2017リーディングサイアー~9月18日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4ダイワメジャー
5ハーツクライ
6クロフネ
7ハービンジャー
8マンハッタンカフェ
9アドマイヤムーン
10ゴールドアリュール
11ネオユニヴァース
12ブラックタイド
13エンパイアメーカー
14キンシャサノキセキ
15シンボリクリスエス
16ゼンノロブロイ
17ルーラーシップ
18サウスヴィグラス
19メイショウボーラー
20ヴィクトワールピサ




アップトゥデイトの阪神ジャンプS勝利でクロフネがJRA重賞通算36勝とし、並んでたジャングルポケットとスペシャルウィークを抜いた。今年の種付け頭数は体調不良もあって前年の157頭から激減して66頭。

ミッキースワローのセントライト記念勝利でトーセンホマレボシが74位から57位にランクアップ。先ずは順調な滑り出しのルーラーシップにディープブリランテ、地方の雄となりそうなフリオーソ、社台に栄転したリーチザクラウン等、同期デビューの種牡馬に比べて目立たなかったが(ぶっちゃけ苦戦中)起死回生の一撃となるか。

ラビットランのローズS勝利でタピットが84位から74位に浮上。ダートではテスタマッタ、ゴールデンバローズ、ラニ等の活躍馬がいるが、芝のJRA重賞はこれが初勝利。


今年の社台繋養種牡馬の種付け頭数が発表されたけど、最多はドゥラメンテの284頭、2番目がモーリスの265頭と新種牡馬がワンツー。つーか、キンカメ、サンデー、トニービン、ノーザンテーストと日本競馬の縮図のような血統で固められたドゥラメンテがこれだけの頭数を確保するとか予想外。
モーリスはシャトルで行った南半球分も加えると400の大台に乗りそうな気がする。400の大台ってサウスヴィグラスの地方年間勝利数みてーだなw
ロードカナロアは4年連続250オーバーにはならなかったが(243)、それでもオルフェーヴル(244→191)、エイシンフラッシュ(196→144)と50減の同期種牡馬に比べれば高評価されてると言える。
ルーラーシップ(240)、ディープ(231)、ダメジャー(161)は相変わらず安定。挽回したのがディープブリランテ(88→148)とハービンジャー(101→164)。栄転したリーチザクラウンは30→98と3倍強の増加。
逆にヤバそうなのが2年目のフェノーメノ(146→87)、スピルバーグ(101→58)。カジノドライヴ(113→68)とスマートファルコン(182→101)と共に放出候補かもなぁ。そして、初年度は220頭に種付けしたジャスタウェイは151→121と2年前から約100頭減。産駒の評判はあまり芳しくないらしい。ワンアンドオンリーがアレだし、ハーツはもう1頭確固たる後継種牡馬候補を出さないと厳しいかも。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2017リーディングサイアー~9月10日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4ダイワメジャー
5ハーツクライ
6クロフネ
7ハービンジャー
8マンハッタンカフェ
9アドマイヤムーン
10ゴールドアリュール
11ネオユニヴァース
12ブラックタイド
13エンパイアメーカー
14キンシャサノキセキ
15ゼンノロブロイ
16ルーラーシップ
17シンボリクリスエス
18サウスヴィグラス
19メイショウボーラー
20ヴィクトワールピサ




グランシルクの京成杯AH勝利でステゴがJRA重賞通算83勝とし、ブライアンズタイムを抜いて歴代単独7位に浮上。6位はノーザンテーストの92勝。

ディアドラの紫苑S勝利でハービンジャーがマンカフェを交わしてランクアップ。ローズSのモズカッチャン等でランク維持なるか。

ファインニードルのセントウルS勝利でアドマイヤムーンがゴールドアリュールとの賞金差を1億3500万強に拡大。当面は安泰か。

ロンドンタウンがコリアカップを勝つ前の日曜阪神3Rでビッグアイランドが勝利し、カネヒキリがJRA通算100勝達成。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2017リーディングサイアー2歳編~9月3日現在~

1ダイワメジャー
2ヨハネスブルグ
3キンシャサノキセキ
4ルーラーシップ
5ロードカナロア
6ディープインパクト
7オルフェーヴル
8ハーツクライ
9ヘニーヒューズ
10ノヴェリスト
11ディープブリランテ
12ベーカバド
13ステイゴールド
14シニスターミニスター
15ストロングリターン
16バゴ
17アイルハヴアナザー
18アドマイヤムーン
19ストーミーアトランティック
20エイシンフラッシュ




総合リーディングは殆ど入れ替わりがなくてマンネリ気味だが、こちらは昨年の同時期から半数以上入れ替わり、良い意味ではっちゃけてて重畳w

それでも、指定席の首位に居座ってるのがダメジャー。昨年程の独走状態ではないが、今年も重賞を含めて勝利数を二桁に乗せた。昨年は土壇場で捲られたリーディング奪還なるか。

ここ3年は種付け頭数の激減で顔を出せなかったヨハネスブルグだが、種付け頭数がV字回復して最多の頭数を揃えた今年は大躍進。2歳戦に強い速効性は依然健在。

キンシャサは当初はスローな立ち上がりだったが、7~8月で徐々に勝ち星を量産。出遅れ気味だった昨年よりも躍進。

タレントが揃った今年度の新種牡馬で先ずはリードしたのがロードカナロア。古馬になって天下を取った現役時代のイメージとは違ってここまでは仕上がりが早い印象。

産駒デビューし始めた当初は微妙な評価だったオルフェーヴルだが、ロックディスタウンが新馬→札幌2歳Sをぶっこ抜いてトップ10入り。中央での5勝は全てマイル以上。真価が発揮されるのはこれからだろう。

輸入種牡馬の大将格ヘニーヒューズとノヴェリストもトップ10入り。ヘニーヒューズは芝・ダート双方で勝ち上がって、当面は二刀流種牡馬として実績を出しそう。ノヴェリストは勝利数より入着回数の多さで賞金を稼いだ感じ。現時点でハービンジャー程のインパクトはない。

ここ2年は結果を出してる言い難かったベーカバドが道営馬ダブルシャープの活躍でランクイン。2000m以上でも勝ち星はあるが、距離適性が長めにシフトしてる欧州のグリーンデザート系種牡馬に比べ、短距離寄りにシフトしてる。

アサクサゲンキの小倉2歳S勝利でストーミーアトランティックがランクイン。ストームキャット系種牡馬だが、現役時代は重賞勝ちがない凡庸な成績。しかし、種牡馬入りするとジワジワ走る産駒を出して中堅の優良種牡馬ポジに。主な産駒にジャパンCに出走したアップウィズザバーズ(ジャマイカH)、ストーメロ(ハリウッドフューチュリティ)。

新種牡馬はストロングリターンとエイシンフラッシュがランクイン。50位以内ではローズキングダム(39位)とハードスパン(46位)がランクイン。
地方ではやはりというか、エスポワールシチーが8位と好位置にランクイン。他にはヘニーヒューズ(13位)、ストロングリターン(17位)と中央でもランクインした2頭が地方でも上位に。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2017リーディングサイアー~9月3日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4ダイワメジャー
5ハーツクライ
6クロフネ
7マンハッタンカフェ
8ハービンジャー
9アドマイヤムーン
10ゴールドアリュール
11ネオユニヴァース
12ブラックタイド
13エンパイアメーカー
14キンシャサノキセキ
15ゼンノロブロイ
16ルーラーシップ
17シンボリクリスエス
18サウスヴィグラス
19メイショウボーラー
20ヴィクトワールピサ




日曜小倉5Rでメイショウテッコンが勝利し、マンカフェが史上18頭目となるJRA通算1000勝達成。サンデーサイレンス直仔の種牡馬ではフジキセキ、ダンスインザダーク、ディープインパクトに続いて4頭目。

土曜新潟9Rでサンシロウが勝利し、ネオがJRA通算800勝達成。内国産種牡馬ではステイゴールド以来、史上12頭目の達成。

タツゴウゲキの新潟記念勝利でマーベラスサンデーが47位に浮上。1頭の産駒で同一年度に複数の重賞を勝ったのは2008年(キングジョイ)以来。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2017リーディングサイアー地方編~8月31日現在~

1サウスヴィグラス
2ゴールドアリュール
3クロフネ
4カネヒキリ
5ロージズインメイ
6パイロ
7キングヘイロー
8タイムパラドックス
9シニスターミニスター
10シンボリクリスエス
11ネオユニヴァース
12エンパイアメーカー
13ヴァーミリアン
14キングカメハメハ
15ディープスカイ
16メイショウボーラー
17フレンチデピュティ
18ファスリエフ
19ダイワメジャー
20アドマイヤマックス




ブリーダーズGJC(サザンヴィグラス)、読売レディス杯(プリンセスバリュー)、エトワール賞(タイセイバンデット)、リリーC(ストロングハート)と地方重賞4勝を含めて39勝と8月も勝ちまくったサウスヴィグラスがゴールドアリュールとの賞金差を2億7300万強に拡大。

8月はやや決め手を欠いたクロフネとカネヒキリにジワジワ迫って来たのがロージズインメイ。この3頭の賞金差はそれぞれ1500万程。交流重賞一発で入れ替わり可能。

南関に移籍したキタサンミカヅキが移籍初戦のアフター5スター賞を勝利し、キングヘイローが一気にランクアップ。尤も、キングヘイローからエンパイアメーカーまでの賞金差は1000万以内。南関重賞一発で入れ替わり可能。

ラインシュナイダーのサマーチャンピオン勝利でヴァーミリアンがキンカメまで交わす躍進。中央は既に重賞を勝っているが、交流重賞はこれが初勝利。

東京ダービー3着馬ブラウンレガートの黒潮盃勝利でディープスカイがランクアップ。戸塚記念で更なるランクアップなるか。

南関に移籍したブルドッグボスが昨年2着だったクラスターCで重賞初勝利を挙げ、ダメジャーがこちらで初のランクイン。交流重賞はこれが初勝利。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR