園田の木村健引退。芹沢純一、騎手・調教師ダブル受験。そして、例の漢()も・・・

2014年を最後に中央に遠征する事がなくなって名前を目にする機会がめっきり少なくなってしまったが、キムタケこと木村健の引退はまだまだやれる年齢だっただけに、些かショックだったが・・・椎間板ヘルニアを患っていたのか。もう限界だったのだろうね。

木村健の名を最初に知ったのはゴールデンチケットの毎日杯だった。船橋で初勝利を挙げての出走で人気は全くなかったが、番手でしぶとく粘っての2着。ゴールデンチケットの後々のキャリアを思えば、前有利のペースでも良く2着に残したと思う。
最大のハイライトはショウリュウムーンのチューリップ賞だろう。この時は人気薄のエイシンリターンズ軸で人気のアパパネと共に先頭に立とうかという場面で横からぶち抜いてくれて悶絶させてくれたものだが、「園田にキムタケあり」を強烈に印象付けてくれた。
オルフェーヴルが三冠達成した時は「馬券的には面白くないが、相手はウインバリアシオンとトーセンラーしかおらん」とガチガチの馬連と3連複に諭吉を突っ込んでたので人気薄のハーバーコマンドで粘られた時は「アンカツ、蛯名、何やってんだ早く差せ!!」とオルフェーヴルそっちのけで肝を潰し掛けたのは今となっては良い思い出w

今後は調教師として、また中央に参戦してほしい。お疲れ様でしたm(__)m


数年前に外国人騎手でも通年免許を取得しやすくなるように騎手免許試験が改定され、それと同時に一度引退した騎手の復帰条件も緩和された。背景には、その数年前に調教助手に転身する際の金銭面の待遇が悪い方に変更され、駆け込みで引退する騎手が続出。弊害として不足しがちになったローカル開催や障害で騎乗する騎手を確保する目的があった。
当初は「果たして復帰する奴いるんだろうか?」と思ってたが、調教助手に転身してた柴田未崎が復帰を果たした。とはいえ、個人的には騎乗馬に恵まれず引退した20代後半~30代前半の騎手をターゲットにしてると思うので当時30代半ばの柴田未崎は年齢的にギリと思ってたが・・・

何と、武豊や蛯名と同世代の芹沢純一が騎手免許試験の受験を表明。更に調教師試験も同時に受験するというのだから二度ビックリ。過去に定年直前の調教師が騎手免許試験を受験した事があったが、そこまで高齢ではないにしても芹沢ももうすぐ50歳。復帰した柴田未崎も騎乗馬には恵まれてないし(元々乗れる騎手ではないけど)、仮に合格して復帰しても騎乗馬が集まるのだろうか?と余計な心配もしたり。
両方合格したら調教師に転身するそうだが、個人的には芹沢のローカルでの先行粘り込みは非常に重宝してたのであの職人芸をもう一度見たい気がしないでもない。二兎を追う者は~みたいなオチにだけはならないでくれよ・・・騎手時代の芹沢のキャラならその可能性もあるがw


個人的には既にどうでもいい構ってちゃんという認識で大して興味がないのだが、藤田伸二の道営の騎手免許試験についても合わせて触れておく事にする。
受験理由が「お世話になったオーナーの馬で乗れたら」とか「恩を返すために復帰する。ホッカイドウ競馬が盛り上がればそれで良い」とか「現場にいる関係者の邪魔にならないようにしたい」とか藤田シンパが喜びそうな建前を述べているが・・・相変わらずの上から目線な物言いに感じる。
最晩年の頃からだが、藤田を見てるとやれ組合員の権利ガーとか上司批判だけは一丁前で自分は社内ルールもロクに守れてない、仕事を舐めてるとしか言い様がないゆとり世代の職場の後輩と丸被り。人の振り見て何とやらである。

恩を返すとかお世話になったオーナーの為とか言ってるけど、栗東の主だった調教師と蜜月→疎遠、絶縁(→復縁)を繰り返した人間が口にして良いセリフではないな。その恩返ししたい人達とこじれて顔に泥を塗るようなJRA時代と同じ失敗だけはしないでほしいわ。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

凱旋門賞への道険し。サトノダイヤモンドはフォワ賞で4着に沈む

20年前、当時の日本最強馬と目されたサクラローレルが凱旋門賞出走への前哨戦としてフォワ賞に出走した。当時は海外競馬に関する知識も殆どなく、マヤノトップガン・マーベラスサンデーと鎬を削ったローレルが海外でどのようなパフォーマンスを見せてくれるか純粋に期待したものだが・・・
結果はまさかの殿負け。しかも、レース中に故障発症して引退に追い込まれるという最悪のシナリオにアンチ・ローレルだった俺も言い様のない複雑な感情を抱かざるを得なかった。

それから20年。最悪のシナリオにこそならなかったが、キタサンブラックに代わる日本競馬の大将格としてフォワ賞に出走したサトノダイヤモンドだが、直線の叩き合いで外国勢に次々と交わされて4着。凱旋門賞への期待は著しく萎んでしまったと言わざるを得ない。
ペースメーカー役のサトノノブレスが思ったよりも行き脚が鈍くて自ら逃げてしまうんじゃないかと思ったが、途中から当初の予定通りに先頭に立ったノブレスの2番手。折り合いも問題なく淡々と流れ、直線入り口でノブレスの外へ持ち出したまでは予定通りの展開だったと思うが・・・
直線で満を持して追い出されても持ち味の持続力のある末脚は最後まで鳴りを潜めたまま。伏兵扱いだったドイツのチンギスシークレット、ガネー賞を含めて重賞3連勝中だったクロスオブスターズ、クロスオブスターズと同厩のタリスマニックに交わされての4着。サトノノブレスは最下位の6着に終わった。

敗因を挙げるなら2400m戦で勝ちタイムが2分35秒台という重馬場だろう。デビュー戦は重馬場で勝ってるとはいえ、それはあくまで日本の馬場。折り合ってはいたが、下を気にする仕草も見受けられたし、相当走りづらそうだった。
結果、2400mを走り切って勝ち切るだけのスタミナを消耗。菊花賞の予想でも触れてるが、サトノダイヤモンドは母系がオーペン、ルアー、ダンジグとスピードに優れた血統は集まっても、スタミナを補完してる明確な血統はなく、本質的にはステイヤーとは言えない。菊花賞はスピードの持続力勝負となった事で押し切れたが、究極の消耗戦になった天皇賞は阪神大賞典で完勝したシュヴァルグランにも先着を許してる。
パンパンの良馬場であればまだ巻き返せる余地はあると思うが、馬場適性とスタミナ面の不安を露呈した以上、サトノダイヤモンドが凱旋門賞で好走する可能性は低いと言わざるを得ない。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

日本馬の韓国遠征。カップ、スプリント共に勝利!

昨年も日本馬の韓国遠征に付いて触れ、「これで1着賞金5000万もらえるのだから、来年以降も定着するだろう」と予測して締めたが、今年も日本馬が遠征してその通りの展開となった。
そして、結果の方は2年連続ワンツーとなったコリアカップだけでなく、スプリントでも日本馬が勝利して遠征馬3頭全て連対と昨年以上の好結果。今後、スプリントは兎も角、アメリカが本腰入れて遠征馬を送り込んで来ない限り、カップは日本馬が向こう10年は無双するんじゃないかと思う(10年後に朝鮮情勢がどうなってるか予想不能だが)

先ずはコリアスプリント。昨年は3着だったとはいえ、グレープブランデーという一応の看板馬が出走したのでそれ相応に注目はしてたが、今年の遠征馬は好調時の勢いがすっかりなくなってた7歳馬グレイスフルリープ。交流重賞を勝ってた昨年なら兎も角、今年は黒潮賞の3着が最高の7歳馬。正直、ミリオンヴォルツ(5着)くらい走れば上出来と思ってたが・・・
3コーナーで番手に上がり、直線半ばで逃げ馬を交わして先頭。後続の追い込みも余裕を持って抑えての快勝。武豊は韓国初騎乗初勝利とまた一つ海外実績を上乗せしたわけだ。
2着は昨年はコリアカップに出走して4着だった昨年の韓国三冠馬パワーブレイド。春はドバイ遠征してGⅡGⅢで3、3、5着と健闘。実績から距離不足に思えたが(人気もそれ程なかった)、地力で追い上げて来た感じ。1番人気だった香港のラッキーイヤーはダートが合わなかった感じで全くの見せ場なく惨敗。

そして、昨年の勝ち馬クリソライトとロンドンタウンが出走したコリアカップ。昨年は日本と韓国のレベルの違いをまざまざと見せ付けた衝撃のワンツーだったが、今年は昨年の勝ちタイムを1秒6更新してレコード勝ちと更に衝撃度が増す日本馬のワンツー。
昨年は途中までは外国馬が引っ張ったが、今年は終始日本馬が先頭2番手の行った行った。好位差しのロンドンタウンがハナを切れて、追っ付けて行ったとはいえクリソライトが番手に付けられる時点で速力の違いが判るというもの。3コーナー辺りで後続が千切れ始めて一騎打ちの様相になったが、ロンドンタウンがジリジリと引き離して最後は4馬身差の圧勝。
クリソライトも最後は根負けした感じだが、後続を17馬身引き離しての2着。そりゃ、実況もあまりのレベルの違いに笑うしかないわな。昨年も感じたが、ここまでレベルが違うと一周通り越して可哀想に思えて来る。

香港馬でも砂質が合わないとまるでダメみたいだし、今年はパパショット(千切られた3着馬)という遠征馬がいたとはいえ、アメリカからの遠征馬も二流クラスですら来る可能性は低そう。冒頭でも書いた通り、当面は日本馬の独壇場だろう。韓国側が日本馬の遠征禁止でも宣告しない限りw

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

2017WASJはカナダのダシルヴァが大逆転優勝

3戦を終え、第4戦の騎乗馬を見た感じ戸崎が逃げ切り濃厚でルメール、田辺、モレイラ辺りに逆転の可能性が残されてると思ってたら、第4戦で挙げた4人は悉く馬群に沈んでしまい、3戦終了時点で9位だったダシルヴァが勝って27点差をひっくり返しての大逆転優勝を決めた。

第2戦で人気薄のショウナンマルシェ(完全に外れBランク)を3着に持って来たのが功を奏したわけだが、JRA初勝利のインタビューであんなにはしゃいでる奴は初めて見た。第4戦の波乱でカオスな幕切れになった事にポカンとしてたが、何となくほっこりした気分になったw伊達にブッ千切りで昨年のカナダリーディングを獲っただけの事はある。

土曜時点では逃げ切る公算が高いかに見えた戸崎は日曜に失速して2位タイ。ロックキャンディは兎も角、エニグマバリエートで二桁着順とか、何かのギャグとしか思えない。第4戦は仲良く撃沈したとはいえ、まだこの馬質で良く2位に来れたと思える福永の方がマシな印象。

土曜は滑った感じがあったモレイラは第3戦を勝って面目躍如のトップ5入り。久々にマトモな当たり馬券を取らせてくれたし、何だかんだで土日21戦4勝2着2回3着3回と”マジックマン”は今年も健在で何より。このシリーズが札幌で行われる限り、欠かせない存在になるだろう(興行的にも)。

土曜は僅か2点と完全に沈黙してた武豊が日曜は連続2着で怒涛の猛チャージで5位。1番人気のディープオーパスは兎も角、ブービー人気のギブアンドテイクをハナ差の2着に持って来るとか色んな意味で唖然としたわ。勝ってれば此方が逆転優勝だったが、実に惜しかった。

一番注目してた中野省吾は7位。第4戦のマイネルユニブランは陣営から「コース形態的にハナを切れるかどうか」と泣きが入ってたが、ハナを切らせて5着と見せ場は作った。初出場でマズマズ健闘した部類の成績だったと思うが・・・
競馬ラボのインタビューで相当な大口を叩いて土日未勝利。自爆の落馬で過怠金10万に放馬(2着に持って来たが)、芝のレースではほぼ全レースでコーナリングで膨れ気味等、どちらかと言えば悪い意味で目立ってしまってた。SJT準パーフェクトの成績に加えて地元出身だったから期待してたが、如何にも中央のレースに慣れてないか丸判りの騎乗。もう少し経験を積む必要アリだろう。

第4戦はキーンランドCで大仕事をやって息切れした感じだったが、ソコソコに纏めたルメールとは対照的に昨年優勝したデムーロは3着に持って来た第3戦以外は全て二桁着順の低空飛行で13位。まぁ4戦全て見せ場なかったクウィリーに比べればマシか。第2戦のサトノスティングなんか、クウィリーで切れた。本当、こんなの乗っけて良くフランケルは無敗のまま引退出来たなとつくづく。

アメリカから選出なし、ヨーロッパのネームヴァリュー不足とやや物足りなさはあったが、4戦全てなかなか見応えあるレースで面白かったと思う。A~Dランク編成の曖昧さ(オウケンブラックがAとか目を疑った)とか、意味があるとは思えないチーム対抗戦とか改善すべき点はあるが、JRAの数少ないマトモな企画だけに今後も続けてほしいものだ。

テーマ : 競馬【話題・ニュース・情報】
ジャンル : ギャンブル

2017WASJについて

2015年から今の名称と略称に替わったが、未だにWSJSと書きそうになる俺がいる。

過去2年は書く暇がなくてスルーしてたWASJだが、今年は久々に取り上げてみようかと思う。漫画の在庫整理等の色々やるべき事もあらかた片付いたし、世界陸上も高校野球も終わって(広陵はまたしても準優勝とか、夏は本当にあと一歩届かないな)土日は久々に競馬を集中的に見れるので。
あと、久々に予想もしてみようかと・・・七夕賞以降はまたしても連敗街道が続き、8月の予想は逆パーという全く笑えない状況。ブログには書いてないけど、重賞以外にもちょいちょい手を出してるが、それも当たってない。傷口を更に広げる確率が高そうだが、下手な鉄砲数打ちゃ当たるの発想で取りあえず1回当てて逆パーを回避したいというのが正味な話。

騎乗馬をパッと見た感じだが、夏の風物詩になりつつあるモレイラはかなり恵まれた感が強い。戸崎、デムーロ、ルメールもなかなか。逆に悲惨なのが田辺か。先月の落馬負傷からギリギリ間に合ったので期待してたが、ちょっとこの騎乗馬ではキツいかも。

一番注目してるのは南関の若手のホープ中野省吾。SJTで3勝2着1回とほぼパーフェクトな成績で出場権を獲得したわけだが・・・この中野省吾、同郷の富山出身とか。先週のクローバー賞でJRA初勝利を挙げた道営の石川倭も富山出身らしい。
南関では船橋所属してる中野だが、出身は北陸3県唯一の村にして、ガソリンスタンドが一店もない、日本一小さい村の舟橋村。舟橋出身で所属先が船橋とか、良く出来た冗談みたいな本当の話である。
全日本新人王争覇戦で総合優勝する等、乗れる若手と評価は高かったようだが、昨年から一気に勝ち星を伸ばして南関のリーディング上位に食い込んで来た。果たして、今大会でどこまで存在感を出せるか期待したい。

外国人騎手だとモレイラを除けばマカヴォイくらいかな。クウィリーとか、短期免許で来た時のヘッポコぶりには「この程度でフランケルの主戦かよ。郷原がディープインパクトに乗ってたようなもんだな」とガッカリしたわ。
あと、芝2600mの代わりにダート1700mを入れるとかセンスなさすぎ。それだったら芝1800mか2000mのどちらかを無くせよと。

テーマ : 競馬なんでも
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR