セントライト記念

◎ミッキースワロー
○スティッフェリオ
▲アルアイン
△クリンチャー
△インペリアルフィズ
△クレッシェンドラヴ

ミッキースワローは京都新聞杯では折り合いを欠いて坂の下りからの早仕掛けが祟り、前走も上がり最速の脚を使いながら前残り決着で取りこぼし。菊沢Jr.に下手に乗られて2戦損をしたが、今回はノリに替わって鞍上強化。中間もダイワリベラルやウキヨノカゼといったOP馬と併せ馬を行って乗り込み入念。少なくとも権利は取れる筈。

スティッフェリオはこの条件で滅法強いステゴ産駒で未勝利とはいえ重馬場で連対しており、渋った馬場もこなせる。前走は内枠が仇となって包まれて勝負所で動けず脚を余したが、1000万クラスでも能力上位は示した。追い切りでは2週連続で坂路で好時計をマークして仕上がり良好。このメンバーなら通用しても。

アルアインはディープ産駒でも切れないディープ産駒で渋った馬場はこなせる。折り合いに不安がないタイプで中山の外回りも問題なさそう。追い切りでも馬なりで併走馬を楽に交わし、春よりもパワーアップしてる印象。ただ、短距離志向が強い母系故に2200mは一抹の不安が残るので3番手まで。

クリンチャーはダービーでは先行する事も出来なかったし、瞬発力勝負となってしまっては出番がないのもやむなし。今回は見せ場を作った皐月賞と同じく中山で先行してしまえばその再現が見られるかも。追い切りはまだひと追い欲しい体型に見えたが、全体の時計は悪くない。

インペリアルフィズは4年前の同レースの3着馬ダービーフィズの全弟。兄よりも重苦しさが出てる感じで勝ち上がるのに苦労したが、距離が延びて良さが出て来た。前走は早め先頭に立ったところでソラを使って2着に敗れたが、力を付けている点は示した。中山の神・田辺なら一発があっても。

クレッシェンドラヴはスティッフェリオと同じくステゴ産駒。こちらは母父サドラーでムトトのスティッフェリオよりも重さ寄りだが、スタミナ勝負なら上のクラスでも通用しても良い。勝負所でズブさが出るので頭はなさそうだが、早めの競馬でしぶとさを活かせれば権利を取れても。

馬券はミッキースワロー軸の馬連と3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

ローズS

◎リスグラシュー
○モズカッチャン
▲レーヌミノル
△カワキタエンカ
△メイショウオワラ
△メイズオブオナー

リスグラシューはスタートに課題を残し、勝負所でもスッと反応出来ない弱点はあるが、スムーズさを欠いて5着に敗れたオークス以外は全て3着以内。更に馬場が悪化するかもだが、稍重の桜花賞で2着に来てるように道悪はこなせるタイプ。終いを伸ばす追い切りの動きも良く、普通に立ち回れば連軸として信頼出来る。

モズカッチャンは道悪適性は何とも言えないが、上がりの性能に限界があるハービンジャー産駒だけに良馬場の決め手勝負になるよりも良いだろう。オークスは勝ち馬に完敗だったが、末脚の持続力の性能の高さは示したし、この馬の走破時計も優秀。デムーロ乗り替わりで妙味はないが、大崩れはなさそう。

レーヌミノルは稍重の桜花賞でリスグラシューとソウルスターリングを撃破。回転の速い走法で道悪適性の高さは折り紙付き。8月に函館入りしてじっくり調整して来ただけに仕上がりも良い。不安材料は1800mという距離が持つかどうかだろう。やや長い気もするが、道悪適性でカバー出来れば。

カワキタエンカは重馬場で行われたデビュー戦を勝ち、続く千両賞もアルアインの3着。道悪適性の実績はあるし、中1週の強行軍だった桜花賞でも7着に逃げ粘った。休み明けの前走もレッドアヴァンセの2着なら上々の内容。休み明けの有力所に対して使われた強みを活かせれば。

メイショウオワラは重馬場で2戦2勝とこの馬も馬場悪化で浮上しそうなクチ。その内、500万で負かしたのがその後に連勝し、重賞でも好走歴があるサングレーザーなのだから軽視は出来ない。血統的には短距離向きなので距離は微妙な気もするが、立ち回り一つでカバー出来そう。

メイズオブオナーは勝ち上がるまでに10戦を要したが、一息入れた後の500万でも勝って連勝。3歳春からダートを使われて来たが、やはり本質的には芝馬。北海道の500万を勝ち上がったローズS好走馬はタッチングスピーチがいるが、上がり最速で差し切ってるは共通してる。

人気の一角を占めるファンディーナだが、調整の遅れは陣営も認める通り。地力の高さでどうにかする可能性もあるし、追い切りも悪くはなかったが、伏兵陣にも魅力的な馬がいるし、配当妙味を考えれば手が回らなかった。ここは敢えての無印。

馬券はリスグラシュー軸の3連複が基本線。馬連はモズカッチャンとレーヌミノルの2点のみ。

ラジオ日本賞はスズカリバーの単複がメイン。重馬場で2勝を挙げてるし、単騎逃げ濃厚な組み合わせ。前走は早めに来られた割には踏ん張って悪くない内容。人気を下げてマークが緩くなりそうなここなら。後は上手く外へ出せればトラキチシャチョウの末脚復活に期待したいので複勝を少し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

セントウルS・京成杯AH

仕事上、段取りを打ち合わせもせずに自分の考えだけで勝手に決める偏屈バカと予定外のトラブルをまるで他人事のような感じで笑ってる阿保と共に休日出勤をする事ほど不愉快な事はそうあるものではない。折角、紫苑Sが当たって重賞の連敗が止まって良い気分だったのが台無しだ。

今日は全馬の寸評まで書いてる集中力がないので主要馬まで

セントウルS
◎フィドゥーシア
○ファインニードル

GⅡと称して良いのか疑問に思えて来る酷い面子。こうなると今回が試金石と思われたフィドゥーシアを軸に据えるしかない。アイビスSDは逃げたアクティブミノルを負かしに行った分、最後に甘くなって差されたが、今回は開幕週で強力な同型馬も不在。コース追い出来るようになって地力強化された今なら、このメンバーでは抜けている。

逆転の可能性があるとすればファインニードル。北九州記念は直線前が壁となって脚を余してしまう不完全燃焼な競馬。同条件だった2走前は好時計で快勝。コース替わりも開幕週の馬場も歓迎材料。スムーズに立ち回れば崩れる事はないだろう。

馬連一本でもいいのだが、2頭共穴がないわけでもない。間に何かノーマークの馬が来そうな気もするので馬連とワイドの併用で。


京成杯AH
◎グランシルク
○ブラックスピネル
▲マルターズアポジー
△ダイワリベラル
△ボンセルヴィーソ
△ミッキージョイ

グランシルクは詰めの甘さは付き纏うが、終いの脚は堅実。ここ2戦はウインガニオンの逃げ切りを許してるが、パラダイスSは稍重で切れが殺されたし、中京記念は内が残れるトラックバイアスに泣かされた。マルターズアポジーが引っ張るなら、流れは極端には緩まない。掲示板を1戦しか外していないこの条件なら。

ブラックスピネルは安田記念は殿負けに終わったが、この時は坂路で一杯に追われながらも54秒台と状態面に疑問符が付いてた。今回はそれ以来の休み明けだが、リフレッシュで立て直した効果もあってか、坂路でアルティマブラッドに遅れたとはいえ51秒台をマーク。安田記念以外は重賞で好走してる実績を見直す。

マルターズアポジーは久々のマイル戦がどうかと思われた関屋記念では先手を奪って好タイムで逃げ切った。自分のリズムを崩されると脆いが、型にハマれば滅法強いタイプ。58キロと同型馬の存在が鍵だが、開幕週の馬場を味方に付けてマイペースで運べれば簡単には止まらないだろう。

ここはグランシルク軸の3連複で。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

紫苑S

◎ディアドラ
○ライジングリーズン
▲プリンセスルーラー
△カリビアンゴールド
△ホウオウパフューム
△シーズララバイ

ディアドラは桜花賞6着、オークス4着とこのメンバーでは一枚抜けた実績。休み明けの札幌では準OPクラスでも好走してたラヴィエベールを叩き合いの末に捻じ伏せる強い競馬。追い切りはテンにゴチャ付いて全体の時計は遅くなったが、終いの伸びは目を引いた。これ以上馬体が減らなければ連軸として信頼出来る。

ライジングリーズンはラジオNIKKEI賞では好スタートを切って前で運んだのが仇となって脚を溜め切れずにブービー負け。今度は後方で折り合いを付けて捲って行く自分のスタイルで行くだろう。2000mはやや長いかもしれないが、春はアエロリットとディアドラを負かして桜花賞に駒を進めた。立ち回り次第で。

プリンセスルーラーは休み明けで幾分緩さが残ってた前走は準OPでも好走してたレッドアヴァンセから0.5秒差の5着。桜花賞7着のカワキタエンカ(2着)にも0.3秒差。追い切りの映像はないが、長めから追われて全体の時計は1週前や前走時よりも速い。叩かれての上積みが見込めそう。

カリビアンゴールドは休み明けで折り合いを欠いたものの、勝ち馬とはクビ差。勝ち馬(ポールヴァンドル)は距離に不安があるタイプだが此方は守備範囲内だし、乱戦に強いステゴ産駒。折り合えるようならここでも通用。

ホウオウパフュームはフローラSとオークスの不甲斐なさからあまり信用してないが、このコースには実績があるし、中山の神・田辺に戻るのであれば連下に加えられる。シーズララバイはファンディーナの2着に来たフラワーCの実績を見直したい。

馬券はディアドラ軸の馬連。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

新潟記念・丹頂S

◎ウインガナドル
○ルミナスウォリアー
▲マイネルフロスト
△アストラエンブレム
△トーセンバジル
△ソールインパクト
△カフジプリンス

ウインガナドルは1800~2000mを主体に逃げるスタイルで殆ど大崩れがない。陣営は「逃げには拘らない」と煙幕を張ってるが(?)、同型がマイネルフロストしかいないし、向こう正面の直線が長い外回りなら大外でもハナを切って来るだろう。追い切りもキビキビ動けて更に上積みが見込めそう。52キロの軽ハンデで再度の逃げ粘りに期待。

ルミナスウォリアーは馬場が渋って上がりが掛かった恩恵もあったが、捲り気味に仕掛けて勝ち切った函館記念から地力強化が窺える。内回りだが、新潟で2勝。東京でも実績がある左回り巧者。最終週で時計が掛かり出してる今の馬場も合う。57キロのハンデがどうかだが、極端な決め手比べにならなければ。

マイネルフロストはブリンカーを装着するようになってから重賞で2、3、2着と連続好走。その先行力は小回り向きなのは確かだが、同条件だった3走前の新潟大賞典でも2着に粘ってる。一息入れせいか、追い切りはやや物足りなく見えたが、元々動く方ではないので良い意味での平行線か。

アストラエンブレムは左回りの実績に関してはエプソムCで触れた通り。その内、新潟では2戦2勝。これまでの差し追い込みから2走前は好位、エプソムCは番手からと自在性を身に付けて位置取り不問。ただ、テンションが上がりやすいので輸送に不安があるのと、1Fの距離延長がどうか。

トーセンバジルはいきなりのGⅠ出走となったジャパンC以外は左回りで3勝。天皇賞では歯が立たなかったが、その前の阪神大賞典は末脚勝負に徹して3着と重賞で一定の目処は付いている。天皇賞以来の休み明けとなるが、今月初めからしっかり乗り込んでおり、力を出せる仕上がりに見える。時計が速くならなければ。

ソールインパクトは七夕賞に続いての格上挑戦。七夕賞は勝ち馬を負かしに行った分、直線でもう一伸びが足りなかったが、軽ハンデなら重賞でも通用するところは見せた。新潟に勝ち星はないが、東京でのレースぶりから左回りの外回りも問題ないだろう。立ち回りの上手さでここでも。

カフジプリンスはこの距離は幾分忙しいのは確かだが、明らかな畑違いだった休み明けの小倉記念で5着。追走に手一杯で勝負所でも後方だったが、そこからジリジリと脚を伸ばした。直線の長い新潟に替わり、時計が掛かり出してる今の馬場なら間に合う可能性はある。大穴ならこれだろう。

馬券はウインガナドルの単複と馬連。


今週は小倉2歳Sをパスして新潟記念だけ買うつもりだったが、元PO馬のトリコロールブルーとレッドローゼスが出走してた日高特別を衝動的に買って馬連とワイドを当てたので(3連複は外れ)、メインの丹頂Sを買ってみる。

◎プレストウィック
○ラブラドライト
▲タマモベストプレイ
△ヒラボクディープ
△バロンドゥフォール

プレストウィックは昨年暮れから芝の長距離で安定。前走はティータンとの呼吸が合わずに崩れたが、昨年も騎乗してるルメールならスムーズに折り合えるだろう。54キロと手頃なハンデも魅力。

前走でプレストウィックに先着して今回も単騎逃げが見込めるラブラドライドとハンデは背負うが札幌の長距離は合ってるタマモベストプレイの2頭が対抗格。タテ目も買っての馬連流しで。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
85位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR