平安S回顧

グレイトパールの強さに唖然とし、4角後方2番手から直線ですっ飛んで来たクリソライトに草を生やし、ロワジャルダンの意味不明な早仕掛けからの逆噴射に暫くはヘマ中で通そうと決めた。レース回顧を完結に纏めるとこんな感じ。

一気の相手強化で揉まれてどうかと思ったグレイトパール。スタート一息だったが、追っ付けて集団の外目に持ち出し、前半は中団の外。向こう正面で捲り気味に進出を開始し、4コーナーで早くも2番手。直線で逃げ馬を交わすと土壇場で大逆転があった2着争いを尻目に4馬身差の圧勝。
初の重賞挑戦も全く問題ない強さで5連勝。予想でも触れたが、晴雨兼用タイプで自在性にも優れてる。更に今回の勝利で持続力と持久力を備えてるところも見せた。フットワークが大きいので小回り向きとは言えないが、このまま何処まで行けるか楽しみな逸材。

2着クリソライトはスタートから全く行く素振りを見せずに1コーナー手前で既に最後方。向こう正面まで全く動かずに脚を溜め、動いたの3コーナー手前。それでも前とは差があり、4コーナーでやっと1頭交わした程度だったが、直線は大外からグイグイ伸びてゴール寸前で2着に浮上。
逃げ先行馬が揃い、脚質が同じなこの馬にとって楽な展開ではないと軽視したが、それを逆手に取った後方ポツンがズバリ決まって上がりはメンバー唯一の36秒台。展開を読み切った武豊の好騎乗だろう。1頭遥か前にいたのが誤算だったが。

3着マイネルバイカは二の脚は全盛期に比べてそれ程速くなくて同型馬に先を越されたが、最内枠を活かしたロスのないコーナリングで向こう正面では好位のイン。直線はジワジワと脚を伸ばし、2着馬には差し込まれたがピオネロの追撃は抑えた。
近走はそれ程目立った実績がなかった8歳馬だったが、最内枠を利した立ち回りとマイネル馬に珍しく騎乗してた岩田の腕っぷしで久々に馬券圏内。

ピオネロは出脚が良くなかったのもあって序盤は無理をせずに後方待機で前のペースに付き合わずに受け流す作戦。3~4コーナーで外を回って差を詰めに掛かり、直線では一旦は2着があるかもという脚色で見せ場十分。昔に比べてスタートが出なくなってるが、控える競馬でもやれるところは見せた。休み明けでも10キロ絞って動ける体付きだったのも良かった。

ケイティブレイブは大外枠もあって序盤はハナを切れずに3番手からの競馬。しかし、向こう正面で勢いが付くと一気にハナを奪って淀みないペースを刻んでの逃げ。捲り気味動いた勝ち馬が早めに捕まえに来たのが誤算だったが、交わされた後もパタッと止まらずにしぶとく踏ん張った。中央でもメンバー次第で勝ち切れそうな感じ。

アスカノロマンは序盤は好位に付けたものの、1コーナーで砂を被って怯んでからは追走に余裕がなくなってジリ下がり。ペースが速かったのもあるが、気の悪さを出したとしか言い様のない凡走。グレンツェントはスタートで出遅れたのもあって道中は中団後方からも終始追走に余裕がなくてこれといった見せ場なし。58キロも堪えたが、まだ本調子にないのかも。

ロワジャルダンはこの馬としては二の脚が付いた方で1コーナーでは中団に付けたが、向こう正面から馬群を縫うようにして位置取りを上げる早めの競馬。しかし、4コーナーで楽な手応えのまま交わして行った勝ち馬に対し、こちらは既に余力を使い果たして直線で逆噴射。
溜めに溜めてたとはいえ、クリソライトが2着に差して来れる展開だっただけに、何故中団で我慢せずに早めに動いたのか理解不能。元々、1900mは微妙に長い感じなのに、テン乗りのあんちゃんみたく特徴を把握してなかったかのようなヘマ中には心底ガッカリ。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京王杯SC回顧

結構雨が降りそうだったので道悪適性がありそうな馬をチョイスしての中波乱を狙ってはみたが・・・メンバー唯一のGⅠ馬で道悪得意なレッドファルクスは兎も角、道悪適性が全くない筈のクラレントが激走しては当たろう筈もない。

順当勝ちと言えたレッドファルクス。道中は中団の外目につけ、スローペースで他馬が折り合いに苦労する中、比較的スムーズな追走。直線はダッシングブレイズに蓋をされかけたが、逆に圧を掛けて進路を確保。坂上からグイグイ伸びて混戦にケリを付けた。
初の58キロと1400mが嫌われて2番人気に甘んじたが、全く危なげない強さ。道悪適性は高松宮記念で実証してたし、ダート暮らししてた頃は1400mが主戦場。折り合いもスムーズだったし、安田記念に出て来ても面白そうな印象。

2着クラレントは外枠からジワッと前に出しての先行策。前に壁は作れなかったが、スムーズに折り合って流れに乗り、直線もしぶとく脚を伸ばし、外から一気に交わしに掛かった勝ち馬に併せに行って単独2着を確保。
基本的に馬場が渋るとダメなタイプだが、3年前の関屋記念や東京新聞杯でも好走歴があるように渋った馬場でもたまに走るから始末が悪い。得意の左回り、スローペースで先行策を取れたのも功を奏したと言えるが。

3着グランシルクはスタート直後に躓いて後方から。折り合いに苦労してたが、サトノアラジンやトウショウドラフタに比べればマシな部類で直線は状態の良い外目から脚を伸ばしてゴール前で3着に浮上。
渋った馬場は決して得意ではないと思うが、勝ち馬程ではないにしても脚を溜められたし、外差し向きの馬場をスムーズに差して来れたのも好走に繋がった。ただ、本質的には良馬場での瞬発力勝負で勝負したいタイプ。

トウショウドラフタは二の脚が鈍くて最後方から。道中はスローペースでかなり行きたがっていたが、何とか抑えて直線は大外。グランシルクと共に伸びて来そうな気配だったが、前半で折り合いを欠いた差が出て最後は伸び負け。
得意の左回り1400mで見せ場を作りはしたが、スローペースで先行馬有利の展開になったのと、道中折り合いを欠いた事で期待程の伸びを見せられなかった。ただ、今後も左回りの1400m限定でなら押さえておきたい。

トーキングドラムはスタートが速くてそのまま2番手から。ペースが遅かったので位置取りは悪くはなかったが、道中は逆手前で走ってたのもあって脚が溜まり切らず。ダッシングブレイズは外枠からジワジワと出して位置を取りに行ったが、その過程で幾分力む場面も。結局、脚を十分に溜める事が出来ずにジリジリとした伸びにとどまった。

1番人気サトノアラジンは仕上がり自体は良かったのだが、道中はスローペースに堪えかねて折り合いに一苦労。直線も外へ出す事が出来ずに内を突くしかなかったが、重馬場に切れを殺されて伸びあぐねてしまった。こうした馬場は合わないと思ったので軽視したが、ある意味で予想通りの凡走。

キャンベルジュニアは状態面に疑問を感じてたが、予想通りこれといった見せ場もなく直線半ばで脱落。やはり、中1週で勝った反動が大きかったようだ。ダンツプリウス馬場が渋ればと期待してみたが、スロー上がり勝負と全く不向きなペースになってしまっては出番なし。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

新潟大賞典回顧

荒れると踏んでサンデーウィザード以外の人気所をぶった切った6頭ボックスを買ってはみたが、サンデーウィザードは勝ったものの、人気薄で来たのが当に見切りを付けたマイネルフロストでサンデーウィザード以外は掠りもしない完敗。

サンデーウィザードはいつもは中団~後方からの差しというスタイルだが、今回は好位のインと前目の位置取り。4コーナーから内を避けて馬場の真ん中へ出し、先頭に立った2着馬の内から併せに行っての叩き合い。首の上げ下げで競り勝った。
2着馬より2キロ軽い斤量差にも恵まれたが、渋った馬場を苦にしないタイプだし、テン乗りながら早めの競馬を心掛けた石橋脩の作戦が功を奏した。ローカル暮らしだが、今年に入って4戦3勝。サマー2000シリーズでは主役を張れるかも。


2着マイネルフロストはスタートから気合いを付けての先行策。外のトーセンを先に行かせて番手で流れに乗り、直線半ばで先頭。内から併せに来た勝ち馬との叩き合いでは最後に競り負けたが、近走の体たらくから一変。
初めて装着したブリンカーの効果抜群で久々に良い頃の先行力が戻っての激走。これ一回こっきりという可能性もあるが、先行力が活きる状況であれば今後も・・・丹内のままなら俺にはどう頑張っても買えないけどw

3着メートルダールはスタートは普通に出たが、そこから控えて中団後方で折り合いに専念。直線入り口で馬場の大外へ持ち出して良く伸びては来たが、ビッシリ叩き合ってた2頭には届かず。OP昇格と3歳春の実績から本格化を期待されてやや抜けた人気を集めてたが、詰めの甘さは相変わらず。休み明けだったし、これで変わって来るかもだが。

フルーキーはスタートから全く行く気を見せずに後方に控えて末脚温存。4コーナーでは後方2番手だったが、直線は大外へに出して3着馬の後を追う形で伸びて来たが、流石に位置取りが後ろすぎた。前走は前目の競馬で末を無くしたが、今回は後ろすぎて届かず。ブービー負けから一変したが、少々勿体ない競馬だった。

トルークマクトはスタートで出遅れたのもあって後方から。直線は1、2着着馬が抜け出してガラ空きとなった馬場のど真ん中からジリジリと脚を伸ばしたが、落ち着いた流れもあって勝ち負けには加われず。ワンターンのコース形態は合いそうなので今後もそういう条件であれば。

ロンギングダンサーやパリカラノテガミも後方からそれなりに脚を使っているが、メートルダールやフルーキーよりも末脚の性能は劣るだけに、この落ち着いた流れでは流れ込みが精一杯。ジュンヴァルカンはまたしても出遅れ。腹を括っての最後方で直線も内を狙ったが、モタれるササると競馬にならず。藤岡康ではこの程度だろう。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

京都新聞杯・プリンシパルS回顧

PO馬インヴィクタ、レッドローゼスにダービー出走の期待を懸けたが、残念ながら権利は取れず。これで残る個人的なPOGの楽しみはオークスのフローレスマジック、ダービーのアルアインとサトノアーサーってとこか。アンティノウスはもう少しダート路線で勝ち上がるのが早ければ・・・

まずは京都新聞杯のインヴィクタ。流れに乗りさえすれば勝ち負け出来ると思っていたが、いきなりの出遅れで敢え無く霧散。道中は1頭後続を引き離しての大逃げの体だったが、中盤に13秒台が2つ並ぶスロー。前有利の上がり勝負となっては、切れる脚がないこの馬に出番はない。今後もこのスタートの悪さは課題となっていきそう。

4角ではインヴィクタと同じような位置にいながら、混戦に断を下す末脚を繰り出したプラチナムバレット。好位に付けようとしたが、集団の外を回らされて中団後方から。坂の下りでは包まれる形になったが、直線で外へ持ち出すとメンバー最速の末脚で差し切った。
先行しても折り合える、後方で溜めても切れると自在性の高さは姉譲り。ダービーでもそれなりにやれそうな感じに思えたが、昨日になって骨折が判明して戦線離脱となった。

2着サトノクロニクルはパドックでは幾分テンションが高かったが、道中は好位に付けて我慢が利いた走り。しかし、勝負所でミッキースワローに被せられて動かざるを得ず、直線は内から馬群を割って抜け出しを図ったが、ゴール寸前で交わされた。
休み明けで幾分余裕があったのもあって勝負所では追っ付け通しだったが、そこからしぶとく盛り返して来た。しかし、1勝馬で2着の本賞金ではダービーの出走圏内に届かない模様。勝ち馬が故障しただけに、逃がした魚は大きい。

3着ダノンディスタンスは外枠から1頭飛ばした逃げ馬がいたのもあって離れた番手から。久々でもスムーズに折り合い、4コーナーから早めのスパート。残り1Fで先頭に立って押し切ろうとしたが、最後は切れのある2頭に差された。
久々で10キロ増と幾分余裕はあったが、それでも持ち前の先行力としぶとさを活かして持ち味は出せた。如何にも長丁場の持久力勝負に向きそうなタイプで菊花賞では少々注意が要るかも。

サトノリュウガはスタートで煽り気味に出たが、すぐに挽回して道中は中団のインから。折り合いはスムーズだったが、坂の下りでスムーズに加速出来ず置かれ気味。直線で盛り返して来たが、勝ち馬ほどの切れはなかった。休み明けの影響が多分にあったが、OPクラスに目処の付く走り。

ミッキースワローは中団に付けたが、道中は幾分折り合いを欠いた感じに加え、坂の下りで勢いが付きすぎた感じで2着馬の外を被せに掛かる早仕掛け。直線は前の3着馬を交わしに掛かったが、そこから甘くなって後続に差された。京都芝外回りの騎乗経験がない菊沢Jr.のキャリア不足が露呈。

ハットトリック産駒の外国産馬ゴールドハットはスタンド前でミッキースワローに前をカットされた以外は後方のインに付けて末脚を温存。一貫して内目を立ち回り、直線も内を掬って抜け出しかけたが、残り100mで脚が上がった。やはり、2200mは長い。父同様にマイル路線であれば。


プリンシパルSのレッドローゼスはスタート直後に隣の馬と接触したが、さしたる不利にはならずに好位から。向こう正面で集団の外へ出して当面の相手であった勝ち馬をマーク。直線坂下では共に伸びて来そうな脚色だったが、坂上から一気に突き放された。
この馬自身の走破時計も優秀で立ち回りも申し分なし。現状の力は出し切っての完敗なので諦めは付いた。馬券の方は首尾良く馬連と3連複ダブルで取れたし贅沢は言うまい・・・日曜で全部吐き出してのマイナスになったが(´・ω・`)

2000mに条件が替わってからのレースレコードを叩き出したダイワキャグニー。好スタートを切ったが、2コーナーの入りで無理をせずに控えて好位の外目。前が淀みなく引っ張る流れでもスムーズな追走で直線の追い比べでも坂下で並ばれそうになった2着馬を突き放しての完勝。
弥生賞では右回りに全く対応出来ずに惨敗したが、2戦2勝に東京に替わって本来の力を発揮。淀みない流れを好位から押し切る強い勝ち方。スピードの持続力と持久力を兼ね備え、少なくとも東京の1800m~2000mの時計勝負では同世代でトップクラスの能力。ただ、2400mでもというタイプには思えない。ダービーは高速馬場が維持されていれば。

3着ロードアルバータは前走は逃げる競馬だったが、今回は他馬の二の脚が速かったのもあって2角の入りで控えて中団。2着馬を見ながらレースを進め、勝負所ではスッと反応出来ずに離されたものの、坂上からジリジリと差を詰めた。
現時点での能力差が出たと言えるが、母や叔母は古馬以降に力を付けて重賞馬となった。どことなく粘っこい脚を使うタイプだし、この馬もこれからの成長に期待というところか。

スイーズドリームスは好位で勝ち馬より一つ前の位置取り。道中は内々を立ち回って直線で外目に出して追い出しに入ったが、坂上から甘くなって3着争いから脱落。現状ではOPでは力不足。ヘリファルテは出遅れたし、4コーナーで逸走しかける膨らみぶりと若さを露呈。スズカメジャーは気性面の難しさを曝け出して見せ場なし。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

青葉賞回顧

トリコロールブルーにアルアイン、サトノアーサーに続く3頭目のPO馬ダービー出走を期待して本命視したが、マイナス12キロの腹巻上がり状態でイレ込み気味のパドックを見ては流石に買う気が失せてアドミラブル軸の3連複に切り替えた。

果たせるかな、道中は集団の外目でやや行きたがる素振り。勝負所で動き出したアドミラブルに被せられるのを嫌って共に動いて行ったが、手応えの差は歴然。直線であっさり交わされた後は伸びあぐねての7着。まともでも権利は取れたか怪しかったが、レース前に終わってしまってた。後はプリンシパルSのレッドローゼスと京都新聞杯のインヴィクタに望みを託す。

秘密兵器どころか真打登場という強さだったアドミラブル。スタート直後にベストアプローチと接触して最後方から。1コーナーで離され過ぎないよう気合を付けた以外は概ねスムーズ。向こう正面半ばで集団に取り付き、3~4コーナーで徐々に進出。残り400mであっという間に先頭に立つと、内へ外へとフラつきながらも後続を寄せ付けずの完勝。
初の左回りに戸惑ったか、最後まで逆手前で走ってた点は気になるが、追われてからの反応の速さや青葉賞史上初となる2分23秒台の走破時計は確かに圧巻。デムーロがペルシアンナイトを袖にして選んだと噂されてるのも頷ける。

2着ベストアプローチはスタート直後にヨレて勝ち馬に接触して此方も後方から。道中は折り合い重視で脚を溜め、4コーナーで先に動いて行った勝ち馬を目標に集団の外に出して進出を開始。勝ち馬には追い付けなかったが、単独2着を確保。
坂で勝ち馬に寄られはしたが、勝負所でスムーズさを欠いた弥生賞と違って自分の力は出せたと言える。ただ、まだ奥がありそうなパフォーマンスだった勝ち馬に比べると見劣るのは否めない。本番は入着級という感じ。

3着アドマイヤウイナーは中団馬群の中から。序盤はやや行きたがる素振りを見せたが、概ね流れに乗っての追走。直線で1、2着馬にはあっという間に引き離されたが、ジリジリと脚を伸ばしてゴール寸前で3着に浮上。やはり、左回りは合ってるし、ゆったり運べる長丁場も適してる。ただ、現状ではトップクラス相手では分が悪いのも確か。

ポポカテペトルはスタートで伸び上がる様にゲートを出て先行出来ず好位集団の真っ只中から。4コーナーから仕掛けて行ったが、すぐには反応出来ずにエンジンが掛かったのは勝ち馬が抜け出した後。その後は単独3着まであるかに見えたが、バテない切れない脚しか使えず、首の上げ下げで4着。兄よりもステイヤーにシフトしてる感じだが、現状はスピード不足。

3連単の1着固定でも良かった気はするが、トリコロールブルー以外は順当に上位独占。青葉賞の傾向として2月からの直行組は来ても精々3着まで。それ故に骨折明けのマイネルスフェーン、穴人気してたイブキやダノンキングダムは黙って消す事が出来た。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
55位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR