走が鮮やか過ぎたが、前半を受け流す事でスタミナを温存出来た恩恵も大きい。ハーツクライは兎も角、アメリカン血統のボストンハーバーでは3000mは持たない気がする(フルーキーも同様。豪州スプリンターのリダウツチョイスに3000mはキツい)。あの切れ味は良馬場でこそのタイプで馬場が渋るようだと、半減すると見る。


馬券は本命のバンデは当然だが、エピファネイアが普通に折り合ってしまって普通に勝ってしまう事を想定して軸2本の変則買いで行きたい。バンデは止まる可能性もあるし、エピファネイアは多少ヘグっても馬券圏内から消える事はないだろう。当たれば良かろうなのだッ!

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

富士S回顧

マイナス12キロでも、この面子では地力が違っていたか。ダノンシャークが人気に応えて勝利。2週連続人気を裏切り続けたウチパクだが、節目の年間100勝目は重賞で決めた。

東京遠征では輸送で減る事が度々あったが、今回は自己2番目に少ない436キロ。パドックでも発汗が目立って状態面はあまり良いように感じなかったが、今回はいつになくスタートを決めると好位集団の一角からの競馬。レース全体の流れは中盤までスロー、残り3Fからの瞬発力勝負となったわけだが、持ち前の決め手を好位から活かせる形であれば完調手前でも力が違う。
マイルCSは馬体の回復次第だが、京都では不利があった昨年のマイルCS以外掲示板を外していない。ウチパクにはグランプリボスがいるので乗り替わるが、乗れる騎手を確保できれば上位争い出来るだろう。

2着リアルインパクトは好スタートを切ると、そのまま前に行って番手からの競馬。直線で逃げたガルボに並び掛け、坂を上がったところで交わしに掛かった勝ち馬に食い下がると、最後に猛追したシャイニープリンスをギリギリで凌いだ。GⅠ馬の意地を見せる形になったが、スローペースを2番手で追走して内々を立ち回れた恩恵にも恵まれた。この1戦だけでは復活したかどうかは判断できない。

3着シャイニープリンスは内からスタートを決めると、一旦はハナに立とうかという感じだったが、外のガルボが迫ると控えて好位のインに待機。そのまま内ラチ沿いを回ったが、直線ではこれが仇になって前が壁。少しずつ外に出して前が空いたのは残り100m付近から。ここから猛然と脚を伸ばしたが、2着馬に僅かに届かず。休み明けの大敗で全くの人気薄だったが、見事な変わり身だった。

リルダヴァルは上手くスタート出来たが、二の脚が速かった隣の3着馬の押圧を受け、更にその後のゴチャつきで中団からの競馬を余儀なくされた。直線は上手く馬場の3分どころに持ち出して脚を伸ばしたが、ここまで上がり勝負になっては追い付くまでには至らず。一雨降っていれば、もうひと押しがあったかも。

ブレイズアトレイルは道中は勝ち馬と3着馬の間という好位の一角。直線では3着馬と同様に前が壁となり、少しずつ外へ持ち出してスペースが出来たところで脚を伸ばしたが、ここで3、4着馬にサンドイッチされる形となって怯んでしまった。不利も痛かったが、その前に3着馬より先に外へ出せながら追い負けするのが三浦らしい。

レッドアリオンはスタートでまたしても出遅れてしまい、スローになった時点で勝負あった。後方組では大外からメンバー最速の上がりで追い込んで唯一見せ場を作ったが、またしても脚を余す形に。大敗した前走から変わり身を見せはしたが、このスタートの悪さは今後もネックになりそう。

ガルボはブリッツェンのスタートが甘かった事もあって押し出される形でハナへ。道中はかなりスローに落として直線でも余力を残してはいたが、スローに落とし過ぎて上がり勝負で切れ負けしたきらいはある。まぁ休み明けはそれ程走らない。これで変わって来るようなら。

サンレイレーザーは中団からの競馬となり、直線は外に出して脚を伸ばすかに見えたが、それもほんの一瞬だけで坂を上がってから逆噴射。仕上がっているように見えたが、まさかここまで崩れるとは思わなかった。

エーシンミズーリはマイナス10キロと、大敗した昨年と同じ馬体重。外枠で終始外を回らされたのもあるが、何の見せ場もなく坂下からは安全運転。これはもう、輸送競馬は空っ下手と諦めた方が良さそうだ。


東京得意のリアルインパクトはまだ拾えそうだが、シャイニープリンスは流石に拾えない。まぁ、勝ち馬以外は全部掲示板を外しているので精神的ショックは比較的小さいw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

富士S

◎ダノンシャーク
○レッドアリオン
▲サンレイレーザー
△エーシンミズーリ
△ガルボ


取りこぼす可能性もあるが、GⅠクラス相手に互角の戦いを演じて来たダノンシャークが一歩リードか。前走は2着に敗れたが、休み明けで勝ち馬より6キロ重いハンデ差も堪えた。今回は決め手を活かしやすい東京に替わり、斤量も1キロ軽くなる。このまま雨が降らなければ力を出せるだろう。

レッドアリオンは休み明けだった前走の大敗の原因が良く判らないが、3歳マイル路線ではトップクラスの実力。左回りでは4走前に3馬身半差の圧勝、NHKマイルCでは大きく出遅れながら4着。今回は乗り慣れた川須に戻るし、坂路でもキビキビと動けてる。スタートに難はあるが、まともに出れさえすれば。

サンレイレーザーは大型馬の休み明けだが、先月からじっくりと乗り込まれており極端に馬体重が増えていなければ力を出せる筈。2走前はGⅠクラスのメンバー相手に2着、前走は実績のなかった東京コースで距離も微妙に長かったが3着と地力強化が目立つ。これも良馬場の方が良いタイプなので、このまま雨が降らなければ。

エーシンミズーリは東京コースでは今一つ結果を出してないが、中京で勝ち鞍があって左回りが苦手ではない。今年に入って1度も掲示板を外しておらず、前走も先行馬総崩れの展開となる中、6番手から最後まで踏ん張り通して2着と着実に地力を付けている。重賞初挑戦だが、仕掛けどころ一つでチャンスはある。

ガルボは休み明けはそれ程動けてないが、今回は入念に乗り込まれて仕上がりも悪くない。寒くなると強くなるタイプで、今回は有力所に差し馬が固まり、ブリッツェンくらいしか逃げる馬がいない。決め手勝負では分が悪いが、早めに動いて直線までである程度リードを保てれば。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

デムーロ不合格の陰で【花の12期生】から這い上がろうとする男がまた一人

個人的には「イタリア人だけど、英語OKの1次試験は何とかなるだろう。日本語で口頭試験を行う2次試験が鬼門だな」と思っていたが・・・まさか1次試験で落ちるとはねぇ。母国語ではない以上、会話能力はあっても筆記は難しかったか。

いやもう、デムーロの為みたいな騎手免許試験の改定に半ば舞い上がってしまい、JRA所属騎手M・デムーロの誕生で起こり得るであろう弊害まで書いてた俺としては、このガッカリ感を何処に持って行けばいいんだよwww
尤も、JRAには「試験なんて形だけでフリーパスだろ?」と思われたアンカツを1回落とした前科(?)があっただけに、【門戸は開けどそこから先は与り知らぬ】というJRAのスタンスを再認識する事になったわい。

しかしまぁ、通年免許取得に最も近いと思われたデムーロが不合格になった事で、他の外国人騎手もおいそれと受験する気にならんだろう。デムーロみたく、(日本競馬に適応しつつ)腕はあっても大物馬主や調教師との専属契約が結べない騎手とかが受ける可能性も考えたが、こうなってしまうとそれも限りなく低くなりそうだ。
デムーロはアンカツルールみたいにミルコルールが出来て来年の試験で合格というシナリオがありそうな気もするが、それよりも新本拠地のフランスでリーディング上位じゃないから、来年は日本で短期免許が下りるか微妙な情勢。来年以降はどうするんだろうね・・・猛勉強して自力で試験合格、再来年からJRA所属というパターンなら異論も少なそうだが。


その一方で昨年から息を吹き返した柴田大知の双子の弟で元騎手の柴田未崎が1次試験に合格。来年の2次試験にも合格すれば、騎手として再デビューする事になる。
外国人騎手に(デムーロ用に)向けて騎手免許試験の改定を行う一方、引退騎手の復帰条件も緩和されて事に関しては「受けようとする奴いるのか?仮に受かっても、騎乗馬集まるのか?それより、今の若手を育てろや」と否定的な見解を書いたが、本当に受ける奴がいたとは・・・それも、柴田未崎とは斜め上の展開だった。

年齢的にはギリギリっぽい気もするが、JRAにとっては障害に乗れる(引退前は障害が主戦場だった)柴田未崎の騎手復帰は有り難いだろう。来年以降は柴田より下の世代の柴原・生野・長谷川・北村浩・岩崎辺りの誰かが試験受けてそうな気がする。

個人的には、柴田未は乗れない方の柴田という認識だった。騎乗回数がそれなりにあった頃はフレンドリーエースとか本格化前のファストフレンドに騎乗してたものの、それ以外では最晩年に差しかかった野平厩舎の主戦。野平師定年後は障害で活路を求めたけど、鳴かず飛ばずのまま引退というイメージ。
障害に乗れるとはいえ、重賞未勝利・通算100勝に満たない柴田未が合格したとしても、騎乗馬が集まるかどうか微妙と言わざるを得ない。調教助手で所属してる斎藤厩舎のバックアップはありそうだが・・・

デムーロと柴田未ではどっちを買いたくなるか?と言われれば、大多数の人がデムーロと答えるだろう。積み上げてきた実績が違い過ぎる。それが、デムーロは不合格で柴田未は1次試験合格。なんだかなぁという気分にはなる。

ネガティヴな事ばかり書いてて勘違いされそうだが、俺は今回の柴田未の再チャレンジを否定するつもりはない。同世代にあたる【花の12期生】に関しては、デビュー当初から心情的に気にかける部分はあった(福永は兎も角)。
今では中堅と呼べる世代になったが、今年に入って兄の大知は平地GⅠを勝利し、先週は高橋亮が調教師として初勝利を飾った。騎乗してた福永のインタビューでこの世代の結束力の固さは今も変わってない事を再確認した。

騎手として再デビュー出来ても、平坦な道のりではない事が本人が一番良く判っているだろう。兄のように再ブレイクする保証など何処にもない。でも、こうして這い上がろうとする姿勢は嫌いじゃない。馬券的な付き合いは兎も角、復帰を目指すからには頑張って欲しいと思う。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

今週のマヤノトップガン産駒(10月19日、20日)

10月19日
東京
5R2歳新馬戦(芝1800m)
コスモヘルム
柴田大知(55.0)


10月20日
東京
3R2歳新馬戦(ダート1400m)
ヤマトブライアン
吉田豊(55.0)

京都
10R観月橋S(ダート1800m)
マヤノオントロジー
北村友一(57.0)




今週デビューのトップガン産駒
コスモヘルム
母アポロヘルム
母父フジキセキ
叔父トップザバトン(北海道2歳優駿)、グラストップガン(大井で13勝)
美浦・清水英克厩舎

ヤマトブライアン
母ミアジョイア
母父コマンダーインチーフ
近親トーシンブリザード(ジャパンダートダービー)
美浦・田村康仁厩舎



3場開催に戻っても、出走馬は僅か3頭って(´・ω・`)

オントロジーは手頃な頭数になったが、骨っぽい面子ばかり残った。あと、週末の天候も気掛かり。あまり雨が降るようだと、届かない可能性もある。

新馬の2頭はコスモヘルムの方が調教で動いてる。まずは無難に走ってくれれば。


先週出走しなかったオクトパスは足に腫れが出て、治療の為に薬を投与したとか・・・致命的な故障でないのが不幸中の幸いだけど、ひと叩きしてこれからってところでの一頓挫は痛いorz

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

南部杯回顧

まずは落馬負傷から復帰して間もない後藤浩輝のGⅠ勝利に尽きる。昨年5月のNHKマイルCでの落馬負傷から4ヶ月後に復帰したと思いきや、復帰2レース目に放馬による落馬で再び戦線離脱。第一頸椎・第二頸椎骨折、および頭蓋骨亀裂骨折と診断され、騎手生命の危機に晒されたが、そこから長い長いリハビリ危険を経て先日5日に復帰。復帰してから10日目でのGⅠ勝利となった。
何か一発やってやろうという騎乗スタイルには好感を持てど、あからさまに狙い過ぎた若かりし頃の勝利インタビューやパフォーマンスは正直好きじゃなかった。でも、昨日の「ただいまー!!」には「おかえり」と素直に言いたくなった。これで本当に騎手・後藤浩輝が帰って来たというかなんというか・・・戻って来れて本当に良かったと思う。

次は佐藤哲三の番だろう。エスポとのコンビ復活もそうだが、ケレン味たっぷりな勝負師の復活を待ち望んでる人間は少なくない筈だ。

2年連続3度目の南部杯制覇となったエスポワールシチー。マイル以上では踏ん張りが利かなくなってるとはいえ、8歳になっても維持し続けているスピード能力の高さはつくづく恐れ入る。
スタートを決めると自然な形でハナに立ちマイペースの逃げ。ホッコータルマエの手が動き出した4コーナーで逆に差を開きに掛かり、直線に入ると3馬身のリード。エンジンが掛かったホッコータルマエを1馬身半の差を付けて逃げ切った。休み明けだったが、11キロ減ときっちり仕上げられていたし、スタートしてからすぐに自分の型に持ち込めたのが勝因だろう。

2着ホッコータルマエは帝王賞以来だったが、マイナス2キロとほぼ仕上がった状態。スタートしてからすぐに2番手に付けて勝ち馬に付かず離れずの位置取り。4コーナーから手が動き出して捕まえに掛かったが、かしわ記念と違って並び掛ける事が出来ず。残り100mからエンジンが掛かって差を詰めたが、追い付くまでには到らず。
佐賀記念から続いてた連勝が5でストップしたが、今回は勝ち馬の術中にハマっての敗戦であって力負けではないだろう。JBCクラシックに向けて及第点の内容ではなかろうか。

3着セイクリムズンは道中は好位4、5番手で流れに乗り、4コーナーからジワッと進出して3番手のグレープブランデーに並び掛けたが、逃げ馬がヨーイドンの競馬に持ち込んだし、この馬自身マイルは長いので3着に上がるので精一杯。一時は年齢的な衰えも感じさせたが、今年に入ってからは中央でもしぶとい走りを見せている。

グレープブランデーはフェブラリーS以来の骨折明けだが、マイナス3キロと馬体重的には仕上がった状態。スタートで内にヨレる場面があったが、すぐにリカバリーしてホッコータルマエを見ながらの3番手の競馬。ただ、やはりブランクの影響か、3~4コーナー過ぎから次第に前2頭について行けなくなった。尤も、前回の骨折明けも使われつつ調子を上げて来てた。今回もここから変わって来るようなら。

アドマイヤロイヤルはもう少し前で競馬が出来るかと思っていたが、中央と変わらない中団後ろからの競馬。直線は大外に出して脚を伸ばしたが、前残りの展開では如何ともし難い。相手が揃っていたのもあるが、地方ではもう少し前目に付けられないと勝ち切るのは難しいかもしれない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2013リーディングサイアー~10月14日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4ダイワメジャー
5マンハッタンカフェ
6ステイゴールド
7クロフネ
8フジキセキ
9ハーツクライ
10アグネスタキオン
11ネオユニヴァース
12ゴールドアリュール
13ジャングルポケット
14アドマイヤムーン
15ゼンノロブロイ
16サクラバクシンオー
17タニノギムレット
18スズカマンボ
19ロージズインメイ
20タイキシャトル




重賞勝利はならなかったが、3日開催で1億5000万近く稼いだディープが入着賞金40億目前。キンカメとの賞金差を9億強に拡大。

エピセアロームのOP勝ち等でコンスタントに賞金を稼いだダメジャーが4位浮上。今週はブレイズアトレイルで更なる賞金加算なるか。

ホエールキャプチャの府中牝馬S勝利でクロフネが7位に浮上も、特別戦3勝を含めて3日開催6勝のフジキセキがピタリと追走。マジェスティハーツが出走予定のハーツも含めて7位争いがかなり熾烈に。

メイショウマンボの秋華賞勝利でスズカマンボが23位からランクイン。20位争いはスズカマンボから23位のスペまでで熾烈になりそう。

2歳戦3勝とリボントリコロールの秋華賞入着でチチカステナンゴが49位に浮上。いつの間にか、2012年度新種牡馬でチチカスが最上位になってたりする・・・一応、スズカフェニックスがGⅠ馬を出したとはいえ、ここまで結果が出ない世代も珍しい。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(10月12日、14日)と特別登録馬

10月12日
東京
11R白秋S(芝1400m)
シルクオフィサー
4番人気7着


10月14日
東京
6R3歳上500万下(ダート1300m)
フィンデルムンド
6番人気7着




シルクオフィサーはもう少し前半を抑えられれば良かったかな。決め手勝負では分が悪いし、前に行って早めの競馬しかなかったわけだが。
フィンデルムンドは良くも悪くもいつも通りの競馬。それなりに纏めるが、突き抜けるだけの力が足りてない。




特別登録馬
マヤノオントロジー・・・観月橋S




オントロジーにとって試金石になりそうな一戦。現級の好走馬に加え、オントロジーと同様に1000万の勝ち上がり組も混じって力関係が読み切れない。決め手を発揮出来る流れになれば。

やはり、ムスカテールは天皇賞に登録せず・・・コース適性と相手関係から、ノーチャンスではなかったと思うんだがなぁ。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

府中牝馬S回顧

「この条件なら崩れないだろう」と本命視したマイネイサベルとの馬券的相性の悪さにレースが終わってから気付き、メンディザバルというだけでドナウブルーを切って大失敗。BOX買いで幾らでも拾えた馬券を取り損ねるのはキツいねorz

勝ったホエールキャプチャは逃げたコスモネモシンが1000m通過63.8という超スローペースを作っても3番手でガッチリと折り合い、3~4コーナーからジワッと先頭に接近。残り400から追い出しに入って先頭に立つと、巧みにコスモネモシンの進路を潰して差し返して来たドナウブルーの追撃を凌ぎ切った。
田んぼ馬場で戦意喪失した札幌記念のダメージが気掛かりだったが、上手くケアが出来ていた。完全復活と見て良さそうだが、エリ女は距離が微妙に長いし、適距離のマイルCSは結果が出てない牡馬混合。与し易いのはエリ女の方だが、上手く折り合えるかが鍵になるだろう。

2着ドナウブルーは2番手に控えた直後に頭を上げた時点で詰んだと思われたが、その後は何とか我慢。勝負所から勝ち馬に被せられ、直線で前に出られた時点で馬群に沈むかに見えたが・・・そこから驚異的な差し返しで勝ち馬に肉薄。最近のレースぶりからスロー決め手勝負では分が悪いように思えたが、流石にこれだけ緩むと前有利になる。

3着スイートサルサは好スタートを切ると、道中は勝ち馬を前に見ながら4番手のイン。勝ち馬が先に動いた勝負所でも脚を溜める事に徹し、直線でもインを突いてスルスルと脚を伸ばしたが、あと一歩届かず。超スローで前に付けられた恩恵もあったが、得意の左回りでは古馬相手に引けを取らないところは見せた。

コスモネモシンはドナウブルーが来ても引く構えを見せずハナを主張。中盤でたっぷりと息を入れさせ、直線に向いてから一気にペースアップして逃げ込みを図ったが、決め手に優る勝ち馬に交わされると前に入られて進路を潰された。入られなければ2着はあったかもだが、これは勝ち馬に騎乗してた蛯名を褒めるべきだろう。

マイネイサベルは4キロ増もそれ程太目感はなし。好スタートから前を取らず、中団に控える従来のスタイルから末脚を伸ばしたが、これだけペースを緩められると流石に届かない。ヴィクトリアマイルみたく前を取りに行く競馬をしてれば良かった気もするが、次を見据えての騎乗でもあり、一概に下手打ったとは言えない。

マルセリーナは20キロ減っていたが、元々これくらいで走ってたので特に細化したようには見えず。中団のインで脚を溜めてはいたが、直線では前にコスモネモシン、横にスイートサルサがいた事で十分な進路が空かずに脚を余す形に。今回はツキが無かった。

アロマティコは元々スタートが甘い馬だが、今回も二の脚が付かずに後方から。それでも馬群の間から徐々に位置取りを上げて早めに動いてはいるが、如何せん典型的な前残り展開ではどうしようもない。今回ばかりは福永は責められないだろう。もう少し自在性が身に付けば良いのだが・・・

ハナズゴールは向こう正面で少しゴチャついた影響とこれだけペースが緩んだのもあって力んでしまった。尤も、今日の展開では後方一手のこの馬にはキツい。一頓挫あった影響はあまりなかったが、やはりマイル以下の方が合ってる。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

府中牝馬S

◎マイネイサベル
○マルセリーナ
▲アロマティコ
△ホエールキャプチャ
△スイートサルサ


昨年の勝ち馬マイネイサベルは元々左回りの1600~1800mでは堅実に走っていたが、中団で脚を溜める競馬が板に付いた今年は充実一途。春はヴィクトリアマイルでは積極策で3着、安田記念では脚を溜めて4着と好走。今回はそれ以来だが、鉄砲が利くタイプで追い切りの気配も良い。太目残りが心配だが、ある程度増えてても好走出来るのは福島牝馬Sで証明済み。

マルセリーナは東京コースにあまり良績はないように思えるが、距離が長かったオークスと牡馬混合戦の2戦を除けば、ヴィクトリアマイル3着、府中牝馬S5着とそれ程悪くない。牝馬同士で良馬場の決め手勝負になれば結果を出してるし、今回は追い切りで併せたベストクルーズを8馬身千切った。洋芝が合わなかった北海道シリーズからの巻き返しがあっても。

アロマティコは小回りコースで捲り気味に脚を使うと最後に詰めが甘くなるが、じっくりと溜めて行ける東京なら違う一面が出るかもしれない。重賞では勝ち切れてはいないが、出遅れたヴィクトリアマイルを除けば秋華賞3着・GⅢで3着4着と堅実。坂路でもキビキビと動いて好時計をマークしており、力を出せる態勢。

ホエールキャプチャはまだ半信半疑な面はあるが、ヴィクトリアマイル2着で復活をアピール。田んぼ馬場で為す術がなかった札幌記念は参考外とみて良いだろう。追い切りでは馬なりで楽に先着したように、前走からの立て直しは上手くいった模様。東京コースは終始外を回らされた昨年のこのレース以外崩れてない。

スイートサルサは距離的にはギリギリに思えるが、52キロで出走出来る点は魅力。前走も条件戦とはいえ、破格の好タイムで勝ちっぷりも良かった。東京コースではクイーンC2着の実績があり、距離が長いフローラSやオークスでもあまり崩れてはいない。内で上手く脚を溜められるようならチャンスはある。

ハナズゴールはコズみから追い切りを1日遅らせたアクシデントが気掛かり。騎手時代は地味に好きだったが、この調教師は一貫性が無い使い方でこの馬をどう育てたいのか今一つ判らない。来たら事故と思って諦める。

ドナウブルーはこのメンバーならハナへ行く可能性が高そうだが、その場合は決め手勝負で切れ負けしそうなイメージ。あと、メンディザバルを乗せてる時点で買う気が失せた。

ここは強弱を付けたBOX馬券で当てに行く。南部杯は全く妙味が無いのでパス。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

秋華賞回顧

リラコサージュが3連複・3連単の高配当を演出したものの、上位人気2頭のワンツーでスプリンターズSと似たような構図に。それにしても、ここで武兄弟のGⅠワンツーが見られるとは・・・不発に終わった桜花賞は予想段階から意識してたが、今回は終わってから気付いたw

カワカミプリンセス以来となるオークス・秋華賞の牝馬二冠を制したメイショウマンボ。出たなりの競馬で無理せず中団の外目を追走。前走同様に馬込みの中に入れなかったが、前が程良いペースで引っ張った事もあって折り合いはスムーズ。
動いたのは3~4コーナー中間。ここで後方にいたデニムアンドルビーが早めに動いて外から被せに掛かったが、引かずに外に張り返して前に出させず。これが直線での明暗を分ける結果となった。
コーナリングの差で先にエンジンが掛かると、持続力の高い末脚炸裂。粘り込みを図ったセキショウを残り数十mで交わすと、激しくなった2着争いを尻目に堂々と突き抜けた。ハードに追われながらプラス体重だったように、まだまだ成長が見込める。ジェンティルドンナ不在のエリ女でも上位争い出来そう。
オークスでは涙の戴冠となった武幸四郎だが、今回は破顔一笑。「正直、自身がありました」とコメントしてたように、馬の地力を信頼しての落ち着いた騎乗はお見事だった。

2着スマートレイアーはゲート内でガタガタしたところで出遅れ。ここで腹を括ったか、デニムアンドルビーを目標とするかのように馬群の外に出して後方2番手からの待機策。デニムアンドルビーの仕掛けに合わせて動いたが、本格的な仕掛けは1拍遅らせて終いの爆発力に賭けたが、形勢逆転とまではいかずゴール寸前で2着に上がるので精一杯。
皮肉な形で何処からでも立ち回れる強みは見せる形になったが、同時に一線級との対戦でも引けは取らない地力の確かさも見せた。まだキャリア5戦。これからの成長力に期待出来る。

3着リラコサージュは外枠から内に入る事を心がけたのもあって、内に入った時は中団のやや後ろ。結果的には、前が引っ張った事もあってインで上手く脚を溜めれる形になった。勝負所から馬群の中に出来たスペースを突いて進出し、ジリジリと脚を伸ばしてあわやのシーンを演出。
調教の動きから気にはなっていたが、全姉レディルージュが最終的にスプリンターになった点と予想を人気所で固めてしまったので手が回らなかった。重馬場で殿に沈んだ前走から見事な巻き返しだった。

デニムアンドルビーはゲートは五分に出たが、相も変わらず行き脚が付かずに最後方からの競馬。内回りを意識してか、3コーナー過ぎから早めに動いてメイショウマンボを被せに掛かったが、ここで逆に張り返されて前に出られず。これでコーナリングで外を回る際に勢いを殺され、早めのスパートもあって前走程の爆発力は最後まで見られなかった。
オークス同様、上位入線馬とは操縦性の差が出たわけだが、やはり器用さが欠如してたベッラレイアとイメージが被る。外回りに替わるエリ女は引き続き有力視されるであろうが、何かに届かずに負ける印象が強い。今後も極力軸では買いたくない。

リボントリコロールは秋華賞では黙って消しの紫苑S組とあって全く眼中になかったが、後方待機組では最も遅めに仕掛けてメンバー最速の上がりをマークしてゴール前の大激戦に加わった。スマートレイアーが目立っていたが、こちらも夏の上がり馬的な存在。スカーレットインク一族で今後の成長次第では再度重賞戦線に顔を出してきそう。

シャトーブランジュは後方のインで脚を溜めていたが、4コーナーでコレクターアイテムに張られて窮屈なポジションに入って追い出しが遅れたのが痛かった。とはいえ、良馬場の時計勝負にも対応出来る事が分かったのは収穫。小回りの中距離戦では今後も注意が必要か。

ウリウリは好位グループのインで脚を溜め、勝負所からジワッと先団グループに接近。直線ではやや狭くなったものの、そこを割って掲示板はあるかに見えたが、残り100mで脚色が一杯になった。乱戦向きのしぶとさはあるが、どうも2000mは少し長い。エーシンリターンズと似たようなタイプか。

ローブティサージュは気合い乗りは良かったが、やはり外枠が災い。好位には行けたが、終始力みながらの追走となって直線半ばで脱落。内枠だったらもう少しやれたかもしれんが、マイル前後がベストっぽい感じ。

エバーブロッサムは木曜段階で26キロ増だったが、当日輸送で見事に帳消し。4コーナーで2着馬に被せられてはいたが、直線でも全く伸びる気配がなかった。前走は道悪も堪えたので判断が付かなかったが、これで輸送競馬に全く対応出来ない事が露呈。これからは滞在競馬か関東圏でしか買わない方が良いだろう。


リラコサージュが残らなければ3連複も取れたが、結局は馬連のみで微妙なプラスにとどまった。WIN5もWIN3までだったし、当たりはしたがどうにも詰めが甘いね(´・ω・`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

WIN5に挑戦4

キャリーオーバー発生により、1ヶ月ぶりの挑戦。今回は金銭的に余裕がないので特別予想はなしw

鳴滝特別
ラキシス
タガノレイヨネ
テイエムダイパワー

前走の勝ちっぷりが良かったラキシスが有力も、先行馬2頭の前残りにも期待。

神奈川新聞杯
スピルバーグ

長期休養明けを叩かれたスピルバーグが能力上位。このクラスにいる器ではない。

壬生特別
トーホウアマポーラ
ヤマノレオ

高橋亮開業初勝利となるか、それを同期の和田が阻止するか・・・

アイルランドT
マルカボルト
アスカクリチャン

断然人気のサトノギャラントだが、この距離は微妙に長い気がする。ここは中距離重賞好走歴のある2頭で。


秋華賞
スマートレイアー
デニムアンドルビー

未知の上がり馬スマートレイアーに期待も、脚質的に微妙も纏めて面倒見るパターンを想定してデニムもチョイス。


合計24点。東京の2レースが鍵になりそう。この選択が裏目に出ない事を祈る。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

秋華賞

◎スマートレイアー
○ウリウリ
▲メイショウマンボ
△デニムアンドルビー
△エバーブロッサム
△ローブティサージュ



ここまで人気を集めるとは完全な予想外だったが、まだ底を見せてないスマートレイアーの未知の魅力を買う。デビュー戦で桜花賞3着に相当の好タイム。休み明けは4着に敗れたが、前走は春に重賞好走歴があるイリュミナンスを一蹴。ディープ産駒らしい決め手が武器だが、2戦目では2番手からの競馬で勝利しているように、何処からでも立ち回れる強みがある。追い切りでも併走馬を置き去りにして時計も優秀。最内から器用に立ち回れるなら。

ウリウリはローズS組で最も本番に直結しそうな競馬を見せて3着。経済コースを立ち回れそうな内枠を引けたし、掲示板を外したのは一度だけ(4角で上手く捌けなかった)という大崩れのなさは混戦向きと言える。春は体型的にひ弱なイメージがあったが、ひと夏を越してパワーアップした感。中間の本数の多さからもそれが窺える。馬群を上手く捌いて来れるなら。

メイショウマンボは折り合いを欠き気味だった前走時の追い切りと比べて調教内容が一変。前走から3週連続で意欲的に追われているし、最終追い切りでも軽く追われた程度で併走馬を大きく先着。これで内枠を引いていれば本命にしたであろう。とはいえ、前走も大外枠で外を回らされたが見せ場十分の内容。派手さはないが、地力の高さは確かだ。京都内回りでは2戦2勝。

デニムアンドルビーは最後方から差し切った前走のインパクトが強烈だが、行き脚の付かなさは内回りに適してるとは言えない。差し損ねる可能性が大きい気もするが、先行馬が割と揃った事で淀みのない流れになりそうだし、前走も地力が高くないと出来ない差し切り勝ちだった。中間の調整も順調で上積みも大きい。

エバーブロッサムは道悪適性のなさもあったし、輸送に手間取って美浦出発時から大幅に馬体を減らした影響も大きかった。これでは追走で手一杯なのもやむなしだろう。中間は減った馬体重も大幅に回復して順調に乗り込まれている。フラワーC2着からも内回りには対応出来そう。ある程度プラス体重で出て来るなら巻き返せる筈。

ローブティサージュは外枠という点はマイナス材料だが、前走に引き続いて意欲的な調整が目に付く。1週前は坂路で自己ベストをマークしたように、騙し騙しでやってた春より体質強化が目立つ。折り合いさえ付くようなら2歳女王復活があってもおかしくない。


大荒れの要素を孕んでいるという思いはあるが、最終的には割とオーソドックスな人気サイドの予想になってしまったw

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
55位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR