2016地方リーディングサイアー1~10位

10位フレンチデピュティ
勝ち馬頭数61
勝利数135
交流重賞0
勝ち馬率0.622
EI1.90

前年は躍進の立役者となったサウンドトゥルーが既成勢力の逆襲と新興勢力の台頭にあって勝ち切れず。東京大賞典3着で辛うじてメイショウボーラーを逆転してギリギリランクイン。
ただ、前年よりも勝利数を増やしたし、リンダリンダが南関の牝馬路線で台頭。新たな二の矢、全体の底上げ、これにサウンドトゥルーが完全復活すれば、3年連続トップ10入りの可能性は大いにある。

9位ディープスカイ
勝ち馬頭数80
勝利数164
交流重賞2
勝ち馬率0.526
EI1.24

前年の躍進の立役者となったサウンドスカイが年間未出走というまさかの事態となったが、キョウエイギアがJDDをぶっこ抜き、タマノブリュネットが交流重賞路線で活躍して穴埋め。初のトップ10入りを果たした。
キョウエイギアの骨折による戦線離脱は痛手だが、復帰予定のサウンドスカイが交流重賞に顔を出せればランク維持出来そうだが。


8位タイムパラドックス
勝ち馬頭数66
勝利数90
交流重賞4
勝ち馬率0.512
EI1.66

ソルテが南関重賞から交流重賞に転じても中央勢と渡り合ったものの、タイムズアロー以外の前年の躍進を支えた南関勢が伸び悩んだし、出走回数も減ったのもあってか、全体の勝利数も100勝を割り込んでランクダウン。
ただ、今年の3歳からは種付け頭数が激増した世代。ソルテに加え、道営記念を勝って地力強化されたタイムビヨンドが南関に移籍。止まった勢いを取り戻す可能性は大いにある。


7位ロージズインメイ
勝ち馬頭数99
勝利数246
交流重賞2
勝ち馬率0.547
EI1.25

前年より順位を落としたが、初の200勝オーバーとなった前年から更に勝利数を上乗せし、古豪ドリームバレンチノに加えてローズジュレップというエース候補誕生。
産駒が増加に転じた事で出走頭数・出走回数も更に増えるだろう。南関に移籍したローズジュレップが活躍すれば、トップ5いりの可能性も。


6位ジャングルポケット
勝ち馬頭数89
勝利数191
交流重賞3
勝ち馬率0.586
EI1.51

東京大賞典は2着に敗れてやや尻すぼみになってしまったが、JBCクラシックまでぶっこ抜いたアウォーディーという大黒柱の誕生で初のトップ10入り。
とはいえ、アウォーディーに続く大砲はなく、そのアウォーディーも徐々に気難しさが出て来たし、ドバイ直行が有力。これ以上のランクアップは微妙か。


5位キングカメハメハ
勝ち馬頭数107
勝利数226
交流重賞1
勝ち馬率0.522
EI1.20

5年連続年間200勝オーバー達成も、ここ数年の躍進の原動力となった交流重賞路線は川崎記念以降は勝ち切れず。中央と同様に我慢の年になった。
更に大黒柱として君臨してたホッコータルマエが引退。ソリタリーキングやグランドシチーも引退し、4年前は10勝マークで無双してた交流重賞路線は弱体化。巻き返しは新たなエースの登場待ち。

4位クロフネ
勝ち馬頭数116
勝利数258
交流重賞3
勝ち馬率0.555
EI1.27

5年連続年間200勝オーバーに加え、取りこぼしもあったがホワイトフーガがJBCレディスクラシックを含めて交流重賞3勝とフル回転。6年連続トップ5入りを果たした。
ホワイトフーガは来年も現役続行のようだし、モズライジンが地味に力を付けて来た。今年もトップ5の安定株だろう。


3位パイロ
勝ち馬頭数93
勝利数202
交流重賞0
勝ち馬率0.684
EI2.04

前年から倍以上勝利数を上乗せしての年間200勝突破、7割に迫ろうかという驚異的な勝ち馬率を武器に数年続いてた3強体制に風穴を開けた。個人的には遂にここまで来たかという印象。
上半期を牽引したタービランスがJDD出走取消から下半期を棒に振ったのは痛手だったが、それをカバーした南関の中堅部隊は層が厚い。あとはシゲルカガの引退で殆ど賞金を加算出来なかった交流重賞路線の大砲待ち。


2位ゴールドアリュール
勝ち馬頭数113
勝利数242
交流重賞6
勝ち馬率0.533
EI2.05

前年より出走頭数・出走回数は減ったものの、コパノリッキーがGⅠ3勝と大車輪の走り。クリソライトやグレイスフルリープといった援護射撃もあって一定の存在感は示した。
前年は衰えを危惧してた交流重賞路線だが、コパノリッキーを中心に依然として健在。更にエピカリスという新たなエース候補が出現。来年も空中戦では安定した力を発揮出来そう。


1位サウスヴィグラス
勝ち馬頭数181
勝利数401
交流重賞2
勝ち馬率0.589
EI2.21

大晦日、水沢競馬の桐花賞でナムラタイタンが勝利し、サラ系種牡馬として前人未到の年間400勝達成。更に大井の東京2歳優駿牝馬でピンクドッグウッドが勝利という駄目押しで2位以下に3億5000万強という圧倒的なまでの差を付けて2年連続リーディング1位に輝いた。
ひと月平均33勝オーバーという凶悪なまでの速射砲の凄まじさに加え、コーリンベリーとタイニーダンサーが交流重賞路線で堅実。3年連続リーディングに待ったなしか。




3年続いたサウスヴィグラス、ゴールドアリュール、キンカメの3強体制は圧倒的な物量作戦を展開したサウスヴィグラスの独走とキンカメの長距離砲弱体化に伴って遂に崩壊。今もなお更新してるアジュディケーティングのサラ系種牡馬地方最多勝記録(昨年末時点で3339勝)を抜くのは確実だろう。

一方、3強の一角を崩したパイロは数年前のサウスヴィグラスと酷似したランクアップでトップ3入り。まだサウスヴィグラスとの差は大きいが、交流重賞で勝ち負け出来る産駒さえ出れば勝負出来るだろう。

従来の常連組が姿を消す一方でメイショウボーラーやカネヒキリが勝利数を大幅に増やしてランクイン。今年、そうした躍進組になりそうなのはカジノドライヴ(34位)辺りか。

無双状態のサウスヴィグラス、長距離砲のゴールドアリュールの1、2位は変わらなさそうだが、従来の既成勢力・一発攻勢組・独自路線組がどれだけ迫れるか興味深い。

これで2016リーディングサイアーは全て終了。引き続き2017リーディングサイアーも宜しくお願いしますm(__)m

そして、あけましておめでとうございますm(__)m今年も今までと変わらずやってくつもりなんで宜しくお願いしますm(__)m

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2016地方リーディングサイアー11~20位

11メイショウボーラー
12カネヒキリ
13ワイルドラッシュ
14シンボリクリスエス
15ゼンノロブロイ
16シニスターミニスター
17ネオユニヴァース
18アドマイヤマックス
19ハーツクライ
20アグネスデジタル




かつてのトップ10常連だったキングヘイロー(21位)、トップ20の常連だったスウェプトオーヴァーボード(24位)にプリサイスエンド(25位)が陥落する等、昨年から半数以上メンバーが入れ替わるという、今年もはっちゃけたメンバーで何よりw

メイショウボーラーはニシケンモノノフの兵庫GT勝利で一旦はトップ10入りしたが、僅か1日でひっくり返されて初の年間トップ10入りならず。しかし、前年から5割増、サウスヴィグラス、クロフネに次ぐ勝利数の量産で躍進。

暮れまでトップ10のボーダーライン上で競り合ってたカネヒキリだが、交流重賞で戦える大砲不在の差が明暗を分けた。ただ、こちらも前年から勝利数5割増で躍進。ミサイルマンやトロヴァオが南関路線で台頭すれば、更なる飛躍の可能性も。

前年は大晦日でトップ10入りを決めたワイルドラッシュは勝利数こそ前年を上回ったが、交流重賞で賞金を稼げる既成勢力、勝利数量産の躍進組に比べて決め手を欠いてランクダウン。

クリスエスは4年連続年間200勝オーバーも、交流重賞はおろか地方重賞勝利も0。入着賞金の重賞割合もトップ20中19番目。活力の低下は地方でも顕在化しつつある。

ロブロイはオメガスカイツリーやタマモベルモットを筆頭に南関で堅実に賞金を加算(シニスターミニスターも同様)。入着賞金の重賞割合はクリスエスよりも下だったが、メイショウボーラーやカネヒキリ同様に躍進。

ネオは勝利数こそ前年を下回ったが、入着賞金はヴィータアレグリアが交流重賞で活躍した事で上回った。しかし、要のヴィータアレグリアは秋から精彩を欠いたのが気掛かり。

それまでリーディング60位前後だったアドマイヤマックスは浦和記念も勝って交流重賞3勝としたケイティブレイブ1頭で大躍進。地方リーディングに於ける交流重賞の破壊力を見せつけた存在になった。

ハーツは出走回数・勝利数共に昨年を上回り、交流重賞2勝のストロングサウザーという長距離砲を手にして初のランクイン。

アグネスデジタルは昨年より勝利数を減らした上にアスカノロマン、カゼノコ、モンドクラッセが交流重賞で思うように賞金を加算出来ず。ランク内に踏みとどまるので精一杯。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

2016リーディングサイアー1~10位

10位ブラックタイド
勝ち馬頭数39
勝利数50
JRA重賞3勝(GⅠ2勝、GⅡ1勝)
勝ち馬率0.248
EI1.52

サトノ軍団の連携プレーで有馬は勝てなかったとはいえ、今年もキタサンブラックが年間通して大車輪の活躍。更にファイナルSでタガノエスプレッソが激走し、自己最多となる年間50勝に到達。
キタサンブラックは来年も現役続行だし、中堅部隊も層が厚くなってきた。来年もトップ10入りする可能性は大いにある。


9位ハービンジャー
勝ち馬頭数74
勝利数99
JRA重賞1勝(GⅢ1勝)
勝ち馬率0.291
EI0.99

惜しくも年間100勝に届かなかったハービンジャーだが、昨年より30勝上乗せした物量作戦にモノを言わせて3世代でトップ10入り。
とはいえ、期待された3歳勢はクラシックシーズンが進むにつれて低迷。重賞では勝負弱く、軽い馬場の瞬発力勝負に弱い点を物量作戦で何処まで補えるか。


8位ネオユニヴァース
勝ち馬頭数50
勝利数61
JRA重賞2勝(GⅡ1勝、GⅢ1勝)
勝ち馬率0.233
EI1.19

ネオは昨年から勝利数を3分の1減らしたが、サウンズオブアースに加え、ダートのグレンツェント、マイルのネオリアリズム、3歳勢のダイワドレッサーと重賞好走馬が揃った事で昨年と同順位。
それぞれの路線で駒は揃ったが、一世代毎の産駒数が減少に転じた事で出走回数・出走頭数が減少。初期に見せた一発攻勢で状況を打破出来るか。


7位クロフネ
勝ち馬頭数78
勝利数95
JRA重賞2勝(GⅡ1勝、GⅢ1勝)
勝ち馬率0.307
EI1.12

一時期はファーストシーズンからの重賞勝利記録がストップするんじゃないかと思われたクロフネだが、今年もダートを中心とした中堅部隊が勝利数を伸ばして昨年よりランクアップ。
相変わらずダート路線は安定してるが(勝利数はキンカメ、ゴールドアリュールに次いで3位)、長距離砲が障害路線しか揃ってないのは少々キツい。


6位マンハッタンカフェ
勝ち馬頭数80
勝利数102
JRA重賞5勝(GⅠ1勝、GⅡ2勝、GⅢ2勝)
勝ち馬率0.314
EI1.18

昨年と順位は変わらなかったが、クイーズリングやルージュバックといった4歳牝馬の活躍と3年ぶりに年間100勝の大台に乗せた中堅部隊が噛み合って年間通して安定。
とはいえ、クラシックで期待されたイモータルは低迷、グレープブランデーも年齢的に先が見えてる。4歳牝馬しか駒が揃ってないのは気掛かり。


5位ステイゴールド
勝ち馬頭数86
勝利数115
JRA重賞8勝(GⅠ2勝、GⅡ1勝、GⅢ5勝)
勝ち馬率0.264
EI1.25

ハーツには僅かに届かなかったステゴだが、春秋の障害GⅠを制したオジュウチョウサンがゴールドシップに代わる大黒柱となり、最多となった昨年と同じ勝利数をマークして2年連続トップ5入り。
オジュウチョウサンは長期政権を築きそうだし、レインボーラインを筆頭に他の路線もそれなりに戦力を保持。来年もこれくらいの位置にいそう。


4位ハーツクライ
勝ち馬頭数82
勝利数108
JRA重賞7勝(GⅡ2勝、GⅢ4勝、その他1勝)
勝ち馬率0.289
EI1.41

昨年から勝利数を減らしたハーツだが、シュヴァルグラン、マジックタイム、シュンドルボンといった新たな主戦力が重賞勝利を伸ばし、賞金的には昨年を上回った。
2歳からはリスグラシューという新たなエース候補が誕生し、新興勢力の多くは来年も現役。上手く噛み合えば、トップ3奪還もあり得る。


3位ダイワメジャー
勝ち馬頭数109
勝利数147
JRA重賞5勝(GⅠ1勝、GⅡ1勝、GⅢ3勝)
勝ち馬率0.319
EI1.31

自己最多勝利数を更新し、自身初となるトップ3入りを果たしたダメジャーだが、2歳リーディングはディープに捲られ、総大将のメジャーエンブレムは秋は戻らずと気掛かりな状況。
その一方でソルヴェイグが短距離路線で頭角を現し、2歳勢からもレーヌミノルとボンセルヴィーソが重賞戦線で活躍。一定の戦力は揃ってるので、あとはメジャーエンブレムが戻ってくれば。


2位キングカメハメハ
勝ち馬頭数132
勝利数187
JRA重賞9勝(GⅡ2勝、GⅢ7勝)
勝ち馬率0.321
EI1.66

春先までディープに食らいついた立役者となったドゥラメンテ、ラブリーデイ、リオンディーズが今年は僅か1勝しか出来ずというまさかの事態。他の路線でも空中戦で悉く打ち負け、下半期は完全に空気化。
同じ2位でも昨年と違って中身は薄くなったが、暮れにヤマカツエースが復調して2歳勢からはレイデオロというエース候補も出現。あとはエアスピネルがマイル路線で復活すれば。


1位ディープインパクト
勝ち馬頭数158
勝利数230
JRA重賞38勝(GⅠ9勝、GⅡ11勝、GⅢ18勝)
勝ち馬率0.374
EI2.80

有馬記念でサトノダイヤモンドが勝利し、年間重賞勝利数で父サンデーサイレンスに並ぶ最多タイ記録を作ったディープが31億2300万弱という鬼畜にも程がある圧倒的な勢いで5年連続リーディング1位。
障害とダート以外の路線は質量共に他の種牡馬を圧倒する戦力を揃えており、来年も独壇場でリーディング1位となるだろう。




今年はクリスマス開催だったのもあって余裕を持って掲載出来たが、来年から28日開催可能とか、年末年始の忙しい時期に何してくれるんだと呪いの文句でも吐きたい気分。
来年早々に今年度の地方リーディングを掲載して2016リーディングサイアーは終了です。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2016リーディングサイアー11~20位

11ゼンノロブロイ
12ゴールドアリュール
13アドマイヤムーン
14キンシャサノキセキ
15シンボリクリスエス
16エンパイアメーカー
17ヴィクトワールピサ
18サウスヴィグラス
19ジャングルポケット
20サクラバクシンオー




土壇場で捲られたロブロイは昨年より勝利数2割減。原因は3勝しか挙げられず、リーディング50位という大ブレーキ状態の2歳勢。上の世代はリアファルが戻り、レッドエルディスト、シャルールとそれなりに駒はいるが、2歳勢の不振はかなり深刻。

ゴールドアリュールは勝利数こそ昨年より増やしたが、逆に重賞出走回数は減少。さらに大将格のコパノリッキー、エース候補ゴールドドリームがGⅠで崩れて賞金を加算出来なかったのが響いた形でトップ10から陥落。

アドマイヤムーンはファーストシーズンからのJRA重賞勝利が6年でストップ。しかし、勝利数は自己最多を更新してランク維持。ハクサンムーンは引退、オースミムーンは長期休養に入ったが、フミノムーン、ルペールノエル、ハクサンルドルフがカバー。

キンシャサは昨年から更に勝利数を上乗せし、短距離路線と軌道に乗ったシュウジとエース候補モンドキャンノの活躍もあって順当にランクイン。バクシンオーに代わる短距離路線の雄になりつつあるが、勝利数の3分の2がダートなのはやや気になる。

クリスエスは勝利数が100勝オーバーしてた頃から半分に落ち込み、重賞出走回数も半減。唯一の重賞勝ち馬サナシオンも引退でトップ10返り咲きはかなり厳しい。オジュウチョウサンやレイデオロの活躍もあってブルードメアは順当にランクアップしてるが(今年10位と初のトップ10入り)。

エンパイアメーカーは勝利数で自己最多を更新。カイザーバルやナムラアンといった芝での活躍馬が目立つが、勝利数の8割弱がダートと適性もはっきりした。ただ、芝ダート共に重賞では勝負弱い点も露呈。

ヴィクトワールピサは重賞勝利はジュエラーの桜花賞のみだったが、秋はパールコードが活躍した他、2歳リーディングもマズマズの成績で順当にランクイン。ジュエラー、パールコードに続くエースが出れば更にランクアップも見込めるが。

サウスヴィグラスは実質ダートのみで3年連続トップ20入り。コーリンベリーやタイニーダンサーが交流重賞路線を歩み、実質中堅部隊だけでランクインしてるのはある意味で驚異的。

ポケはアウォーディーというダートの大物を出したが、勝利数はファーストシーズン以外では自己最低を更新してランクダウン。エアソミュールは復帰しないまま引退、ダービーフィズも陰りが見え、状況はあまり芳しくない。

バクシンオーは勝利数は半減したが、ビッグアーサー、ベルカントといった残存勢力が春~秋口まで重賞を勝った貯金がモノを言って17年連続トップ20入り。ただ、来年はビッグアーサー頼みという状況だし、ランク維持は難しいだろう。

今日は時差出勤につき、今の内にここを掲載。トップ10は今夜遅くに載せます。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

2016リーディングサイアー21~50位

例年通り、まずは21~50位から掲載

21スクリーンヒーロー
22メイショウサムソン
23メイショウボーラー
24マツリダゴッホ
25パイロ
26アグネスデジタル
27ヨハネスブルグ
28カネヒキリ
29フジキセキ
30フレンチデピュティ
31タニノギムレット
32スウェプトオーヴァーボード
33ロージズインメイ
34スペシャルウィーク
35プリサイスエンド
36ディープスカイ
37ワークフォース
38タイキシャトル
39デュランダル
40ブライアンズタイム
41ヴァーミリアン
42ダノンシャンティ
43ストーミングホーム
44シニスターミニスター
45カジノドライヴ
46キングヘイロー
47アドマイヤマックス
48バゴ
49オレハマッテルゼ
50スタチューオブリバティ




ゴールドアクターが有馬で2着まで入ればトップ20入りしてたスクリーンヒーローだが、3着に敗れて僅か460万差で2年連続ランクインならず。モーリスの2度の香港遠征が尾を引いた形。今年の種付け頭数は2年連続レックスで最多となる168頭。

サムソンは今年の種付け頭数は85頭と3年連続増加。入着賞金こそ昨年を上回ったが、2年連続重賞勝利はならず、勝利数も昨年より3割減が響いてランクインならず。OPクラスで伸び悩んだ事で来年は正念場になるかも。

メイショウボーラーは勝利数で自己最多を更新し、障害とはいえ重賞勝利もマークして自己最高位。ただ、初年度から8年連続100頭オーバーだった種付け頭数は82頭と100頭割れ。

マツリダゴッホはロードクエストの活躍が一番効いたが、勝利数も昨年から倍以上となる43勝を挙げて躍進。同期デビューのスクリーンヒーローの陰に隠れがちだが、かつてのマーベラスサンデーを思い起こさせる中堅優良種牡馬ポジに定着しつつある。

ヨハネスブルグは早熟一辺倒だった筈の初年度産駒からネロがスプリント戦線で活躍。他にもエイシンバッケンやホッコーサラスターがOP入りして昨年からランクアップ。来年の2歳馬は種付け頭数がV字回復した最初の世代。再び2歳リーディングに顔を出すかも。

フジキセキはイスラボニータがソラを使って阪神Cを取りこぼしたのが堪え、僅か83万弱で息子に競り負け。だが、一気に圏外へ去ったタキオン(僅か2勝。28→118位)やダンスインザダーク(69位。15年連続継続してた年間二桁勝利ストップ)、グラスワンダー(62位。ファーストシーズンから12年連続継続してたJRA重賞勝利記録ストップ)に比べれば踏ん張ってる。

ロージズインメイは主戦力となる筈の世代が少なかった昨年はトップ50から陥落したが、今年は3歳馬が一気に増加し、勝利数も昨年から3倍弱増えて返り咲き。

ワークフォースはスベった感満載だったファーストシーズンから最後まで巻き返しならず。種付け頭数は昨年の162頭から57頭に大激減・・・更に来年からアイルランドへ放出される事が決定。やはり、日本で当たり外れのデカいキングマンボ系に加え、母父サドラーでは根本的にスピードが足りてなかったか。

ブライアンズタイムは勝利数こそ半減したが、2年連続で重賞勝利を記録してトップ50に踏み止まった。ラストクロップとなる2歳馬は2頭だし、来年は圏外へ去る確率は高いが、御三家最後の意地は見せたかな?

ダノンシャンティはスマートオーディンが重賞2勝をマークしたが、他の3歳勢の援護射撃が乏しく伸び悩んだ。社台からビッグレッドへ放出されてキンシャサとの明暗クッキリ。

カジノドライヴは土壇場でレッドゲルニカがOP入り。勝ち上がり率もマズマズあったし、今年の種付け頭数は113頭と3年ぶりに100頭オーバー。来年も社台で繋養が決定。


今日はここまで。続きは明日にでも。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
185位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR