北九州記念回顧

武豊が絶妙なレースコントロールで自身が持つ北九州記念最多勝記録を更新。定年間近の福島師の管理馬で20年振りに勝った事が話題となったが・・・20年前の勝ち馬ダンディコマンドはGⅠ級のスピード能力を有しながら、この時の訳の分からないローテでぶっ壊されただけに、師の最後の夏に花を添える云々みたいな記事には苛立ちを覚える(元凶は厩務員だったと思うが)。

4連勝で重賞までぶっこ抜いたダイアナヘイロー。出脚が速く、内のアクティブミノルを先に行かせて労せず番手。一見、プレッシャーを掛けてるように見えるが、実は3F目と4F目はそこまで速くなく、むしろ一息入れさせてる。
そして5F目で満を持して追い出しに入ってアクティブミノルを潰して先頭。ラスト1Fはやや一杯になったが、後続の追い込みも強力ではなかったので危なげなくゴール。
立ち回りに幅が出た事が快進撃の要因となってるが、それでも最後の1F、特に坂のある阪神ではガクッとタイムが落ちてる。500万時代も京都に比べて坂がある阪神や中京では成績が悪い。平坦向きのスプリンターの領域は出ておらず、過信は禁物だろう。

2着ナリタスターワンはスタートから軽く行き脚を付けて好位集団の後ろ。外目を回らされる形となったが、折り合いも付いて流れに乗って勝負所でジワッと進出。勝ち馬には届かなかったが、この馬なりに脚を伸ばして2着を確保。
手前を替えないという話だが、今回は替える所でしっかり替えていた。ハイペースのようで道中は息が入って前が残れるペースとスムーズに立ち回れたのが噛み合っての激走だったが、次走以降もこれだけ走れるとは思いづらい。

3着ラインスピリットは大外枠から好スタートを決めて好位集団の外目。4コーナーで外から2着馬に被せられた時はすでに手が動き出していたが、そこからが存外しぶとく波乱の片棒を担いだ。これも前有利の流れが味方したクチだし、後続のだらしなさにも助けられた。馬体も減り続けており、正直もうお釣りはなさそうな感じ。

キングハートはスタートの出脚が鈍く、中団へ取り付くのに少し脚を使う形。道中も仕掛けながら位置取りを上げてる感じでリズム感が悪く、直線もそれなりに伸びて来たが2、3着馬すら交わせずじまい。
太目感はなかったが、2キロ増で自己最高馬体重。間隔も2ヶ月空いており、その辺りが行きっぷりの鈍さに影響したのかもしれない。

1番人気ファインニードルは一旦は前に行って良い位置を確保してから控えて好位の後ろ。折り合いも付いて流れに乗れたが、直線で外のスペースを2着馬に先に入られ、前も2着馬がいて完全に壁。何とかこじ開けて伸びて来た時には大勢が決していた。完全に脚を余した勿体ない競馬。

アルティマブラッドは出たなりにスタートから行き脚を付けて好位集団。勝ち馬を見ながら折り合いを付け、勝負所でも手応えに余力があるような感じだったが、直線では3着馬が壁となって一瞬包まれる形。しかし、いざスペースが出来ても上位馬には切れ負け。重賞ではまだ力不足。

本命アクティブミノルは内枠から押して行って注文通りハナへ。勝ち馬に可愛がられる形で道中はペースの割に楽に逃げられたが、勝負所から勝ち馬がプレッシャーを掛けて来ると手応え劣勢。それでも直線半ばまで踏ん張ったが、ラスト1Fラスト1Fで甘くなった。自分の形は作れたが、連戦の疲れがあったのかも。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

2017リーディングサイアー~8月20日現在~

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4ダイワメジャー
5ハーツクライ
6クロフネ
7マンハッタンカフェ
8ハービンジャー
9アドマイヤムーン
10ゴールドアリュール
11ネオユニヴァース
12ブラックタイド
13キンシャサノキセキ
14エンパイアメーカー
15ゼンノロブロイ
16シンボリクリスエス
17サウスヴィグラス
18ルーラーシップ
19メイショウボーラー
20ヴィクトワールピサ




札幌記念4頭出しで1、2、3、5着と全て掲示板に載る離れ技を決めたキンカメが2ヶ月ぶりの重賞勝利。JRA重賞通算100勝にあと3勝。

特別戦2勝を含めて3勝を挙げたダメジャーがハーツを逆転。4頭出しの新潟2歳SとキーンランドCのソルヴェイグとナックビーナスで更に差を広げられるか?

ドラゴンゲートのNST賞勝利でメイショウボーラーがランクアップ。JRA通算200勝にリーチ。

ダイアナヘイローの北九州記念勝利でキングヘイローが42位から40位にランクアップ。JRA重賞勝利は2015年マーメイドS(シャトーブランシュ)以来で節目の10勝目。

リーチから2ヶ月掛かったが、土曜新潟7Rでラブリイメッセージが勝利し、ダンスインザダークが史上13頭目となるJRA通算1100勝達成。一昨年に種付けした3頭は全て不受胎で今年の2歳馬がラストクロップ。

テーマ : 中央競馬
ジャンル : ギャンブル

札幌記念回顧

今日のレースって函館記念だったっけ?と現実逃避をしたくなる人気薄のワンツー。ハンデ戦の函館記念で着外だった2頭が斤量増となる定量戦の札幌記念でワンツー。しかも1~3着まで馬番1~3で決まるとか、悪い冗談にも程がある。

あくまで可能性の話ではあったが、まだ巻き返しがある可能性があったサクラアンプルール。最内から好スタートを決めて良い位置を取って中団。道中は有力馬を見ながら脚を溜め、勝負所で手応え良く進出。直線で人気馬を並ぶ間もなく交わして先頭、最後はソラを使って2着馬に詰め寄られたがクビ差で凌ぎ切った。
函館記念は休み明けの大外で良いところなかったが、今回は最内を引いて一叩きされた事で気配一変。前半は動かずに脚を溜め、有力馬が動いてから仕掛ける蛯名の老獪な立ち回りも功を奏した。中山記念2着の実績を鑑みれば、これくらいは走れる馬ではあったが・・・

これこそは家賃が高すぎると思ってた2着ナリタハリケーン。スタートから後方に控えてラチ沿いに張り付く省エネ騎乗。4コーナーで上手く馬群を捌いて外へ持ち出し、直線は勝ち馬の後を追うように伸びてクビ差に迫る大激走。
巴賞の走りから洋芝適性があると思って函館記念で狙ったとはいえ、流石に定量戦のGⅡではキツいだろうと思ってたら、実にうまい立ち回りで居並ぶ実力馬に軒並み先着。芝転向3戦目で慣れた頃とはいえ、これにはただただ唖然。

3着ヤマカツエースは出たなりの競馬で序盤は中団。1~2コーナーでハミを噛んで力んだが、好位の外目で我慢させて当面の相手エアスピネルをマーク。勝負所から仕掛けて行ったが、良い頃の切れ味はみられず3着確保がやっと。
仕上がってはいたが、馬なりで上がって行ける勝負所で手が動き出した辺り、休み明けの影響があったのは否めない。最低限の格好は付けたが、可もなく不可もなくという印象。

サウンズオブアースはスタートから意識的に出して行って好位からの競馬。ペースが緩んだ中盤では流れに乗れていたが、勝負所では逆に置かれてしまい、直線も2着馬との追い比べで後れを取る始末。
追い切りでは出来が良さそうに見えて小回りをこなしてくれるんじゃないかという期待はあったが、やはり小回りの中距離戦は適性から外れてたか。これで人気が落ちるようなら、逆に秋は狙い目になりそうな気もするが。

エアスピネルはスタートで外へヨレたが、立て直すとジワッと前目を取りに行って道中は3、4番手の外目。この馬としては折り合ってたし、勝負所ではヤマカツよりも余力を残してたように見えたが、いざ追い出されるとバテない切れないジリ脚。
ルメールに乗り替わって正攻法の競馬をしてみたが、結果として既に2000mですら長くなってしまったのを露呈。安田記念は直線で前が詰まって失敗に終わったが、マイル戦で溜める競馬をもう一度試してもらいたい。

ロードヴァンドールはスタートでヨレてしまったが、そこから気合いを付けてハナを主張。中盤にペースを落としたマイペースの逃げを打ったが、勝負所でマイネルミラノにプレッシャーを掛けられる展開。それでも手応えの割に直線もそれなりに踏ん張った。もう少し相手が楽になれば。

マウントロブソンはスタート直後にロードヴァンドールにぶつけられて最後方。スタンド前で後方集団に取り付きはしたが、馬群の中に包まれてしまってそれ以上位置を上げられず。勝負所ではズブさを出して早々とムチが入る始末で直線も見せ場なく流れ込んだだけと消化不良な内容。

アングライフェンは後方に控えて折り合いに専念。函館記念よりも折り合っていたが、終始外々を回らされたのもあってか、直線は大外から伸び切れず。枠と道中の立ち回りの差がモロに出た形だが、少々見込み違いだった。

テーマ : レース回顧
ジャンル : ギャンブル

マヤノトップガン産駒の成績(8月20日)と特別登録馬

8月20日
札幌
7R3歳上500万下(ダート1700m)
インスタイル
12番人気11着




二の脚が付かずに後方から。勝負所でも置かれて4角最後方からバテた馬を交わすだけ。

シンガポールのデンジャーゾーンは相性の良いポリトラックで2年半ぶりの勝利!道中は好位のインで脚を溜め、4コーナーで外に出して直線で抜け出す危なげない勝利。終わったと思わせてもうひと山あるトップガン産駒は国を問わず健在で何よりだ。




特別登録馬
トラキチシャチョウ・・・BSN賞
シェヴェルニー・・・千歳特別




社長は新潟出張だが、左回りは東京と中京では今一つだったからなぁ。叩き3戦目で変わり身を見せてほしいところだが。

テーマ : 競馬情報
ジャンル : ギャンブル

札幌記念・北九州記念

札幌記念
◎ヤマカツエース
○サウンズオブアース
▲マウントロブソン
△ロードヴァンドール
△アングライフェン

ヤマカツエースは暑さに強くないタイプもあって春は大阪杯を最大の目標に定め、宝塚記念は早い段階でパスを表明。その甲斐あってか、放牧から函館に移動しての調整はすこぶる順調。本場場での追い切りも余力十分で出来の良さが窺える。過去2年は4、5着と善戦止まりだったが、今年は強敵不在で千載一遇のチャンス。

サウンズオブアースは京都新聞杯以降は2400m以上のレースを主戦場としてるし、長く使えるが一瞬の切れがない脚質故に条件的には向かなさそうだが、勝ち星の2勝は2000mで挙げてるし、中山の内回りをこなしてる。小回りに適性がないわけではない。何より、抑え切れない手応えだった追い切りの気配も良い。

マウントロブソンはモレイラ人気が過剰すぎて馬券的妙味は全くないが、追い切りでは長期休養明けを叩いた反動も見られず気配良好。これまでのキャリアが示すように前目で運べる機動力とスッと反応出来ないがしぶとく脚を使える小回り巧者。パワータイプの母系で洋芝をこなせる下地もある。

ロードヴァンドールはマイネルミラノとの兼ね合いになるが、向こうが外枠を引いたのに対して此方は4番枠。金鯱賞は上手くペースを落として2着に粘ったが、その前の小倉大賞典はマルターズアポジーの作ったハイペースに付いて行って4着。平坦コースであれば多少速くなっても踏ん張れる。

アングライフェンは函館記念は少し折り合いを欠いたのと早めに動かざるを得ない展開で最後は足が鈍ってしまっての4着に終わったが、滞在競馬で重賞クラスでも通用する目処は付けた。テン乗りとなるが、福永は何となく手が合いそうな感じがするし、溜めに転じれば通用しても良い。

エアスピネルはマイル路線から久々の2000m戦に加えて大外枠。ある程度位置を取りに行かざるを得ない状況で折り合えるか微妙なところだし、馬場が悪かった点を考慮しても追い切りの動きは良い頃に比べて見劣りする印象。配当妙味もないのでここは敢えて無印。

馬券はヤマカツエース軸の馬連。


北九州記念
◎アクティブミノル
○キングハート
▲ダイアナヘイロー
△アルティマブラッド
△ファインニードル

アクティブミノルはブリンカーを装着してからCBC賞で3着に逃げ粘り、アイビスSDでも4着と完全に息を吹き返した。オウノミチがいるとはいえ、内枠を引けた事でラチ沿いに張り付いて逃げる事が可能。いつもの坂路ではなくCWで追い切ったのは気になるが、馬場が悪いなりにしっかり動けてた。ここまでなら狙える存在。

キングハートは函館スプリントSでは高速馬場に自身のスピード能力がリンクして2着。近走の充実ぶりがフロックではない事を証明して3戦1勝2着2回と相性の良い小倉参戦。ハンデ56キロも許容範囲内。追い切りは頭の高いフワフワした感じだったが、気配は悪くない。立ち回り一つで逆転まで。

ダイアナヘイローはエルフィンS2着、フィリーズレビュー4着と早い段階からスピード能力の高さは見せていたが、春までは最後のひと踏ん張りが利かなかった。しかし、500万に降級してからレース運びに幅が出た事で甘さが解消されて3連勝。前走後から小倉滞在で調整されて出来は良好。ハンデ53キロも手頃。

アルティマブラッドはCBC賞で狙ったが、直前から降り出した雨でノメる馬場になったのが堪えて大敗。ただ、今回は雨は降らなさそうだし、休み明けを叩いて出来も上向いてるのか馬場が悪かった坂路で51秒台をマーク。乗り慣れてる松若に戻って見直せる条件は揃った。時計勝負に対応出来れば。

ファインニードルは準OP戦とはいえ、57.5キロのトップハンデを背負いながら1分7秒1の好タイムで勝った前走の内容が秀逸。ムラがあるタイプで小倉も初と不安材料もあるが、坂路での追い切りは終い重点とはいえ不良馬場でラスト1Fラスト1F11.8と休み明けでも動ける態勢。

馬券はアクティブミノル軸の3連複。

テーマ : 中央競馬重賞予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

シッド・ハレー

Author:シッド・ハレー
このブログが何らかの形で覗いてくれた奇特な方のためになれば幸いです。

人気ブログランキングでの順位です。ポチってくれたら励みになりますm(__)m
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ご協力お願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

いずれかに馬というド畜生の基本的な事を教えてくる場所があるかもしれない
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
アクセスランキング
FC2 Blog Ranking
[ジャンルランキング]
ギャンブル
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
68位
アクセスランキングを見る>>
当ブログの人気ページランキング
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR