土日の特別・OP回顧(若葉Sは波乱の決着)

土曜のレースで最注目だった若葉Sは人気所が連絡みせず波乱の結果に。
勝ったレッドルーラーは道中は後方で脚を溜めての直線勝負。外から追われると一気の伸び脚を見せて差し切った。ただ、良い脚を長く使えるタイプで距離はもっとあった方が良い。今回は少頭数で流れも向いたが、他頭数の皐月賞に向くタイプでない。ダービートライアルや菊花賞では面白そうだが。

2着クラウンレガーロはインの3番手を追走し、勝負所で外から各馬が動き出してもジッと我慢。直線で外への持ち出しもスムーズで一旦は先頭に立ったが、勝ち馬に一気に来られてしまった。距離に不安がある印象だったが、今回は三浦がロスなく立ち回って持たせた感じ。

サトノノブレスは結果的に動くのが早過ぎた。我慢していれば2着はあったかも。マズルファイヤーはナリタパイレーツに絡まれたのもあるが、どちらかと言えば平坦向きか。アドマイヤドバイは坂が駄目かもだが、あまりにも負け過ぎ。連戦の疲労があるのかちょっと判らない。PO馬アルヴェロンはスタートで出遅れ、4角で勝ち馬に弾かれて戦意喪失。追走に苦しんでたし、左回りの方が良いのかも。

メイケイペガスターは途中で引っ掛かって直線で逆噴射。気性的に難しいところがあるだけに、テン乗りでその悪い面が出た感じ。こうした馬は継続的に乗れる騎手で修正していく方が良いと思うのだが・・・


新馬戦の最終週でエアグル―ヴの仔ラストグル―ヴが人気に応えて勝利。エンジンの掛かりが遅いのはこの兄弟に良くある特徴だが、最後の伸び脚は良血馬らしい所を見せた。素質だけで勝った感じだが、少なくとも全姉グルヴェイグくらいは走りそう。


日曜中京のフローラルウォーク賞はPO馬レッドアリオンが出走。スタートはあまり良くなかったが、二の脚を利かせて好位へ。折り合いも付いて直線に向くまで追い出しを待つ余裕。追われるとあっという間に突き放しての快勝。流石に自己条件では力が違う。

久々に重賞以外の予想を掲載してみた但馬Sは先行した8枠2頭の行った行ったで波乱。先行馬が残るトラックバイアスで中団にいたリベルタスは間に合わず。クランモンタナは休み明けで本調子になかったか。

下総Sは先行馬有利の展開で人気2頭が順当にワンツー。サンビスタは力不足だったね。馬券はタテ目の馬連でどうにかプラス。

中京スポーツ杯は3日経っても吉田隼人のチョンボにイラっとくる。3連複はそこそこ美味しい配当だったが、本当なら馬連も取れたレースだった。



WBCの決勝見ながらブログ書いてるけど、なんつーか今一つ力が入らず完全に惰性。プエルトリコの先発が元横浜(元カープと言った方が良いか)のジオで吹いたが、初回に2点取られてこの回で降板で更に吹いたwwこのままドミニカが優勝しそうな感じだねぇ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

土日の特別・OP回顧、グレープブランデー骨折等

フェブラリーSを快勝したグレープブランデーが右前脚の球節を骨折してる事が判明。全治3ヶ月の軽度で済んだのは不幸中の幸いだが、3歳時に続いて2度目。
1度目の骨折から復調するのに少し時間は掛かったが、立ち直って今年に入って一皮剥けた強さを見せただけに残念。帝王賞に間に合う可能性があるようだが、焦らずに治してもらいたいところ。浜中はついてないなぁ・・・


土曜京都の琵琶湖特別はリベルタスが2年前の若駒S以来の勝利。4ヶ月ぶりの休み明けで28キロ増と太目残りにも思えたが、レースでは離れた4番手で折り合いを付け、直線半ばで抜け出して最後は流す余裕。
完調手前で若駒Sを使った反動が抜け切らないままクラシックを使われ、復帰してからも目を覆いたくなるような体たらくだったが、やっと立ち直った印象。ローエングリンの半弟で元PO馬だけに、この復活は素直に嬉しい。

東京の初音Sはピクシープリンセスが愛知杯に続いて人気を裏切る結果に。デビュー戦以来のマイル戦でも好位に付けられたが、淀みないペースで逃げ先行馬が軒並み潰れる展開で踏ん張り切れず。
エリ女3着で注目を集めたが、前走は典型的な前残りで追い込み切れずで今回は前崩れに巻き込まれ。運がないというか、レース選択が間違ってるというか・・・


日曜東京のヒヤシンスSは外国産馬チャーリーブレイヴが中団から差し切り勝ちを決めてダートで3連勝。勝ちタイム1.36.6はここ10年で2番目に速い。展開が向いたのもあるが、これは今後も注目した方が良いかも。
勝ち馬より更に後ろから最速の上がりで追い込んで来たソロル、ハイペースを先行して粘り通した3、4着馬までの4頭は水準以上のレベルにあると思う。

アメジストSは予想段階でヘッポコ扱いしたブノワのサトノエンペラーが快勝。ブノワはこれが初勝利。桜花賞3着馬ソーマジックの全弟で、勝ち切れないまでも大崩れしないタイプだったが、今回は完勝だった。ヘッポコだったのは俺だったね
ブービー人気アロマカフェは武豊が内々を立ち回ってしぶとく脚を伸ばして2着確保。先週のトーセンラーも見事だったが、ここ最近は冴える時は本当に冴えた騎乗を見せている。

最終レースの金蹄Sは1番人気ドレミファドンのベリーが酷過ぎて全く笑えない。ゲート内でトモを落とした状態でスタートを切られ、他馬が出た後から伸び上がるように出たのは仕方ないにしても、大きく離れた最後方から全く抑えが利かずに持っていかれ、直線で逆噴射かまして殿負け。
元々出遅れ癖がある馬だが、その後の対処が終わってる。今年のベリーはイメージ的に最悪。しかも、来る時はちゃんと来るので余計始末に負えない。

洛陽Sは1番人気サウンドオブハートが直線半ばで抜け出すと2着争いを尻目に完勝。輸送がどうかと思って評価を下げたが、逆に8キロ増と全くの杞憂。好位に付けて4コーナーでは引っ張り切りの手応え。完全に軌道に乗った感。ヴィクトリアマイルでも良い勝負出来そう。
フレールジャックはスタートから暫く行きたがる素振りを見せていたが、予想通りマイル向きの切れはない事を露呈。外回りの1800mで見直したい。ヒットジャポットは予想外に大きく崩れてしまった。ちょっと分からない。

日曜東京の新馬戦でPO馬のコメットシーカーが圧倒的人気に応えて快勝。スローペースからの上がり勝負でまだ何とも言えない部分はあるが、ダービーに間に合うかもしれない素質はありそう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

土日の特別・OP回顧(引退騎手のラストライド、ランリョウオーまた2着)

20日付で引退する6人の騎手の引退レースが土日の3場で行われ、その中で野元がキセキノハナで見事に引退の花道を飾った。二匹目のドジョウを狙って芹沢、ナヴェ、コバシン軸の馬券を買ってみたが、そうそう上手く行くものではなく見事に玉砕。芹沢はリーゼントブルースで2着に粘ったが、相手に選んだ藤田が不発・・・
以前に触れた3人以外について簡単に触れとくと、今村はユウフヨウホウ、鈴来はサチノスイーティー、コバシンはグロリアスノアで重賞勝利を記録している。その内、サチノスイーティーはがっつり取らせてもらったので良く覚えてるwコバシンは乗峯栄一のコラムでしばしば登場してた親父の方が印象深い。6人共、お疲れ様でしたm(__)m

香取特別は人気のキングブレイクが4角先頭から4馬身差の圧勝。気ムラな面があってポカをやらかす事が多かったが、今回は初ブリンカーが効いたのか最後まで集中して走ってた。ユニコーンSで本命にしたし、夏にはイジゲンと好勝負を演じてた素質馬。OP入りも時間の問題か。

猪名川特別は元PO馬クランモンタナが差し切り勝ち。もっさりしたスタートで後方からの競馬になったが、結果的にこれが幸い。1頭になるとソラを使うタイプだけに、馬群を割って追い込んで来た今回は最後まで集中して走ってた。相手なりに走るタイプだが、ゆくゆくはOPまで行ける。
負けた馬で注目したいのはローレルブレットとファントムライト。前者は元々春先は重賞戦線で善戦してた素質馬。直線で内か外か迷って外に持ち出したらどん詰まる不利。スムーズだったら際どい勝負になっていた。後者は内でコースロスなく立ち回っていたが、包まれると良くないのか直線は伸びそうで伸びなかった。馬っぷりの良さにPOGでリストアップしてたのを思い出した。一発大ヒットを出すオペラハウス産駒で今後の成長に期待。

ディセンバーSは菊花賞4着馬ベールドインパクトが逃げ込みを図ったブリッツェンとマルカボルトとの追い比べを制して差し切り勝ち。小回りより外回りの方が良いタイプだが、地力の高さで捕らえ切った。距離はもう少しあった方が良い。
復帰3戦目で期待されたサンライズプリンスは8着。後方組には厳しい展開だったし、10キロ増も堪えたか。ただ、坂を上ってからは勢い良く伸びて来た。京都か東京開催で狙ってみても良いかもしれない。
ベストディールは全く見せ場のない11着。明らかな太め残りであったが、厳しい展開を地力勝負で押し切った京成杯に遠く及ばない状態。まだ分からないが、順調さを欠いて駄目になった感。

リゲルSは大逃げを打ったオースミスパークがあわやの場面を演出したが、ゴール前で2番人気ハナズゴールが捕らえて差し切った。直線半ばでマウントシャスタに寄られたが、怯むことなく逆にこれを競り落とした。1200m戦でも良い切れ味を見せたが、溜めが利くと相当に切れる。慣れてくればスプリント路線で面白いかと思ってたが、本質的にはマイルの方が良いかも。
2着マウントシャスタは直線でドリームカトラスに寄られて外に膨れ、立て直したら内に切れ込み過ぎてヒヤッとする場面も。前科持ちだし、こうした行儀の悪さは矯正せんと・・・あと、マイル戦ではもう一つ切れ味に欠ける。2000m前後での走りを見たい。

仲秋Sは2番人気のワールドエンドが大外からロケットスタートを決めて先手を奪って逃げ切り勝ち。ハイペースで引っ張ったので最後は止まりかけたが、追い掛けた後続も苦しくなってた。逃げ馬らしい脆さもあるが、行き切ってしまえばしぶとい。勝ちタイムも優秀でOPクラスでも通用しそう。
1番人気キョウワダッフィーは芝の部分でモタついたが、最内から良い脚を使って追い込んだ。馬体減でどうかという感じだったが、昇級戦でも力を見せた。その内にチャンスは回ってきそう。

元町Sはランリョウオーがまたしても伝統芸炸裂で2着惜敗。豊が乗ってた昨年は好位差しの競馬も出来たが、最近はズブくなって来てるので後方一気の競馬に逆戻り。名前と個性的なスタイルから好きになって応援してるが・・・どうも、昨年夏の新潟日報賞で取りこぼしたのがターニングポイントになった気がする。OP入りして重賞でも良い勝負出来た筈が旬を逃してしまった感。何となくスピリタスとイメージが被る。
勝ったムクドクは人気薄で5着に健闘した時の末脚が印象に残っていたので▲を打ったが、まさかランリョウオーとの差し比べに勝つとは思わなかった。馬券は取ったが、心情的には複雑なレースだった。

ベテルギウスSは昨年の宝塚記念以来のハートビートソングが快勝。常識的には厳しいと思ってハナから軽視してたが、プラス22キロもなんのそのな危なげない勝ちっぷり。芝でも目黒記念2着、青葉賞3着の実績がある両刀使いだが、順調に使えれば芝ダートどちらでもチャンスがありそう。
人気所は総崩れ。タガノロックオンは勝負所で包まれて追い出すタイミングが遅れてしまったのが全て。ボレアスやフリートストリートはまだ良化途上といった感じ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

土日のOP・特別回顧(佐藤哲三重傷、京都2歳S等)

まずは佐藤哲三の落馬負傷を取り上げたい。
土曜京都10Rの高尾特別、直線に向いたところで6番手にいた哲三騎乗のトーシンイーグルはマキハタテノールとアドマイヤカーリンの間を突こうとしたが、内のマキハタが外に膨れてそのスペースを潰してしまう。ここで哲三は内に進路を変えようとしたが(スペースが潰された直後、トーシンの首が右に向いている点からの推測)それより早く外のアドマイヤが接触。
これでバランスを崩し、左の鐙が外れた状態で制御不能になった哲三はそのまま落馬して内ラチに激突。どの部分を骨折したかについては省略するが、頭部に異常がなかったのが不思議なくらいの重傷を負った。
これで、騎乗予定だったJCダートのエスポワールシチーは武豊、金鯱賞のアーネストリーは吉田隼人に変更となり、クラシックの有力候補のキズナは復帰するまで武豊とコンビを組むことが決まった。

詳しい診断結果が出るまでは「ダービーまでに間に合ってほしい」と思っていたが、完全に治るまでどれ位かかるか判らない重傷・・・非常に心配だし、残念な思いで一杯である。哲三は何をやって来るか分からない怖さを持った勝負師であり、アーネストリーの宝塚記念でデットーリへのライバル意識むき出しのコメントを出す等、優等生気質が多くなった騎手の中で異彩を放つ貴重な男だ。またケレン味たっぷりな騎乗を見せる日がやって来る事を祈りたい。


京都2歳Sはシーザリオが産んだ大物候補エピファネイアが出走。スローペースで前半からかなり行きたがる素振りを見せていたが、向こう正面でなんとか折り合いを付け、直線は最内から抜け出して最後は流してのゴール。
勝ちタイムは時計の掛かる馬場にスローペースも手伝って平凡だが、上がりは荒れた最内から抜け出しながらメンバー中で唯一33秒台をマーク。馬込みで我慢させる競馬も教えたし、まずは及第点の内容と言えよう。次は一線級との力関係だろう。


ベゴニア賞はローエングリン産駒ロゴタイプがレコード勝ち。プラス18キロだったが、それ程太くは見せず。二の脚が速く、労せずして2番手集団の一角に取り付き、直線は最内からスルスルと抜け出して先頭へ。外からマンボネフューが追い縋ったが最後まで差を詰めさせなかった。
最内から一貫して経済コースを立ち回れた恩恵はあったが、先々が楽しみになる勝ち方。全日本2歳優駿に向かう公算もあるが、出来る事なら同じローエン産駒のゴッドフリートとの2頭出しで朝日杯に向かってほしい。コディーノとの再戦になりそうだが、立ち回りの巧さを活かせれば良い勝負が出来る筈。


キャピタルSは最低人気のヤマニンウイスカーがまさかの逃げ切り勝ち。WIN5で久々にキャリーオーバーが出る元凶となった。確かに前に行った馬が残りやすい高速馬場だったとはいえ、あの逃げ切りは読めないわ。それは兎も角、クラレントはトーセンレーヴやシルクアーネストに先着を許しては駄目だろう。ちょっと底が見えてしまった感じ。


白菊賞はディアマイベイビーがファンタジーS9着から巻き返して逃げ切り勝ち。とはいえ、行きたくはなかったけど仕方なしに逃げてしまったという勝ち方は、ファンタジーSも折り合いを欠いて自滅してる以上、勝つには勝ったが今後に不安を残す内容だった。
PO馬のバリローチェは伸びそうで伸びないまま6着。非力なタイプで荒れた内を通ったのも影響したか。現時点では軽い馬場向きだし、まだまだ力不足。デビュー戦の勝ちっぷりから、もう少しやれると思っていたんだが・・・

馬券がズブズブだった他のレースの回顧はパスw

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

土日のOP・特別回顧

いちょうSは典型的なスロー前残りとなったが、人気馬同士のワンツー。
勝ったフラムドグロワールは前走出遅れたスタートを上手く出て大名マーク。坂下で追い出しに入り、逃げ馬を交わしてそのまま押し切った。上がり勝負で着差は付かなかったが、レースセンスはなかなか高い。
2着サトノノブレスは勝負所から包まれ通しで、直線も勝ち馬に進路を潰されて追い出すタイミングが遅れた。キャリアの差が明暗を分けたが、こちらも能力は高そう。出来れば、メジロ名義で走るところを見たかった・・・

神無月Sは残り1Fまで本線が先頭2番手で夢見たが、そこから後続に殺到された。エーシンビートロンは最後に力尽きたが、持ち前のスピードは見せた。ここを叩かれて粘りが増しそう。トーホウプリンセスはエーシンを追い掛けて先に潰れた。距離短縮で見直したい。

古都Sは休み明けのハンデ頭アドマイヤラクティが最後は内にモタれながらも、内からロスなく立ち回ったヴィクトリースターをゴール前で捕らえた。久々の分ズブさを見せたが、いずれはOPでも通用しそう。2着馬は3連勝こそならなかったが、転厩が功を奏して力を付けたか。やや行きたがるところ見せてただけに、本質的に2000mくらいがベストか。

室町Sは3頭が3着同着という55年振りの珍事。払い戻しの多さに何か1つくらい引っかかってないかと思ったが、勝ち馬のティアップワイルドを持ってないのでハズレorz勝ち馬はハンデ頭と前走の惨敗を嫌って切ったが、OP特別だと崩れない。


日曜日は世代混合戦の特別レース9レース中6レースで3歳馬が勝利。本当、今年の3歳馬の無双ぶりは異常。
南部特別はローエングリンの半弟エキストラエンドが勝利。抜け出してソラを使ったせいで詰め寄られたが順当勝ちだろう。全兄リベルタスはクラシック戦線で壊されたが、大切に育てて欲しい。何となくレゴラス臭がするけどw

甲斐路Sはハイアーゲームの半弟ダイワマッジョーレが勝利。ダイワメジャー産駒らしく、中距離戦で持続性の高い末脚を使う。丸田は若手の中では腕を買ってる騎手の一人なので、人馬共に何処まで成長していってほしい。このレースでは4着まで3歳馬で占められた。

ブラジルCはレパードS2着馬ナムラビクターが直線で抜け出して5馬身差の圧勝。前走は畑違いの神戸新聞杯を使って惨敗したが、後遺症は全くなかったようだ。ロートルもいたが、決して弱い相手ばかりではなかった。混合戦の重賞レベルでも即通用していい器。

北野特別はカポーティスターとカナロアの3歳馬同士による激しいマッチレース。共に重賞では歯が立たなかったが、自己条件で変わり身を見せた。勝ち馬は母父の影響か、強い相手だと淡白になるが弱い相手には怯まない。

桂川Sはロケットスターを決めたアイラヴリリーがスローに落としてそのまま逃げ切り。父ストラヴィンスキーはこれがJRA通産100勝目。外国供用時代の代表産駒に重賞4勝のコンゴウリキシオーがいたが、基本的には一本調子でも押し切る短距離馬製造種牡馬。

轟Sはエバーローズが直千コースで3連勝。他のコースでこれ位のパフォーマンスが出来るか未知数だけに、現状では直千のスペシャリストとして定着しそう。現時点ではウインクリューガー産駒で中央唯一の勝利馬。

日曜京都の新馬戦でシーザリオの3番仔エピファネイアが他馬より1秒速い33.5の上がりをマークして差し切り勝ち。上2頭は虚弱過ぎて満足に走れず(姉のヴァイオラは蹄葉炎で既に死亡)この馬も中間に一頓挫あったが、外に持ち出してからの切れ味は凄まじかった。まだ分からない部分はあるが、体質の弱さをクリア出来れば相当に走って来そう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
89位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR