函館2歳S回顧

カシアスの勝利で3年連続2歳重賞馬を輩出したキンシャサノキセキ。他のフジキセキの後継種牡馬はカネヒキリは早世、ダノンシャンティは社台から放出と楽観視出来ない中、早熟のスプリンター製造種牡馬として着実に自らのキャラクター性を確立してると言える。

父の馬名から連想して付けられたと思われるカシアス(改宗前のモハメド・アリの本名)。好スタートを切ったが、無理せずに控えて中団前目。壁を作れなかったが、スムーズに折り合って4コーナーから進出を開始。2着馬が予想外に逃げ粘ったが、ゴール寸前で差し切った。
控えて差す競馬も問題なかったし、スタートが速くて取りたい位置を取れるセンスもなかなか。ただ、勝ちタイムは水準級で距離が延びてどうこうというタイプでもない。アクティブミノルやクリスマス級ではないかと思う。

2着ウインジェルベーラは二の脚の速さでハナを切ろうと思えば切れた感じだが、ハナには拘らずに内のパッセを先に行かせての番手。4コーナーで早々と先頭に立ち、直線はラチ沿いに張り付いて逃げ込みを図ったが、ゴール寸前で交わされた。
直線で鞭が入る度にしっぽを振る等、若さは見せたものの、楽に先行出来てたので粘る事が出来た。中距離まではこなせる血統なので距離の融通性は勝ち馬よりもあると思う。

3着アリアはスタート一息だったが、ジワッと挽回して中団馬群の中から。3コーナーでは軽く追っ付け気味だったが、4コーナーでスムーズに外へ持ち出し、直線は大外から脚を伸ばして来た。少しモタつくところを見せたが、追って味がある感じで距離もマイルまでならこなせそう。成長力があれば1、2着馬より上に行けそうな気がする。

デルマキセキは並のスタートだったが、行き脚を付けて道中は4番手のイン。折り合いを付けて直線入り口で外へ持ち出し、直線は勝ち馬との追い比べで伸び負けはしたが、この馬なりに脚を伸ばした。早世したスキャットダディ産駒の外国産馬で暫くはスプリント路線のOPクラスで走れそうだが。

パッセは二の脚が付いた事もあって内から2着馬を交わしてハナへ。3コーナーまでは楽な形で逃げられたが、4コーナーで勝ち馬に交わされるとバテない伸びないという感じの流れ込み。スピード力はまあまああるパイロ産駒なのでダートを走らせても面白いかもしれない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

中京記念回顧

夏に調子を上げて来る馬をチョイスして予想を組み立てたのは良いが、肝心の軸馬の選択をミスってタテ目。しかも、「大外一気では間に合わない」と上位人気馬で唯一切ったブラックムーンがイン突きで馬券に絡むという、恥の上塗り予想になってしまった。

3連勝で重賞初勝利を決めたウインガニオン。自身の出足が鈍かったのとトウショウピストの出脚が速かった事で番手からの競馬となったが、トウショウピストが離して逃げたので実質逃げてる形。一貫して内ラチ沿いを通り、4コーナーで先頭。直線も脚色を衰えないまま後続を突き放し、余裕のリードを保ったまま完封。
夏場と左回りのマイル戦という、この馬にとってこれ以上ない条件が揃ったのもあるが、最内が残る馬場を見越して終始ラチ沿いを通らせた津村の作戦勝ち。津村は今年はキャリアハイペースで勝ってるが、腕の割に表舞台では目立ってない。個人的には関東では田辺の次くらいに評価してるのでそろそろ化けてくれないものか。

2着グランシルクは出たなりのスタートから無理せず中団。荒れた馬場を嫌ってやや外目に出して折り合いを付け、4コーナーからゴーサイン。直線で外目に出して良く伸びたが、セーフティリードを取ってた勝ち馬には追い付けず。
内すぎず外すぎずで馬場の良いところを通らせ、直線も空いたスペースを突いて馬場の良い外目を走らすという、ある意味でセオリー通りの騎乗。これが例年の外差し馬場だったら差し切っていただろうが、今年は最内でも残れる馬場だったのが不運。

3着ブラックムーンはスタートから行き脚が付かずに道中は最後方。向こう正面では外目を通らせていたが、3コーナー手前で内へ。コーナリングで距離を稼いで集団に取り付き、直線も最内から脚を伸ばしたが、前走時の切れは見られず。
馬込みに入れないタイプだったが、集団から離れた最後方から内に潜り込み、直線で各馬が外へ出せば前を捌く必要がなくなる。この辺りの立ち回りはデムーロらしい勝負勘だが、緩い馬場に切れ味が殺されてしまった。

アスカビレンは出たなりのスタートからスンナリと好位集団の一角。道中は折り合い重視で馬群の中で脚を溜め、4コーナーから仕掛けて馬場の良い外目へ。直線もそれなりに伸びたが、上位馬には切れ負け。
2走前にマイル戦で勝ってはいたが、本質的には中距離向きで重賞のマイル戦で勝ち切れるだけの切れはない。それでも牡馬相手に通用したように、夏場は合う。小倉記念で改めて期待。

本命ダノンリバティはスタートはそれなりに出たので好位、若しくは中団で運べれると思ってたが、そこからの行き脚が鈍くて道中は後方5番手。直線は大外から脚を伸ばして来たが、勢いが付いた時点で体勢は決してしまってた。
折り合いは付いてたが、ただでさえ切れ味はないタイプなのに去年よりも更に後ろの位置取りとなってしまっては脚を余すのは当然。新潟だと好位を取れるが、中京ではどうも位置を取れない。関屋記念で改めて。

ワンアンドオンリーはスタートから行き脚が付かずに後方2番手から。道中は3着馬と同じような位置取りとなったが、最内を突いて伸びたのとは対照的に外へ持ち出しても特に目立つ伸び脚ではなかった。これで神戸新聞杯以降20連敗。マイル戦はノリの進言で使ったようだが、劇的な変わり身は感じなかった。

グァンチャーレは集団の外目を回らされたし、序盤は行きたがってた。これでは直線ではバテた馬を交わす程度。ケントオーは太目残りを心配してたが、逆に馬体減りが堪えた感じ。ピークトラムはあの調教でブービー負けとは【そういう事】なのだろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

函館記念回顧

レース直前に上がったとはいえ、朝から雨が降り続いて重馬場にまで悪化。稍重だった昨年は2着に好走してたケイティープライドにとって更に好都合な条件となったが、最後の一伸びが足りずに2着争いで僅かに後れを取って5着まで。

好スタートを切るとすぐに内ラチ沿いに入れて道中は好位のインから。折り合いを付けて内で脚を溜めるという、この馬としては理想的な立ち回りで4コーナーで外へ。直線半ばで2着馬と共に上がって来た時は夢を見たが、最後の詰めで甘くなった。
「もうひと押しあれば」という思いはあるが、子鮫2号の乗り方は「こう乗ってくれたら」という願望に近い立ち回りで見せ場十分の競馬。今後も中距離のハンデ戦で内枠を引ければ穴で一考。

2枠にいたもう1頭のナリタハリケーンはスタート一息もあって道中は後方4、5番手のイン。ロスなく立ち回れていたが、馬群が密集したのもあって4コーナーまで動けず。最後は良い脚を使って伸びては来たが、2着争いには加われずの7着。軽い馬場ではキツい気もするが、展開が噛み合えばOP特別くらいならまた穴をあけるかも。

得意の休み明けに加えて馬場悪化も味方に付けたルミナスウォリアー。出脚一息だったが、意識的に促して中団外目とこの馬としては比較的前目。4コーナーで捲り気味に進出し、直線入り口で先頭。そのまま最後まで脚色は衰えなかった。
どちらかといえば広いコースに実績があって小回りでどうかと思ってたが、それを意識した柴山の積極的な仕掛けが功を奏した。道悪巧者の血統の後押しもあったか、予想以上の道悪巧者だった。

2着タマモベストプレイはスタートから出して行ってハナを主張した3着馬と共に前に行き、道中は3、4番手のイン。4コーナーでズブさを出したが、直線はスムーズに馬群の外へ出し、ゴール前でグイと抜け出して2着争いに競り勝った。
外枠でスンナリ先行するのは難しいと思ってたが、予想以上に二の脚が付いてヤマカツと共に前へ行けた事でズブさを出しても盛り返す事が出来た。丹頂Sに4年連続で出走するなら買いだろう。

3着ヤマカツライデンは2着馬に付いて来られはしたが、スタンド前で振り切って注文通りハナへ。後続を引き離さず溜め逃げの形となったが、中盤に一息入れたとはいえ平均ペース。直線もしぶとい二枚腰でゴール前でアングライフェンを差し返した。
中央の重賞ではペースメーカーに過ぎなかったが、ハナに立った後は自分のペースに持ち込めたし、実績のある渋った洋芝という条件も味方。とはいえ、一旦は抜かれたアングライフェンを差し返したのは立派。

アングライフェンは好位集団の中に取り付けたが、前へ行くの出した事で1~2コーナーでは少し力んだ状態での追走。それでも4コーナーで上手く外へ出せたが、すぐさま勝ち馬が捲って来たのもあって早目のスパートを余儀なくされた。結果、残り100mを切ったところで苦しくなり、ゴール前で2、3着馬に交わされてしまった。

1番人気サトノアレスは出たなりのスタートから道中は中団のインを追走。ただ、馬場にノメったか、勝負所でもスッと反応出来ず。直線入り口で外へ持ち出してそれなりに脚を伸ばしたが、勝負に絡めないままの6着。最内が仇になった感じだし、渋った馬場も合わなかった。

マイネルミラノはスタートから追っ付けて前へ行こうとしたが、58キロを背負ってたのもあってか思うような勢いが付かないまま3、4番手。それでも4コーナーで先頭に並び掛けはしたが、直線に向いたところで早々と脱落。この馬にとって58キロは微妙に重いようだ。

ステイインシアトルは最初からハナには拘ってない感じで好位集団の外目からとなったが、渋った洋芝が合わなかった感じで
4コーナーを待たずして失速。ステゴ産駒は基本的に渋った馬場はこなすのだが、この馬はフェノーメノと同じタイプでノメる馬場は不得手。あと、やはりハナを切ってマイペースに持ち込む方が良い。

今日は3場メインで玉砕。函館記念はまだ見せ場があったが、名鉄杯はトラキチシャチョウがメイショウトウコンと同じく左回り下手を露呈。穴で狙ったスリータイタンが3着だったら立ち直れないところだった。バーデンバーデンCはジャストドゥイングのあまりの行きっぷりの悪さに序盤で「こりゃ駄目だ」と諦めた(殿負けとか酷い予想だ)。今年の夏も暑くなりそうだが、俺の懐具合は極めて寒くなりつつある(´;ω;`)

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロキオンS回顧

先行前残りの傾向から先行馬をチョイスして単複を買ってみたが、終わってみればワンターンのコース形態に強い差し馬のワンツー。しかし、4コーナーまで内に張り付いてたキングズガードとカフジテイクの明暗を分けたのは直線でのコース取りの差だった。

6度目の重賞挑戦で初勝利を決めたキングズガード。出脚一息もあって道中は内へ入れる事を重視しての後方待機。人気の2着馬を見ながら4コーナーまで内ラチ沿いに張り付き、直線で前が空きそうにない内から外へ。最後はやや強引だったが、前が空くと目の覚めるような切れ味で突き抜けた。
モタれ癖が出る左回りでは詰めが甘くて今回も軽視したわけだが、ハミを替えたり調教を工夫する等して克服。現状では1400m専用機で距離延長が課題となるが、今後に向けて大きな勝利だった。

2着カフジテイクは芝の部分でダッシュが付かず、これも後方から。向こう正面でイーデンホールに外から行かれたのもあって3コーナーから内へ。最小限のコーナリングでロスなく回り、直線入り口ですぐに外を選択。しかし、3着馬をやり過ごすロスが生じた分、先にエンジンが掛かった勝ち馬に追い負けた。
集団の外へ回さず、馬込みで我慢させる競馬が出来た点では一定の収穫があったと言える。尤も、この形だと馬群を捌く器用さがないので今回みたいなロスが生じる事になり、どうしてもエンジンの掛かりが遅くなってしまう。

3着ブライトラインは芝の部分ではあまり急がせずに道中は後方集団。3コーナーから外目を通ってジワジワと位置取りを上げ、直線も逆手前のままだったがしぶとく伸びて一旦は先頭に立つ見せ場十分の内容。
最後は1、2着馬の末脚に切れ負けしたが、中央の重賞で4年振りの複勝圏内。OPの別定戦では斤量を背負うが、今回は他馬と差がない56キロで勝負所から行きっぷりの良さが目立った。

園田のトウケイタイガーはスタートダッシュは並みだったが、ガシガシ気合を付けて何が何でもハナの構え。ダートの部分で行き切り、直線入り口で一旦は後続を引き離しかけたが、残り1F手前で捕らえられた。ハンデ戦だったかきつばた記念は52キロの軽量もあって中央馬を撃破したが、別定戦では甘くなかったか。

イーデンホールはダッシュが付かずに後方から。ただ、道中の行きっぷりもあまり良くなく、勝負所でスッと動けたブライトラインと共に上がろうとしたが置いて行かれ、直線も逆手前のままピリッとした脚は使えず。元々左回りはあまり相性が良くないが、休み明けか夏バテか動きに精彩がなかった。

本命ベストマッチョはスタートダッシュが一息だったのが致命傷。追っ付けて前を取りに行ったが、位置を取り切る前にトウケイタイガーに前に入られて引かざるを得ず、内で揉まれる形に。直線で不利を受けたが、既に余力もなかった。自分のリズムで走らせてもらえずの消化不良な内容。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

七夕賞回顧(これだから石川裕紀人を評価したくない)

代表お膝元の福島で人気のゼーヴィントを勝たせる為、フェイマスエンドを使って人気の逃げ馬マルターズアポジーを潰したシルクの露骨なチームプレー・・・と穿った見方をされても不思議ではない石川の騎乗は不快を通り越して醜悪。

スタートでヨレてしまい、立て直して出して行ってマルターズアポジーのハナを叩いた所作は鉄砲玉の指示を受けてたなら「ヤバい、前に行かないと」という石川の焦りにも思えてくる。
交わすのに脚を使って抑えが利かなくなったマルターズアポジーを追い掛ける事はなかったが、出して行った事で道中は力んでしまって早々とスタミナを消耗。3~4コーナーで逆噴射する際に同厩のタツゴウゲキの進路を潰して後方に下がらせてしまうダメ押し(ヴォージュに張られて外を回らされるのを嫌って内に入れたシーマンの判断も裏目だったが)。
先行策の指示が何処からあったのかは兎も角、今回に限らず何回レースを壊せば気が済むのだと思いたくなる石川の騎乗は馬上ダンスやケツ上げ等の様々な心証の悪い騎乗を優に超えてる。汚れ役を任されるにしても、少しは進歩しろと。
あと、潰れたマルターズアポジーも悲惨だが、2頭出しして一方は自滅、一方は自滅した馬に進路を潰されて共倒れに終わっても全く話題にも上らない鮫島師もかなり悲惨だと思う。

強力な援護射撃(危うく諸刃の剣になるところだったが)もあって重賞2勝目を挙げたゼーヴィント。ペースが速くなることを見越して中団に控えて前半は足を温存。3コーナーからロングスパートに打って出た2着馬を追うようにして進出を開始し、4コーナーでは2番手集団。直線で粘り込みを図った2着馬をゴール前で差し切った。
ペースが流れて展開が向いたのは確かだが、向こう正面で追っ付け気味の手応えだったように脚部不安の休み明けで完調手前だったのも確か。その状態で消耗戦を押し切った反動が出ないか心配。

2着マイネルフロストは最初からそういう作戦だったのだろう。スタートから先手を主張する構えを見せずに控えて前半は3、4番手から。3コーナーからマルターズアポジーを交わしに掛かって後続にも脚を使わせるロングスパート。そのまま押し切ろうとしたが、ゴール前で勝ち馬に交わされた。
予想以上にペースが速くなった事で最後の踏ん張りを欠いたが、早めに動いて前を潰し、後続にも脚を使わせた柴田大知の作戦は「この馬とは相性イマイチ」と評した自分を恥じたくなる。レースそのものの後味の悪さを多少軽減する良い騎乗だったと思う。

3着ソールインパクトは大外から出たなりの競馬で序盤は後方に控えて末脚温存。向こう正面では勝ち馬をマークする形となり、勝負所で動いた勝ち馬を追うようにして進出を開始。直線もしぶとく脚を伸ばして3着を確保。
直線半ばでは突き抜けそうな勢いだったが、そこから差を詰め切れなかったのは条件馬とOP馬の差か。それでも53キロの軽ハンデと立ち回りの上手さを活かして格上相手にも善戦。ただ、自己条件に戻っても勝ち切る印象が浮かんで来ないw

スズカデヴィアスはスタートから全く行く構えを見せずに離れた最後方ポツン。3コーナー過ぎで集団に取り付き、4コーナーで中団の外目。直線半ばでは3着馬と共に前を交わしそうな勢いだったが、そこからの一伸びを欠いた。
元々暑さに弱いタイプだったが、週末の暑さで夏バテ気味だった模様。CWでなく坂路で追い切ったのは負荷をあまり掛けたくなかったからか。万全の状態なら差し切っていたかもしれない。

ヴォージュは外から被せられるのを嫌って、スタートから出してタツゴウゲキを控えさせたまでは良かったが、道中は外目から2着馬のプレッシャーを受ける形。3コーナーから2着馬に一気に交わされると、それに付いて行く事が出来ずに直線入り口でギブアップ。位置取りもキツかったが、やはりハイペースに対応し切れずにスタミナを消耗させられた。

マルターズアポジーはフェイマスエンドに競り掛けられたのが全て。これを交わしてハナを主張したものの、出して行った事で抑えが利かなくなって前半5Fを58秒フラット。自分からレースをコントロールすれば多少速くなっても踏ん張れるが、脚を使わされてのオーバーペースでは流石にキツい。
自分のリズムを崩されると脆い逃げ馬の弱点がモロに出たと言えるが、追い切り段階から良い頃の出来にはないと思ってた。仮にスンナリハナを切れたとしても、最後まで残れたか疑問。つーか、武士沢はその前に300勝達成してろと。

大勝ちとまでは行かなくとも、複勝的中で重賞での連敗はひとまずストップ。しかし、【これも競馬】で済ませればそれまでだが、元凶が石川というのも助長して見ていて気分が良いレースではなかった。

追記
禍福は糾える縄の如しとは良く言ったもの、完調手前で激走した代償か、ゼーヴィントは骨折が判明して再度の戦線離脱。出資者には気の毒な話だが、何と言うか【因果応報とは正にこの事】と思わざるを得ない。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
88位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR