目黒記念

◎ヴォルシェーブ
○モンドインテロ
▲サラトガスピリット
△アルター
△トルークマクト
△ムスカテール

ヴォルシェーブは昨年暮れの金鯱賞では超スローなのに隊列がバラける展開で末脚不発に終わったが、基本的に左回りの2400m前後では安定しており、東京では着外なし。前走は直線でどん詰まりながらも勢いが付いてからは別格の伸びで完勝。追い切りは調教駈けする格下馬に遅れたが、この馬なりに動けてた。56.5キロなら大丈夫だろう。

モンドインテロは如何にも距離不足という印象だった大阪杯では勝負所でのペースアップに対応出来なかったが、直線で盛り返しての9着。距離が延びてゆったり運べる今回は明らかに条件が好転。56.5キロも背負い慣れており、ここを目標にした調整も順調。詰めの甘さに課題は残るが、大崩れはないだろう。

サラトガスピリットは昨年春から条件戦ながら2200、2400m戦で着外なし。エンジンの掛かりが遅くて勢いが付くのに時間を要する分、勝ち味に遅いのは確かだが、終いの脚は確実に使える。今は出来が良いのだろう、追い切りでも長めから終いを伸ばす程度だったが、フットワークは伸びやか。54キロならこのメンバーでも通用して良い。

アルターはサラトガスピリットとキャラ被りしてるが、この馬も2200、2400m戦では詰めが甘いながらも堅実な走り。1キロ重く見込まれた事でサラトガより評価を下げたが、トーセンバジルやスピリッツミノル相手にそこそこ走れており、前走ではサラトガを下してOP入り。内目で上手く立ち回れば通用しても。

トルークマクトは前走も穴で狙ってみたが、スローペースに泣かされて前も止まらなかった。最近はワンターンのコース形態が合ってる感じだが、元々東京の2400mは得意条件で東京での3勝全ては蛯名とのコンビ。追い切りでも良く動いており、引き続き穴で狙ってみたい。

ムスカテールは長期休養明けのダート戦だったプロキオンS以外は常に買い続けてるので特に書く必要がないが、4年前に勝ってる得意の左回りの2500m戦、ハンデも56キロの据え置きで何で単勝万馬券の殿人気なのだ?折り合いさえ付いて脚が溜まれば着は取っても不思議ではないのだが。

馬券はヴォルシェーブ軸の馬連と3連複。あと、これだけつくならムスカテールからのワイド流しも少し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

平安S

◎ロワジャルダン
○グレイトパール
▲グレンツェント
△ピオネロ
△ロンドンタウン
△タガノエスプレッソ

ロワジャルダンは適度に脚抜きが良い馬場がベストでパサついた馬場は割引が必要だが、京都は相性が良い。これだけ逃げ先行馬が揃えば一定以上のペースで流れるだろうし、控えて内にも潜り込むのも容易。浜中とも手が合うし、叩き2戦目でさらに上積みが見込める。

グレイトパールはダートに転向して4連勝。晴雨兼用で先行してもヨシ、2走前みたく後方から差して来てもヨシ。前走は相手が弱すぎて鵜呑みに出来ない部分はあるが、持ち時計もあって京都では3戦3勝。一気の相手強化で揉まれるとどうかだが、即通用しても。

グレンツェントはアンタレスSの内容が案外だったが、この時は輸送でイラついて馬体減りしたとの事。京都ならみやこS2着と我慢が効く。一叩きされての上積みも見込めそうだし、ロワジャルダンと同様に先行激化が予想されるここなら巻き返せる。あとは58キロがどうか。

ピオネロは今年に入ってから底を見せた感があるが、冬場はそれ程得意ではなく、更に馬体増で絞り切れなかったのも原因の一つだろう。やや間隔は開いたが、帰厩してから乗り込んでいるし、2週連続併せ馬で一杯に追って来た。500キロ台前半であれば動けると見る。

ロンドンタウンは素軽さに欠けて勝負所でズブさを見せる点で流れに乗り損ねる可能性はあるが、前走も手応えの割にしぶとく脚を伸ばして2着。中央の重賞でも目処が付いたし、乱戦でしぶとく浮上するタイプ。流れに乗りさえすれば人気以上に走れそう。

タガノエスプレッソはまぐれ一発と思えた3走前の印象が強いが、前走はスタートで後手を踏み、直線も詰まってマトモに追えず。出遅れが幸いしたというか、距離延長でゆったり運べる方が合ってる感じで展開が向きそうなここは狙い目。内枠から上手く捌ければ。

馬券はロワジャルダンの複勝と馬連流し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

京王杯SC

うっかりお茶をぶちまけてしまい、ノーパソの調子がおかしくなってしまった(´;ω;`)

復活出来れば詳しい見解は書く予定だけど、とりあえず今はガラケーで印だけ。

◎トウショウドラフタ
○レッドファルクス
▲ブラヴィッシモ
△ダンツプリウス
△ダッシングブレイズ
△トーキングドラム


追記

・・・ノーパソ復活ーーーーーッ!!

再起動した後はネットに繋がらなくなり、血の気が引く状況に陥ってたが、お茶を拭き取れるだけ拭き取って乾かして一晩経ったら無事に繋がった。現時点では異常らしい異常はないのでホッと一息。

では寸評をば
トウショウドラフタは左回りの1400mで全5勝をマーク。更に田辺とのコンビで左回りの1400mというピンポイントの条件なら3戦3勝、今回の条件でも2戦2勝。阪神Cでは大敗したとはいえ、不良馬場のファルコンSを勝ってるように渋った馬場もこなせる。前走は休み明けで初の1200m、7秒台の決着では厳しかった。一叩きされてのベスト条件に戻れば巻き返しがあっても。

レッドファルクスは香港帰りの休み明けで半信半疑だった高松宮記念では一貫してインを立ち回り、同じく内を掬った2着馬と激しく叩き合っての3着。ぶっつけでなければと思わせる内容で今回はそれよりも良い状態で挑める。1400mは久々だが、ダートを主戦場としてた頃は1400mで実績を残してる。初の58キロがどうかだが、香港以外の充実振りをみればこなせると思う。

ブラヴィッシモは今年に入って芝の重賞クラスに慣れて来たか、阪急杯とオーシャンSでは4、5着。その実績からOP特別の前走は1番人気に支持されたが、最内枠が仇となる形で勝負所で包まれる形となってスムーズさを欠いての2着。ただ、この時は渋った馬場を全く苦にしておらず、道悪になればなるほど良さそう。東京コースにも勝ち鞍があり、展開次第では浮上するかも。

ダンツプリウスはダービー卿CTでは外枠が祟って好位から立ち回る本来のスタイルを取れなかったものの、勝ち馬から0.4秒差の6着。6番枠なら本来の位置取りで競馬が出来そうだし、調教も相変わらず動けてる。初の1400mで追走に手間取る可能性もあるが、そこさえ上手く行けば道悪適性の高さで善戦可能。

ダッシングブレイズは昨年と同様に大外枠を引いたが、この時も追走には手を焼いたが直線で良く伸びて来ての4着。東京新聞杯以降は重賞では少々頭打ちになってるのは確かだが、重馬場では2戦2勝。時計が掛かる馬場となれば2走前くらい走れても。

トーキングドラムは時計が掛かる馬場に恵まれた阪急杯ではまぐれ一発と思ったが、続く高松宮記念でも外差しが間に合わない馬場で大外から追い上げて6着。それ相応に力を付けている感じで条件ベストの1400m。道悪は特別得意でもないが、不得手でもない。

サトノアラジンはラキシスの弟で道悪はこなせる下地はあるが、切れ味身上のタイプだけに決して良い条件ではない。一叩きされた昨年と違って今年は香港以来の休み明けだし、今回も嫌ってみる。

キャンベルジュニアは中1週でダービー卿CTを勝った反動が出たのか、陣営のトーンがもう一つ上がって来ないし、追い切りも少々物足りなく見えた。グランシルクは条件はベストだが、ステゴ産駒の割にはそれ程道悪適性は高くない。

馬券はトウショウドラフタの単勝、馬連、ワイド。それとレッドファルクスとの2頭軸で3連複流し。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

京都新聞杯・プリンシパルS

昨年はプロディガルサンとスワーヴアーサー、一昨年はポルトドートウィユとアルバートドック、その前はベルキャニオン、ガリバルディ、シャドウダンサー、ラングレー、リクエストソングと近年のダービートライアル&京都新聞杯に出走して来るPO馬達。
心情的な期待も込めて軸で買う事が多々あるが、一昨年の京都新聞杯以外は馬券的恩恵がなかったりする。でも、今年も懲りずに軸で買うぜ(私情優先主義)

京都新聞杯
◎インヴィクタ
○ダノンディスタンス
▲プラチナムバレット
△メルヴィンカズマ

インヴィクタは若葉Sでも1番人気に支持されたが、前有利の流れで脚を余す形となったし、内回りも少し忙しかった。距離延長&外回りに替わる今回は明らかに条件が好転。追い切りはヴォルシェーブと併せて遅れはしたが、動き自体は悪くない。流れに乗れさえすれば勝ち負け出来る力はある。

ダノンディスタンスは3走前はベストアプローチ相手に逃げ切り、2走前はアダムバローズとハナ差の2着とOPクラス相手に好走。前走は勝負所で早々とバテる案外な内容だったが、心房細動なら情状酌量の余地あり。中間は意欲的な調教を積んでおり、先行出来れば巻き返せるかも。

プラチナムバレットは2走前の毎日杯はアルアインから0.5秒差の4着。3走前に負けた相手に先着し、返す刀のはなみずき賞をキッチリ勝ち上がった。使われる毎に力を付けており、中間の調整も好気配。2200mは初だが、折り合いが付くタイプでこなしても良さそう。

メルヴィンカズマはプラチナムバレットが勝ったはなみずき賞では直線で終始どん詰まってまともに追えないまま。まともに追ってれば勝ち負けに加われたのは明白。勝ち上がるのに9戦掛かったが、その前の3戦は相手が悪かった。一発があるとするならこの馬か。

サトノ2頭は休み明けで半信半疑な部分があるし、ミッキースワローは京都芝コース騎乗経験なしの菊沢。ゴールドハットは血統的にこの距離は長そう。未勝利上がりは流石に厳しかろう。

馬券はインヴィクタ軸の馬連とワイド。少々弱気だが、インヴィクタ自体が差し損ねる危険性があるので。


プリンシパルS
◎レッドローゼス
○ダイワキャグニー
▲ロードアルバータ
△チャロネグロ
△スイーズドリームス

レッドローゼスは未勝利時代はサトノアレスとハナ差の勝負を演じ、ベゴニア賞でも0.4秒差。休み明けを叩いた前走は前有利の流れを33秒台の末脚を使って差し切る強い勝ち方。スタートがあまり良くないのは気掛かりだが、最内なら致命的なロスにならなさそう。

ダイワキャグニーは右回りの弥生賞では敢え無く惨敗したが、今回は2戦2勝と相性の良い東京で偶数枠。距離さえこなせれば巻き返しがあって当然。

スズカメジャーやエトルディーニュは距離に不安。ヘリファルテはキャリア1戦で半信半疑。それなら2000m以上で勝利経験がある馬の方が配当的にも狙い目。スイーズドリームスはデビュー戦での蛇行は気掛かりだが、追い切りの気配が良いので押さえてみる。

馬券はレッド軸の馬連と3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

青葉賞

◎トリコロールブルー
○アドミラブル
▲ベストアプローチ
△ポポカテペトル
△アドマイヤウイナー

トリコロールブルーのスプリングSは大外枠に加えてスタートで出遅れて後手に回ったし、小回りの1800mという条件も忙しかった。今回は2戦2勝と相性の良い左回りで半兄ワールドインパクトはこのレース2着と血統的下地もある。東京への輸送も経験済み。普通に立ち回れば権利は取れる筈。

アドミラブルはノドの手術後は2戦2勝。特にスロー上がり勝負となったアザレア賞では早めに動いて2着以下に3馬身という決定的な差を付ける完勝。初の左回りと関東圏の輸送競馬で未知数な部分はあるが、前評判通りの走りが出来れば、ここでも首位争いか。

ベストアプローチは弥生賞では4コーナーから直線で窮屈な競馬を強いられて皐月賞の権利を取れず。折り合いに不安がないタイプだし、脚を余した弥生賞でのレースぶりから今回の条件は合うと思う。1週前はトーセンバジル、今週はファントムライトに追い切りで先着。出来の良さを活かせれば。


ポポカテペトルは全兄マウントロブソンと似たタイプでディープ産駒でも切れないタイプだが、豊富なスタミナをベースに粘っこい脚を使う。前走は勝ちタイムこそ平凡だが、追ってからもしっかり脚を伸ばして後続を寄せ付けず。今回も手頃な頭数で持ち前のしぶとさを活かせるようなら。

アドマイヤウイナーは札幌2歳S3着後はやや低迷したが、初の左回りとなった大寒桜賞では隊列がバラけて尚且つ引っ張った先頭2番手が2、3着に残る展開をしっかりと折り合っての差し切り勝ち。左回りは合ってる感じだし、輸送を乗り切れば権利争いが出来る筈。

馬券はトリコロールブルー軸の馬連と3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
55位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR