帝王賞回顧

スマートファルコン、トランセンド、ワンダーアキュート、フリオーソ不在で砂の暫定王者決定戦という印象は否めないが、ゴルトブリッツが激しい2着争いを尻目に3馬身半差をつける完勝でGⅠ初勝利となった。

エスポワールシチーが番手に控え、図らずも逃げる事になったランフォルセが溜め逃げした事で楽に3番手を追走。4コーナー手前で先頭に立ったエスポに並び掛け、残り1Fでテスタマッタを含めた叩き合いにケリを付けた。
恵まれた部分もあるが、心房細動で目を回した昨年秋から別馬のように力を付けたのは疑いようがない。あとは厳しい流れになった時にこれだけのパフォーマンスが出来るかどうか。

2着エスポワールシチーは内のランフォルセが出て来たので番手に控える競馬。勝負所でランフォルセに交わしに掛かったが、勝ち馬にマークされての差し比べになっては厳しかった。一旦は交わされたテスタマッタを差し返したところに意地を見たが、全盛期ならこの距離でも逃げて突き放す強気の騎乗をしてただろうなとも感じた。最早、マイル前後でしか勝ち切れるイメージが浮かばない。

3着テスタマッタはこのペースでも何とか我慢出来たが、勝負所で馬群が固まってしまい外へ出せず内へ。一旦は2着馬を交わしたものの、深い馬場に脚を取られたせいか、最後は完全に脚が上がった。本質的にはマイル前後で前が引っ張る展開の方が良い。

シビルウォーは後方で脚を溜めた前半はいつも通りだったが、勝負所で馬場を見越して外から一気に捲る積極策。直線では先頭グループを捕らえられるかに思えたが、そこから意外に伸び切れず。好調時の出来に戻りつつあるが、同時に一線級との戦いでの限界点も再確認。

紅一点のミラクルレジェンドは距離ロスを避ける意図か、1コーナー手前でインに潜り込んで一貫して経済コースを立ち回ったが、直線でスムーズに捌けず。いずれにしろ5着という感じだったが、牝馬№1の地力は見せた・・・つーか、連闘でスパーキングレディC使うの?

ランフォルセはエスポが控えてしまい、図らずも逃げる形に。ここでもう少し厳しいペースで引っ張れば多少は違っていたかもしれないが、馬場の深さに脚を取られて直線では余力がなくなっていた。交流重賞に実績はあるが、どちらかと言えば軽い中央の馬場の方が良いのかもしれない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

宝塚記念回顧

オルフェーヴル復権。端的に今年の宝塚記念を表現するなら、この言葉がしっくりくるだろう。

前半は出たなりの競馬で中団のやや後ろで折り合いに専念。3コーナーまでは外目にいたが、4コーナーで内に潜り込んで直線へ。多くの馬が外へ進路を取ってガラ空きになったインからあっさりと突き抜けた。
パドックでの気配はまだ良い頃のそれになかったが、今回はメンコ直前で外した事で変に闘争心を抑えなかったのが大きかったと思う。あと、ダービーで証明済みだった道悪適性の高さ。荒れ馬場でも切れ味が削がれないので、ショートカットは却ってプラスに働いた。今回は半信半疑であったが、やはりまともに走れば一枚抜けている。
入線後に雄叫びを上げ、インタビューで号泣した池添は期するものがあったのだろう。これだけの馬に乗って3連敗だと【次はない】と感じていたのかもしれない。基本的に池添の大はしゃぎは好きではないが、今回は「まぁ良いか」と思った。

2着ルーラーシップはスタートで痛恨の出遅れ。ここで好位を取りに行くのに脚を使った分、直線では勝ち馬の勢いに抗し切れなかった。とはいえ、道中の折り合いや勝負所で内から外への持ち出しはスムーズ。コース取りの差があったのは否めないが、スタート以外は完璧なレース運びだったと思う。相手が悪すぎたとしか言い様がない。

2着馬とは対極の競馬で勝ちに行ったのは3着ショウナンマイティ。いつも通りの後方待機策だったが、今回はインの馬群の良い所に張り付いたまま。4コーナーで勝ち馬の背後に取り付き、追いかける形で直線へ。ここで一瞬の内に突き放されたが、そこからしぶとく脚を伸ばして3着を確保。馬の力量差はまだあるが、それを補おうとした浜中の手綱捌きはお見事。負けても納得出来る騎乗だった。今後は本賞金の加算が鍵になる。

ウインバリアシオンは前半は後方で脚を溜めたが、3コーナー過ぎでインから馬群を縫うようにスパートを開始。2着馬をマークする形で直線に向いたが、そこから今一つ伸び切れず。浜中がやったイン突きを岩田がやって、岩田の外への持ち出しを浜中がやると思っていたが、真逆になってしまった。中途半端に動くよりも、展開の助け待ちになるが後方一気に賭ける方が合っていそうな気がする(JCでもそう感じた)

健闘したのが3歳馬マウントシャスタ。道中は4番手のインで流れに乗って勝負所から早めのスパート。勝ち馬に一瞬で交わされたが、そこからしぶとい走りで見せ場十分。斤量差はあったが、この面子でこれだけ走れば上出来だろう。今年の3歳馬のレベルは総じて高いと思うが、この馬は中距離戦線では相当走れる器だろう。

エイシンフラッシュは仕上がりは良好だったが、久々の影響か向こう正面まで力んだ走り。ペースが速かったのもあってか、上手く脚が溜まり切らず追い出しの反応も今一つ。枠は良かったが、この馬向きの流れにならなかった。

アーネストリーは鳴尾記念とは違って本来の形に持ち込んだが、勝負所でルーラーシップの標的にされた感じとなり、直線は抵抗出来ず。騎乗自体に不満はないが、ちょっと力の衰えが隠せなくなった感じ。

ビートブラックは天皇賞に比べて後続の突き上げが早かったのもあるが、こうした力のいる馬場は合わない。フラットな軽い馬場でなら巻き返せる。フェデラリストは期待してただけに案外な内容。まだ時期尚早だったのだろうか。

トゥザグローリーは外枠とペースが堪えた感じ。中団で折り合いはついたが、速い流れでなし崩し気味に脚を使わされて直線は空気。エイシンフラッシュ同様にスロー上がり限定の馬かもしれないが、全く買うタイミングが合わない。


馬券は連勝がないルーラーシップを必要以上に嫌って(土曜は軸で悉く飛んだウィリアムズを嫌ったのもあるが)大失敗。この結果で3連複32倍はかなり美味しいのに・・・金銭的に余裕がなくなって来たのと、この悪い流れが続いてるので、リセットとの意味合いで夏は馬券購入をお休み。秋まで大人しく待機します(レース回顧はやります)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~6月24日現在~part2

21ブライアンズタイム
22キングヘイロー
23フレンチデピュティ
24マーベラスサンデー
25ホワイトマズル
26デュランダル
27ファルブラヴ
28タイキシャトル
29マヤノトップガン
30アドマイヤムーン
31サウスヴィグラス
32オペラハウス
33エンパイアメーカー
34グラスワンダー
35ストラヴィンスキー
36フサイチコンコルド
37アドマイヤコジーン
38マイネルラヴ
39チーフベアハート
40アフリート
41バゴ
42リンカーン
43ワイルドラッシュ
44アドマイヤマックス
45プリサイスエンド
46トワイニング
47ミスキャスト
48スウェプトオーヴァーボード
49スズカマンボ
50タピット



昨年でJRA重賞の連続勝利が途切れたBTは流石に衰えを隠せなくなってきた。あとはダート路線で何処まで踏ん張れるか。

フィリーサイアーとしての地位を確立した感があるファルブラヴは昨年と変わらぬ順位をキープ。種付け料が値下げされた効果もあってか、30頭台までに減った種付け頭数は昨年5倍強に跳ね上がったらしい。今年も既に満口だとか。

アドマイヤムーンは成長力という点で大きくダメジャーに差を付けられた。もう少し成長力を見せないと【距離の融通性がないデュランダル】的なポジに落ち着きそう。

究極のホームランバッター・オペラハウスはマジェスティバイオの一撃でランクイン。そろそろ平地でも大物が出ないかと期待しているんだがw

フェデラリストの覚醒でエンパイアメーカーが昨年の115位から一気に大躍進。何度も取り上げているが、本格的に産駒が走り出す2、3年後が楽しみ。

グラスワンダーは昨年から産駒全体の調子が全く上がらなくなったが、今年は更に悪くなった。100頭以上いる2歳世代で巻き返したいところ。

トランセンドが不発に終わったワイルドラッシュは大幅にランクダウン。地方ではトップ10入りしてるだけに、中央でも大物が出れば浮上する余地ありだが・・・

GⅠ馬を出した一発屋の一撃はやはりデカい。ミスキャストとタピットがしっかりとランクイン。



年末最後の掲載もこんな感じで掲載します。皆さんが注目してる、或いは現役時代応援してた種牡馬は何頭ランクインしてましたか?

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~6月24日現在~part1

中央競馬上半期終了という事で今回は普段とは違った拡大版で掲載します。先ずは通常のトップ20まで。

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3クロフネ
4シンボリクリスエス
5フジキセキ
6ステイゴールド
7ダイワメジャー
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10マンハッタンカフェ
11ネオユニヴァース
12サクラバクシンオー
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15ロージズインメイ
16スペシャルウィーク
17ジャングルポケット
18タニノギムレット
19ダンスインザダーク
20アグネスデジタル



2週続けて差を詰められたが、それでも3億5000万弱の差をつけてディープが首位を快走中。重賞勝利では既に昨年のキンカメを上回ってる他、勝利数や入着賞金も昨年のキンカメを上回るペース。現役時代さながらにワンサイドでリーディングなるか。

キンカメは先々週8勝、先週7勝の猛攻で5億まで開いた差を詰めたが、如何せんディープの勢いがスゴすぎる。自身もリーディングを取った昨年より早いペースで勝利を重ねているが、重賞戦線でディープに大きく差を付けられたのが響いてる。

ダート路線の破壊力は鳴りを潜めたクロフネだが、飛車角となったカレンチャンとホエールキャプチャでトップ3に食い込んだ。秋も結果を出せれば、初の年間トップ3も見えてくる。

何となく種牡馬の柴田善臣的なポジになりつつあるクリスエスは昨年以前と変わらないペースで勝利数や賞金を加算。ただ、今年は芝路線の駒がいつになく多い。

GⅠ路線では沈黙状態に入ったフジキセキだが、芝・ダート・障害でまんべんなく重賞馬を出してトップ5入り。通算勝利数で6位のヒンドスタンまであと3勝。今週で一気に抜き去るか。

オルフェーヴルが宝塚で復権を果たしたステゴが6位争いにケリを付けた。出走回数や勝利数はトップ10内でダントツの最下位だが、少数精鋭主義は今年も健在。

昨年のディープには及ばないものの、ダメジャーがほぼ1世代でトップ10入り。早熟一本槍という感じではなさそうだし、もしかしたらトップ5まで狙えるかも。

タキオンはサウンドオブハートくらいしかタイマー発動してないが、全体的にやや活力がない感じ。ラストクロップの2歳世代に掛かる期待は大きいが・・・

ハーツクライはイメージ通り(?)古馬になってからの上がり馬を出して順当にトップ10入り。ディープは別格にしても、こちらも上々な成績と言えよう。

マンカフェはガルボ、ショウナンマイティ、ダンツホウテイといった古馬勢が気を吐いてトップ10を死守も、3歳世代が壊滅的な状態。このままだと、躍進の原動力となった世代が抜けると一気にランクダウンしそう。

ネオは2年目以降で初の上半期重賞未勝利。過渡期に入ってるのか、昨年から中堅部隊やダート路線で賞金を稼ぐようになってるが、今年の2歳世代は初年度産駒の躍進を受けて種付けされた。ここらでホームランを打っておきたい。

毎年2歳戦と夏場で見せ場を作るバクシンオーだが、昨年辺りから活力の低下が見え隠れしてる。今年は巻き返しなるか。通算勝利1200勝まであと13勝。

ロージズインメイは今年はいつになく産駒の調子が良くて15位をキープ。スタートでスベった初年度産駒が意外な成長力を見せている。

かつては絶大な破壊力を備えた長距離砲を持ってたスペやギムはすっかり落ち着いた感。ポケは開幕当初のおかわりみたいに大スランプ状態。昨年は秋で怒涛の猛チャージを見せたが、ちょっと今年は苦しいか。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

宝塚記念

◎ショウナンマイティ
○エイシンフラッシュ
▲ウインバリアシオン
△トゥザグローリー
△オルフェーヴル
△フェデラリスト


出否がギリギリまで分からなかったオルフェーヴルだが、追い切りの動きを見た感じでは一応動ける仕上がりに思える。ただ、絶好調時に比べるとまだその出来にない感じ。地力であっさりの可能性もあるが、前走の惨敗の再現も有り得る。よって、今回は5番手の評価に留める。

本命はショウナンマイティ。大阪杯と鳴尾記念で見せたペース不問な末脚の破壊力は本物。馬場もこの馬有利の外差し馬場。課題であった折り合いの不安も解消されつつあり、出来も絶好調。

エイシンフラッシュは元々調教は動くタイプだが、今回も素晴らしい動き。好走パターンである内枠を引けたのもプラス。流れに乗って脚を溜めて上手く外に出せれば。

ウインバリアシオンは他力本願で勝ち身に遅いが、安定した末脚を使える。ショウナンマイティ程の怖さはないが、堅実性を勝って3番手に。

トゥザグローリーは夏場に弱いが、今年はこの時期でも出来の良さをキープ。少なくとも昨年みたいな事にはならないだろう。あとは鞍上次第。

フェデラリストは大阪杯以来だが、動ける状態に仕上がった。トップクラスとの力関係がはっきり掴めないが、本格化してから底を見せてない怖さを買う。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

今日の特別・OP予想

京橋特別
◎ムスカテール
○ダノンマックイン
▲サトノパンサー
△サフランディライト

前走はちぐはぐだったムスカテールが巻き返す。ひと叩きされた今回はもっと動ける。


三宮S
◎トーホウプリンセス
○ニシオドリーム
▲エーシンポルックス

今日の馬場なら展開的にトーホウプリンセスの出番。相手は降級したニシオドリームで手堅く。


STV杯
◎ルリニガナ
○マスイデア
▲ラインアンジュ
△クロワラモー
△レッドエレンシア

函館では安定してるルリニガナを信頼。3歳馬マスイデアは距離短縮と洋芝で変わりそう。


米子S
◎シルクアーネスト
○マイネルクラリティ
▲タガノエルシコ
△ゴールスキー
△フラガラッハ

重賞で後手に回りながらも健闘したシルクアーネスト中心。阪神に実績がある差し馬の雪崩れ込みに注意。


安達太良S
◎エアウルフ
○ブルーソックス
▲カラフルデイズ
△ストロングバサラ
△タケショウカヅチ

器用に立ち回れる先行力があるエアウルフから。相手は小回り巧者の中位人気で。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

これぞボクシング!という名勝負になった井岡VS八重樫戦

今夜行われた日本人同士では史上初となる世界ミニマム級王座統一戦。井岡一翔と八重樫東、両王者が持てる力を出し切った良い試合だった。結果は3-0の判定で井岡が統一王座に輝いたが、両眼が塞がりながらも前に出てプレッシャーを与え続けた八重樫も見事だった。

終始試合の主導権を握っていたのは井岡の方だった。前半は的確にジャブを当てて八重樫の左目を塞ぎ、それが明確なポイントに繋がらないとみるやボディ狙いに切り替えてアウトボクシングに徹してポイントを加算。

しかし、八重樫は左目に続いて右目も塞がったにも拘らず前に出てプレッシャーを与え続けて、井岡に完全に主導権を握らせない。何度かドクターチェックが入ったが、どうにか試合は最後まで続行。終盤は距離を取ってた井岡も打ち合いに応じてのインファイト。ラウンド毎に攻勢が入れ替わる白熱した乱打戦になった。

八重樫のプレッシャーに苦しんだが、要所でポイントを取った井岡は最後まで冷静だったと思う。打ち合いに応じてもそれは変わらなかった。ただ、ラストはややスタミナが切れた感じでミニマム級からの階級変更は当然の流れだろう。しかし、圧勝条件であったロマゴンとのマッチメイクは難しそうだ。



気になったのはゲストで来てた辰吉だろう。明らかに呂律が回っておらず、典型的なパンチドランカーの症状をみせていた。あれを生放送で使うのは流石にマズいだろう。途中で「井岡は打ち合う必要はないんですが」と、興醒めさせるような事をのたまう実況と放送時間の都合もあったのだろうが、井岡のインタビューを最後まで放送しないTBSの糞クオリティに萎えたが、久々に名勝負と言えるボクシングを見れた気がする。弱い相手としかマッチメイクをしないどこぞのチャンピオン陣営も見習ってほしいものだ。

テーマ : ボクシング
ジャンル : スポーツ

函館スプリントS回顧

ドリームバレンチノが3連勝で重賞初勝利。スタートこそひと息で後方からの競馬になったが、そこから上手く外に出して中団へ。3~4コーナーで外から捲り気味に進出して、直線ではロードカナロアを内に閉じ込めて先に抜け出し、そのまま押し切った。こうした洋芝は合うし、ロードカナロアがメイチの仕上げでなかったにせよ、強い内容の勝利。暑さに弱いのが気掛かりだが、上手く乗り切ればこの後も期待出来る。

2着ロードカナロアは結果的に最内が仇になった。好位のインで先行馬をじっくり見ながらの競馬であったが、勝負所で包まれて動く動けない展開になり、積極的に動けた勝ち馬とは対照的に後手に回った。最後は地力で詰め寄って来たが、洋芝では京都ほど切れなかった。本番はまだ先だし(むしろここ使う意味あったのか?)メイチに仕上げる必要性もないので悲観する内容ではないが、最後は今一つ伸びなかったところにパワー勝負への不安を感じた。
鞍上に関しては、いつも通りの【人気馬に騎乗しての負け方で一番イメージの悪い負け方】と【自分は悪くない】的なコメントに萎えた。海外ではこうした脚を余す負け方は関係者に嫌われる点を理解しておいた方が良いとしか言い様がない。

3着は最低人気の伏兵ビスカヤ。前半は死んだふりで最後方待機。1、2着馬には離されたが直線はインから馬群を縫うように捌いて末脚を伸ばした。準OPで殆ど好走歴はなかったが、函館では2勝して掲示板を外していない適性の高さを見せた。

パドトロワはまだ本来の出来にない感じ。ペースが遅かったので掲示板に残れたが、もっと楽に先行出来る馬が今回も行きっぷりがあまり良くなかった。香港遠征で狂った歯車がなかなか元に戻って来ない。

穴人気してた3歳馬レオンビスティーは14キロの大幅減もあってか、先行したものの直線では余力なし。中途半端に前に行くより、中団で脚を溜めた方がいいような気がする。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マーメイドS回顧

期待の良血馬グルヴェイグが3連勝で待望の重賞初勝利。素質の高さを見せるも、ひ弱さばかりが目立った3歳時とは別馬のような強さだった。
前半は出たなりの競馬で好位グループのインを追走。勝負所でじわじわと外に持ち出して進出を開始し、直線はウィリアムズのゴーサインに応えて力強く抜け出した。4角~直線での外への持ち出しが強引だった以外は完璧に乗れたと言っていいだろう。ハンデ53キロだったとはいえ、他馬を寄せ付けなかった強さは本物だろう。

2着クリスマスキャロルはスタート直後に挟まれて最後方からの競馬。ここで腹を括ったか、道中は動かずにじっくりと脚を溜めて直線は大外へ。勝ち馬に振られた他馬の煽りを若干受けたが、馬場の良い大外から最後までしっかりと伸びた。最軽量50キロという軽ハンデも味方したが、格上挑戦で上々の結果だろう。

3着メルヴェイユドールも前半は無理せず後方2番手から。インで動かなかった2着馬に対し、こちらは馬場の良い外目を通らせて4コーナーでは先に進出。ここで勝ち馬に降られたものの、怯むことなく伸びて来た。最後に頭が上がった分、2着馬に追い負けたが、こちらも50キロの格上挑戦で大健闘の部類だろう。

シースナイプは前半は前に行けなかったが、向こう正面でジワッと進出。勝負所で3番手グループに取りつき、直線半ばで一旦は先頭。上位馬には切れ負けしたが、自分の力は出せた。昇級戦でも今後に目処が付く内容。

アカンサスも4角~直線で不利を被ったが、態勢を立て直してじわじわと伸びた。本質的にはパンパンの良馬場で力を発揮するタイプで、こうした力を要する馬場では切れ味半減。

格上挑戦の軽ハンデ馬とは対照的にハンデを背負った実績馬はだらしがない内容。馬場や距離も敗因に挙げれるだろうが、あまりにも不甲斐ない。

2番人気スマートシルエットは道中は悪くない感じだったが、4コーナーで手応えが怪しくなって直線で逆噴射。良馬場発表とはいえ、こういう力が要る馬場は全く駄目。パンパンの良馬場で改めて。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~6月17日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3クロフネ
4シンボリクリスエス
5フジキセキ
6ダイワメジャー
7ステイゴールド
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10マンハッタンカフェ
11ネオユニヴァース
12サクラバクシンオー
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15スペシャルウィーク
16ロージズインメイ
17ジャングルポケット
18タニノギムレット
19ダンスインザダーク
20アグネスデジタル



グルヴェイグのマーメイドS母子制覇でディープが父サンデーの重賞勝利ペースを上回った。こちらでも最速ペースになっていくのか?

キンカメは特別5勝を含む土日8勝の固め打ちでJRA通算600勝突破&年間100勝一番乗りで、ディープとの差をやや詰めた。

今年の3歳世代で最初の古馬混合戦のOP勝利を決めたビウィッチアスのお陰でダメジャーが6位に浮上。話はズレるが、今年の3歳世代は相対的になかなかレベルが高そう。

ランク変動はなかったが、ドリームバレンチノの函館スプリントSでロージズインメイがスペを並び掛けた(その差250万強)。コスモオオゾラの活躍も大きいが、スタートダッシュでスベった初年度産駒の巻き返しが目立つ。今年は既に100頭以上に種付けした模様。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

My Favorite Horse Vol.11 マイネルラヴ~98年スプリンターズS~

気分が乗らないのと忙しさにかまけて放置してたこのコーナー、先日急死したマイネルラヴを取り上げる事で再開。尤も、毎週書くのは結構しんどいので、以後は不定期での執筆になります。


以前にも書いたが、マイネルラヴはPOGデビューした年に指名馬である。今ならマイネル・コスモの馬(ましてや、おしなべてコケる率が高い高額馬)は先ず指名しないのだが、当時はPOGに関してはズブの素人だったこともあり、POGの特集本の馬体写真だけで単純に指名。ズブの素人でも「あっ、この馬は走りそう」と思わせる見栄えがする写真だった。

調教で古馬を煽る動きを披露した事で回避馬が続出し、危うくレース不成立になりかけたデビュー戦を快勝。ソエがでた後の2戦目はダートが合わずに取りこぼしたが、続く3戦目は芝に戻して快勝。
ここまでは評判通り順風満帆な競走生活。ビギナーズラックで浮かれていたのもあったが、重賞制覇は直ぐにでもと思っていた。しかし・・・
同世代は未だに最強世代の一つに数えられる98世代。同世代のとてつもなく分厚い壁がマイネルラヴの前に立ちはだかる事になる。

重賞初挑戦となった東スポ杯はキングヘイローに完敗。6番人気に評価を落とした朝日杯はタイレコードの走破時計をマークするも、怪物グラスワンダーには完敗。NZTとNHKマイルCは【もう一頭のマル外】エルコンドルパサーに完敗。
今振り返れば、マイル路線はベストディスタンスでなかったが、与し易いと思われた相手でも取りこぼし、結局期間内に重賞を勝てなかった。PO馬の重賞勝ちは数年後のPOG再開までお預けになる。

待望の重賞勝利は3歳秋初戦のセントウルS。それまでの成績に不満が爆発した岡田総帥の強権発動で転厩し、鞍上も武豊にスイッチという荒療治が功を奏したか(?)それまでの詰めの甘さが嘘のような末脚を繰り出しての勝利だった。
これで一皮剥けたかと思ったら、続くスワンSは目に異物が入るアクシデントで大敗してマイルCSを回避。そして、この馬にとって最大のハイライトとなったスプリンターズSを迎える。

このレースは日本競馬の悲願とも言えた海外GⅠ制覇を成し遂げたタイキシャトルの引退レース。レース終了後に引退式を行うという異例のプランではあったが、この馬が負けるわけなどないという風潮が大多数の見解だった。
俺はといえば、随分と舐めきった事をするもんだなと思わなくもなかったが、調教がヌルくても絶対能力の違いで普通に勝つだろうと考え、タイキシャトル軸で中穴狙いの馬券を買っていた(あと、私情全開でマサラッキの単複も少々)
マイネルラヴは買い目に入れていた。元PO馬という贔屓目もあったが、当時かなりハマっていた馬券理論に照らし合わせればスワンSからの出走は穴として狙える馬であった。秋2戦で騎乗した武豊はシーキングザパールに騎乗する為、当時売り出し中の関東のホープであった吉田豊に乗り替わっていた。

レースはタイキシャトルが先行争いを見ながら定石通りの大名マーク。マイネルラヴはマサラッキやワシントンカラーと並んで中団グループの一角にいたが、3~4コーナーでタイキシャトルに並び掛ける。
積極的なマイネルラヴの行きっぷりの良さが目に付いたが、この時点では「もしかしたら2、3着はあるかもな」くらいの認識しかなかった。むしろ、前走で脚質転換が決まったマサラッキの動きの方が気になっていた。
異変は直線に入ってから気付いた。いつもなら抜け出して来るところでタイキが伸びない。逆にマイネルラヴが前に出る。
「おいおい、このままなら馬連当たりだがシャトル負けるの!?」と思ってたところで、前半死んだふりしてたシーキングザパールが大外からすっ飛んで来てなだれ込むようにゴール。

手が上がったのはマイネルラヴの吉田豊だった。シャトルはゴール前でシーキングに交わされて3着。
この時は中山で現地観戦してたが、ゴール直後の「えっ??」という微妙な空気は今でも覚えている。起こる筈のない事が起きたというか何というか・・・
その空気を引きずったまま引退式は行われたが、現役を振り返るVTRで最後のスプリンターズSのテロップが【1着】となってたところで思わず声が出た。

「3着だぞ~!」

同じ事を叫んだ奴はあちこちでいたらしく、そこかしこから失笑が漏れた。この時期、関東で行われた引退式は何度か見たが、何となく白けムードのまま行われた引退式は後にも先にもこれだけだった。


大金星を挙げたマイネルラヴだが、ドバイ遠征を目論んで年明けのガーネットSに出走して惨敗(ダートが苦手な筈なのに無茶しやがって・・・)
その後、松永幹夫に乗り替わってシルクロードSを快勝するも、球節炎を発症して高松宮記念を回避。どうも、この馬は好走が続かなかった不思議な馬である。
その後は精細を欠いたレースが続き、翌年のCBC賞を最後に引退した。

種牡馬としてはマイネルハーティー、コスモフォーチュンといった重賞馬を輩出し、まずまずの成績を収め、母父としてはロージズインメイの代表産駒になりつつあるドリームバレンチノを出し、自身のスピード力を着実に伝えていた。
まだ17歳。最近はやや活力が低下していたが、まだまだ活躍馬を出せる可能性があっただけに残念。初めてのPO馬の死に合掌m(_ _)m

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

土日の特別・OP回顧

東京ジャンプSはデンコウオクトパスがレコードのオマケ付きで重賞初挑戦で初勝利。道中で他馬に絡まれ、口を割るシーンも見られたがスピードを落とさずに飛ぶ様は同じトップガン産駒のブルーフランカーを思い出した。
フランカーは入障3戦目で故障しなければ幾つも障害重賞を勝てた器だったが、オクトパスもそれに匹敵するセンスを持っている。まだ飛越に危なっかしさがあるので中山では落馬の危険性が高そうだが、経験を積めば産駒史上初のJ・GⅠ制覇も夢ではない。あとは故障に注意したい(走ったトップガン産駒に共通する難物だしね)

アハルテケSはバーディバーディがユニコーンS以来2年振りの勝利。積極的にハナに立ってハイラップを刻んで後続の脚を使わせるレコード勝ち。重馬場は得意だし、距離短縮も合っていたが、まさかナムラタイタンを完封するとは思わなかった。テン乗りであったが北村宏の好騎乗だろう。
ナムラタイタンはパドック出来の悪さを出していたが、課題のスタートを好ダッシュ。勝ち馬を先に行かせての大名マークで直線はいつ交わすのかと思っていたが・・・正直、スタートさえ決めれば負けないと思っていただけにショック。そろそろ休養で秋に備えようか。アドマイヤロイヤルはいつものように中団から末脚を伸ばしたが、スロー決め手勝負でこその馬だけに最後は脚色が一緒になった。

南港特別は元PO馬のエーシンミズーリが快勝。1000万では詰めの甘さを見せていたが、流石に降級したここは地力が違ってた。1000万に戻ってからが試金石だろう。

三田特別は典型的なスロー前残り。ムスカテールはスタートで挟まれて後方からの競馬。勝負所から一気に捲って先頭集団に取りついたが、プラス12キロという緩い体付きだった分、直線半ばで脚色が鈍った。展開も向かなかったし、強引な競馬ではあったが能力は見せた。次走で改めて期待。リベルタスは条件は厳しかったが見所が全くなかったorz

灘Sはローマンレジェンドが能力の違いを見せつけて快勝。勝負所の反応はややもたついたようにも見えたが、加速してからの伸びは他馬とは歴然とした差があった(内に切れ込み過ぎてたが)。これでダート戦は6戦5勝2着1回。ひょっとしたら重賞でも即通用するかもしれない。

ジューンSはリルダヴァルが1年8ヶ月ぶりの勝利。逃げ馬が飛ばす展開も味方したが、ここまで人気を裏切り続けた借りをようやく返した形。典型的な人気先行馬でOPでもそこそこ人気しそうだが、故障前の能力にはないことを念頭に置いておきたい。

出石特別はハクサンムーンが久々にスピード能力の高さを見せつける圧勝。ここ数戦は迷走した感じだったが、こうした競馬が一番力を発揮出来る。今後も変な色気を出さずに逃げるスタイルで素質を開花させてほしい。

垂水Sは人気のステラロッサがコーナー4つへの適性不足を露呈し、ダコールは相変わらず詰めの甘さを披露して中波乱。つーか、ザサンデーフサイチってまだ現役だったのね・・・

天保山Sはファリダットが距離短縮を物ともせずに鮮やかな差し切り勝ち。完全に息を吹き返したと言うべきか、転向が遅すぎたとう言うべきか・・・いずれにせよ、これでOP2連勝。セイクリムズンのライバル誕生っぽい。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

エプソムC回顧

掛かり気味にハナに立とうとした段階でAJCCの二の舞かと思われたトーセンレーヴだが、外のレッツゴーキリシマを先に行かせてギリギリのところで我慢させた。直線は馬場の良い外目に持ち出して最短距離を通って粘った3着馬を交わして先頭。ただ前半のツケが祟ったか、ゴール寸前でガス欠になり2着馬に詰め寄られたが、何とか凌ぎ切った。褒められた騎乗ではないが、紙一重のところで持たせるところが今シーズン絶好調のウィリアムズと言うべきか。

2着ダノンシャークは珍しくスタートが決まり、道中は6番手を追走。勝負所からジワッと動き出して直線は大外から一気に伸びて来たが僅かに届かず。メンバー唯一の上がり33秒台をマークしており、この馬の競馬は出来たと言えるが、今回は特殊なトラックバイアスによる展開のアヤに泣いた。一体、いつになったら重賞勝てるのやら・・・

3着マイネルスターリーは意識的に出して行って3番手からの競馬。4コーナーで外に出した前2頭に対して内ラチぴったりを回りコーナーワークで先頭に。そこから徐々に外に持ち出して粘りに粘ったが、最後に力尽きた。とはいえ、洋芝巧者で緩い馬場を苦にしない馬の適性を見抜いた柴田大知の騎乗はお見事。この馬で何度チャンスをもらっても結果を出せなかったどこぞの漬物石も見習ってほしいものだ。

3歳馬セイクリットレーヴは出たなりの競馬で中団の内目を追走。直線も2着馬程ではないが良い脚を使って追い上げたが、これも展開と馬場に泣いたクチ。52キロも味方したが、初の古馬相手でこれだけ走れば上出来。ただ、本質的にはマイルまでの馬だろう。

シルクアーネストは今一つのスタートから下げて内に入って後方よりの競馬。直線はそのまま内を通ったが、外の上位馬とは脚色で見劣りジリジリとしか伸びず。大外枠でなければ違った乗り方もあっただろうが、チグハグに乗られた感は否めない。

レッドデイヴィスは折り合いこそ付いていたが、勝負所での反応が悪く直線もジリジリとしか伸びず。軽い馬場でなら巻き返せるかもしれないが、まだ昨年の好調時に戻ってない印象。

ダイワファルコンは直線で一瞬「おおっ!?」と思わせたが、残り1Fで脚が止まった。やっぱり直線の長い東京は途中で集中力が切れるようだ。庭の中山まで待機は芸がないので、小回りの福島辺りで巻き返しがあれば良いが・・・

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~6月10日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3クロフネ
4シンボリクリスエス
5フジキセキ
6ステイゴールド
7ダイワメジャー
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10マンハッタンカフェ
11サクラバクシンオー
12ネオユニヴァース
13ゼンノロブロイ
14ゴールドアリュール
15スペシャルウィーク
16ロージズインメイ
17ジャングルポケット
18タニノギムレット
19ダンスインザダーク
20アグネスデジタル



エプソムCワンツーでディープが再びキンカメとの差を5億に拡大。これでJRA重賞21勝目。これで重賞勝利のペースが父サンデーに追い付いた。マーメイドSのグルヴェイグ次第で父を上回れるか。

土日6勝の固め打ちでネオがロブロイを交わして12位に。今年はヴィクトワールピサとイタリアンレッドの引退で重賞路線では良いとこなしだが、初年度産駒の活躍で種付けされた今年の2歳馬で巻き替えしなるか。

デンコウオクトパスの東京ジャンプS勝利でマヤノトップガンの順位は・・・29位のまま変わってなかったでござる。JRA重賞は通算16勝目だが障害重賞は初勝利。1番人気での勝利は2004年中日新聞杯(プリサイスマシーン)以来2度目。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

東京ジャンプS・三田特別・アハルテケS

東京ジャンプS
◎デンコウオクトパス
○ルールプロスパー
▲トウシンボルト
△ハクサン
△バイヨン
△ジャストルーラー


馬体減は嫌な材料だが、450キロに踏みどどまったオクトパスのスピード力に期待。相手はOPで堅実なルールプロスパーが筆頭。


三田特別
◎ムスカテール
○ダノンマックイン
▲オマワリサン
△アマファソン
△ユウキソルジャー

折り合いが鍵だが、ムスカテールの決め手は降級したここなら一枚上。リベルタスは敢えて嫌ってみる。


アハルテケS
◎ナムラタイタン
○アドマイヤロイヤル
▲バーディバーディ
△ガンマーバースト
△スタッドジェルラン
△アドマイヤスワット

スタートさえまともに出ればこの条件でナムラタイタンに敵う馬はここにいない。

テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

ユニコーンS回顧

鳴尾記念、安田記念に続いてまたしても福永の騎乗馬が勝利。そりゃ、実況も声が裏返るわ(苦笑)
ストローハットは前走でダート適性の高さを見せていたが、能力の高さは本物だろう。スタートこそ出負けしたが、出たなりの感じで内々を進み、徐々に先団グループを射程内に。直線での外への持ち出しもスムーズで追ってからの反応も速い。最後も余力十分といった感じで、ハタノヴァンクールとの対決が楽しみになった。

2着オースミイチバンはよりにもよってスタートで出遅れ。勝負所から外に出して追い上げて馬群に取りつき、直線では大外から一気の伸び脚を見せたが、最後はスムーズに立ち回った勝ち馬との差が出た。大味な競馬でも地力の高さは示したが、連戦の疲れが・・・とかいう気になるコメントも。この後のケアが上手くいけば良いが。

3着タイセイシュバリエは番手で上手く折り合いを付け、直線で逃げ馬を交わして先頭に立った後もしぶとく二枚腰を使って粘り込んだ。本質的には1400mがベストっぽいが、味のある競馬をする。古馬との対決でもそれなりに走れそう。

ネクタルはスタートの芝で置かれたのと、直線で前が壁になる不利があったが、前が開いてからの末脚はかなりのもの。初の左回りに戸惑ったか、内にモタれなければ2着まで来たかもしれない。分野は違うが、半兄並みに走れそう。

キングブレイクも芝の部分で置かれて後方からの競馬。こちらは直線での反応も悪く、やっとエンジンが掛かった時は時既に遅し。なんで藤岡佑を軸にしたのか、予想前の俺を問い詰めたい気分になった。

レッドクラウディアは外から内に入ろうとして時間を食った分、余力も使った感じで直線はさっぱり。前走の内容からもっとやれる筈なんだが、今回は負けすぎ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

安田記念回顧

買った馬で掲示板に載ったのがガルボだけという大惨敗。これだけ豪快に外すと、普通は逆に悔しくないが・・・今回はよりにもよってダービー回顧でクソミソに扱き降ろした福永に勝たれ、凄い赤っ恥掻かされた気分。ストロングリターンを買い目に入れるか迷った挙句、切った決め手が福永だったし。

騎乗に関しては特に文句のつけようがない。スタートを上手く出て道中は馬群の後方で脚を溜め、4コーナーでの外への持ち出しもスムーズ。直線は2着馬と併せ馬の形に持ち込んで最後まで気を抜かせないように追って叩きあいを制した。元々、1度しか掲示板を外した事がない東京巧者であり、普通に走れば勝ち負けになる下地はあった。不承不承ながら、今回は上手く乗ったと認めざるを得ない。

2着グランプリボスは海外遠征後の体たらくと、中間に外傷を負ったとかの情報で完全にノーマークだったが、今回は陣営待望の内枠で一変。道中は勝ち馬の少し前の内々で脚を溜め、勝ち馬と同じように上手く外へ持ち出して併せ馬の形で伸びて来た。尤も、勝ち馬にも騎乗経験があるウチパクは併せ馬になるのは避けたかったようだが・・・とはいえ、終わった馬との烙印をある程度は覆した。叩き数戦目の内枠限定でマークは必要か。

3着コスモセンサーは好スタートから好位のインに張り付き、一貫してロスなく立ち回った。上位2頭とは決め手の差で後れを取ったが、先行勢で掲示板に載ったのはこの馬だけ。全くの人気薄だったが、なかなかに強い競馬をした。昨年暮れから好走続きだが、意外に晩成タイプなのかもしれない。

ダノンヨーヨーはスタートで出遅れたが、ペースが速かったのと最内枠でコースロスなく立ち回れたのが幸いして追い上げて来た。他力本願タイプで過信は出来ないが、展開次第では再度の激走があるかも。

ガルボは好位の内々で流れに乗ったが、直線入り口では前が壁になって追えない場面も。バラけたところで内に切れ込み伸びては来たが、上位馬に比べてジリジリとしか伸びなかった。今年は冬場以外でも調子が良かったが、流石にここは甘くなかったか。

最終的には1番人気になったサダムパテックだが、4コーナーまでは良い感じだったのに直線はさっぱり伸びず。窮屈になるシーンもあったが、あまりにも反応が悪すぎた。好走が続きにくいタイプであり、今回は凡走の番だったというとこか。

香港勢は見事に撃沈。ラッキーナインは前に行ったのが災いしたか、直線でぱったり止まった。グロリアスデイズは終始行きっぷりが悪く最後まで見せ場なし。前者は日本の馬場に適性を見せてはいたが、今回のような高速馬場は向かなかったのかもしれない。

シルポートはスタートで躓いたが、それでもジワッとハナへ。しかし、今回はリアルインパクトに突かれ通しで自分のリズムを完全に崩されてしまった。逃げ馬の脆さが出たと言うべきか。

外枠の差し馬は見事に壊滅。ある程度の差しは決まっていたが、内有利の傾向に変わりがなかったのが運の尽き。ペルーサはもう万策尽きた感じ。あとはダートしか残ってないぞ。


残念なのは、勝ち馬を管理してる調教師が記者会見を拒否したというニュースがレースそのものよりも大きく取り上げられた事だ。
元々、マスコミ嫌いなこの調教師はスタッフが全員辞表を提出しただの、騎乗に対して理不尽なキレ方をしただの、リーディング上位の調教師の割にあまり良い話を聞かない。石橋脩とウチパク以外、関西の騎手か外国人を起用する傾向が強いのは、こうした調教師の人間性に問題があるからではないかと勘ぐってしまう(関西や外国人は普段から接する機会が少ないので、下手なトラブルになりにくい?)
今回の騒動は海外のマスコミも来てる中、会見をドタキャンされてメンツを潰されたJRAがマスコミに煽られて引っ込みつかなくなった感じが強いが・・・これまではちゃんと会見に応じていたのに、今回は子供の我儘みたいな良く判らん理由で拒否した調教師の非の方が大きいだろう。軽いアスペかコミュ障なのか?と思ってしまうような幼稚な行動で自分の管理馬の勝利を台無しにしたのは実に残念である。どうでもいい事で後味の悪いレースになってしまった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー~6月3日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3クロフネ
4シンボリクリスエス
5フジキセキ
6ステイゴールド
7ダイワメジャー
8アグネスタキオン
9ハーツクライ
10マンハッタンカフェ
11サクラバクシンオー
12ゼンノロブロイ
13ネオユニヴァース
14ゴールドアリュール
15スペシャルウィーク
16ロージズインメイ
17ジャングルポケット
18タニノギムレット
19ダンスインザダーク
20アグネスデジタル



トグロの復活等でキンカメが90勝一番乗りも、何だかんだで土日4勝のディープとの差はそれ程縮まらず。

ストロングリターンのGⅠ勝利でクリスエスが4位に浮上。クロフネの背中が視界に入ってきたかな。

ドラゴンレジェンドの新馬勝ち等でステゴが6位に浮上。出走頭数はトップ10では最小だが、アーニングインデックスはディープに次いで2番目。

全く動きがなかった11位以下だが、グランプリボスの意地の激走でバクシンオーが11位に浮上。毎年、夏場と2歳戦で存在感をアピールしていたが、今年は新馬戦の前倒しがどう影響するか。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

ユニコーンS

◎キングブレイク
○オースミイチバン
▲ストローハット
△レッドクラウディア
△ネクタル


キングブレイクは前走で同世代ダート最強馬とも目されるハタノヴァンクールの0.2秒差2着。相手が悪すぎたが他馬は完封してるように安定した先行力はここでも上位。番手からでも競馬が出来る馬だけに、行きたい馬がいるなら行かせての大名マークでも。

オースミイチバンは3走前の未勝利圧勝から覚醒した感。捲って良し、先行して良しと自在性があり、どういう位置取りからでも競馬が出来るのが強み。あとは他馬より1キロ重い斤量がどうか。

ストローハットはダート転向した前走が楽勝。時計も優秀で重賞のここでも通用する可能性が高い。あとはスタートで後手に回らなければ。

レッドクラウディアは前走で見せた決め手の鋭さが不気味。ダートでは底を見せておらず、輸送で極端に馬体が減らなければ。ネクタルはスピリタスの半弟。父がゴールドアリュールに替わっても決め手の鋭さは兄譲り。即通用するか分からんが、一応の警戒は必要か。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

安田記念

◎ラッキーナイン
○サダムパテック
▲グロリアスデイズ
△エイシンアポロン
△シルポート
△ガルボ
△マルセリーナ


オッズの割れ具合からも判るように、非常に難解な一戦。こういうレースでバシッと単勝当てればさぞかし気持ちいいのだろうが、御多分に漏れず全然絞れなかった。雨次第で切る馬もいるので、あくまで暫定的な印なのを御了承願いたい。

ドバイでは不発に終わった香港勢の逆襲がありえそうなのでラッキーナインを最上位に見る。セントウルSで日本の馬場適性の高さは証明済み。スプリンターのイメージが強いが、マイル戦は3戦して着外なし。前走のチャンピオンズマイルでは2番手に付ける積極策で3着。この枠ならその再現で粘り込みそう。

サダムパテックは前走の復活が鮮やか。まだ判らない部分はあるが、東京コースで重賞2勝、皐月賞2着の実績があり、持ち味の決め手を活かしやすいのは間違いないだろう。そろそろ息切れしそうな気もするが、今回の来日で神懸った騎乗を見せるウィリアムズでは押さえとかないと駄目だろう。

もう1頭の香港馬グロリアスデイズは8戦5勝2着3回と、未だに連対を外してない堅実な差し脚が武器。ラッキーナインやエクステンションと好勝負を演じており、香港での実力は折り紙つき。滑る馬場は良くないらしいので雨が降ったら割り引くが、一発があってもおかしくない。

エイシンアポロンは明らかに急仕上げで太め残りだった前走とは段違いの出来。東京コースは致命的な不利を被った天皇賞以外は崩れておらず、巻き返す条件は整った。現時点は4番手の評価だが、雨が降るようなら対抗まで評価を上げる。

逃げ宣言のシルポートはコスモセンサーの出方が鍵になるし、逃げ馬の宿命で残るか潰れるかの両極端な成績だが、マイペースに持ち込んでスピードの持続力勝負に持ち込めば怖い。変に色気を持った溜め逃げしなければ。

ガルボは冬馬のイメージが強いが、今年はいつになく好調子を維持している。好走する条件の一つである内枠を引けたのもプラス。東京新聞杯みたいな形に持ち込めば。

マルセリーナは牡馬との力関係がどうかだが、マイルCSや阪神Cの内容から通用する余地はある。中1週で馬体重の維持が鍵になるが、決め手を活かしてどこまでやるか。


一応、この7頭に印は打ったが、天候や馬体重次第でストロングリターンやドナウブルーを入れ替わりで買い目に入れるかもしれない。自分の中では禁じ手の7頭BOX買いにしようか迷う(苦笑)

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

鳴尾記念回顧

先行してスピードの持続力で勝負してナンボの馬を控えさせて勝ち目があるとでも思ったのか?テン乗りならいざ知らず、何年もコンビを組んで持ち味を知り尽くしている筈なのに?ましてや、行かなければどう考えても苦手なスロー瞬発力勝負なのは判り切ってるのに、それを敗因に挙げてるのに唖然とした。
アーネストリーに騎乗した哲三はパートナーの能力に対する背信騎乗としか言い様がない。復活するお膳立てが整ってるのに、自らそれをぶち壊した哲三に心底ガッカリ。こんな騎乗を続けるようなら、アーネストリーの復活は二度とないだろうし、金輪際アーネストリーは買わない。

トゥザグローリーに関しては、蹴飛ばした当方としては大事故も良いとこの完勝。好スタートから大名マークの番手を取り折り合いも完璧。直線であっさり抜け出し、ショウナンマイティの追い込みを完封。暑さに弱い馬なので、宝塚まで無事に乗り切れるかが課題。

2着ショウナンマイティはかつてのイレ込みがキツかった馬とは別馬のように道中の折り合いもスムーズ。直線は大外から前走の再現のような追い込みを見せたが、馬場と展開を味方に付けた勝ち馬には届かなかった。とはいえ、この末脚の破壊力は本物。宝塚でも勝ち馬以上に要注意な存在。

3着トーセンラーは意識的に出して行って道中は3番手からの競馬。勝負所で急がせずに脚を溜めて直線の余力を残したが、上位2頭には完敗。良馬場でそれなりにリカバリーしたが、本質的には平坦向き。

ナカヤマナイトは内枠が災いしたか、内に押し込められて折り合いを欠いた分、直線では切れ負け。とはいえ、トーセンラーを交わせなかった辺り、大阪杯でも感じてた一線級相手での限界点を再確認。

スマートギアとダンツホウテイは展開を考えると厳しい位置取りだったが、流石にこの相手では力不足だった。ローカル開催で改めて。


繰り返し書くが、アーネストリー陣営の馬の適性に対する裏切りとも呼べる迷走ぶりに腹立たしさと失望しか感じないレースだった。いつぞやのローエングリン@京王杯AHに匹敵する糞騎乗だったわ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

鳴尾記念

◎アーネストリー
○ショウナンマイティ
▲ナカヤマナイト
△トーセンラー
△スマートギア
△ダンツホウテイ


開幕週の良馬場で最内枠。逃げ馬不在で展開利も見込め、調教も前走時とは一変とくればアーネストリーの復活を期待。逆に言えば、これだけの好条件が揃って凡走するようでは終わった馬と見做してよいだろう。状態が戻っているなら、先手を奪ってこの馬の持ち味を活かせれば崩れない。

ショウナンマイティは大阪杯でハマった時の破壊力の高さを見せたが、開幕週の今回は取りこぼす危険性がないわけでもない。前走は上手い具合に内に入れて折り合えたが、今回も上手くいくとは限らない。能力の高さは認めても、本命には打ちづらいタイプ。

ナカヤマナイトは稍重で力のいる馬場から開幕週の軽い馬場に替わるのは間違いなくプラス。人気を分けあってる面々より斤量が軽いのも魅力。追い切りの動きも良化の気配が窺える。

トーセンラーは坂のある阪神よりも平坦京都向きだが、軽い馬場なら前走までの体たらくにはならないだろう。調教の動きの良さが調子に反映されやすいが、今回は前走よりも追われてからの反応が良い。

ローカル開催で生き返ったスマートギアとダンツホウテイはこのメンバーに通用するかどうかだが、この条件ならどさくさ紛れに3着くらいに突っ込んできそう。トゥザグローリーは暑くなる時期に弱いタイプに加え大外・・・来たら事故と思って諦める。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

2012リーディングサイアー地方編~5月31日現在~

1サウスヴィグラス
2ゴールドアリュール
3エイシンサンディ
4クロフネ
5ワイルドラッシュ
6シンボリクリスエス
7ブライアンズタイム
8マンハッタンカフェ
9キングヘイロー
10ブラックタキシード
11アジュディケーティング
12スウェプトオーヴァーボード
13ゴールドヘイロー
14ホワイトマズル
15フジキセキ
16アフリート
17ジャングルポケット
18マリエンバード
19マイネルラヴ
20アグネスデジタル



サウスヴィグラスが首位を死守するも、エスポワールシチーのかしわ記念勝利でゴールドアリュールが肉薄。中央とは違って、2強の一騎打ちムードに。

セイクリムズンの交流重賞連勝でエイシンサンディが3位に浮上。その交流重賞ではセイクリムズンの後塵を拝したものの、クロフネもランクアップ。

アートサハラの羽田盃制覇でマンカフェがトップ10入り。マンカフェ産駒の地方重賞馬はヒルノマンハッタン(浦和桜花賞)、グレープブランデー(ジャパンダートダービー)に続いて3頭目。中央ではリーディングサイアーに輝いたが、地方では昨年の32位が最高。

オオエライジンの復活等、5月は好調だったキングヘイローがトップ10入り。ブラックタキシードもアスカリーブルの活躍でトップ10入り。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR