スプリンターズS回顧

敵は身内にあり。ロードカナロアが同厩カレンチャンのスプリントGⅠ3連勝を阻んでGⅠ初勝利。どちらにしろ、管理する安田調教師は国内GⅠ3連勝という偉業を成し遂げたわけだが。

大外枠でも好スタートを切ったが、内の馬が集団で先頭を窺ったのもあって中団に下がってカレンチャンの背後に取り付く競馬。そのまま徹底マークでレースを進め、3~4コーナーでカレンチャンが動いたのに合わせてスパート。満を持してという形で坂を上り切ったところで交わし去った。初めて1番人気にならなかったが、自在性が高くどんなレース展開でも崩れない。今後もスプリント界では安定した力を見せるだろう。
前走の敗戦で脚の使いどころを把握してキッチリ結果を出した岩田はお見事。時々「普通、それやらねぇだろ」みたいな騎乗もあるが、やはり大舞台での勝負強さは頼りになる。

2着カレンチャンは前走から12キロ絞って身が締まった仕上がり。前走はやや掛かり気味に番手に付けたが、今回は無理して先行争いに加わらず好位6、7番手からの競馬。勝負所から徐々に進出し、坂下で先行集団を一気に抜き去ったが、坂上で徹底マークしてた勝ち馬に交わされた。今回は展開のアヤで敗れたが、一度使われての変わり身を見せたし、正攻法の競馬で地力の高さは見せた。

3着ドリームバレンチノは中団グループのインで脚を溜め、直線では馬群を捌いてしぶとく伸びて2着馬に首差まで詰め寄った。前傾ラップで前が止まる流れも向いたが、夏はロードカナロアを破ってる。インで器用に立ち回ればこれ位は走れる下地はあった。前走の惨敗は条件が全く合わなかっただけで、今回は人気の盲点だったと言えよう。

エピセアロームは道中は勝ち馬と同じような位置取りだったが、勝負所でスッと離されたのが痛かった。この辺りは地力の差が出たとも言えるが、直線でしぶとく追い上げて盛り返した。こうした厳しい流れでも崩れなかったのは収穫だろう。まだ3歳でこれから成長すればもっと肉薄出来る筈。

ラッキーナインはスタートで出遅れたのが全て。最後は外から追い上げたが、今の中山の馬場で大外を回るとまず届かない。パドックでの気配は良く見せなかったが日本の馬場適性への高さは見せた。一回使っていれば・・・

サンカルロは内から馬群を縫うように伸びて来たが、3着馬の位置取りが欲しかった。前走からのガラリ一変とまではいかなかったが、ある程度の変わり身は見せた。GⅡクラスならもう一回出番がありそう。

パドトロワはもう少し楽に先行出来ると思ったが、内外から殺到されて流れに巻き込まれた感じ。坂下までは頑張ったが、そこでギブアップ。7秒台後半の持ち時計はあったが、流石にレコード決着になると厳しかったか。

リトルブリッジは好位でレースを進めたが、直線では余力がなかった。ペースに戸惑った感じだし、高速決着では厳しかったようだ。

マジンプロスパーは最内で包まれるのを嫌ったのかもしれないが、あのペースで途中から逃げるような展開では最後まで持つ筈がない。やはり外から逃げ馬を窺う競馬が良さそう。今回は最内だったのが運のツキ。

ダッシャーゴーゴーはまさかというか、無理やり逃げようとしたが外枠で逃げられず。無理が祟った直線であえなく逆噴射。嫌な見方になるが、パドトロワを潰す為の鉄砲玉役を演じた気さえする。少なくとも、この馬を軸で買った人間は納得し切れないだろう。


秋競馬開幕から泥沼路線だった馬券は久々にクリーンヒット。天皇賞前に底を尽きそうだった財政がだいぶ生き返って一安心w

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

スプリンターズS

◎ロードカナロア
○カレンチャン
▲リトルブリッジ
△パドトロワ
△エピセアローム
△ドリームバレンチノ
△ダッシャーゴーゴー


ロードカナロアは大外枠を引いたが、テンは速い方なのでそれ程気にする必要はないだろう。前走はテン乗りの岩田が早めに動いてどれだけ脚を使えるか試した節があり、把握した今回は仕掛けどころのタイミングを間違えないだろう。調教も抜群の出来と言える動き。内のカレンチャンが押し切りを狙ったところで差し切ると読む。

カレンチャンは前走のプラス22キロをどう捉えるかだが、極端に太くは見えずビルドアップしたと取れる。ひと叩きされて変わり身を見せるのは定石パターンだが、それを証明するかのように調教内容は秀逸。今回もスプリントGⅠ連勝してる地力の高さは見せてくれるだろう。

外国勢ではキャプテンオブヴィアスは格下、ラッキーナインは休み明けで仕上がりに疑問。残ったリトルブリッジはキングズスタンドSを含めて3連勝中。ここと香港スプリントを連勝すれば、グローバルスプリントチャレンジのボーナス100万米ドルを貰えるだけに、早めに来日した陣営の本気度はかなり高い。馬場適性は未知数だが、極端な高速時計が出なさそうな馬場は良いだろう。

パドトロワはもう少し内枠が欲しかったところだが、メンバー的に労せずハナに行けるだろう。キャプテンオブヴィアスが競りかけそうだが、番手からでも動ける馬。極端な前傾ラップにならない感じだし、マイペースで運べれば怖い存在。

エピセアロームは近2走でスプリント適性の高さは証明した。中間の調教も順調そのもので、ここでも通用する状態にある。ただ、この馬は出遅れ癖があるので、奇数枠を引いた今回は一抹の不安がある。小倉は外差し馬場に助けられたが、今回は出遅れたら即終了だろう。

ドリームバレンチノはベストパートナーの松山に戻って脚を溜め易い内枠を引けた。先週までと違ってある程度時計が掛かる馬場になったのはプラス。上手く立ち回って来るなら人気所の一角を崩せる余地はある。

ダッシャーゴーゴーはこのクラスに入ると最後の決め手勝負で劣る節があるだけに、上手く立ち回れる内が欲しかったところ。勝ち切るイメージはないが、相手なりに走れるタイプで無視は出来ない。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

シリウスS回顧

前走の勝ちっぷりが評価された2番人気馬ナイスミーチューが重賞初制覇。前半は中団グループに控えて勝負所から馬群を縫うように先団グループに取り付き、直線では先に抜け出したヤマニンキングリーをゴール前で捕らえた。ダート転向で堅実な差し脚を使っているが、今回はメンバー的にかなり恵まれた。もう少し相手が揃ったレースで真価が問われそう。

2着ヤマニンキングリーは外枠からスンナリ好位をキープ。勝負所でも楽な手応えで外を上がって行き、直線では粘るフサイチセブンを交わして逃げ込みを図ったが、勝ち馬の勢いに抗し切れず。とはいえ、昨年のこのレース以降は条件が噛み合わないレースが続いてただけに、条件が合えばこれくらいは走れる事を証明。

3着グレープブランデーは向こう正面から早々と手が動きだし、4コーナーでは鞭が飛ぶ手応えの悪さだったが、そこからしぶとく伸びてゴール寸前で3着に浮上。ハンデ頭に加えて完調手前という厳しい条件だったが、JDD勝ち馬の地力は見せた。次はもう少し動けるだろう。

フサイチセブンは好スタートから無理なく3、4番手をキープして4コーナーでは楽な手応えで2番手。直線では1、2着馬の決め手には及ばなかったが、最後までしぶとく走った。脚元の不安で順調に使えないのが弱点だが、良い状態ならこれくらいは走れる。

このレースと相性が良いオークランドRCTの勝ち馬メイショウエバモアはスタートで出遅れたのが全て。最後は良い脚で追い込んで来たが、時既に遅し。ちょっと勿体ない競馬。

グラッツィアは大外から果敢に先行したが、勝負所から後続の突き上げにあって踏ん張り切れず。阪神はあまり良くない感じだし、距離も少し長い印象。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

ヒルノダムール引退

先日、ウインバリアシオンが屈腱炎を発症したが、今度はヒルノダムールが屈腱炎を発症。前者は現役続行だが、後者は年齢的なものもあってこのまま引退する事になった。

れっきとしたGⅠ馬だが、OP馬の物差し的な存在というイメージが強い。とはいえ、馬券を買う視点で捉えればどんな状況でも確実に走って来そうなイメージを抱かせた馬だった。日本で走った19戦中15戦で3番人気以内に支持されたのも、そうしたイメージが少なからず影響したのではないかと思われる。俺も、好走した時は相手が抜ける等して馬券の相性は良くなかったが、明らかに条件が合わない時以外は何らかの印は打っていた。

この馬はデビューから一貫して藤田が手綱を取り続けたが、個人的な見解を書かせてもらうと必ずしも噛み合っていたとは言い難い。特に菊花賞や阪神大賞典では藤田の長距離戦における技量不足が浮き彫りになって歯痒い思いをしたものだ。勝った天皇賞は内にいた事で出入りが激しい流れに巻き込まれなかった恩恵が大きい。
こう書くと、藤田が嫌いなのかと思われそうだが、決してそんなことはない。恫喝と称される逃げは兎も角、藤田の勝負師気質に基づく攻撃的なまでの思い切りの良い騎乗スタイルは「何か一発やってやる」という感じがして好感を持っている。ただ、この馬とは何か微妙に合ってなかったようが気がする。

個人的に一番印象深いレースはフォワ賞。凱旋門賞は見せ場なく大敗したが、サラフィナとの激しい追い比べは本番でもやってくれそうなイメージを抱かせるに十分なレースだった。重賞初勝利となった大阪杯も印象深い。

一足先に種牡馬入りしたジョーカプチーノ共々、マンハッタンカフェの後継種牡馬として結果を出してほしい。お疲れ様m(__)m

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

神戸新聞杯回顧

仕上がり途上の話は何だったのか?ゴールドシップが秋初戦を快勝して、皐月賞馬の貫録を見せた。
スタートは普通に出たが、二の脚が付かずに後方からの競馬。前に馬を置けなかったが、折り合いはスムーズ。3~4コーナーから早めにスパートを開始して、残り300mで先頭に。あとは追い縋る後続を尻目に最後は流してのゴール。スパートした時の反応は今一つ良くなかったが、休み明けの影響だろう。良い脚を長く使うタイプで菊花賞は守備範囲内。
ただ、今回は先行勢が呆気なく止まったので早めに前を捕まえたが、最近は前に行けなくなってる脚質故に、本番で極端な後方に下がるとダービーみたいに捕らえ切れずの可能性もある。フラットな高速馬場への対応にも一抹の不安があるので、トラックバイアス次第だが抜けた存在ではないと思う。

2着ロードアクレイムは前半は無理せず勝ち馬を外目に見ながらの競馬。勝負所では先に動いた勝ち馬を追い掛ける形でスパート。直線では内にササりかけた分、勝ち馬に突き放されたが、余裕で2着を確保。長距離指向が強いディープ産駒にありがちなダラッとした脚を使った。極端な上がり勝負にならなければ本番でもそこそこ上位に来れそう。

3着マウントシャスタは18キロ増だったが、特別太くは見せず。道中は1、2着馬より一つ前の位置取りで折り合いに専念。3~4コーナーで外を回った1、2着馬とは対照的に内を突いたが、結果的にこれが大失敗。狭い所を無理やり割ったところで脚色が鈍って伸び切れず。内が伸びない馬場もあったが、使える脚が短すぎる。これでは菊花賞は持たないだろう。中距離戦線で見直し。

ユウキソルジャーは先行勢で唯一踏ん張った。決め手では上位勢に歯が立たなかったが、スタミナはかなりのもの。菊花賞は異系血脈が好走する事がしばしばあるだけに、出られるようなら怖い存在になるかも(父と母父はアレだが、それ以外の血統構成はかなりしっかりしている)

ヒストリカルは体こそしっかり戻して良い雰囲気だったが、やはり典型的な中距離馬。外に回し過ぎたきらいもあるが、一瞬しか良い脚を使えず最後は脚色が同じになった。この辺りは良くも悪くもカンパニーの弟らしい。マジンプロスパーに続いて浜中は損な役回りを強いられたので、もう暫くコンビ継続してもらいたい。

カポーティスターは前半の位置取りで諦めた。地力が足りなかったのは否めず、その点に関しては見込み違いであったのは間違いないが・・・あまりイメージの良くない騎乗だったと思う。


両トライアルが終わったが、戦線離脱しなかった3歳牡馬の既成勢力図に大きな変動はなさそう。ただ、牝馬ほど盤石ではないので展開次第では妙なのが割って入る余地はあるように感じる。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

オールカマー回顧

得意の中山、鉄砲実績、道悪適性。得意条件がこれだけ揃えばナカヤマナイトの復活勝利は確定だったか。春先に戦っていた面子に比べて数段落ちる相手関係にも恵まれた。
つんのめるようなスタートだったが、さして不利にはならず中団の外目を追走。勝負所から徐々に進出して先行グループを射程内に入れ、直線では先に抜け出したダイワファルコンを坂上で交わして勝利。春は一線級に歯が立たなかったが、その一線級が海外遠征や故障による戦線離脱で層が薄くなってる秋は出番があるかもしれない。

2着ダイワファルコンは内枠からすんなり先行出来たのが大きかった。逃げ馬が早めにバテて4コーナー手前で先頭に立ったのは誤算だったが、ブリンカーを外した効果もあってか、最後まで集中して走ってた。距離は微妙に長い気もしたが、立ち回り次第でこれくらいまでならこなせるようだ。尤も、この馬の場合、中山以外では走ってみないと判らない。

3着ユニバーサルバンクは馬場にノメったか、それ程前に行けず中団からの競馬。勝負所で外目に持ち出して進出し、直線もしぶとく脚を伸ばした。道悪に良績はなかったのでこれにはビックリ。性懲りもなく短期免許でやって来たピンナだが、4コーナーで1番人気ルルーシュの外に被せて動きを封じ込めたのは上手いと思った。

1番人気ルルーシュは逃げ馬を見ながらの3番手という大名マーク。勝負所でその逃げ馬が早々とバテて下がった時はやり過ごせたが、そこで3着馬に外から被せられて動くに動けず。直線では1、2着馬の間も割れず、空いた最内を突いた時には大勢決していた。過剰人気であったのは否めないが、立ち回り次第でもう少し良い勝負が出来た気も。

ダコールはスタートがやや甘くて最後方からの競馬。勝負所でのゴチャつきを回避して大外を捲る競馬だったが、そこから伸び切れず。相手なりに走るとこから人気を集めてたが、今回は馬場も展開も向かなかった。坂はそれなりにこなせるが、基本的には平坦コースで狙いたい。

コスモラピュタはロージズインメイ産駒で道悪はプラスかと思ってたが、逆に戦意喪失で早々と逆噴射。復調しかけてただけに、これでまた走る気を無くさねば良いが・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~9月23日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4クロフネ
5ステイゴールド
6フジキセキ
7ダイワメジャー
8マンハッタンカフェ
9アグネスタキオン
10サクラバクシンオー
11ネオユニヴァース
12ハーツクライ
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16タニノギムレット
17スペシャルウィーク
18ジャングルポケット
19ダンスインザダーク
20ブライアンズタイム




2週連続ステゴ祭り開催。日曜東西の重賞ジャックでフジキセキを交わして5位に浮上。今年のJRA重賞勝利を二桁に乗せた。

タキオンが大スランプ。9月1日にインクレセントが勝ったのを最後に89連敗中。じわじわ勝ち星を増やしてるバクシンオーに350万弱まで差を詰められた。

秋競馬未勝利はダンスインザダークも同様。JRA通算1000勝まであと6勝ながら、只今36連敗。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

オールカマー・神戸新聞杯

休日出勤&口座に入金し忘れて資金がないので、今回は三連複一点予想でお茶を濁すw


オールカマー
◎ナカヤマナイト
○コスモラピュタ
▲ルルーシュ

人気2頭に絡めて、番手からでも動けるコスモラピュタの前残りを期待。ロージズインメイ産駒で力の要る馬場は合う。


神戸新聞杯
◎マウントシャスタ
○ベールドインパクト
▲カポーティスター

宝塚記念で健闘したマウントシャスタが中心。ゴールドシップは仕上がり、ヒストリカルは距離に不安があるので中波乱を期待する。

2012リーディングサイアー~9月17日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4クロフネ
5フジキセキ
6ステイゴールド
7ダイワメジャー
8マンハッタンカフェ
9アグネスタキオン
10サクラバクシンオー
11ネオユニヴァース
12ハーツクライ
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16タニノギムレット
17スペシャルウィーク
18ジャングルポケット
19ダンスインザダーク
20ブライアンズタイム




ディープがローズS4頭出しで1~4着独占という容赦のなさで、キンカメとの差を再び拡大。

キンカメはOP特別2勝等、土日4勝で勝利数ではディープを上回ったが、ディープが無双モードに入られるとしんどい。

ダメジャーに急接近されたステゴはフェノーメノの快勝でランク死守。JRA重賞40勝到達という節目の勝利。

スカイディグニティのセントライト記念2着でBTがランクイン。JRA重賞で連対したのは昨年の中山大障害(ディアマジェスティ)以来。

テイエムハリアーの阪神ジャンプS勝利でニューイングランドが52位に浮上。


本日、チーフベアハートが急性心不全で死亡。
リーディングの最高順位は2007年の24位だったが、色んな分野で活躍馬を出した意外性に富んだ種牡馬だった。
天皇賞では美味しい思いをさせてもらったマイネルキッツ、6年連続中山大障害出走を果たしたメルシーエイタイム、1cm差に泣いた晩成のスプリンター・ビービーガルダン等、個性的な産駒が多かった。
代表産駒を1頭挙げるなら初期の代表産駒マーブルチーフを挙げたい。チーフベアハート産駒の特徴である【凡走→軽い距離延長で穴を開ける】のイメージを作り、京都の中距離では何かしらの見せ場を作った個性派だった。
まだ19歳。まだまだ活躍馬を出せる年齢だったが、今年は体調不良で種付けを中止して療養してたらしい。合掌m(_ _)m

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

セントライト記念回顧

昨日と今日は日仏でステゴ祭り。ダービー2着馬フェノーメノが春は鬼門だった中山を見事に克服。

好スタートからすんなりと好位の一角に取り付き、徐々に前へ進出して先行勢にプレッシャーを与えて4コーナーでは早くも先頭。そのまま押し切る横綱相撲だった。後半5Fは11秒台で推移する淀みのない流れを自ら動いて押し切った辺り、ここでは力が抜けていたと言える。次走は菊花賞か天皇賞か流動的だが、どちらに向かっても良い勝負になりそう。蛯名はこの勝利でJRA重賞100勝目。

2着は14番人気の伏兵スカイディグニティ。道中は好位グループのインで脚を溜め、勝負所で外に持ち出してスパートを開始。勝ち馬には追い付かなかったが、良い脚を長く使うステイヤーとしての資質は見せた。すっかり見落としていたが、前走は太め残りで負けてただけに今回のマイナス体重は絞れたものだろう。菊花賞は穴人気で飛ぶパターンっぽいが、相手弱化の長丁場ではマークしときたい。

3着ダノンジェラートは前半は中団グループを追走。勝負所での進出もスムーズにいき、直線では勝ち馬の後を追うようにスパート。そこから突き放されて2着馬にもあっという間に交わされたが、キッチリ権利は確保。本番でどうこう言える存在ではないが、条件クラスでは安定株になりそう。

エタンダールはもう少し前で競馬をするかと思ったが、休み明けでモタついてる感に後手後手に回って後方からの競馬。最後は良く追い上げたが、今の中山で後方から行くとまず届かない。今回は松岡が下手打った印象。松岡以上に酷かったのはエキストラエンドの田辺。松岡以上に位置取りを下げ続けてどうする。今年は躍進した昨年とは別人みたいに乗れてない。

期待したニューダイナスティは注文通りハナに行ったが、勝負所から勝ち馬の突き上げを受けて直線で早々とギブアップ。今回のような展開になるとまだまだ脆いようだ。

ベストディールは如何にも休み明けという仕上がりで特に見せ場なし。京成杯の勝ち方が印象深くて一応押さえに入れてたが、流石に甘くなかったか。これで変わってくれば走って来そうだが・・・


中山がどうかと思われたフェノーメノだが、終わってみれば1頭だけ抜けてた。2着馬も穴人気しそうだが、菊花賞で勝負になりそうなのはフェノーメノだけだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

セントライト記念

◎ニューダイナスティ
○フェノーメノ
▲エタンダール
△ベストディール


今日は急な仕事につき、携帯で手短に。

フェノーメノは実績断然だが、中山では何故か後手に回って流れに乗り損ねてる。ここは様子見の意味で対抗まで。

ニューダイナスティは坂がどうかだが、脚質的に高速化してる今の中山は合いそう。

オルフェーヴル、クラストゥスの好アシストでフォワ賞勝利。

フォワ賞は戦前の予想通り超が付くドスローの上がり勝負。ラビットとしてレースを引っ張り、直線では絶妙のタイミングでパカッと内を開けたアヴェンティーノ@クラストゥスの好アシストもあってオルフェーヴルが海外遠征初戦を勝利。
洋眉こと、クラストゥスは短期免許で日本に来てた時も先行して巧さが出た騎手だったが、実に良い仕事をした。

オルフェーヴルに話を戻すなら、本番に向けて消耗度を最小限にとどめる趣旨なら上々の内容だったと思う。超スローで上がりだけの競馬ではダメージはそれほどないだろう。尤も、洋眉のアシストがなければ前日のキャメロット@セントレジャーの二の舞になるところであったが。
一見すると最短コースを回りながら着差が付かなかった点で物足りなさを感じるかもだが、ローズSがそうだったように本当に上がりだけの勝負になると力量程の差は付きにくい。馬場適性も良馬場前提なら問題ないだろう。

ただ、肝心の折り合い面で課題は残った。前に行かせないようにわざとゆっくりゲートを出たものの、前半はかなり首を横に振ってて阪神大賞典の乱心が頭をよぎった。後半はペースが上がった事で何とか我慢出来たが、スミヨンは身をもって折り合いの難しさを知っただろう。
本番は今回よりもペースは速くなると思うが、馬群の中でしか折り合いが取れない現状では多頭数になると直線ですんなり馬群を捌けるのかという不安は残る。少なくとも、今回みたいにすんなり内が開く事などまずないだろう。
相手関係に関しては、2着メアンドルはGⅠを連勝中でロンシャンでは崩れてないとはいえ、トップクラスよりか一枚落ちるのは否めないので物差しになり得るかと問われれば、判断に困るのが個人的見解。

結論を言えば、勝つには勝ったが、ちょっと評価に困る1戦。ブックメーカーではキャメロットが回避濃厚となって名簿から消えた事で、デインドリームを逆転して1番人気にしたところもあるが、気性面での爆弾を抱えてる以上は人気程の信頼は置けないと思う。本番は期待と不安が半々ってとこか。

テーマ : 海外競馬
ジャンル : ギャンブル

ローズS回顧

2強から1強へ。1、2着馬の差はそれ程ないと思われたが、思った以上にあったようだ。そう思わざるを得ないくらいジェンティルドンナの強さが際立っていた。
太め残りが示唆された馬体重はオークスより12キロ増えていたが、減り続けた体が戻ったという感じで特に問題なし。スローペースを見越して早め2番手に付けたが、折り合いも完璧。残り300mで逃げたサンマルクイーンを捕まえると、満を持してゴーサイン。あとは突き放す一方で最後まで後続を寄せ付けない完勝だった。
内回りの秋華賞を見越したレース運びでこの強さ、盤石と言って差し支えないだろう。出入りの激しい乱れた流れにでもならない限り、3冠は当確だろう。

2着ヴィルシーナはプラス18キロだが、こちらも減り続けた体重を戻してのもので特別緩くは見えず。スタートでは最も良かったが、行く構えを見せずに好位に控えて勝ち馬をマークする形。つかず離れずで直線勝負になったが、決め手では勝ち馬の方が一枚上。差が縮まる事はなかった。トライアル故の試走であったが、やはり勝ち馬の後ろからでは勝ち目はない。本番では先に動かない限り逆転は厳しいだろう。

3着ラズヴェンチュラスは好位グループの後ろに控えて脚を溜めての直線勝負。1、2着馬には及ぶべくもなかったが、川田の独特なアクションで最後までしぶとく伸びた。平坦巧者のイメージとマイナス10キロでバッサリだったが、甘く見てた。ただ、これ以上の馬体減は避けたいところ。

キャトルフィーユはもう少し積極的に動くかと思ったが、勝ち馬と並んでの番手追走から直線で切れ負け。骨折明けを考えて大事に乗ったとも取れるが、一度もメンバー最速の上がりをマークした事がない馬の何処が切れそうな感じだったのか・・・和田や四位の方がよっぽど馬の特性を理解してたとつくづく。どうやら、鞍上はアメリカで何も学んでいなかったようだ。

トーセンベニザクラは輸送を無事に乗り切って馬体を戻したが、スタートで出遅れ。そのまま後方で脚を溜めて直線勝負に賭けたが、そこで見事にどん詰まり。最後は3着争いに加わっただけに勿体ないの一言。

穴で期待したスピークソフトリーは直線で馬群を割って伸びかけたが、そこで勢いを失くした。根本的にここでは力不足だったようだ。


トライアルが終わって春の既成勢力優位の構図、とりわけジェンティルドンナの盤石ぶりは不動だった。立ち回り次第ででヴィルシーナとアイムユアーズが入れ替わる程度か。トーセンとアイスフォーリスがどさくさ紛れで3着辺りに来るかもだが、基本的には秋華賞は平穏な決着になるだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

WIN5に挑戦

ローズSに全く馬券的妙味がないので、久々にWIN5に挑戦してみるw
ブログには掲載してないだけでWIN5は始まった時からちょこちょこ挑戦していたが、WIN4までが最高で一回も当たった事がないw

白井特別
ステアトゥヘヴン
ニシノジャブラ二

新涼特別
アマノレインジャー
ナリタスプリング

初風特別
ロードラディアント

ローズS
ジェンティルドンナ
ヴィルシーナ

ラジオ日本賞
トーセンアドミラル
スマートタイタン


こんな感じ。ジョングルールを切った白井特別さえ乗り切ればなんとかなりそうな気がするが・・・

続きを読む

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ローズS

◎ジェンティルドンナ
○ヴィルシーナ
▲スピークソフトリー
△キャトルフィーユ
△トーセンベニザクラ


ハナズゴールの出走取消で2強に割って入る馬が不在。先を見据えた仕上げで余裕残しとはいえ、ここは素直に2強を信頼するしかない。どちらを上位に取るかだが、スロー決め手勝負濃厚なここはジェンティルドンナ有利だろう。とはいえ、とはいえ、その差は僅かなものだろう。オークス程の一方的な決着にはならないとみる。

3番手は少し捻ってスピークソフトリーを挙げたい。スムーズに立ち回った前走に引き続いて内枠を引けたのは大きい。マイル戦より長い距離は初めてだが、距離は延びた方が良いアルカセット産駒でこなせる下地はある。経済コースを立ち回って3着の可能性は十分にありそう。

キャトルフィーユはオークスでは後手に回って惨敗したが、先手を取ったレースでは粘っこい走りをする。骨折明けで条件は良いとは言えないが、サンマルクイーンを先に行かせて楽に番手で行ければ。

トーセンベニザクラはスローで脚を溜められそうなレース展開は合う。今週は軽めだったが、1週前で大体仕上がった。輸送が苦手なので極端に減らなければ。

使われてる組ではラスヴェンチュラスが3番人気に支持されているが、坂のある阪神では平坦コース程の信頼は置けないように思える。


基本的に見るレース。2頭軸の3連複で手堅く当てときたい。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

オルフェーヴル、フォワ賞に出走

明日、オルフェーヴルが凱旋門賞に向けて前哨戦のフォワ賞に出走する。出走馬は帯同馬のアヴェンティーノを含めて5頭と少ない。

外国馬で実績最上位なのがメアンドル。今年はデインドリームが最下位に沈んだサンクルー大賞典を勝ち、ドイツに遠征してベルリン大賞に勝利。GⅠ連勝中で、ロンシャンの2400mでは6着に敗れた昨年の凱旋門賞以外は連を外していない。
ジョシュアツリーは一昨年のカナディアン国際Sを勝ってJCに出走したが10着。前走のケルゴルレイ賞を勝っての参戦だが、今年は3000m超のレースを中心に使われている。デットーリ騎乗はちょっと不気味だが、スピード不足は否めない。
フィオレンテは前走のプリンスオブウェールズSでジョシュアツリーを破ったが、それ以前はGⅡとGⅢで2着が1回ずつ。相手なりに走るが、ここでどうこう言える実力はないだろう。

はっきり言って、相手関係よりも超が付くドスローで折り合えるのか?とか、向こうの芝が合うのか?といった点に注目すべきか。不安要素は無きにしも非ずだが、まともに走ればメアンドル以外には負けられない一戦。

テーマ : 海外競馬
ジャンル : ギャンブル

アパパネ引退~本番に強かった五冠女王~

一昨年の牝馬三冠を制した他、GⅠ5勝のアパパネが右前浅屈腱炎を発症して引退することが明らかになった。
ダイワスカーレット、ウオッカ、ブエナビスタといった牡馬勢を蹴散して時代を牽引した圧倒的な破壊力はなかったが、牝馬同士ではここぞという場面できっちり結果を出した名牝だったと言える。

だが、牝馬同士でも「コイツには逆らえない」というような絶対的な存在であったかと言えば、実績の割にそうは感じなかったのが個人的見解。常に何かに負けても不思議ではない危うさを感じ、予想では一度も本命にした事はなかった(オークスでは見事に無印だったw)
まずは血統。父キンカメは万能性に富んだ種牡馬だが、母ソルティビッドは3歳春を待たずにピークを終えた典型的な早熟のスプリンターだった。トールポピーみたいに、いつか何処かでパタッと終わるんじゃないかという可能性を考え続けていた。
次に距離適性。前述の血統に加えて、常に行きたがる気性面から距離が延びて良いタイプには思えなかった。これは半ば当たっていたように思う。同世代が相手のオークスは兎も角、エリ女では最後のひと踏ん張りが足りずに僅差で負けている。
そして前哨戦ではコロッと負けるモロさ。基本的に太め残りで出て来て普通に負ける。クラシックのトライアルではそこそこの着順で纏めてたが、古馬になると見せ場すらなく惨敗する。ウオッカも似たタイプであったが、崩れる時は明確な理由があり、アパパネ程のモロさは感じなかった。

これらの要素が「何処かに付け入る隙がある」と感じ、一度も軸で買わなかった原因だった。

しかし、アパパネはそんなボンクラ親父を嘲笑うかのように本番では結果を出し続けた。阪神JFや桜花賞は兎も角、史上初の1着同着となったオークス、圧巻の強さを披露した秋華賞、正攻法の競馬でブエナビスタを下したヴィクトリアマイル、ベストディスタンスではない条件でも見せ場を作ったエリザベス女王杯・・・香港遠征以降、衰えを隠せなくなった今年以外は常にこちらの予想を上回るパフォーマンスを見せ続けた。昨年のエリ女ではメイセイオペラを彷彿とさせる負けて強しの競馬に畏敬の念を抱いた。

現役の実績から繁殖牝馬として掛けられる期待も大きいが、サンデー系種牡馬を交配し易い利点を活かして一定の成功はするんじゃないかと思う。お疲れ様でしたm(__)m

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

サッカー日本代表、イラクに勝利! プロ野球界では金本引退

ワールドカップアジア最終予選、日本はホームにイラクを迎えて1-0で勝利。
香川が怪我で試合に出られず、川島のドヤ顔セーブが見られる等、イラクに決定的場面を作られるシーンが何度かあって結構苦戦した印象だが、とりあえず勝ち点3をきっちり取れたのは大きい。グループ最大のライバルであるオーストラリアがヨルダンに敗れる波乱もあって、半ば独走状態になりつつある。まだまだ油断は出来ないが、余程の事がない限り本選出場に大きく前進したと言える。

プロ野球では阪神の金本が現役引退を発表したが、引き際を3年間違えたのは否めない。ようつべとかで見る事が出来る晩年の金本の守備はそこらの草野球と変わらんくらい酷かった。阪神優勝の立役者という功績もあって、聖域扱いされた環境に甘えてしまったようにも思える。まぁ、晩年は醜態を晒してネタ扱いされたが、90年代から00年代を球界を代表する名選手であったのは疑いようがない。

テーマ : スポーツ
ジャンル : ニュース

京成杯AH回顧

セプテンバーSでトロットスターのレコードが破られ、このレースでは1600mの日本レコードが更新。
開幕週とはいえ、こうまでレコードが連発されると萎えるというか、競走馬の脚に必要以上に負担が掛からないか不安になる。

勝ったレオアクティブはベストは1400mだが、一貫してインを立ち回る最短距離を走らせたノリのファインプレー。あと、ゼロスが速いペースで引っ張った事で折り合いが付いたのも大きかった。ただ、今回は全てに恵まれての勝利。次はこう上手く行くとは限らない。

2着スマイルジャックは太かった前走から12キロ絞って馬体が締まって見えた出来の良さが活きた。スタートから流れに乗れたし、この馬も最内枠を活かして経済コースを立ち回れた。惜しむらくは、直線で外に行きかけた分、内を閉めるのが遅れた事。この隙を逃さなかったノリは流石と言うべきか。

3着スピリタスは枠とコース取りの差が明暗を分けた形。何とか馬群の中に入り込んで極力コースロスを減らしていたが、1、2着馬に最短距離を走られては仕方ない。時期的に好調期なのかもしれないが、走りが大分安定してきた。

コスモセンサーは内枠を活かして離れた3番手という、この馬としては申し分ない位置取り。直線では早め先頭で押し切りを図ったが、休み明けで幾分急仕上げだったせいか最後に甘くなった。これで良くなるようなら秋も穴で怖そう。

ネオサクセスは自分の競馬をして見せ場を作ったが、この日の馬場では追い込み一手だと流石に厳しい。展開に左右されるが、ハマれば穴を開けそうな雰囲気はある。

最終的に1番人気になったエーシンリターンズだが、これも枠に泣いたクチ。馬体減は許容範囲内であったが、内に入り切れないまま流れに乗り切れなかった。この馬とスピリタスに可能性があったサマーマイルチャンピオンは該当馬なしという寒い結果に。

ゼロスは戦前の控える発言は何だったのかという逃げ。自分でペースを上げ続けて最後は逆噴射。スピードは通用しそうだが、これだけ一本調子に逃げられては最後まで持たないわな。


秋競馬開幕でいきなりズブズブな展開・・・次からは少し予想の仕方を変えて行かなくては。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

セントウルS回顧

下馬評では春のスプリント路線を引っ張った古馬3強対決ムードだったが、蓋を開ければ3歳牝馬エピセアロームが昨年の小倉2歳S以来となる復活の勝利。世代混合戦が始まって以降、今年の3歳馬は相対的にレベルが高いところをまざまざとアピール。
前走では失敗したスタートを上手く出て、人気3頭が前に行く中で好位グループのインを追走。直線ではエーシンヴァーゴウに蓋をされかけたが、相手が外へ張り気味に走ったところで上手く抜け出してグイとひと伸び。相手がメイチでなかったにしろ、スプリント適性の高さは証明した。本番も出遅れなければ勝ち負けの域にある。

2着ロードカナロアはスタートから意識的に出して行って、カレンチャンとマジンプロスパーの先行争いを尻目にやや離れた3番手を追走。4コーナーから前2頭を捕まえに行き、残り100mでカレンチャンを交わしたものの、最後に勝ち馬の強襲に屈した。負けはしたが、テン乗りの岩田が使える脚を図ったとも受け取れる。次でどう乗って来るか興味深い。

12番人気の伏兵アンシェルブルーが3着。道中は中団の外目を追走し、直線に向くまで仕掛けを我慢。直線半ばでは大波乱かと思わせる勢いで伸びて来たが、坂を上ったところで脚色が一緒になった。昨年夏から精彩を欠いていたが、それまでは阪神牝馬S2着、ヴィクトリアマイル5着と重賞戦線でも健闘してた馬。揉まれない外枠が功を奏して復調したか。

カレンチャンはスタートから少し出して行ったらハミを噛んで、逃げたマジンプロスパーに迫ろうかという勢いで番手追走。そのまま押さえきれない手応えで4コーナーで先頭に並び掛け、直線ではロードカナロアと激しく競り合ったが、最後はプラス22キロが堪えたか失速。とはいえ、不得手の休み明けで格好は付けた。連覇に向けて及第点の走りであった。

エーシンヴァーゴウは3コーナーまでは良い感じで4番手を追走してたが、そこからモタつきだして頭を上げる等して伸びを欠いた。もう少し良い勝負になるかと期待してたが、流石に相手が揃いすぎてたか。

マジンプロスパーは行く馬がいないので逃げた感じだったが、カレンチャンが早めに被せに来たせいで息を入れられず。直線で交わされた後は踏ん張り切れずに失速。厳しい展開であったが、高速馬場への不安も残した。

サンカルロは体は出来ていたように見えたが、全く伸びる気配のないまま回って来ただけ。これだけ崩れてしまうと、流石に次は狙いにくい。



3強に死角ありと見たまでは良かったが、エーシンヴァーゴウかエピセアロームかで迷って、前者を選んで大失敗・・・この単複は取らなくてはいけない馬券だったorz

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~9月9日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4クロフネ
5フジキセキ
6ステイゴールド
7ダイワメジャー
8マンハッタンカフェ
9アグネスタキオン
10サクラバクシンオー
11ゼンノロブロイ
12ネオユニヴァース
13ハーツクライ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16スペシャルウィーク
17タニノギムレット
18ジャングルポケット
19ダンスインザダーク
20アグネスデジタル




ディープが土日4勝し、勝利数でキンカメに並んで首位タイ。キンカメは2重賞に有力馬を送り込んだが勝ち切れず。賞金差は先週とさして変わらず。

エピセアロームの復活でダメジャーが一億弱あったステゴとの差を2300万に詰めてきた。勝利数は昨年の同時期のディープよりやや少ない程度のハイペースで量産中。

ドリームピースの勝利でロブロイがJRA通算200勝達成。最近は爆発力が薄れた印象だが、勝利数は昨年より早いペース。一発大物が出ればトップ10に食い込めるが。

レオアクティブの京成杯AH勝利でアドマイヤムーンが25位に浮上。昨年もこの時期までは調子が良かった。秋以降にどこまで踏ん張れるか。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

京成杯AH

◎ゼロス
○エーシンリターンズ
▲スピリタス
△ネオサクセス
△レオアクティヴ
△コスモセンサー


クラシックは逃げ争いで潰れ続けたゼロスだが、ハマった時の強さは若駒Sで証明済み。500万勝利時のタイムはシンザン記念と同タイムで高速馬場に対応出来る下地はある。番手に控えそうな今回、一変の余地はある。

エーシンリターンズは太め残りが解消した関屋記念で一変。枠的には微妙なところだが、スンナリ好位グループに付ければ大崩れはなさそう。あとは課題の輸送を乗り切れば。

スピリタスは以前の後方一辺倒でなくとも結果を出せるようになった今なら中山マイルにも対応出来る。高速決着も望むところ。

ネオサクセスはあまり置かれると届かなくなるが、春のダービー卿CTでは3着。最近は乗れてる大野の勢いを加味して。

レオアクティヴは距離的には1F長い印象だが、この枠ならロスなく立ち回れる。上手く折り合えれば朝日杯くらいには。

コスモセンサーは確変してた春の出来にはないが、脚質的には絶好枠。最終的な判断はパドックでの気配でする。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

セントウルS

◎エーシンヴァーゴウ
○マジンプロスパー
▲エピセアローム
△ロードカナロア
△カレンチャン
△サンカルロ


エーシンヴァーゴウの前走はハイペースと外差し馬場に泣いたもの。今回は何が何でもという逃げ馬不在で開幕週の馬場も向く。このレースはリピーターが割と来るデータも魅力。

マジンプロスパーは阪神芝で2戦2勝。地力強化と数をこなした事で1200mにも対応出来るようになった。乗り込み量も豊富では態勢は整った。あとは持ち時計を何処まで詰めれるか。

エピセアロームはクラシックでは気性面で自滅したが、前走でスプリント戦の適性を見せた。前走は出遅れて追い込んだが、本来は好位から動ける馬。52キロの斤量も魅力か。

前走は後手に回って取りこぼした感のロードカナロアだが、広いコースに替わるのはプラス。鉄砲も利くし、カレンチャンより動ける態勢。ただ、高松宮記念では最後に少し甘くなったように、坂に一抹の不安がある。

国内スプリントGⅠ連勝のカレンチャンは叩き良化タイプがはっきりしているが、今回はオーシャンSより動ける仕上がり。地力の高さで格好は付けられる。

サンカルロは休み明けではそれ程動かないが、阪神コースなら無視は出来ない。極端な馬体増がない限りは崩れないだろう。


高速馬場、コース適性、休み明けと人気3頭にそれぞれ不安要素がある今回は一角崩しが出来ると読む。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

紫苑S・西宮S回顧

パララサルーに来られた紫苑Sは諦めも付くが、西宮Sは岩田が鞭を落っことして4着に沈み、あえなく轟沈orz
まぁ、まともでもあの包まれた状況では3着が精一杯だっただろうが、こんなことになるなら素直にフレールジャック・蘭陵王で心中すべきだった。岩田はたまにこういうポカをやらかす癖を何とかしろ(#゚Д゚)ゴルァ!!

フレールジャックは久々でも動ける仕上がり。少頭数もあったが、サッと番手に付けて後続を待つ余裕。直線で逃げたワンダームシャを交わして先頭に立って追い出しに入り、最後は追い込んで来たランリョウオーの追撃を凌ぎ切った。ブランクはあったが、やはりこのクラスにいる器ではなかった。中距離の重賞路線で即通用出来る。

2着ランリョウオーは少し緩い体付きに加え、スタートでいきなり後方ポツンの待機策。この時点ではどうなる事かと思ったが、4コーナーまでには馬群に取り付き、直線では残り2Fまで追い出しを我慢。最後は首の上げ下げで届かなかったが、上がり33.5は最速。
ペドロサだかペドラザだか知らないが、ヘッポコ外国人の糞騎乗→春全休でぶっ壊れたかと心配したが、能力落ちは全くないのに一安心。あとは勝ち運のみ。


紫苑Sは桜花賞以来のパララサルーが馬群を捌いて差し切った。距離延長とローテで切ったが、中山では全勝の相性の良さを甘く見てた。あと、後方一手の馬が中団で流れに乗ったのも誤算だった。極めつけは三浦が馬群を捌けた事。こうなったしまえばお手上げである。まぁ、三浦続投なら京都コースの経験の乏しさから秋華賞は余裕で切れる。

2着ブリッジクライムはマイナス14キロとパドックのイレ込み具合から切ったが、レースでは折り合って中団のインをキープし、4コーナーではコーナリングで好位に進出。直線では追い出しを待たされたが、何とかこじ開けて勝ち馬に肉薄。最内を活かして上手く立ち回ったが、本番は内を引いて入着あればってとこか。

3着フレイムコードは外のベルエアメイダンに行かれたがスンナリと番手をキープ。直線では1、2着馬の切れに屈したが、それ以外の後続は完封。この内容なら自己条件だと人気しそうだが、連続して好走しないのが引っ掛かる。

アイスフォーリスは大外に祟られ、後方からの競馬を余儀なくされた。勝負所からスパートして見せ場を作ったが、仕上がり途上では最後に甘くなるのは仕方ない。やはりロスなく立ち回れる内の方が良い。秋華賞は賞金的にボーダーライン上だが、これで変わりそうな感じなんで出走出来ればこの組で一番怖い。

ダイワズームは出来自体は良かったと思うが、この馬も外枠が祟って好位を取れず。終始外々を回らされて最後は雪崩れ込んだ形に。内を引いていれば違った結果になったと思うが・・・

オメガハートランドは馬場を見越して早めに動いたが、結果的に裏目。尤も、フラワーCは勝っているが特殊なトラックバイアスだったもので根本的に小回り向きではない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

紫苑S・西宮S

紫苑S
◎ダイワズーム
○ディオベルタ
▲アナンジュパス
△フレイムコード
△ブリッジクライム
△アンアヴェンジド
△メイショウスザンナ


毎年微妙な面子になって予想が難しいが、今年も難解。
とりあえず、仕上がりに不安があって大外のアイスフォーリス、開幕週で末一手のパララサルー、オメガハートランド、サンキューアスクはバッサリ切る。

消去法になるが、一応の軸はダイワズーム。この条件は2戦2勝。自在に動ける機動力があり、仕上がりも良好。抜けて強いとは思わないが、馬連と3連複の軸としては最適か。

相手には前に行けてローカル開催で好走してる人気薄を上位にチョイス。過剰人気してるブリッジクライムは最内から上手く捌ければ。

大穴なら、この条件で新馬勝ちしてるアンアヴェンジド。メイショウスザンナは輸送で馬体が減っていなければの条件で。


西宮S
◎エーシンジャッカル
○フレールジャック
▲ワンダームシャ
△ランリョウオー


まともなら、このクラスにいる馬ではないフレールジャックとランリョウオーで仕方ない。2頭共長期休養明け。特にランリョウオーは陣営のトーンが上がらないので、今回は連下にとどめる。

本命はエーシンジャッカル。春まではマイル路線を走っていたが、距離を伸ばした夏の小倉で結果を出した。前に行ける強みを活かしての粘り込みに期待。

フレールジャックは条件としてはベストだが、大事に乗りすぎて取りこぼしの可能性もある。ワンダームシャは単騎で行けそうな展開利を見込んで。

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

吉田稔、スマートファルコン引退

吉田稔の名前を最初に知ったのは、99年の神戸新聞杯だったか。半ば勢いだけでフロンタルアタック~トウカイパルサーの皇帝・帝王馬券を持ってたから、ブービー人気のトウカイパルサーを4着に持ってきた事で余計に「吉田稔って何者?」と意識した。
その後、トウカイパルサーはしばしばコンビを組んだ吉田に中央重賞初勝利をもたらす。この馬と吉田の遠征時に度々連れて来たダイユウカイソクのお陰で、吉田稔の名前は中央の競馬ファンでも少しずつ名が知られるようになったと思う。

中央に乗りに来た地方騎手の中でも上位の腕を持っていた。毎回というわけではなかったが、吉田稔だから買えたという馬券を何度か取らせてもらった事もある。
ワンポイントで騎乗したシーザリオは大事に乗りすぎて桜花賞を勝たせられなかったが、トウカイパルサーやカゼニフカレテは吉田でなければ重賞を勝ってなかっただろうし、サニングデールの阪急杯は神騎乗だった。
また、サクラエイコウオー以来の暴走王ブルーイレヴンにちゃんと競馬をさせて重賞勝たせたのには仰天したものだ。

中央へ積極的に騎乗してた吉田は当然のように騎手免許試験を受けたが、吉田程の技量があればすんなり受かるものと思っていた。
だが、過去5年以内に2度JRA20勝達成という一次試験免除の規定を満たしていながら、吉田は合格出来なかった。
吉田の素行に問題があったとか、身内か交友関係に暴力団関係者がいるからとか、きな臭い噂がまことしやかに囁かれたが、真相の程は定かではない。尤も、ここ数年は地元で干されていただけに、本人の素行に何かしらの問題はあったのではないかと思う。

まだ43歳。合格していればアンカツや岩田までとはいかなくても、小牧以上の成績は残せたと思うだけに、もう少し現役を続けても良かった気がするが、ひとまずはお疲れ様と言いたい。



スマートファルコンは馬自体に何の罪もない事を前置きして書かせてもらうが、最後の最後まで場を白けさせ続けた馬だった。
これは、弱い者イジメでもしてるかのような、徹底的に強い相手を避けて確実に賞金稼ぎ出来るドサ回りローテーションだったのが大きな要因だろう。

確かに、口喧しい外野が何を言おうが、経済動物である以上は所有してる馬主や管理してる調教師にローテーションの決定権があるのは否定しない。逆に言えば、冷徹なまでのマキャベリズムに裏打ちされた利益主義を貫き通したのはある意味で凄いと思う。
しかし・・・競馬って、そこまでビジネスライクに割り切ってやるマネーゲームではないだろう。同じような結果を出せる保証などないが、強い馬と切磋琢磨する事で得られる何かを追い求めても良かったんじゃないかと思う。

スマートファルコンほど、妥当な評価を得られにくい名馬はそう出て来ないだろう。確かに、幾つかの大記録は作った。しかし、後世の競馬ファンに語り継がれる程の記憶に残る名馬だったか?と問われれば、俺は違うと答える。
青臭いロマンチストの戯言ではあるが、スマートファルコンは大記録の代償として、目に見えない何かを失った不遇の名馬だったと思う。

今とはなっては、ゴールドアリュールの後継種牡馬として少しでも成功すればと願うだけである。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

最近の競馬ニュースあれこれ・・・ゴルトブリッツ死亡等

最近の競馬ニュースで気になった事を幾つか取り上げてみる

・ゴルトブリッツ、腸捻転で死亡
最初に名前を知ったのは条件馬で挑戦した東京大賞典だったか。本格化する以前では流石に歯が立たなかったが、そこからアンタレスSまでノンストップで3連勝。アンタレスSは様子見で切ったが「これは強いわ」と東海Sで軸にしたらまさかの5着。マーキュリーSを勝った後のみやこSは心房細動で目を回して惨敗。仁川Sで復帰し、アンタレスSで連覇を飾ったが、アイファーソング抜けで馬券は外れ。
帝王賞で待望のGⅠ制覇を飾って「秋に向けて楽しみになったな」と思ったところでの急死・・・最後まで馬券的な意味で歯車が噛み合わなかった。スペ産駒の牡馬で貴重な後継馬候補だっただけに、この死は実に残念、合掌m(__)m

・アグネスワールド、腰痛悪化で安楽死
最強世代と呼び声高い98世代の名スプリンターだった。コーナリングの下手さ故に日本国内ではGⅠを勝てなかったが、アベイ・ド・ロンシャン賞とジュライCといった直線コースのGⅠ2勝。今とは違って、当時の短距離路線が世界に通用した時代であった。小倉で日本レコードを叩き出したように、フラットなコースでのスピード比べでは世界でもトップクラスだったと思う。
受胎率の低さもあって産駒に恵まれず、日本では重賞勝ち馬は交流重賞6勝のアグネスジェダイくらいしかめぼしい産駒を出せなかった。とはいえ、シャトル供用されたオーストラリアではワンダフルワールドという後継種牡馬がいるらしい。この貴重な血を継承出来れば良いが・・・合掌m(__)m

・ワールドエース、アダムスピーク屈腱炎。トーセンホマレボシ引退
ここに来て、春のクラシック戦線で活躍した馬の戦線離脱が相次いでいる。ダービー直後はレース中に骨折したコスモオオゾラくらいだったが、少し前にはグランデッツァも故障で戦線離脱。そして、今回の連鎖反応・・・うーん、こういうのは実に萎える。
特にワールドエースはPO馬だっただけに、心底ガックリ来た。春二冠は乗り方一つで勝てた可能性があっただけに、菊花賞こそは・・・と期待してた。不幸中の幸いは軽度の症状らしいという事。今の実績では種牡馬入りは少し厳しいだけに、なんとか復帰してほしい。トーセンホマレボシはダービーまで押せ押せのローテの蓄積が出たのではないかと思う。兄トーセンジョーダンばりのしぶとい走りで、今後の成長も大いに見込めたが・・・もしかして種牡馬入りしたら、ディープインパクト最初の後継種牡馬になるのか?

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

新潟記念回顧

「あぁ~目がぁ~目がぁ~!!」
と、お約束の叫び(?)を上げたくなるような不利をゴール前で受けたムスカテールは5着。内のタッチミーノットが外に斜行した事で隣のスマートシルエットと共に押しくら饅頭されなければ、最後にもうひと伸びしかけてただけに最低でも3着はあった筈。
手前を最後まで替えなかったものの、スタートから好位で流れに乗って追い出しのタイミングも良かっただけに、あまりにも痛い不利だった。とはいえ、軽ハンデの恩恵もあったが見せ場十分の内容には満足してる。条件が向けばOPクラスでも戦える事を証明出来て良かった。

勝ったのは函館記念の勝ち馬トランスワープ。これでサマー2000シリーズの優勝を決めた。課題のスタートもまずまず出て、道中は中団のインをキープで脚を溜める。そのまま4コーナーまで我慢して、直線に向いて少しずつ外へ。上手く間を割って、残り100mから一気に伸びて差し切った。大野とは7戦4勝2着2回。馬自身が力を付けてるのもあるが、かなり手が合う印象。高速決着の上がり勝負にも対応出来たし、もう一つ上のクラスでも通用しそう。

2着タッチミーノットは14キロ絞って本来の状態に戻して来た。ペースを読んでいたか、スタートから出して行って3番手に付ける積極策。直線ではスマートシルエットの内に入って最後までしぶとく伸びた。軽い馬場ならこれ位は走れるが・・・最後は外に斜行してるのに左鞭連打はなしだって・・・

3着アスカクリチャンは好位グループの内を追走。直線ではインを突こうとしたが、先にエクスペディションに入られて後手に回る。最後は狭い間を割って追い上げただけに、直線でのモタつきが痛かった。平坦コースなら2000mまで持つのと、高速決着に対応出来たのは収穫。

エクスペディションは3着馬と同じような位置取りで直線では先にインに入って先頭を窺う勢いだったが、最後に詰めが甘くなった。初の左回りで一応の適性は見せたが、やはり小倉でないと決め脚が鈍る。

スマートシルエットは内のケイアイドウソジンが行った事で予想通りの番手から。直線入り口で早めに捕まえて逃げ込みを図ったが、最後に不利を受けたとはいえここの2Fを10.9-10.3で走っては流石に最後は甘くなる。

トーセンラーは中団の外で折り合いに専念。良い感じに見えたが、いざ追い出したら逆手前だったせいもあってかジリっぽくなった。出来自体は平行線に思えたが、連戦の疲れがあったようだ。

トウカイパラダイスはこれだけ上がりが速くなると苦しかった。ナリタクリスタルは好スタートから後方に控えた時点で勝負あった。勝負所から後手後手に回って見せ場なし。


小倉2歳Sは最初から興味なかったので回顧はパスw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー2歳編~9月2日現在~

1クロフネ
2ダイワメジャー
3ネオユニヴァース
4アドマイヤムーン
5ディープインパクト
6アドマイヤマックス
7キングカメハメハ
8アグネスタキオン
9フレンチデピュティ
10シンボリクリスエス
11マイネルラヴ
12ステイゴールド
13ケイムホーム
14ハーツクライ
15ホワイトマズル
16スウェプトオーヴァーボード
17サクラバクシンオー
18マンハッタンカフェ
19タマユズ
20ウォーエンブレム




ローカル開催も終わったので、2歳リーディングの中間発表を・・・いつもの面子とは違う顔触れで結構新鮮だw

ストークアンドレイの函館2歳Sが利いてるクロフネが、早々と2桁勝利に乗せてるダメジャーを辛くも抑えて暫定トップ。

アドマイヤムーンは昨年に続いてこの時期は好調。昨年は秋に入ってやや失速したが、今年はどうか。

昨年は目立った産駒不在だったキンカメだが、コディーノの一撃でランクイン。3年ぶりのリーディング奪取なるか。

マイネルエテルネルの小倉2歳S勝利でタマユズがランクイン。父はミスプロ系種牡馬ネイエフで祖父はイーグルカフェでお馴染みのガルチ。現役時代はジャック・ル・マロワ賞等GⅠ2勝で今年の2歳馬が初年度産駒。

日本の新種牡馬はブラックタイドの22位が最高。以下、アルデバラン(36位)、 チチカステナンゴ(44位)、ロードアルティマ(45位)、スズカフェニックス(50位)と続くが・・・時期尚早ではあるが、あまり芳しいスタートではない。メイショウサムソン(79位)に至っては未だに中央未勝利。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~9月2日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3シンボリクリスエス
4クロフネ
5フジキセキ
6ステイゴールド
7ダイワメジャー
8マンハッタンカフェ
9アグネスタキオン
10サクラバクシンオー
11ゼンノロブロイ
12ネオユニヴァース
13ハーツクライ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16スペシャルウィーク
17タニノギムレット
18ジャングルポケット
19ダンスインザダーク
20アグネスデジタル




コディーノ圧巻の勝利等でキンカメがディープとの差を2億8000万にまで詰めた。今年のJRA重賞10勝目。

マイネマキアージュの勝利でアグネスデジタルが再度ランクイン。やはり、BTとの入れ替わりが続きそうだ。

トランスワープの重賞連勝でファルブラヴがデュランダルを交わして22位に浮上。今年のJRA重賞5勝目で自身の年間最多記録を更新。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR