土日のOP・特別回顧(佐藤哲三重傷、京都2歳S等)

まずは佐藤哲三の落馬負傷を取り上げたい。
土曜京都10Rの高尾特別、直線に向いたところで6番手にいた哲三騎乗のトーシンイーグルはマキハタテノールとアドマイヤカーリンの間を突こうとしたが、内のマキハタが外に膨れてそのスペースを潰してしまう。ここで哲三は内に進路を変えようとしたが(スペースが潰された直後、トーシンの首が右に向いている点からの推測)それより早く外のアドマイヤが接触。
これでバランスを崩し、左の鐙が外れた状態で制御不能になった哲三はそのまま落馬して内ラチに激突。どの部分を骨折したかについては省略するが、頭部に異常がなかったのが不思議なくらいの重傷を負った。
これで、騎乗予定だったJCダートのエスポワールシチーは武豊、金鯱賞のアーネストリーは吉田隼人に変更となり、クラシックの有力候補のキズナは復帰するまで武豊とコンビを組むことが決まった。

詳しい診断結果が出るまでは「ダービーまでに間に合ってほしい」と思っていたが、完全に治るまでどれ位かかるか判らない重傷・・・非常に心配だし、残念な思いで一杯である。哲三は何をやって来るか分からない怖さを持った勝負師であり、アーネストリーの宝塚記念でデットーリへのライバル意識むき出しのコメントを出す等、優等生気質が多くなった騎手の中で異彩を放つ貴重な男だ。またケレン味たっぷりな騎乗を見せる日がやって来る事を祈りたい。


京都2歳Sはシーザリオが産んだ大物候補エピファネイアが出走。スローペースで前半からかなり行きたがる素振りを見せていたが、向こう正面でなんとか折り合いを付け、直線は最内から抜け出して最後は流してのゴール。
勝ちタイムは時計の掛かる馬場にスローペースも手伝って平凡だが、上がりは荒れた最内から抜け出しながらメンバー中で唯一33秒台をマーク。馬込みで我慢させる競馬も教えたし、まずは及第点の内容と言えよう。次は一線級との力関係だろう。


ベゴニア賞はローエングリン産駒ロゴタイプがレコード勝ち。プラス18キロだったが、それ程太くは見せず。二の脚が速く、労せずして2番手集団の一角に取り付き、直線は最内からスルスルと抜け出して先頭へ。外からマンボネフューが追い縋ったが最後まで差を詰めさせなかった。
最内から一貫して経済コースを立ち回れた恩恵はあったが、先々が楽しみになる勝ち方。全日本2歳優駿に向かう公算もあるが、出来る事なら同じローエン産駒のゴッドフリートとの2頭出しで朝日杯に向かってほしい。コディーノとの再戦になりそうだが、立ち回りの巧さを活かせれば良い勝負が出来る筈。


キャピタルSは最低人気のヤマニンウイスカーがまさかの逃げ切り勝ち。WIN5で久々にキャリーオーバーが出る元凶となった。確かに前に行った馬が残りやすい高速馬場だったとはいえ、あの逃げ切りは読めないわ。それは兎も角、クラレントはトーセンレーヴやシルクアーネストに先着を許しては駄目だろう。ちょっと底が見えてしまった感じ。


白菊賞はディアマイベイビーがファンタジーS9着から巻き返して逃げ切り勝ち。とはいえ、行きたくはなかったけど仕方なしに逃げてしまったという勝ち方は、ファンタジーSも折り合いを欠いて自滅してる以上、勝つには勝ったが今後に不安を残す内容だった。
PO馬のバリローチェは伸びそうで伸びないまま6着。非力なタイプで荒れた内を通ったのも影響したか。現時点では軽い馬場向きだし、まだまだ力不足。デビュー戦の勝ちっぷりから、もう少しやれると思っていたんだが・・・

馬券がズブズブだった他のレースの回顧はパスw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~11月25日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4ステイゴールド
5クロフネ
6フジキセキ
7ダイワメジャー
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10サクラバクシンオー
11マンハッタンカフェ
12ネオユニヴァース
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16ジャングルポケット
17スペシャルウィーク
18ダンスインザダーク
19タニノギムレット
20ブライアンズタイム




ディープがジェンティルドンナのJCを筆頭に土日8勝(土日2勝、日曜6勝)の猛攻でキンカメとの差を6億8000万に拡大。
JRA年間200勝まであと4勝、JRA重賞通算30勝まであと3勝、年間入着賞金50億まであと3億、勝ち馬率5割オーバー、アーニングインデンックス3点台・・・こんな数値は父サンデー以来、久々に見られそうだw

JCでオルフェーヴルとフェノーメノが2着、5着に入ったステゴが4位に浮上・・・申し訳ない、11月第1週~3週の何処かでクロフネが4位に浮上してたのを見落としてましたm(__)m

日曜京都で3勝を挙げたフジキセキがJRA通算1300勝まであと1勝。


先日引退したヒルノダムールはアロースタッドでの繋養が、マイルCSを最後に引退したエイシンアポロンはレックススタッドでの繋養が決定。初年度産駒は2016年デビュー予定。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ジャパンC回顧

まずは審議対象になった直線の出来事について振り返ろうかと思う。

直線に向いたところでジェンティルドンナは前のトーセンジョーダンが僅かに外に動いたところで最内に進路を取った。一方、この時点で内ラチから1~2頭分外を走ってた先頭のビートブラックが僅かに内へ動いたことで内ラチ沿いのスペースが狭まる。ここで岩田は左鞭を入れてビートブラックとトーセンジョーダンの間を突こうとした。おそらく「最内を突くのは難しい」と判断したのだろう。
だが、ここで誤算が生じる。トーセンジョーダンの外にいたオルフェーヴルが例によって内へササり出し、結果として内を締めるような動きを取り、同時に先頭のビートブラックが苦しくなって僅かに外へ動いたことで岩田が突こうとしたスペースが狭くなった。

池江の言う通り(内がガラ空きで幾らでもスペースはあったのに云々)確かにこの段階でビートブラックの内に十分なスペースは出来たわけだが・・・既に加速し出したジェンティルドンナが進路を変えるには一旦減速する必要があっただろう。そうなったら、ジェンティルドンナはオルフェーヴルに勝つことは絶対になかったと言い切れる。池江のコメントは騎手上がりでない人間ならではのコメントと思う。

自分が強引な動きを取ったのは岩田も百も承知だったと思う。しかし、そこで強引に行かないとジェンティルドンナの勝ちはなかった。ラフなアクションであったのは否定しないが、あそこでイモ引く真似をしてたら勝負師として失格だろう。そういう意味では先週の豊と似た状況であったと思う。

むしろ、弾かれてもなお内へササり出したオルフェーヴルを御し切れない池添の方に問題があるだろう。2頭が抜け出した後で池添の言うように3、4回馬体がぶつかる場面があったが、岩田としてはオルフェーヴルに押圧されて内ラチに激突しない為に左ムチを入れるのは必然であろう。最初に弾かれたのは岩田に非があるとしても、その後は真っ直ぐ走らせてない池添の方に非があると言える。

で、審議の結果は失格・降着はなしも強引な動きがペナルティを取られて岩田は2日間の騎乗停止。冗談抜きで理解不能。あの程度で騎乗停止食らうなら、先週のマイルCSは騎乗停止になる騎手が続出してたぞ。せいぜい、5万クラスの過怠金で済む話。
むしろオルフェーヴルのササり具合を修正するアクションが小さかった池添の方にも過怠金のペナルティを科すべきだろう。来年から失格・降着制度の判断基準が変わるが、こんな馬鹿げた裁定を下す組織にまともな判断が下せるのか甚だ疑問である。


これ以上は毒が止まらなくなるので各馬の寸評に入ろうかw
ジェンティルドンナここが年内ラストと定めて14キロ絞って究極の仕上げ。好スタートを決めて意識的に前の位置を取りに行き、インの3番手を確保。直線の動きは重複するので省くが、何度も馬体が接触しても怯まなかった精神力は本物。早めの競馬でオルフェーヴルが前にいない展開を想定した強気の競馬が結果に結び付いたと思うし「ウオッカやブエナビスタに匹敵する」というコメント通り、パートナーの力量を信じた岩田の勝負師としての執念が実った勝利だった。

オルフェーヴルは過去の失敗を踏まえて意識的に控える競馬。最初は頭を上げるシーンも見られたが、前に壁を作って我慢させることに成功。そのまま前半は中団後ろに控え、勝負所で外に持ち出すと瞬間移動でもしたかのように3番手集団の一角に取り付く。このまま一気にスパートするかに見えたが、ソラを使わせない為に池添はギリギリまで仕掛けを我慢。考えに考えての我慢だったと思うが、それだけに真っ直ぐ走らせられなかったのは余計に勿体ないと感じた。

3着ルーラーシップは危惧された通り見事に出遅れ。すぐに最内に潜り込んで中団グループの後ろに取り付いたが、勝負所でも前が開く気配がなかったので、直線では外に持ち出して追い上げる前走のリプレイを見てるかのような展開。ここまでスタートに不安が出て来ると、軸で買うのはかなり抵抗を感じる。昔のペルーサみたいな馬になってしまったなぁ。

ダークシャドウは1コーナーで前をカットされて後方からの競馬を余儀なくされる不利。勝負所で外に持ち出し、直線は脚を使い切らないようにギリギリまで仕掛けを我慢して追い出したが、ゴール寸前で詰めが甘くなった。この距離でも十分戦えるところは見せたが、トップクラスでは勝ち切るほどのレベルに足りてないか。

フェノーメノは5番手の絶好位をキープしたかと思ってたが、この時点で内外から寄られて馬がエキサイトしてしまっていた。これが最後の爆発力を欠く遠因になったと思う。あと、戦前の不安通り32秒台が要求される極端な上がり勝負になったのも不運だった。まぁまだ3歳。これからの成長に期待したい・・・馬券的には武蔵野Sのナムラタイタンばりのショックと損害を受けたけどw

トーセンジョーダンは昨年と同じく積極的に動いて行ったが、直線でオルフェーヴルに寄られてブレーキを掛ける不利。それでも、出来が本調子に戻り取り切ってない事を考えれば健闘した方か。

ビートブラックはもう少し楽に後続を離したかったところだが、流石に前例があるだけに後続も付いて来たのが誤算。3コーナーから思い切ってロングスパートに出たが、これだけ上がりが速くなると持続力に乏しいこの馬はキツくなる。ただ、有馬で再び仕事をしそうな布石は打ったような気がする。

エイシンフラッシュは好位で流れに乗ったと思うが、直線は伸びかけたところで脚が上がった。ペースが向くかと思われたが、どうにも走るタイミングが読みづらい。

外国勢は枕を並べて討ち死に。ソレミアはロンシャン専用機だし、重い馬場でこその馬。後の馬は根本的に能力不足。初めから眼中になかった。

第26回WSJS2日目、香港のパートンが逆転優勝

1日目は2位につけてたパートンが3戦目のマーヴェラスJTをガリレオバローズで5着に纏め、最終レースのプロミネントJTをサトノパンサーで勝利して52ポイントとし、初出場初優勝を決めた。サトノパンサーはそこそこの着順には来れると思っていたが、スタートから流れに乗って持ち味の長く使える脚を引き出した。

マーヴェラスJTをアメリカンウィナーで勝利して首位に立った浜中が42ポイントで2位。プロミネントJTのヤマニンシャスールは内で詰まったが、スペースがあればもっと上位に来れた。アメリカンウィナー以外は微妙に思えたが、全国リーディングの意地は見せた。こうしたイベントを経験出来た事でもうワンランク腕を上げてもらいたい。

3位は37ポイントでムーア。プロミネントJTのメイショウジンムは不発だったが、マーヴェラスJTのコウセイコタロウを2着に持って来たのが大きかった。この調子で来週のランリョウオーも頼むわw

初日首位の蛯名は騎乗馬に恵まれずに失速したが、初日の貯金とパートンとムーア以外ランク上位が伸び悩んだのも手伝って4位に踏み止まった。初日3位の山口は6位タイに止まった。フラアンジェリコで下手打ったのには参った。馬券も出鼻を挫かれてズブズブに沈んだしorz

逆転候補の1番手と睨んでたスミヨンはブライアンズオーラとヴィクトリースターで人気に応えられず9位に低迷。初日は見せ場を作ったビュイックも良い所なく終わり10位に終わった。まぁある程度の力量は見せたと思うので、来年の本格参戦にも期待が持てそう。


見てる分には見応えあるレースだったが、馬券的には難し過ぎて4戦全敗。来年の阪神開催ではバシッと当てたいね・・・

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

今日のOP・特別予想

ベゴニア賞
◎ロゴタイプ
○レッドジャイヴ
▲メイショウオオゼキ
△タイセイドリーム

好枠を引いたロゴタイプの先行押し切りを期待。マイルも守備範囲。


マーヴェラスJT
◎フラアンジェリコ
○アメリカンウィナー
▲ブライアンズオーラ
△サトノティアラ
△ミステリートレイン

叩き3走目で同コースに勝ち星があるフラアンジェリコから。今回は前に壁を置ける組み合わせ。


キャピタルS
◎クラレント
○トーセンレーヴ
▲ブライトライン
△シルクアーネスト
△ファイアーフロート
△ライブコンサート

マイルCSは除外になったが、好勝負になったであろうクラレントから。休み明けを叩いたトーセンレーヴが相手筆頭。


プロミネントJT
◎ヴィクトリースター
○トウカイオーロラ
▲ツルミプラチナム
△アドマイヤブルー
△チュウワプリンス

本格化してきたヴィクトリースターが一歩リード。相手は東京巧者のトウカイオーロラと左回り巧者のツルミプラチナム。


貴船S
◎サリエル
○ネオヴァンクル
▲キングオブヘイロー
△ワールドエンド
△アーリーデイズ

先行争いが激化しそうな組み合わせでサリエルの差しが十分間に合う。チークを付けたネオヴァンクルの変わり身も怖い。


太秦S
◎クリスタルボーイ
○ファリダット
▲マルカバッケン
△タンジブルアセット
△スリーボストン

厳しい展開になりそうだが、冬場は走るクリスタルボーイの粘り込みに期待。相手は決め手を活かせるファリダットが筆頭。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ジャパンC

◎フェノーメノ
○オルフェーヴル
▲ルーラーシップ
△ジェンティルドンナ
△ダークシャドウ
△エイシンフラッシュ



実績からならオルフェーヴルで断然だろうが、今回は折り合いを欠いて自滅した春の悪夢がよぎる大外枠。状態面に関しても「宝塚より良い」と強調してるが、そこで三冠時や有馬を持ち出さない辺りに一抹の不安がある。ましてや、宝塚より相手関係は手強くなっている。万が一を考慮して対抗に留める。

本命は天皇賞に続いてフェノーメノ。天皇賞はイン強襲を決めたデムーロ劇場に屈したが、正攻法の競馬で負けて強しの競馬。東京コースでは未だに連を外しておらず、どんなペースにでも対応出来るのが強み。あまりにも極端な上がり勝負になると切れ負けする不安はあるが、それでも馬券圏内から外れる事はないだろう。

ルーラーシップはゲートに不安があるだけに奇数枠はあまり良い材料ではないが、今回は距離が延びてゆったり流れる事が予想されるだけにある程度の挽回が効きそう。不安だった鞍上も宝塚でコンビを組んだウィリアムズに替わって解消。一度叩いたところで馬体が締まれば普通に勝ち負け。

三冠牝馬ジェンティルドンナは初の世代混合戦に加え、あまり良いとは言えない外枠で条件は厳しいが、オークスで圧倒的な強さを見せたように広々としたコースで真価を発揮する。勝負所でスッと反応できない弱点はあるが、そこは加速してからの爆発力で相殺出来る。レッドディザイアくらいのパフォーマンスがあっても。

ダークシャドウは天皇賞で初めて連を外したとはいえ、東京コースは滅法走る。2400mに不安はあるが、2200mの京都記念でも2着に来てるし、折り合いに不安がないタイプ。東京ならこなせると判断。なんといっても福永に替えてデムーロを起用してきたところに陣営の勝負気配を感じる。

エイシンフラッシュは前走が予期せぬ形でこの馬向きの流れになったが、今回は純然たる逃げ馬不在で最初からスローペースが予想される上にすんなり内に入れそうな好枠を引けた。この馬が真価を発揮するスロー決め手勝負となる公算が高いし、昨年の有馬で2着に持って来たルメール確保も魅力。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

第26回WSJS1日目、蛯名が暫定首位

1日目が終わって勝ちこそなかったが、エクセレントJT3着、ファンタスティックJT2着と上位で纏めた蛯名が28点で暫定首位。とはいえ、明日のマーヴェラスJTはDランク、プロミネントJTはCランクと質的に厳しい状況(あまり買える要素がない馬だし)

エクセレントJTを勝ったパートンが22点で2位、ファンタスティックJTを勝った山口が21点で3位。Aランクのショウナンラムジを持って来たパートンは兎も角、Bランクのブラボースキーを持って来た山口はお見事。昨年のペプシも派手なパフォーマンスを見せたが、山口は明日にAランクを残しており、逆転優勝の可能性は十分にある。パートンもBランクを残してる他、Cランクのガリレオバローズもポイント取れそうな感じなのでこちらも普通にチャンスあり。

注目のビュイックはムーアと並んで20点で4位タイ。ファンタスティックJTは二の脚が付かずに最後方に下がった時点で勝負圏内から去ったが、エクセレントJTでは内の狭い所を割って2着を確保したのは上手いと思った。プロミネントJTのチュウワプリンス次第で逆転の可能性はある。ムーアはAランクのホーカーテンペストでヘグったのは痛いが、こちらもノーチャンスではない。

CランクDランク揃いで下位に甘んじた組も逆転の可能性が十分に残されている。特にスミヨンはプロミネントJTでヴィクトリースターを残してるのは大きい。ただ、池添はAランクBランクもババ引いた感じで、下手したら伝説の5点になる危険性もあるw


今年は日本競馬に慣れてる外国人騎手が多いせいか、1日目は2レース共レベルの高い内容だったと思う。しかし、逆に馬券は物凄く当てづらいw
ブログに書いてなかっただけで2レース共買っていたが、見事に軸が不発。明日も馬の取捨で頭を悩ましそうw

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

京阪杯回顧

勝ったハクサンムーンに関して、自分のリズムで行き切ってしまえば怖いと書いたが、まさに自分のリズムで逃げられたのが勝因・・・やはり、酒井学はこうした馬に乗せると怖い事を再確認。

この馬は二の脚の加速力の速さで行き切ってしまうのが持ち味だが、今回はそれを如何なく発揮してハナへ。外のテイエムオオタカが番手に控えて前走みたいに競り掛けられることもなく、前半3Fを34.3というこの馬にしてはかなり楽な逃げとなり、後半も11.4-11.3-11.5と纏めてアドマイヤセプターの猛追を凌ぎ切った。競られると脆い弱点はあるが、こうしたタイプは常に押さえておきたい。

2着アドマイヤセプターは初の1200mもあってか、前半は急がせる事なく中団後ろで脚を溜める競馬。そのまま内々を立ち回って先団グループの後ろに取り付き、直線半ばで前が開くと一瞬で割って入り勝ち馬に急追。ここで内にモタれてしまいルメールが立て直した分、僅かに届かなかった。本賞金を加算出来たのは大きいが、今後はどういうローテを組むのか気掛かり。

3着シュプリームギフトは前が残る展開の中、好位グループの内を立ち回れたのが大きかった。夏の北海道シリーズで力を付けたように、時計の掛かる馬場だったのも味方した。高速決着では厳しいだろうが、時計が掛かる馬場でスムーズに立ち回れるなら今後も出番がありそう。

テイエムオオタカは二の脚の速さでは勝ち馬に敵わなかったのもあってか、番手に控える競馬。ここで共倒れを避けて前傾ラップにしなかった分、この馬も簡単に止まらなかった。ゴール手前で2着馬の斜行による不利を被ったが、それがなくても大勢に影響はなかっただろう。

ハナズゴールは前有利の展開で大外から良い脚を使って追い込んで来た。今回は枠と展開が向かなかったが、初の1200mで適性は見せた。馬体も大幅に増やしてこの馬なりに逞しくなったし、エピセアロームみたくこの路線で台頭してきそう。

オリービンは折り合いも付いて流れに乗れていたが、直線でスプリント向きの切れ味がない事を露呈。平坦コースで前が止まらないとこんなものだろう。出て来るなら距離延長となる阪神Cでの巻き返しに期待したい。

エーシンホワイティはもうひと絞り欲しかった感じだったし、ペースも予想より緩かったのが誤算。サドンストームも同様にペースに泣かされたクチ。あと、どうも内枠は鬼門な感じ。

エーシンヴァーゴウやパドトロワは絶好の展開だったが、直線で呆気なく失速。この時期は駄目っぽい。


印上はタテ目だが、軸のホワイティが絞れてなかったのでBOX買いに切り替えたお陰で一応はプラスなんだが・・・先週のダイワファルコン同様、追い掛けてた馬を軸で買えなかった点で何かに負けた気分。
ハクサンムーンは惨敗したとはいえ、ケレン味のないスピード見せた朝日杯から「コイツはいつか化ける」と目を付けていたからなぁ・・・こうした馬こそ、こうしたレースで単勝を取らなければならなかった。ここは猛省の必要あり。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京阪杯

◎エーシンホワイティ
○アドマイヤセプター
▲サドンストーム
△マコトナワラタナ
△ハクサンムーン


ハクサンムーンが最内枠を引いた以上、小細工なしで逃げるのは必定。同型馬にとっては厳しい展開になりそうだし、最終週の馬場も考慮すると追い込み馬が殺到して二転三転すると見る。

本命はエーシンホワイティ。重賞ではからっきしなOP大将だが、前走とは違って前崩れの展開利が見込める上に、このコースでは2勝2着2回。出来も良く荒れ馬場も向きそうな今回は狙ってみたい。

アドマイヤセプターは初の1200mがどうかだが、折り合いに難があるタイプだけに普通に対応出来そう。テンに速い馬が揃ってるので中団に控えて脚を溜められるようなら。

サドンストームはスタートに課題があるので全幅の信頼は置けないが、ペースが向けば前走みたいな差し切り勝ちも有り得る。距離が長かったNHKマイル以外は崩れてないのも魅力。

マコトナワラタナは夏の段階ではクラスの壁に当たっていたが、秋に入って徐々に慣れてきた印象。平坦な京都がベストのタイプでこれも展開利が見込める。

ハクサンムーンはその脚質故に安定性はないが、自分のリズムで行き切ってしまえば残ってしまう怖さはある。酒井学に戻るのも怖い。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

第26回WSJS

ジャパンC30周年記念事業として開催された一昨年以来2度目の東京開催。つーか、今年から西暦偶数年は東京、奇数年は阪神で実施されるとか・・・個人的には阪神開催、ゴールデン○○というレース名に慣れ切ってしまってるから、何となく東京開催に違和感を感じてしまうw

昨年は地味で微妙な面子だった外国勢だが(成績も優勝したムルタと4位のヴェラスケス以外は微妙だった)今年は北米勢が初の選出なしになったものの、スミヨン、ウィリアムズ、ムーア、ムルタ、シュタルケといった馴染みのある面子が揃って見応えあるレースが見られそう。つーか、デムーロって初出場だったのね。

注目はイギリスで次世代を担う騎手と目される初出場のビュイックか。ナサニエルの主戦騎手を務めた他、一昨年はドバイシーマクラシックでダーレミに騎乗してブエナビスタを、フォワ賞ではダンカン(レース後、色んな競馬の掲示板で「ダンカン、このやろう!」の書き込みがあったのはお約束w)に騎乗してナカヤマフェスタを下してる。来年は短期免許で本格的に日本で騎乗する予定だが、まずは今大会でお手並み拝見といこうか。

パッと騎乗馬を見た感じ、スミヨン、ムーア、香港のパートン、地方代表の山口辺りが優勝候補かな。ムルタやビュイックもまずまず。まぁ騎乗馬の質は程良くバラけた感じでどの騎手にもチャンスありそうだ。

関東の最年長ジョッキー・田面木博公、今月末で引退

24日の東京2Rがラストライドとなり、今後は騎手時代は同期だった杉浦師の調教助手となる予定(てっきり藤澤の調教助手になると思ってた)

最近では昨年のファイナルSでフライングアップルに騎乗して2着に入ってこちらの馬券を紙屑にしてくれたのが一番印象深いが、それ以外にも最後の勝利となったエポワスやアムールマルルー、ミッションモードといった藤澤厩舎の馬に騎乗してたりする。その度に「ああ、まだ現役だったのか」と思ったっけ。

競馬を知った頃の第一印象は、なんて読んでいいのか判らない騎手ナンバー1wその内、柴田政人のスーパーサブその1という印象に変わったが(その2は次郎さんだったねw)
一応、スエヒロジョウオーでGⅠ勝ってるが、どこにでもいる早熟の一発屋だったから特に印象に残ってない。個人的にはホワイトストーン、シャンソニエール、インターユニーク、ヤクモレインボーといったところの方が良く覚えてる。ホワイトストーンは3歳秋の菊→JC→有馬のローテを組まなければ、田面木にGⅠ勝たせてたかもしれない。
一番印象に残ってるのはダイワカーリアン。勝っても勝っても何故か人気にならない馬だったが、札幌記念や富士Sを逃げ切った時は非常に美味しい思いをした。あと1回こっきりの騎乗だったが、ジョービッグバンの函館記念も印象深い。お疲れ様でしたm(__)m

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

福島記念回顧

1頭だけになるとソラを使って真面目に走らない筈のダイワファルコンが早め先頭から押し切る横綱相撲で重賞初勝利。元PO馬の重賞勝利は嬉しいとこだが、軸で買えなかったという点でミソが付いてしまったなw
好スタートから労せず3番手に付け、内の逃げ馬を見ながらの競馬。逃げ馬が苦しくなった勝負所でジワッと動いて先頭に立ち、激しくなった2着争いを尻目に押し切った。最後まで集中して走れたのは、前走の天皇賞が布石になったのではないかと思う。テン乗りに不安はあったが、川須は気分を損ねずに走らせていたと思う。アテに出来ないが、これで一皮剥ければ。

2着アドマイヤタイシは思ったより後ろの位置取りになったが、3コーナーから馬場の良い外目を通ってスパートを開始。4コーナーでは先団グループの一角に取り付き、直線はダコールと併せ馬の形になったが1キロの斤量差も味方して競り負けなかった。思ったよりも長く脚を使えたのは収穫。勢いもあったが地味に力を付けている。

3着ダコールは道中は最後方に控え、勝負所から馬場の外目を回ってひと捲り。かなり外を回ったのは否めないが、馬場の良い部分を走る事で相殺出来たか、直線は2着馬と併せる形で伸びて来た。時折雨が降る天候でこの馬向きの馬場にならないと思って軽視したが、このクラスなら前走程の極端な道悪でなければこなせるようだ。

ヒットザターゲットは内枠からそのまま経済コースを立ち回り、勝負所からの仕掛けも距離損なく先団グループまで進出。内側でも馬場の良い部分を通って一旦は2番手に上がりかけたが、ゴール寸前で交わされた。自分の型で走ればローカルGⅢクラスなら普通に勝ち負け出来るところを証明。

デルフォイは前半は中団グループに付けていたが・・・馬場を気にし過ぎていたか、動かなくてはいけない場面で手綱を押さえたまま動かず。4コーナー手前で大外に回して追い出したが、完全に手遅れのタイミング。まともに動いていれば少なくとも2着争いにまで加われていた。勝浦が乗ることはおそらく二度とないだろう。

ドリームバスケットは好位でソツなく流れに乗れていたが、直線の追い比べで詰めが甘くなった。荒れ馬場は得意であったが、この距離は少し長かったようだ。アスカクリチャンは勝負所での反応が今一つで見せ場なし。休み明けで本調子になかったようだ。ケイアイドウソジンは道中で落鉄してたらしく、勝負所で早々と脱落。


ダコールの追い込みに肝を潰しかけたが、どうにか馬連的中。マイルCSは爆死したが、それでもプラスに持ち込めたのでヨシとする。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~11月18日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4ステイゴールド
5クロフネ
6フジキセキ
7ダイワメジャー
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10サクラバクシンオー
11マンハッタンカフェ
12ネオユニヴァース
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16ジャングルポケット
17スペシャルウィーク
18タニノギムレット
19ダンスインザダーク
20ブライアンズタイム




サダムパテックのイン強襲でフジキセキが6位に浮上。JRAGⅠ勝利を3年連続とし、JRA重賞通算60勝に到達。史上5頭目となるJRA通算1300勝まであと4勝。

タキオンがブレイクラッシュのデビュー戦勝ちでJRA通算800勝達成。6年連続JRA100勝まであと8勝、JRA重賞通算50勝まであと1勝。

ポケがダイワファルコンの重賞初勝利でファーストシーズンからのJRA重賞連続勝利記録を7年連続とした。これで、リーディング20位以内で重賞未勝利なのはネオユニヴァースのみ。こちらはファーストシーズンから4年連続でJRA重賞勝利中だが・・・


テイエムオペラオー、メイショウサムソン等を輩出したオペラハウスが新種牡馬サマーバードの導入により種牡馬引退。
リーディング最高順位はオペのグランドスラムが炸裂した2000年の4位。オペとサムソン以外にもニホンピロジュピタ、アクティブバイオ、ミヤビランベリ、オペラシチーといった平地重賞馬を輩出。
一方で障害馬にもコウエイトライ、スプリングゲント、マジェスティバイオといった大物を輩出。出来不出来は激しかったが、当たればデカい個性的な種牡馬だった。それと、道悪がべらぼうに上手い産駒が多かったのも印象深い。

エイシンフラッシュやワークフォースを輩出したキングズベストの日本供用が決定。しかし、供用先がダーレーとは・・・アルカセット、ルールオブロー、ファンタスティックライトが大コケしただけに、この馬も日本に輸入された途端にコケるんじゃないかという不安がある。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

マイルCS回顧

直線に入って先頭のシルポートの後ろにいたコスモセンサーが外に持ち出し、その動きに反応したエイシンアポロンが外に膨れ、エイシンとリアルインパクトの間を割ろうとしたサダムパテックがやや強引な感じで外へ避け、それに押圧されたリアルインパクトが更に外へヨレて・・・以下、ガルボ、フィフスペトル、グランプリボス、ダノンシャーク、ファイナルフォームの5頭がドミノ式で外に弾かれる不利。
直接の被害馬にならなかったアイムユアーズやマルセリーナも最後に弾かれたファイナルフォームにふっ飛ばされたり、前をカットされる不利。上位馬の中で逃げてたシルポートといち早く抜け出したドナウブルーだけが一連の動きに影響を受けなかったという後味の悪いレースになってしまった。明確な加害馬を特定するのは難しいとはいえ(個人的にはエイシンアポロンが加害馬と思う)こうした荒れたレースは心底萎える。

本命のファイナルフォームはこれから加速しようかというところでふっ飛ばされて戦意喪失したが、スタートで後手を踏んで後方からのレースになったのも痛かった。ドナウブルーの位置にいればなぁ・・・

勝ったサダムパテックは問題の場面で間を割るのを躊躇していれば、そのまま進路を潰されて掲示板すらなかっただろう。強引ではあったが、あそこで引かなかった辺りに豊の執念というか意地を見た。ハイペースに向かない、渋った馬場も合わないと思って最初から眼中になかったが、予想以上に馬場の回復が早かったのと、シルポートの逃げが極端な前傾ラップにならなくて持ち味を活かしやすい展開になったのも味方した。
豊はこれがマイルCS初勝利。これで中央のGⅠで未勝利なのは朝日杯FSだけとなった。ゲームの世界でなら有り得そうな中央全GⅠ完全制覇まであと一つ。特別なファンではないが、ここまで来たら前人未到の大記録を作ってほしいと思う。

2着グランプリボスはペースは上がらなかったものの、外枠でなかったのが幸いして馬群の中でなんとか我慢させての追走。直線でスピードに乗り掛けたところで外にふっ飛ばされる不利。戦意喪失してもおかしくなかったが、そこから体勢を立て直して勝ち馬に急追。渋った馬場はベストではないし、あの致命的な不利から最も強い競馬を見せての2着。レース後に激怒してたウチパク、そして今回ばかりは矢作に同情するしかない。

3着ドナウブルーはスタートしてから暫くは1頭だけ外を走っていたが、中団に下げて馬込みに入れて折り合いを付ける事に成功。4コーナー手前で1、2着馬より先に動き出して外へ持ち出した事で玉突き事故を避けられたのが幸い。一旦は2番手に上がってあわやの場面を演出。スムーズに立ち回れた数少ない馬だったが、牡馬相手でも通用するところを見せた。

シルポートはもっと飛ばして逃げると思われたが、最初の3Fは35.0とこの馬にしては遅い入り。最後まで溜め逃げさせると持ち味が活きないと思ったが、4F目で一息入れると(11.9)それ以降は11秒台前半を刻み続ける絶妙な逃げ。残り100mで甘くなって決め手のある馬に交わされたが、テレビ馬とならずとも見せ場を作ったのは立派。

リアルインパクトは被害馬であり直接被害馬をふっ飛ばした加害馬となったが、最後までジリジリと伸びた。もう少しペースが上がっていればもっと際どい勝負に持ち込めたかもだが、苦手の関西圏のレースで健闘したと言えよう。

ダノンシャークは不利を受けながらしぶとく追い上げたが、そもそもスタートが決まったのに必要以上に後方に下げ過ぎたように思える。内で我慢してスンナリ前が開く保証はないが、もう一つか二つ前の位置に付けて欲しかった。どうも浜中はこの馬ではチグハグな騎乗しか出来ていない。
ストロングリターンは玉突き事故の前から手応えが怪しくなって早々とヘタれてしまってた。追い切りもそんなに良くは見えなかったし、休み明けを叩いての良化がスローだったのだろう。

アイムユアーズは勢いが付きかけたところで不利を受けたが、これもダノンシャーク同様に前半の位置取りが後ろ過ぎ。テン乗りとはいえ、持ち味の機動力を活かさず不用意に控えた四位はあの玉突き事故以外で最も下手打った。これなら、脱臼して帰国したメンディザバルの方がマシ。レオアクティブはペースが上がらなかった時点で終了だった。展開の助けがないとどうにもならない馬になってしまった感じ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

福島記念

◎アドマイヤタイシ
○ダイワファルコン
▲ケイアイドウソジン
△デルフォイ
△ヒットザターゲット
△ドリームバスケット


ハンデ戦重賞らしい難解な一戦。一長一短なハンデが重い実績馬より、ハンデ軽めの条件上がり馬であるアドマイヤタイシを思い切って軸に抜擢。機動力の高さと一瞬の脚は小回り向き。前走で秋華賞3着アロマティコ(下手打ったのも大きいが)を負かしている。

ダイワファルコンは天皇賞に比べて相手関係がずっと楽になって与しやすくなった。ピッチ気味の走法で渋った馬場は得意なのはオールカマーで証明済み。クセ馬だけにテン乗りの川須というのが引っ掛かるが、気の悪さを見せずに走れば普通に勝てるだけの力はある。

ケイアイドウソジンは隣のサトノタイガーとの兼ね合いが鍵になるが、自分のリズムで走ればしぶとい。先行馬に乗らせれば定評のあるベテランの中舘を起用したのも面白い。

デルフォイは1年振りのレースを快勝。叩き2戦目は全て着外という点は気掛かりで評価をやや下げたが、元々重賞戦線で好走してた馬だけに、素質という点ではここでも上位の存在だろう。

ヒットザターゲットはここ3戦全て11着だが、家賃が高かったり、不利があってのもの。今回はこの馬の好走パターンに持ち込みやすい内枠を引けた。イン突きが十八番の大野起用で巻き返しがあっても。

ドリームバスケットは時計の掛かる馬場は得意。前走は中山マイルの外枠で自分の型に持ち込めなかったが、距離延長ですんなり前に行けそう。スムーズなら3走前くらいは走れても。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

マイルCS

◎ファイナルフォーム
○ドナウブルー
▲アイムユアーズ
△ダノンシャーク
△シルポート
△レオアクティブ
△マルセリーナ



今年の秋競馬のキーワードは「3歳馬、外国人、地方出身」であろう。関西ではからっきしなリアルインパクト、外枠では持ち味が活きにくいフィフスペトル、馬場悪化はマイナスな(稍重では惨敗してる)グランプリボス以外の全てを押さえてみた。
まぁグランプリボスは印は極力7頭までという俺の主義に則って外した。流石に8頭も買うと点数が多くなり過ぎて旨味が薄れる。それに押し出されての1番人気は買いづらい。来たら事故と思って諦める。

ファイナルフォームは急仕上げだった前走を使われて明らかに動きが変わった。体質の弱さでデビューが遅れた馬が、僚馬のストロングリターンとリアルインパクトと同じ調教メニューをこなせたのは大きい。道悪は稍重で2勝、不良でも上がり最速で2着。ディープインパクト産駒にしては瞬発力とパワーを兼ね備えていそう。キャリアは浅いが、底を見せていないのも魅力。

ドナウブルーは京都で6戦4勝。折り合い欠いて5着に終わったシンザン記念以外は安定した決め脚を使える平坦の京都はベスト条件と言って良い。春の安田記念は惨敗したが、ヴィクトリアマイルで余力がなかったと捉えたい。不良馬場で勝ち鞍があり、渋った馬場でも力は出せる。あとは馬体重次第だが、輸送の不安がないのでたぶん大丈夫だろう。

アイムユアーズはハイレベルな3歳牝馬でもトップクラスの実力馬。距離は長いと思われたオークスや秋華賞でも大きく崩れておらず、今回の距離短縮はプラスに向くと思われる。雨が降ってたファンタジーSや洋芝のクイーンSで勝っているし、血統的にも渋った馬場は歓迎のクチ。人気はびっくりするくらいないが、普通に上位に来ても不思議ではない。

滑り込みで出走出来たダノンシャークはスワンSでも触れたように京都コースでは大崩れがない。距離がベストのマイルに戻るのもプラス。スタートに不安はあるが、今回はシルポートが引っ張るだけに後方から行っても間に合いそう。普通に出ても毎日王冠みたいに自分から捕まえに行かなければ。

シルポートはケレン味のない逃げが持ち味だけに馬場悪化は最も歓迎出来る。乗り慣れた小牧でないのがどうかだが、川田なら積極的に行かせるだろう。GⅠでは全く結果を出せないが、特殊なトラックバイアスの今回は逃げ残る可能性がある。

レオアクティブはスローペースで後方から引っ張り通しで惨敗した前走は参考外。今回はシルポートが行く以上、この馬向きのペースになるだろう。本質的にマイルは1F長いが、京成杯AHみたいにハマるようなら。

マルセリーナは追い切りの動きが好調時の時そのもの。渋った馬場は微妙だが、劇場オンパレードのデムーロ起用は怖い。トラックバイアスに泣かされた安田記念以外は大きく崩れていない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

東スポ杯2歳S回顧

古くはヤマトダマシイやクエストフォベストに端を発し、これまでに何度となく裏切られて来たが、久々に藤澤厩舎から大物候補が出現したと言っていいかもしれない。それくらいコディーノの強さが際立ったレースだった。

あまり良いスタートではなかったが、最内から直ぐに追い上げてインの4、5番手を追走。直線は前が壁になりかけたが、前が開くや否や「瞬間移動」と表現した瞬発力を披露してあっという間に抜け出し最後は流してのゴール。
札幌2歳Sでも書いたが、鞍上のゴーサインに対しての反応が桁外れに速い。辛いコメントが多いノリが「可能性は無限大」と評価するのも肯ける。故障とかのアクシデントがなければ(現時点でこれが一番怖い)来春は全部持っていく可能性も有り得る。

2着レッドレイヴンはスタートは普通に出たが、外枠故に無理を避けて後方に控える競馬。4コーナーを回ってもまだ最後方グループにいたが、そこから大外へ回して一気の瞬発力を披露。勝ち馬は強すぎたが、それを別にすればこの馬も相当にインパクトのある競馬を見せた。これも順調ならクラシック戦線のトップクラスを張れる。

3着インプロヴァイズは道中は中団からレースを進め、直線では馬群の中から1頭分空いたスペースを割って抜け出しジリジリと伸びて来た。1、2着馬とは明確な差はあったが、地味にしぶとい脚を使った。自己条件なら直ぐにでも勝てる。

2番人気サトノノブレスは好位を取りに行こうとしたが、2コーナーの入りでスペースが狭くなって手綱を引っ張る場面があって位置取りを下げたのがケチのつき始め。動くに動けないインに押し込められ、直線は外に持ち出して追い上げを図ったがエンジンが掛かったのは大勢が決した後。今日は不完全燃焼なレースだった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

武蔵野S回顧

アルテミスS回顧でヘコむ馬券の外し方について書いたが、1つ書き忘れていた。タテ目である。
流した相手が見事に来てるのに、肝心の軸が来ないのは堪える。「BOXで買えば良かった」とか「何故、軸を間違えたのだ?」と後悔した事は数え切れない。
しかし、流した相手が掲示板を独占して軸が6着というのは、覚えている限り十数年馬券買ってて初の経験である。この外し方、精神的に全治3ヶ月の重傷だわw

ナムラタイタンはスタートから前半の入りに課題がある馬である。好位に取り付ければあまり崩れないが、そうでないと流れ込むので精一杯というパターンが多い。今回はスタートこそ五分に出たが、二の脚が付かずに後手後手に回った時点で終了だった。落馬の影響はないと思っていたが、やはりレースをやってないと反応がもう一つであったか。

勝ったイジゲンはスタートで思いっきり出遅れた時点で終了と思ったが、ペースが落ちた3コーナー手前から外を回って進出を開始。直線半ばであっという間に先行集団を交わし去って先頭。残り100mを切った辺りで大立ち回りのツケが出てガンジスに半馬身差まで詰め寄られたが、強い競馬であった。課題はあるが、行きたい時に動いて行ける脚があるのは強み。マイラーとしての資質は相当高い。

2着ガンジスは好スタートを切ったが、距離を考慮してか無理せず好位の外目で馬を宥めつつの競馬。勝負所で外から上がって来た勝ち馬に被せられて動くに動けない形になったが、前が開いたところで追い出すとただ1頭勝ち馬に追い縋った。勿体ない競馬であったが、この距離に目処を付けたのは収穫。

3着ダノンカモンは休み明けでも仕上がっていたが、久々の影響か道中は気合いを付けながらの追走。勝負所では馬群に包まれたが、直線で上手く外に持ち出し2着馬の後を追う形で脚を伸ばした。メンディザバルの負傷乗り替わり(再度の脱臼で帰国)で武士沢が代打騎乗したが、最低限の結果は出せたと思う。

アドマイヤロイヤルは南部杯で大幅に減らした馬体を回復させたが、スタートしてから終始窮屈なポジション。直線も前が壁となり、行き場を探しながらの追い出し。ペースが緩んで集団が固まってしまったのが誤算だった。

ストローハットはスタートして外にヨレてアドマイヤロイヤルと接触して後方に下がる不利。行きたがるのを馬群の後方で何とか宥めながら追走し、直線は馬群がバラけたところでジリジリ伸びて来た。これで次は変わってきそう。

トリップは直線でゴチャついたところを割って伸びかけたが、最後は決め手の差が出た。器用貧乏ではあるが、もう少し距離が延びれば結果が出せそう。

シルクフォーチュンはペースが緩んだところで折り合いを欠いて終了。その前に怖がりな馬を馬群の内に入れては駄目だろう。

ナムラビクターは直線で見事に失速。スタートして前に行く為に脚を使った影響もあったが、最内で揉まれる競馬は合わないのかもしれん。距離不足とは思っていたが、ここまで負けるとは思っていなかった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~11月11日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4ステイゴールド
5クロフネ
6ダイワメジャー
7フジキセキ
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10サクラバクシンオー
11マンハッタンカフェ
12ネオユニヴァース
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16ジャングルポケット
17スペシャルウィーク
18タニノギムレット
19ダンスインザダーク
20ブライアンズタイム




土日7勝(土曜2勝、日曜5勝)、エリ女2着3着等、勢いが止まらないディープがキンカメとの差を4億6000万強に拡大。勝利数は昨年のキンカメに並び、賞金額は早々と上回った。

フミノイマージンが不発に終わったマンカフェに対し、アフォードがみちのくSを制したバクシンオーがトップ10入り。

中堅部隊が3勝を挙げたポケが2ランクアップ。とはいえ、今年はファーストシーズンから昨年までの6年連続JRA重賞勝利、5年連続GⅠ勝利の記録継続がストップの危機。

順位こそ変わらなかったが、2007年皐月賞(ヴィクトリー)以来のGⅠ勝利となったBTがデジタルとの差を1億6000万に拡大。JRA重賞通算80勝の大台に乗せた。

アイウォントユーの勝利でダンスインザダークが史上14頭目となるJRA通算1000勝達成。これまでGⅠ4勝を含むJRA重賞43勝。リーディングの最高順位は2004年の2位。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

エリザベス女王杯回顧

雨予報は判っていたが、予想以上に降って重馬場まで悪化。こうしたトラックバイアスは苦にしないとはいえ、レインボーダリアがヴィルシーナを差し切ると予想出来た人はどれくらいいただろうか。俺も人気の盲点とは書いたが、流石にそれは読めなかった。

早い段階で馬群の中に入れるかどうかが鍵であったが、上手い具合にスタンド前で馬群の中に入る事に成功。向こう正面過ぎで馬場の良い外目に持ち出し、4コーナー手前からスパート。直線で先に抜け出したヴィルシーナとの併せ馬に持ち込み、見事にこれを競り落とした。
テン乗りであったが、馬の出来の良さを引き出してソツなく立ち回った柴田善臣はお見事の一言。しかし、往年の勢いはなくなったにしてもブライアンズタイムの底力は恐ろしい。

2着ヴィルシーナは出たなりの競馬で4番手を追走。そのまま流れに乗っていたが、エリンコートが坂の下りで一気に動いてペースアップしたことで早めに動いたのが最後の競り合いに響いた気がする。道悪でも自分の競馬は出来たが、ゆったりしたストライドで走るタイプだけに良馬場の方が良い。これで4度目のGⅠ2着。つくづくツキのない馬である。

3着は1000万を勝ち上がったばかりのピクシープリンセス。レース前の謎の穴人気に「おいおい、流石にデムーロ劇場は打ち止めだろうよ」と思っていたが、道中はノメってしまい馬群に付いて行けず最後方からの競馬。ところが大外に持ち出すと、上がり2位の勝ち馬より0.7秒速い35.1秒の脚で急追。馬場が良ければ突き抜けていたかもだが。この距離で覚醒した感。

ブービー人気だったマイネオーチャードが4着に健闘。これも後方からの競馬で直線は大外に持ち出して伸びて来た。道悪は全く苦にしないタイプっぽいが、人気薄でも持って来る柴田大はやはりラフィアンの主戦と呼ぶに相応しい仕事をする。

オールザットジャズは馬体も回復して3番手をスムーズに追走していたが、エリンコートの捲りで馬がハミを噛んでしまい、早めに先頭に立った分後続の目標にされてしまった。

ホエールキャプチャは中団からの競馬になったが、勝負所で他馬に外から入れ替わり立ち替わり上がって来られて動きたい時に動けず位置取りを下げて万事休す。あそこまで悪化した馬場も合わなかったが、最後はノリもやる気なくしていつもの諦めモード。

フミノイマージンは直線でまさかのイン突き。外へ持ち出す機会がなかったとはいえ、今日の馬場でイン突きは無謀。一瞬伸びかけたが、最後はノメって脚が上がってしまった。


馬券は一応馬連を拾えたが、人気所を厚めに買ったせいで大して儲からず。つーか、前のレースのダメージが・・・武蔵野Sの回顧は後日ショックが癒えたらという事でorz

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

武蔵野S

◎ナムラタイタン
○イジゲン
▲ダノンカモン
△アドマイヤロイヤル
△ストローハット
△ガンジス
△シルクフォーチュン


前走は2秒で終わったナムラタイタンだが、東京マイルはベスト条件。ポリで追われたとはいえ、相変わらず調教の動きは素晴らしく落馬の影響はなさそう。まともに出るか不安はあるが、普通にスタート出来ればまず崩れない。雨予報で脚抜きが良くなれば更に良い。

イジゲンもスタートに課題はあるが、大味な競馬しか出来ないハタノヴァンクールよりは動いていけるし、まともにスタートを出れば逃げて完勝した前走みたいな競馬も出来る。ムーアに乗り替わってどう乗って来るか興味深い。

ダノンカモンは芝に挑戦した前2走は全く良い所なかったが、それまではこの路線でトップクラスと互角に渡り合ってきた。久々で立て直しが上手く行っていればメンディザバルでも勝ち負けまで持っていける。

アドマイヤロイヤルは前走減った馬体の回復次第であるが、ナムラタイタン程ではないにしろこのコースは堅実に走る。最後のひと押しが利かないものの、確実に末脚を使える安定感ではナムラやイジゲンより上。

ストローハットはユニコーンSを勝った舞台に戻るのは距離適性的にも良い。不利もあって惨敗したJDD以来という事で人気を下げてるが、他の3歳馬に見劣りしない能力を持ってる。

ガンジスはアルゴリズム、インペリアルマーチと1400mではOPレベルでもそこそこ安定してる馬を連勝した勢いがある。1Fの距離延長がどうかだが、克服出来るようなら。

シルクフォーチュンは追い込み一手だけに色々と注文はつくが、ハマった時の破壊力は確か。藤岡康が乗れないのは痛いが、豊がスムーズに捌いて来れるようなら。


ナムラビクターは最内枠がどうかだし、この距離は少し短いように感じる。これが1800mとかだったら重い印を打てるが、この条件では見送りたい。来たら事故と思って諦める。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

京王杯2歳S・ファンタジーS・京都JS回顧

京都JSは快調に先頭を走ってた断然人気のテイエムハリアーが8号障害で着地に失敗して落馬。その手前から2番手に上がってたマサノブルースが先頭に立ってそのまま押し切った。
棚ぼたではあったが、積極的に先行策を取ったのが功を奏した。マヤノトップガン産駒の障害馬と言えば今年重賞2勝のデンコウオクトパスがいるが、飛越での安定感でははこちらの方が上。一息入れたオクトパスに代わって中山大障害出走が見えて来た。



京王杯2歳Sは人気所が総崩れとなり、勝ったのは5番人気エーシントップ。テンションが上がりやすい馬だが、久々の今回は落ち着いていたのが良かったか。相変わらず内が伸びるトラックバイアスも味方して番手抜け出しから押し切ったが、1400mを3戦連続使ったのはマイルの朝日杯だと決して良い材料とは言えない。人気になるであろうが、基本的には消しで良いと思う。

2着ラブリーデイは2戦続けて1800mを使われていたが、この距離でも置かれることなくインの3番手を追走。直線も最内からスルスルと脚を伸ばして勝ち馬に追い縋った。根幹距離に不安はあるが、減った体を戻すという条件なら朝日杯は勝ち馬より信頼出来る。

人気所はまるで見せ場なし。1番人気テイエムイナズマは前走同様に出遅れ、今回は途中の捲りも不発。身体能力は高いが、まともなレースが出来ない辺りショウナンアルバと被る。

2番人気マイネルエテルネルは好スタートが災いして図らずも逃げる展開が合わなかったようだ。3番人気アットウィルは太め残りもあったか、本当に見せ場なかった。


ファンタジーSは自分が乗っただけで2番人気になったサウンドリアーナを勝たせてしまうデムーロ劇場開幕。前走は折り合い欠いて自滅したが、今回はなんとか宥めて番手キープ。直線ではバテた逃げ馬を交わして引き離す一方。マイル戦で勝ちがないし、折り合い面の不安はあるが、デムーロ続投なら阪神JFも押さえる必要あり。しかし、この馬の走法はあのタイキブリザードを彷彿とさせるなw

2着ローブディサージュは中団待機から直線で末脚を伸ばした。函館の新馬戦以来だったが、なかなか味のある競馬をする。距離適性もここはやや短い印象だし、マイルの阪神JFでは十分逆転可能だろう。

1番人気プリンセスジャックはスタートがあまり良くなく後方からの競馬。直線は大外から追い上げたが4着まで。年間100勝達成したとはいえ、肝心なところで結果を出せないのは福永らしいというかなんというか・・・

ディアマイベイビーはスタートで出遅れて泡食って追い掛けたら掛かるというお粗末な競馬。ストークアンドレイは太目もあったが、途中でエーシンセノーテに前に入られて必要以上に位置取りを下げ過ぎた。まして、直線であれだけ大外に回しては・・・川島は降板かもなぁ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

エリザベス女王杯

◎ヴィルシーナ
○ホエールキャプチャ
▲フミノイマージン
△レインボーダリア
△オールザットジャズ


明日の天気は読み辛いが、雨が降って馬場が多少渋る前提の予想。パンパンの良馬場だったらヒモで狙えた軽快な先行力が持ち味のスマートシルエット、最内でロスなく立ち回れそうなマイネイサベルはバッサリ切る。つーか、今年は狙ってみたい目ぼしい穴馬がいないので人気サイドで固めるのもやむなし。

目の上のたんこぶだったジェンティルドンナ不在となれば、セカンドベストのヴィルシーナが主役となるのは必然だし、無暗に逆らうだけの死角もない。秋華賞後も直ぐに調教を開始し、最終追いは坂路で軽めに流す程度だったが、1週前にウッドで併せ馬を行い末を伸ばして11秒台をマーク。激闘の反動はなさそうと見做して良さそう。

ホエールキャプチャは乗り込み量は足りてたが完調でなかった前走を叩いて状態は上向き。最終追いでは騎手を乗せて坂路50.2の好時計。早々と諦めてパタッと止まった前走みたいな事にはならないだろう。この距離は本質的に守備範囲と言えないが、昨年も僅差の4着。牝馬同士なら我慢が利く。

フミノイマージンは距離が少し長かった京都大賞典で見せ場ある4着。本質的には小回りで真価を発揮するタイプだが、距離短縮は歓迎だし伏兵扱いだった昨年に比べて遥かに地力強化がなされてる今なら普通に勝ち負けのレベル。というより、今年のメンバーなら普通に何とかなりそう。

レインボーダリアは内枠を欲しかったのは否めないが、後方から行って早い段階で内に潜り込めればノーチャンスではない。外枠でもそこそこの着順で纏めており、距離不足だったヴィクトリアマイル以外は大崩れしていない。人気の盲点になってる節の今回は怖い。

オールザットジャズは減ってた馬体重が戻っていればの条件で。福島牝馬S以降は結果を残していない藤岡佑から川田に替わるのは良い材料。重馬場の中山牝馬Sで2着に来てるし、陣営が不安視する程馬場悪化はマイナスとは思えない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

JBCクラシック回顧

ゴルトブリッツの急死とスマートファルコンの引退で新王者決定戦の様相を呈していたこのレース、これまでは兄同様にバイプレイヤー的な存在だったワンダーアキュートが7度目の挑戦で悲願のGⅠ勝利を飾った。

好スタートからすんなり3番手のインを追走。3コーナー手前で人気のソリタリーキングとシビルウォーが捲り気味に上がった時も動かずにじっと我慢。4コーナーで外に持ち出して満を持す形でスパートすると、直線でトランセンドとシビルウォーをあっさり交わしてあとは独走。5馬身差の完勝だった。やや人気の盲点になっていたが、東京大賞典でスマートファルコンをハナ差まで追い詰めた事を考えれば順当と言えるか。
ただ、輸送が絡むと極端に馬体重が減る傾向だが、今回も休み明けでマイナス21キロ。この馬体重でも結果を出したが、流石にこれ以上減るのはマズいだろう。
鞍上の和田はテイエムオペラオーの天皇賞以来11年振りのGⅠ勝ち。オペラオー以降もクーリンガー、ビッグゴールド、アルナスライン、ナムラクレセント等で重賞戦線を沸かせていたが、腕の割になかなかGⅠで主役を張れるお手馬に巡り合えなかった事で久々のGⅠ勝ちとなった。サージュウェルズやテイエムトップダンで名前を売ってた頃から注目して肩入れしてた騎手だけに、この勝利は感慨深いものがある。本当に良かったなぁ・・・

2着シビルウォーはスタートダッシュが鈍く、追っ付けても前に行けず後方からの競馬。2周目に入って外に持ち出してじわじわと上がって行き、3コーナー手前で一気に捲って4コーナーでは先頭。しかし、じっと我慢してた勝ち馬に一気に来られると抵抗出来ず、トランセンドを競り落とすまでにとどまった。ここ2戦は好位からでも圧勝してただけに、スタートの不利が痛かった。

3着トランセンドは年齢的なものとドバイ以来の休み明けの影響か、押しても押してもハナに行けず1周目のスタンド前でようやく先頭のマグニフィカに並び掛けるのがやっと。向こう正面でマグニフィカがバテて先頭に立ったと思ったら、すぐにソリタリーキングとシビルウォーが捲って来る苦しい競馬。なんとか3着に残ったが、全盛期の二枚腰を知ってるだけに力の衰えは隠せなくなってる印象。

ソリタリーキングは好位でレースを進め、3コーナー手前からトランセンドを捕まえに行ったものの、先団グループで真っ先に根負け。この一族はおしなべて人気先行タイプばかりだが、結果的に過剰人気だったようだ。人馬共に一線級ではまだまだ力不足。

テスタマッタは大外枠も災いしたか、途中から引っ掛かってしまい4コーナーを待たずして勝負圏内から去った。前走は相手関係もあって掛かっても2着に残ったが、流石に今回は甘くなかった。尤も、この距離でトップクラスを相手にするのは無理がある。スプリントに出てた方が勝算あったかも。

地方勢は掛かってバテたテスタマッタすらも交わせない完敗。牝馬ではクラーベセクレタ、スプリントではラブミーチャンがいるものの、この路線で孤軍奮闘してたフリオーソが抜けて予想された通りの厳しい結果となった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

JBCスプリント・レディスクラシック回顧

下馬評ではミラクルレジェンドとクラーベセクレタの一騎打ちと見られてたレディスクラシックは、直線で内の苦しいポジションに入ったクラーベセクレタを尻目に外からの一捲りで抜け出したミラクルレジェンドが呆気なく連覇達成。
前半は中団グループの外目で折り合い、3~4コーナーで一気に捲って2番手集団の一角。捲る際に外へ膨れ気味になったが、直線で上手く修正して逃げ粘るサクラサクラサクラを交わしそのまま押し切った。その際にプレシャスジェムズを利用して内のライバルの進路を狭める周到さは絶妙の一言。当面のライバルさえ潰してしまえば、ここで相手になる同姓はいない。

クラーベセクレタは太め残りで惨敗した前走から12キロ絞って立て直した筈だったが、内枠が仇になった形で勝負所から動くに動けない状態に。なんとか間を割りに掛かったが、進路を狭められて勢いを削がれて勝負あり。最後は地力で2着に来たが、一度も先着してないライバル相手にスムーズさを欠いては勝負になる筈もない。

2強対決にあわやのところまで割って入ろうとしたのは道営の伏兵サクラサクラサクラ。最内から先手を奪うと前有利のトラックバイアスを味方に付けて粘りに粘った。4着には中央勢で一番人気がなかったプレシャスジェムズ。夏は精彩を欠いていたが、この時期に入って徐々に調子を取り戻して来たか。

サトノジョリーは窮屈なポジションに入って後手に回って流れ込んだだけ。クィーンズバーンは久々のダート戦に加えて休み明けのプラス14キロでは失速やむなし。


スプリントはロケットスタートを決めて迷わずハナに行ったタイセイレジェンドがそのまま後続の追撃を寄せ付けず逃げ切り勝ち。OP入りしてからは1200mに良積が集中してたが、左回りで行き切ってしまうとやはりしぶとい。前走は大外で逃げられなかったのに対して、今回は内枠を引けたのも味方した。母父メジロマックイーンは定番になったステゴ以外で初のGⅠ馬を輩出した。ところで、PO馬である半妹ワナビーザベストの初勝利はまだかね?

断然の1番人気だったセイクリムズンはスタートで出負けし、本来の先行策に出られず中団からの競馬を余儀なくされた。外へ出そうとしたところで先に持ち出したダイショウジェットに被せられて包まれてしまい、動くに動けないまま直線へ。スペースが空いて追い上げた時には既に勝ち馬はセーフティリードの差を付けていた。どうもGⅠではツキに見放されている。

3着スーニはいつになく行きっぷりが良く前々を取りに行く積極策。勝負所で逃げ馬を追い掛けていた地方馬が潰れたところで2番手に上がり、4コーナーでは並びかけようとしたが、そこから突き放されて甘くなった。とはいえ、今年に入ってから今一つなレースが続いていただけに、久々に内容のある一戦だったのではなかろうか。

セレスハントは中団から差す競馬だったが、前有利のトラックバイアスとは合っておらず。ダイショウジェットはスタートで躓き、1コーナーで前をカットされる不利。勝負所で2着馬を被せに行ったが、見せ場はそこまでだった。

ラブミーチャンは外枠が祟って先手を奪えず、内外から競り掛けられて息が入らない展開となり、勝負所で早々とギブアップ。距離も1F長かった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

みやこS回顧

直線では「岩田やってもうた!」という場面もあったが、終わってみればローマンレジェンドの強さが際立ったレースだった。
好スタートから先行グループを窺う位置取りをキープ。勝負所で外から仕掛けて来たデムーロのグレープブランデーに被せられて直線では完全に前が壁。それでも、一瞬出来たスペースから間を割って伸び、ゴール前できっちり差し切った。厳しい競馬であったが、間を割れる瞬発力を見せたのは本番に向けて収穫であったと思う。あとはJBC組との力関係のみ。

2着ニホンピロアワーズはスタートから仕掛けて行って3番手グループの一角。早めに先頭に立つとソラを使う癖があるのでギリギリまで仕掛けを我慢して残り300を切ったところでスパート。そのまま押し切るかに見えたが、間を割った勝ち馬の決め手が一枚上手だった。相手なりに走るしぶとさは本番でも怖い存在になりそう。

3着ホッコータルマエは久々でもまずまずの仕上がりで好スタートからハナへ。1~2コーナーで内外から交わされて3番手グループに下がり、勝負所で手が動き出した時は終了かと思ったが、直線は内ラチ沿いからしぶとく脚を伸ばして1、2着馬に肉薄。粘っこい先行力が古馬にも通用するところを見せた。

タガノロックオンはあまり良いスタートではなく後方からの競馬。そのまま経済コースを立ち回って、直線も最内からしぶとく末脚を伸ばした。バテた先行馬をやり過ごす間に勝ち馬に空いたスペースを突かれて伸び切れなかったが、一時期のスランプから抜け出しつつある印象。

グレープブランデーは道中は勝ち馬とほぼ同じ位置取り。勝負所で外から勝ち馬を被せに行って先行グループに取り付いたところでは「今日もデムーロ劇場かよ!?」と思ったが、残り1Fを切ったところで脚が上がった。見せ場は作ったが、完全復調までもう一歩だったか。

ナイスミーチューはスタートから追っ付けても前に行けず、後方グループを追走。今まではどこかでペースが緩んだところで押し上げられたが、今回は最後まで緩むところがなく、なし崩し気味に雪崩れ込むにとどまった。直前で乗り慣れた小牧から藤田に替わったのもマイナスだったか。

ハタノヴァンクールは仕上がってはいたが、スタートで出負けして押しても前に行けず後方から。向こう正面から仕掛けて行って捲ろうとしたが・・・これまでとは違って道中のペースが緩まなかったので、捲り不発に終わってそれっきり。大味な競馬しか出来なかったツケを払わされた形。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

アルゼンチン共和国杯回顧

我らが大佐は重賞レベルでも通用する確かな手応えと現時点での課題が明確に出た2着と言える。スタートはまずまずだったが、出して行ってもそれ程前に行けず中団からの競馬。直線はすんなり馬群がバラけて追い出しのタイミングも良かったが、ここで逆手前になってしまい真っ直ぐ走らないまま最後まで戻る事はなかった。
勝ち馬は別格だったが、こちらはメンバー最速の上がりで最後で伸びて来たように良い脚を長く使えるステイヤーの資質は見せた。但し、左回りだと直線でどうしても逆手前になってしまうのは良い傾向とは言えない。この癖を矯正出来れば、もっと強くなると思うのだが・・・

勝ったのは現役屈指の人気先行馬ルルーシュ。前走のプラス10キロから16キロ絞ってシェイプアップ。ジワッと前に出て3番手で折り合いもスムーズ。勝負所から徐々に動き4角先頭から一気にスパートしてセーフティリードを取って勝負を決めた。2分30秒を切った勝ちタイムも優秀で完勝と言える。あとは、この走りを一線級相手に出来るかどうか。

3着マイネルマークは勝負所で位置取りを下げてしまい、直線も行き場を探しながら追い出す競馬だったが、しぶとく伸びて3着争いを制した。軽ハンデもあったが、格上挑戦でこれだけ走れば大したものだろう。マイネルキッツの半弟らしく、ステイヤーの資質はなかなか高い。あとは大幅に減った体重を戻るかどうか。最低でも460キロ台に戻しときたい。

ビートブラックは京都大賞典取消の影響か馬体の張りは今一つ。それでも好位のインで勝ち馬を見ながらレースを進め、直線も最内を突いて一旦は3番手に浮上。最後に甘くなったが、臨戦過程とハンデ頭59キロを考慮すれば地力の高さは示したと言える。今後も良馬場で前有利のトラックバイアスでは要注意。

オーシャンブルーはスタートしてから1コーナーに入るまでに何度も押しくら饅頭されて後方2番手に下がった時点で終了だった。最後は良く追い上げたが、直線に向くまでかなり大外を回らすロスの多い競馬では流石に掲示板確保が精一杯。坂への適性は見せただけに勿体ない競馬だった。

ギュスターヴクライはひと叩きされた効果か、パドックでの気合いのノリは抜群。道中も2着馬の後ろ上手く折り合いを付けて、追い出しのタイミングも2着馬と同じタイミングで伸びかけていたが・・・そこで故障発症して伸び切れず。レース後、右前浅屈腱不全断裂という競走能力喪失の重傷で引退が決まった。ファビラスラフインの系統から出た待望の大物候補だっただけに残念としか言い様がない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~11月4日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4ステイゴールド
5クロフネ
6ダイワメジャー
7フジキセキ
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10マンハッタンカフェ
11サクラバクシンオー
12ネオユニヴァース
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16スペシャルウィーク
17タニノギムレット
18ジャングルポケット
19ダンスインザダーク
20ブライアンズタイム




キンカメが2勝止まりだったのに対し、ディープは土日5勝(土曜2勝、日曜3勝)を挙げ、勝利数でも引き離しに掛かりつつある。

日曜に2勝を挙げたダイワメジャーがJRA年間100勝突破。種牡馬生活2年目でのJRA年間100勝突破はサンデーサイレンス、シンボリクリスエス、キングカメハメハ、ディープインパクトに続いて5頭目。

ギュスターヴクライのパンクは痛い打撃だが、コレクターアイテムが新設重賞アルテミスSを制し、ハーツクライがランクアップ。

現役屈指の人気先行馬ルルーシュが重賞初勝利を決め、ロブロイがネオと横並び(400万強)

ローマンレジェンドの重賞連勝でスペがランクアップ。今年はダートの勝利数(27勝)が芝の勝利数(16勝)を上回ってる。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

アルゼンチン共和国杯・みやこS

アルゼンチン共和国杯
◎ムスカテール
○ルルーシュ
▲ギュスターヴクライ
△オウケンブルースリ


私情全開で大佐と心中。オクトーバーSはスロー上がり勝負で32.9の末脚を使って差し切った。腰の甘さも解消されてスタートに不安がなくなり、スローペースでも折り合えるようになった。逆手前で走る癖は気掛かりだが、左回りの方が走りがスムーズ。相手は新潟記念より揃ったが、地力強化の著しさからここでも引けは取らない。人気サイドに印は打ったが、シンプルに単複一本で勝負。



みやこS
◎ローマンレジェンド
○ニホンピロアワーズ
▲ホッコータルマエ
△ハタノヴァンクール
△グレープブランデー
△ナイスミーチュー


エスポワールシチーを真っ向勝負でねじ伏せたエルムSの内容からローマンレジェンドを素直に信頼。京都コースでは3戦3勝と相性も良く、1週前追い切りでは攻め駆けでは現役一良く見えるエイシンフラッシュと併せてそれ程離されなかった。状態面にも不安はなく、ここも通過点に過ぎない。

ニホンピロアワーズは途中で気を抜く悪癖持ちだが、前走の白山大賞典はコンビ復活した酒井学が最後まで集中して走らせて圧勝。重賞タイトルは交流重賞のみだが、京都コースは着外なしと堅実で昨年のこのレースも3着。地力強化された今年は昨年以上に動けるだろう。

ホッコータルマエはメンバー的に先手を主張出来る。レパードSで負かしたナムラビクターが古馬相手に圧勝した事を物差しにすれば、久々でも十分勝負になる。京都コースに勝ち星はないが、本格化手前の端午Sではハタノヴァンクールにタイム差なしの3着で心配なさそう。あとは久々での仕上がり具合に注意したい。

ハタノヴァンクールはダートで未だ負け知らずと全く底を見せてないが、テンに付いて行けない脚質故にどうしても大味な競馬になってしまう。同世代相手では能力の違いで押し切ってるが、初の古馬相手でそれが通用するかどうか読みづらい。あっさり通用しても不思議でないが、ここは少し評価を下げる。

グレープブランデーはシリウスSでは本調子にもう一歩のように見えたが地力の高さで3着。ひと叩きされた事で動きが良化したここはもっと動ける筈。京都コースも3戦2勝2着1回と相性が良く、今回は劇場が冴え渡るデムーロを起用してきたのも不気味。

ナイスミーチューは乗り慣れた小牧の落馬負傷で藤田に乗り替わったのがどう出るかだが、夏の地力強化が著しかった1頭。3走前はローマンレジェンドに完敗だったが、今ならもう少し勝負になっても良い筈。

馬券はニホンピロアワーズをローマンレジェンドの相手筆頭と定めて3連複2頭軸で行きたい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

BCターフ、トレイルブレイザーは見せ場十分の4着

先程行われたBCターフは6番人気リトルマイクが4角先頭から後続の追撃を振り切って優勝。トレイルブレイザーは勝負所から積極的に動いて勝ち馬に並びかけて見せ場を作ったが、直線で脚が止まって4着に終わった。

レース内容としては申し分ない良い騎乗だったと思う。スタートも決まって内の先行馬を先に行かせて内に入っての5番手という絶好位。向こう正面でやや外目に持ち出し、3~4コーナーでコーナリングの勢いで進出して先頭に躍り出た勝ち馬に並び掛けた時には「ひょっとして、これ勝つんじゃね?」と思った。
直線で勢いは失速したが、トレイルブレイザーが淀みないペースからの持久力勝負が持ち味であるタイプな上に、アメリカ競馬はペースが速くても動いて行かなければ勝ち目が無い事を知っている武豊ならではの仕掛けだったと思う。負けはしたが、見てて見応えのある内容だった。

勝ったリトルマイクはターフクラシックS、アーリントンミリオンに続いてGⅠ3勝目。アーリントンミリオン以外の実績がマイルから9Fに集中していたのと、同距離だった前走のターフクラシック招待Sではズルズル失速して6頭立ての5着に敗れた事で距離不安が囁かれていたが、3番手から早め先頭で押し切ってしまった。勝ちタイム2.22.83も優秀・・・というか速すぎ。同じサンタアニタで当時の世界レコードを叩き出したホークスターを思い出したよ。

2着ポイントオブエントリーは中団グループのイン7、8番手という、やや後ろの位置取りから直線でも最内を突くロスのない競馬(上手い具合に最内が開いたのも味方した)GⅠ3連勝で一気に北米芝戦線のトップクラスにのし上がった力は見せたが、勝ち馬が予想外に粘ったのが誤算だった。

3着セントニコラスアビーはいつも通り一流と超一流の番人らしい競馬。確実に差してきたし、サンタアニタの高速トラックにも対応出来たが、どうにも突き抜けるだけの力が足りない。

先行するかと思われたシャレータはスタートで出遅れて自分の型に持ち込めず。最後は大外から流れ込んで5着に来たが、陣営にとっては不本意な競馬だっただろう。


近年の日本馬の海外遠征はドバイか凱旋門賞か香港が主流になってるが、日本ではトップレベルの一つ下的なトレイルブレイザーの今回の善戦は海外遠征の新たな選択肢を広げる布石になれば良いと思う。少なくとも、芝ではGⅠクラスでなくとも十分勝負になる事は証明出来た。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
84位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR